カーフィルム・スモークフィルム世田谷区ならNSコーポレーションへ

NSコーポレーション東京・横浜店は東京都内のカーフィルム店では一番のフィルムの種類と年間施工台数は1500台に上ります。取扱いのカーフィルムはリンテック、シルフィード、ルミクールSD、ニュープロテクション、3Mカーフィルムになります。http://www.carcoating-glasscoating.com/film/

カーフィルム世田谷区 関東最安!ならNSコーポレーションへ

激安カーフィルム・車のスモークフィルム!「ルミクールSD」は東京・神奈川の平均価格よりも24,098円、「シルフィード」は15,390円もお得です。他社と比較してください!
※弊社は色褪せのある外国製の使用ではなく、すべて日本製ですので5年以上は色褪せしません。

http://www.carcoating-glasscoating.com/film/?page_id=10471

カーフィルム・車フィルム・スモークフィルムってなんで貼るの?

まずは優先されるのがプライバシーの保護になり、日本車のプライバシーガラスでも透過率が20~30%になり、平均で25パーセント位が多いでしょう。
下記の画像の左側が透過率20%になり、右側画像が30%になり、通常のプライバシーガラスですと、かなり室内が見えてしまいます。

しかし、プライバシーガラスの上からカーフィルム透過率7%のフィルムを施工しますと、透過率1~2%になりますので、ほぼ外観からは見えませんので、盗難防止などにもつながります。
下記画像はプライバシーガラスの上から透過率7%施工後の画像になります。

では、室内からの視界性はどうなの?

↑どの透過率のカーフィルムを施工しても、もともとのプライバシーガラスより若干濃くなるぐらいですので、外観の色合いだけ決めて頂ければ、室内の視界性は良好です。

UVカット(紫外線カット)カーフィルムってなに?

UVカット(紫外線カット)カーフィルムは日焼けの防止や室内のインテリアの色褪せを防ぐフィルムになっております。
今の日本車の殆どは運転席・助手席のみUVカットガラスになっており、フロントガラスや後部座席のリア3面、5面のガラスにはUVは入っておりません。
プライバシーガラスが黒いから日焼けしないかと言うと違います。下記のガラスのようにガラス右下部分にUV,UVS,UVUと記載がなければUVカットされてないので日焼けします。皆さんのガラスはどうでしょうか?
外車の90%以上はほぼUVすら入っておりません。
NSコーポレーションのカーフィルムは全てUV99%カットになります。

ガラスごとに下記のUV,UVS,UVUの刻印があるか確認してみてください。

殆どのお客様がUVカットがあれば暑さ対策や冬場の保温性につながると思われておりますが、UVの他に赤外線もカットしなければ暑さ対策にはなりません。
例として、ルミークルSDを全体的に施工した場合は車内温度に変化はありませんが、ウインコスを全体的に施工すると車内温度は5度位変化し、シルフィード カーフィルムを施工しますと車内温度は11度位変化しますので、燃費の向上にもつながります。
特に外車はガラスの透明度が日本車よりも遥かに高いのでシルフィード カーフィルムをお勧めします。
※よくある赤外線カット率ですが、カット率の測定は測定機関があるわけではなく、メーカーごとに独自の測定結果ですので、実際は体感温度が大事になります。
弊社では実際、体感でき、過去のお客様も体感の違いを実感して頂いております。
皆さんかなり違うと言います!

カーフィルムの種類と性能の違い

ルミクールSD

※ルミークルSDは紫外線カット99%カットするフィルムになります。
紫外線カットとは日焼けはインテリアの色褪せの保護になります。
プライバシーの保護と紫外線のみの場合ですと、こちらをお勧めします。

ウインコス

※ウインコスは紫外線カット99%の他に赤外線もカットするフィルムです。
車全体に貼ると車内温度が5度位かわります。
赤外線カットは夏場のジリジリ感だったり、冬場の室内の保温性を保ちます。

シルフィード

※シルフィードは紫外線カット99%の他に赤外線もカットするフィルムです。
車全体に貼ると車内温度が11度位かわります。
赤外線カットは夏場のジリジリ感だったり、冬場の室内の保温性を保ちます。
シルフィードはベンツなどを取り扱うヤナセの指定フィルムですので、外車にお勧めです。

