【ジェイド 中古車】CBRの遺伝子を持つネイキッドバイク! 

ホンダ ジェイドは、250cc4気筒エンジンを搭載した、バイクの魅力がたっぷり詰まった一台。今回は年式の古くなったジェイドを中古車で購入するときのポイントと心構や、バリオスなどのライバル車と比較してみました。

ホンダ ジェイド とはどんなバイクか?

250cc直列4気筒ネイキッドブームによって登場した高性能マシン!

ジェイドは1991年に登場した250ccネイキッドバイクです。CBR250FOURに採用した高回転仕様のカムギアトレーン機構のエンジンを、低中回転域重視にリセッティングし搭載。そのスタイルは旧車を彷彿させるトラディショナルデザインとし、これが後に二次ブームを引き起こす要因にもなりました。

1996年にホーネット250が登場したため生産中止となりましたが、ホーネット250もジェイドと同じエンジンを搭載しており、後継車ともいえる存在です。ちなみに2000年代に突入してからの、旧車會ブームでは、もっとも人気のあるCBX400Fのレプリカになる、ということで、ジェイドのが再注目されました。これが第二次ブームで、現在もCBX風の外装キットが販売され、旧車會や250ccのネイキッドファンから高い評価を得ています。

ホンダ ジェイドのスペック

型式:ホンダ MC 23
全長(m):2.060
全幅(m):0.710
全高(m):1.105
軸距(m):1.420
最低地上高(m):0.155
シート高(m):0.780
車両重量(kg):161
乗車定員(人):2
燃料消費率(km/L)50km/h定地走行テスト値:38.0
最小回転半径(m):2.5
エンジン型式:MC14E(水冷4サイクル DOHC4バルブ 直列4気筒)
総排気量(cm3):249
内径×行程(mm):48.5×33.8
圧縮比:11.5
最高出力(PS/rpm):40/14,000
最大トルク(kgm/rpm):2.4/11,000
キャブレター型式:VP21
始動方式:セルフ式
点火装置形式:フルトランジスタ式
潤滑油容量(L):2.7
燃料タンク容量 (L):14
クラッチ形式:湿式多板コイルスプリング
変速機形式:常時噛合式6段リターン
フロントタイヤサイズ:100/80-17 52 S
リアタイヤサイズ:140/70-17 66 S
新車価格:49万9,000円

ジェイドの実燃費は15~25km/Lくらい

ジェイドの実燃費は4気筒エンジンのわりにいいようです。また、条件が揃えば30km/Lあたりまで伸びるようなので、とても燃費がいいことがわかります。しかし、調子が悪いと一気に燃費に表れるようで、10km/Lあたりまで悪化しているジェイドもあるようです。燃費がなかなか伸びないと感じる方は、一度整備状態などを確認することをおすすめします。

ホンダ ジェイドの中古車情報

走行距離の多いジェイドはカムギアトレーンの音に注目

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/E5CuQ49ySTk" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

正常なジェイドのエンジン音です。これを基準にエンジン音を確認することをおすすめします。

走行距離の多いジェイドの場合、これまで激しい走行を繰り返された車体だと、カムギアトレーンの音が大きく聞こえることがあります。直接故障に関わるような問題ではないのですが、そういった車体では、アイドリングが不安定になったり、キャブレターのセッティングが出しくい、といった症状が出るようです。また、エンジンの異音が気になって仕方ない、という方には耳障りな思いをすると思います。そうならないように、購入前にエンジン音を確認してください。

ちなみに250ccは車検がないなど、走行距離の管理体制に不安もあるので、例え低走行車でも、メーター交換を疑い、エンジン音の確認をしておくことをおすすめします。

フロントフォークの傷み

ジェイドはフロントフォークの健康状態が悪い車体も多く流通しています。古い車体なので仕方のないことですが、購入前にしっかり確認しておきたいところです。ポイントは、ジェイドに跨って、フロントフォークをバンプさせ(沈み込ませる)、フロントフォークのインナーチューブにオイルの滲みはないか、オイルシールに傷みはないかを目視してください。

エンジン性能のいいジェイドでは、ゆっくり走っているつもりでも、知らないうちにそこそこの速度に達していることがあります。フロントフォークが不健康だと、コーナリングはもちろん、乗り心地の悪化、路面の起伏でも不安定になるので、気をつけて見ておきたいポイントです。もしも購入後に、フロントフォークのオーバーホールが必要となれば、出費は免れません。

ヤンチャなカスタム車はクラッチが心配

ジェイドは旧車會御用達の人気車種でもあります。そのため激しくコールを切られた(アクセルミュージック)車体は、クラッチの消耗が激しいので避けていきたいところです。これはコールを切るときに半クラッチを多用することで、一般的な走行の2倍、3倍は消耗してしまいます。このことから旧車會風のカスタムを施したジェイドはおすすめしません。また、パーツやジェイドそのものの盗難にあう確率も増えるので、注意しましょう。

ジェイドはマニアックなバイクであるという自覚が必要かも

年式が新しくても1996年となるジェイド。どんなに程度がよくても、ゴム系のパーツは経年劣化が心配です。例えばラジエターホース(ウォーターライン)など、紫外線などの影響を受けやすく、ヒビ割れを起こしているケースが多く見られます。

一度交換すれば10年くらいは問題なく使えるパーツですが、状態が悪化していることに気が付かず走行していれば、ラジエター液が漏れ出し、最悪はエンジンオーバーヒート、そしてエンジン全損、という事態も十分あり得る話です。このことからホースが劣化してれば即交換をおすすめします。ゴム系のパーツはこのほかにもいくつもありますが、リスクの高いものから順番に、前もって交換することが秘訣です。