※透明断熱フィルムFGR‐500
FGR‐500はシルフィードと同じ効果があります。フロント・運転席・助手席にも施工可能です。
透過率は1%しかダウンしないので、どの車でも施工可能となります。

ニュープロテクション

※ニュープロテクションは紫外線カット99%カットするフィルムになります。
紫外線カットとは日焼けはインテリアの色褪せの保護になります。
プライバシーの保護と紫外線のみの場合ですと、こちらをお勧めします。
一番、黒いカーフィルムを貼りたい場合は透過率5%があります。

※ニュープロテクション インフレットピュア
車全体に貼ると車内温度が5度位かわります。
赤外線カットは夏場のジリジリ感だったり、冬場の室内の保温性を保ちます。
安くフロント・運転席・助手席に施工したい場合はインフレットピュアをお勧めします。
但し、日本車の運転席・助手席は透過率73%位であり、インフレットピュアを施工しますと透過率が5%ダウンしますので、ガラスの透明度の高い外車がメインになります。

3Mカーフィルム

※3Mカーフィルムは自動車整備指定、認証工場のみが取り扱えるフィルムになり、ディーラーの殆どがIR機能のついた「3M カーフィルム」が性能的にも主流になっており、フィルムの性能も今までとは違い200層を超える薄い膜を重ねた特殊な高級フィルムとなっております。

カーフィルム5年保証

※お客様の車が車両保険に加入していてガラスが破損した場合、相手方に車をぶつけられてガラスが破損した場合、カーフィルムも保険の対象になります。

NSコーポレーションのカーフィルムは激安ですが、すべてが日本製であり、量販店のような外国製とは違い色褪せがしません! また、ベンツなどを取り扱う全国ヤナセ指定フィルム採用により、他社の断熱フィルムよりも圧倒的に体感温度は違います! シルフィードはインフレットピュア、ウインコス・スタンダードよりもUVカットはもちろん、赤外線カットがとても優れたフィルムです。

世田谷区――東京随一の富裕エリアはナンバーワンが目白押し
世界一の都市圏である東京。特にその中心となる23区は、広さと人の流動性の高さ故に、コミュニティ意識や土地柄といった要素があまりないようにも感じる。ただ、データや知識を積み重ねると、実はそうではないことが明らかになる。それぞれの区が、それぞれの特徴や「区民性」を持ちながら、それぞれの土地に人やビジネスを惹きつけているのだ。
本連載では、そんな各区のデータを見ながら、その歴史や周辺情報と共に、23区それぞれの特徴、「実力」を明らかにして行きたい。第1回では、23区の中でも「ナンバーワン」がとりわけ多い、高級感溢れるエリア、世田谷区からはじめてみよう。
人口から財政規模まで
ナンバーワンづくし
世田谷と言えば、まずは成城に代表される閑静な住宅地を思いながら、「高級」、「セレブ」と言ったイメージが強い。また、愛称で呼ばれる馴染みの地名がいくつかすぐに思い浮かぶのも特徴かも知れない。「シモキタ(下北沢)」「サンチャ(三軒茶屋)」「ニコタマ(二子玉川)」などなど、高級感に加えて、そんな世代を越えて人々を惹きつけるチャームポイントをいくつも抱えている地区なのだろう。
ちなみに、ちょっとユニークな地名の由来には諸説あり、浅瀬を開拓すると言う意味の「せたかい」、台地に囲まれた狭い谷を表す「瀬戸ヶ谷」などがあげられる。歴史は古く、文献上の初出は1376年にさかのぼる。吉良氏の治家が上弦巻半分の地を鶴岡八幡宮に寄進したときの文書に、「世田谷郷」という記述がすでに登場しているという。
その世田谷には“ナンバーワン”が多い。まず、何と言っても、人口だ。86万人を超える人口は23区中ナンバーワン。グラフで見ても明らかだが、第2位の練馬区(71万人)を大きく引き離している。
そして、人口規模が最大であることに伴って、ナンバーワンになることも多い。世帯数、高齢者数、一人暮らしの高齢者数、若者(15~24歳)の数、納税義務者数、選挙人名簿登録者数、区役所職員数。他にも、出生数、死亡数、婚姻数などなど。財政規模も23区で最大だ。
私立通いが多いためか
公立小中校は最多ではない
さて、そんな世田谷区だが、意外にも、合併後間もない1935年当時は、人口21万人余りで、今の23区域(当時は35区)に直した人口の比較では14位に過ぎなかった。それが戦後は増加を続け、1947年にはトップに立っている。その背景には後から述べる住環境の良さに加え、医療・教育環境の充実もあるのだろう。
事実、私立幼稚園、私立小学校、私立中学校、公・私立高等学校の数もナンバーワン。だが、ここで気づくことは、高等学校を除いて公立校は最多ではない。幼稚園から義務教育である小・中学校くらいまでは、他の区から越境して通学してくるものがそう多いとは思えないので、やはり、地元の子が通う公立校は児童・生徒数の割りに特に多くはなく、その分、私立校が整っているということか。このことから、住民の経済的豊かさ、“教育熱”をいくぶんうかがうことができそうだ。
人が集まる世田谷区、住環境も質量共に特徴が多い。まずは「量」の側面を見ると、住宅の着工戸数、住宅の着工総床面積から専用住宅数まで第1位だ。一方で、同時に消えゆく建物、「滅失建築物数」もナンバーワン。これは、災害によって失われたものではなく、除却されたもののみの数字だ。つまり、古いものが取り壊され、新しいものが相次いで建てられる。そんなこの区の新陳代謝を物語っている。
「風景づくり条例」で
地域の資産価値を高める姿勢
次に「質」の側面だが、面積では第2位の世田谷だが、民有地面積では最大なのが特徴的だ。個人宅地所有者1人当たり宅地面積でもトップクラスである。ここからも豊かな資産を持つ区民の姿を感じ取れるように思う。
さらに、大都市・東京にあって、まだ緑が多くのどかな区でもある。実は、かつては農村だった。1932(昭和7)年に4つの町村が合併して「世田谷区」となり、当時の東京市に編入された。街路の道幅が意外と狭く、曲がりくねったところが多いのは農道の名残だ。
そんな世田谷区、「風景づくり条例」なるユニークな条例を持つ。それに基づき「地域風景資産」が選定される。世田谷の魅力的な風景を大切にするために、地域で大切にしたい身近な風景を資産として区民の手で守り育てていこうというのだ。
2007年度の第2回選定では30件が選定された。いずれも、名勝・旧跡ではなく、地域に隠れた石造物群や浄水場のポンプ室など、まさに身近な点景ばかり。
新しいものと古いもの、オシャレなものと素朴なもの、都会と田舎が共存し、調和して息づくまち世田谷。区が目標とする都市農業の振興とも相まって、この風景づくりは、世田谷区民の「ふるさと興し」なのかもしれない。
■世田谷区基礎データ
面積 58.08km2(2位) 世帯数 444,120世帯(1位)
夜間人口 863,410人(1位) 昼間人口 736,040人(4位)
世田谷区(せたがやく)は、東京都の特別区の1つで、23区西部に位置する。