ジェイドは一般的な中古車とはわけが違い、気をつけるべき整備ポイントを、しっかり押さえる必要があります。また、純正パーツの供給問題もあり、場合によっては入手困難だったり、プレミア価格で取引されていることもあるので、整備に掛かる費用は、覚悟しておかなければなりません。

電気系統は突然故障することがある

ゴム系パーツは見た目に劣化が確認できますが、厄介なのが電気系統です。特にCDIやレギュレターなど、ある日突然トラブルを起こすことがあります。年式の古いジェイドは、なんの前兆なく不具合が起こるので、頭の痛い話です。これらは全て経年劣化が原因なので、ジェイドが壊れやすいということではなく、突然の故障に悩まされないためには、これらのパーツを新品に交換しておく必要があります。CDI、レギュレター、どちらも高価なパーツですが、安心を買うと考えればお安い話かもしれません。

ホンダ ジェイド 中古車情報

ジェイドの中古車価格は19~65万円となっています

車両価格:65万3,000円(消費税込)
支払総額:70万円(消費税込)

中古車流通量はそこそこあるジェイド。一時期に比べて値段が上がっていることがわかります。希少性などが出てるはずなので、この先さらなる値段の上昇があるはずです。28万円まではノーマルもしくはマフラー交換車が占めています。39万円まではノーマル車またはCBXカラーにペイントされたジェイドが中心です。

40万円以上からはCBXカラーが前提となり、CBXレプリカ外装キット、カスタムシート、マフラーなどのフルカスタム車ばかりとなっています。特に程度の悪そうなジェイドは販売されていないように感じました。

ジェイドのパーツ情報

痛みやすいシートもコレで安心

シート シートASSY ジェイド用 タックロールシート 黒 ジェイド MC23 ジェイドS MC23 ジェイド 91-98 ジェイドS 92-97 ジェイド250

¥14,580

販売サイトへ

ジェイドのみならず、シートの破れなどは気になるものです。特に年式の古いジェイドでは、シートの傷み、破れなどは避けては通れないと思います。そんなとき、カスタムシートがあれば、ちょいと交換するだけでいいので、とても助かりますね。車種によっては社外品のシートが販売されていないので、修理に手間がかかりますが、これなら気軽にできるので安心です。

レトロな光で旧車感マシマシ

Q-2-2 イエローレンズ ヘッドライト マルチリフレクター 180π CBX400F CBR400F CB400F CB400SF NC31 NC39 NC42 CB250T CB400T CB250N CB400N CB250F ジェイド ホーネット250

¥7,980

販売サイトへ

黄色いヘッドライトにするだけで旧車感がよりアップするジェイド。旧車っぽく乗りこなすならおすすめのアイテムです。純正ライトと交換するだけでドレスアップが可能。その代わり、夜間見えにくくなることがあるので注意してください。

ワンランクアップのアンダーカウル

JADE/ジェイド アンダーカウル ACP製

¥8,640

販売サイトへ

ネイキッドのジェイドには、もともとついていないアンダーカウル。それを取り付けることによって、レーシーでイカツイ雰囲気にチェンジします。車体の下あたりに物足りなさを感じたらアンダーカウルがおすすめです。注意点としては、社外エキパイだと、形状との相性が悪く、取り付けできないこともあります。購入前にフィッティングを考えてから購入することを忘れずに!

人気のモデルと比較してみました

ホンダ ホーネット250(1996~2007年)の中古車相場は18~70万円

車両価格:58万円(消費税込)

同型エンジンを搭載した、ジェイドの後継車ともいえるホーネット250ですが、見た目の違いは明らかです。また、年式の若いホーネット250の方が、メンテナンスなどの難易度が低いといえます。やはりジェイドは経年劣化が心配です。なるべく気を使わずに乗りたいのであれば、ホーネット250の高年式車を狙ってみてはいかがでしょうか。

カワサキ バリオス(1991~2007年)の中古車相場は16~72万円

車両価格:63万8,000円(消費税込)

ジェイドのライバル車でもあるバリオス。やはり低年式車はジェイド同様に経年劣化が気になるところです。かといって程度のいいバリオスはプレミア価格がしっかりとついています。性能的にもライバル関係で、共通部分ばかりです。唯一の違いは、ジェイドの方がお値段控えめ、ということでしょうか。

スズキ バンディット250(1989~2000年)の中古車相場は16~40万円

車両価格:38万8,000円(消費税込)

バンディット250は「バンディット病」と呼ばれ、エンジンが不調を起こす現象が懸念されます。もともとのキャブレターの取り付け角度が、傾斜していることが一因となっており、キャブレターフロートがうまく作動せず、エンジン不調になる、という症状です。対処法としては、フロートの角度調整するのですが、バンディット250に詳しい整備士さんではないと、処置が難しいといわれています。

さらにジェイド、ホーネット250、バリオスに比べ、キャブレターセッティングが、シビアコンディション設定なので、日によって調子が変わるなど、クセの強い一面があり、初心者向きではありません。しかし、気難しい性格ですが、乗りこなしたときの爽快感はたまりません! マニアックな方におすすめです。

ジェイドのまとめ

現行の250ccとは比べ物にならない加速感、そして爽快感たっぷりの4気筒エンジンの排気音。これはもうジェイドならではの魅力でしょう。経年劣化の問題はありますが、うまく付き合えばとても満足できるはずです。機械仕掛けのキャブレターによって出力される、ハイパワーエンジンをぜひ、体感してみてください!