赤堤1(〒156-0044) 赤堤2(〒156-0044) 赤堤3(〒156-0044)
赤堤4(〒156-0044) 赤堤5(〒156-0044) 池尻1(〒154-0001)
池尻2(〒154-0001) 池尻3(〒154-0001) 池尻4(〒154-0001)
宇奈根1(〒157-0068) 宇奈根2(〒157-0068) 宇奈根3(〒157-0068)
梅丘1(〒154-0022) 梅丘2(〒154-0022) 梅丘3(〒154-0022)
大蔵1(〒157-0074) 大蔵2(〒157-0074) 大蔵3(〒157-0074)
大蔵4(〒157-0074) 大蔵5(〒157-0074) 大蔵6(〒157-0074)
大原1(〒156-0041) 大原2(〒156-0041) 岡本1(〒157-0076)
岡本2(〒157-0076) 岡本3(〒157-0076) 奥沢1(〒158-0083)
奥沢2(〒158-0083) 奥沢3(〒158-0083) 奥沢4(〒158-0083)
奥沢5(〒158-0083) 奥沢6(〒158-0083) 奥沢7(〒158-0083)
奥沢8(〒158-0083) 尾山台1(〒158-0086) 尾山台2(〒158-0086)
尾山台3(〒158-0086)
粕谷1(〒157-0063) 粕谷2(〒157-0063) 粕谷3(〒157-0063)
粕谷4(〒157-0063) 鎌田1(〒157-0077) 鎌田2(〒157-0077)
鎌田3(〒157-0077) 鎌田4(〒157-0077) 上馬1(〒154-0011)
上馬2(〒154-0011) 上馬3(〒154-0011) 上馬4(〒154-0011)
上馬5(〒154-0011) 上北沢1(〒156-0057) 上北沢2(〒156-0057)
上北沢3(〒156-0057) 上北沢4(〒156-0057) 上北沢5(〒156-0057)
上祖師谷1(〒157-0065) 上祖師谷2(〒157-0065) 上祖師谷3(〒157-0065)
上祖師谷4(〒157-0065) 上祖師谷5(〒157-0065) 上祖師谷6(〒157-0065)
上祖師谷7(〒157-0065) 上野毛1(〒158-0093) 上野毛2(〒158-0093)
上野毛3(〒158-0093) 上野毛4(〒158-0093) 上用賀1(〒158-0098)
上用賀2(〒158-0098) 上用賀3(〒158-0098) 上用賀4(〒158-0098)
上用賀5(〒158-0098) 上用賀6(〒158-0098) 北烏山1(〒157-0061)
北烏山2(〒157-0061) 北烏山3(〒157-0061) 北烏山4(〒157-0061)
北烏山5(〒157-0061) 北烏山6(〒157-0061) 北烏山7(〒157-0061)
北烏山8(〒157-0061) 北烏山9(〒157-0061) 北沢1(〒155-0031)
北沢2(〒155-0031) 北沢3(〒155-0031) 北沢4(〒155-0031)
北沢5(〒155-0031) 喜多見1(〒157-0067) 喜多見2(〒157-0067)
喜多見3(〒157-0067) 喜多見4(〒157-0067) 喜多見5(〒157-0067)
喜多見6(〒157-0067) 喜多見7(〒157-0067) 喜多見8(〒157-0067)
喜多見9(〒157-0067) 砧1(〒157-0073) 砧2(〒157-0073)
砧3(〒157-0073) 砧4(〒157-0073) 砧5(〒157-0073)
砧6(〒157-0073) 砧7(〒157-0073) 砧8(〒157-0073)
砧公園(〒157-0075) 給田1(〒157-0064) 給田2(〒157-0064)
給田3(〒157-0064) 給田4(〒157-0064) 給田5(〒157-0064)
経堂1(〒156-0052) 経堂2(〒156-0052) 経堂3(〒156-0052)
経堂4(〒156-0052) 経堂5(〒156-0052) 駒沢1(〒154-0012)
駒沢2(〒154-0012) 駒沢3(〒154-0012) 駒沢4(〒154-0012)
駒沢5(〒154-0012) 駒沢公園(〒154-0013) 豪徳寺1(〒154-0021)
豪徳寺2(〒154-0021)
桜1(〒156-0053) 桜2(〒156-0053) 桜3(〒156-0053)
桜丘1(〒156-0054) 桜丘2(〒156-0054) 桜丘3(〒156-0054)
桜丘4(〒156-0054) 桜丘5(〒156-0054) 桜新町1(〒154-0015)
桜新町2(〒154-0015) 桜上水1(〒156-0045) 桜上水2(〒156-0045)
桜上水3(〒156-0045) 桜上水4(〒156-0045) 桜上水5(〒156-0045)
三軒茶屋1(〒154-0024) 三軒茶屋2(〒154-0024) 下馬1(〒154-0002)
下馬2(〒154-0002) 下馬3(〒154-0002) 下馬4(〒154-0002)
下馬5(〒154-0002) 下馬6(〒154-0002) 新町1(〒154-0014)
新町2(〒154-0014) 新町3(〒154-0014) 成城1(〒157-0066)
成城2(〒157-0066) 成城3(〒157-0066) 成城4(〒157-0066)
成城5(〒157-0066) 成城6(〒157-0066) 成城7(〒157-0066)
成城8(〒157-0066) 成城9(〒157-0066) 瀬田1(〒158-0095)
瀬田2(〒158-0095) 瀬田3(〒158-0095) 瀬田4(〒158-0095)
瀬田5(〒158-0095) 世田谷1(〒154-0017) 世田谷2(〒154-0017)
世田谷3(〒154-0017) 世田谷4(〒154-0017) 祖師谷1(〒157-0072)
祖師谷2(〒157-0072) 祖師谷3(〒157-0072) 祖師谷4(〒157-0072)
祖師谷5(〒157-0072) 祖師谷6(〒157-0072)
太子堂1(〒154-0004) 太子堂2(〒154-0004) 太子堂3(〒154-0004)
太子堂4(〒154-0004) 太子堂5(〒154-0004) 玉川1(〒158-0094)
玉川2(〒158-0094) 玉川3(〒158-0094) 玉川4(〒158-0094)
玉川台1(〒158-0096) 玉川台2(〒158-0096) 玉川田園調布1(〒158-0085)
玉川田園調布2(〒158-0085) 玉堤1(〒158-0087) 玉堤2(〒158-0087)
代沢1(〒155-0032) 代沢2(〒155-0032) 代沢3(〒155-0032)
代沢4(〒155-0032) 代沢5(〒155-0032) 代田1(〒155-0033)
代田2(〒155-0033) 代田3(〒155-0033) 代田4(〒155-0033)
代田5(〒155-0033) 代田6(〒155-0033) 千歳台1(〒157-0071)
千歳台2(〒157-0071) 千歳台3(〒157-0071) 千歳台4(〒157-0071)
千歳台5(〒157-0071) 千歳台6(〒157-0071) 弦巻1(〒154-0016)
弦巻2(〒154-0016) 弦巻3(〒154-0016) 弦巻4(〒154-0016)
弦巻5(〒154-0016) 等々力1(〒158-0082) 等々力2(〒158-0082)
等々力3(〒158-0082) 等々力4(〒158-0082) 等々力5(〒158-0082)
等々力6(〒158-0082) 等々力7(〒158-0082) 等々力8(〒158-0082)
な行 中町1(〒158-0091) 中町2(〒158-0091) 中町3(〒158-0091)
中町4(〒158-0091) 中町5(〒158-0091) 野毛1(〒158-0092)
野毛2(〒158-0092) 野毛3(〒158-0092) 野沢1(〒154-0003)
野沢2(〒154-0003) 野沢3(〒154-0003) 野沢4(〒154-0003)
八幡山1(〒156-0056) 八幡山2(〒156-0056) 八幡山3(〒156-0056)
羽根木1(〒156-0042) 羽根木2(〒156-0042) 東玉川1(〒158-0084)
東玉川2(〒158-0084) 深沢1(〒158-0081) 深沢2(〒158-0081)
深沢3(〒158-0081) 深沢4(〒158-0081) 深沢5(〒158-0081)
深沢6(〒158-0081) 深沢7(〒158-0081) 深沢8(〒158-0081)
船橋1(〒156-0055) 船橋2(〒156-0055) 船橋3(〒156-0055)
船橋4(〒156-0055) 船橋5(〒156-0055) 船橋6(〒156-0055)
船橋7(〒156-0055)
松原1(〒156-0043) 松原2(〒156-0043) 松原3(〒156-0043)
松原4(〒156-0043) 松原5(〒156-0043) 松原6(〒156-0043)
三宿1(〒154-0005) 三宿2(〒154-0005) 南烏山1(〒157-0062)
南烏山2(〒157-0062) 南烏山3(〒157-0062) 南烏山4(〒157-0062)
南烏山5(〒157-0062) 南烏山6(〒157-0062) 宮坂1(〒156-0051)
宮坂2(〒156-0051) 宮坂3(〒156-0051)
用賀1(〒158-0097) 用賀2(〒158-0097) 用賀3(〒158-0097)
用賀4(〒158-0097)
若林1(〒154-0023) 若林2(〒154-0023) 若林3(〒154-0023)
若林4(〒154-0023) 若林5(〒154-0023)

カーフィルム世田谷区