簡単交換!オイルエレメント編!

オイルエレメントとは、エンジンを循環するオイルを常に綺麗に保つ役割を果たすフィルターの事を指します。オイル交換の際にエレメントの同時交換を勧められる事があると思いますが、実はオイルもエレメントも簡単にDIY作業が行えます。交換サイクルや手順を簡単に説明します。

オイルエレメントってなに?

オイルエレメントの役割!

エンジンオイルやミッションオイルの中から油分やサビといったスラッジやエンジン内部で発生してしまう磨耗編(鉄粉など)を取り除く役割を果たすフィルターです。洗濯機でいう糸くずを集めるフィルターと同じような役割を果たしています。正式名称はオイルフィルターなのですが、一般的にオイルエレメントと呼ばれています。

オイルエレメント交換による効果!

エンジンオイル交換の際に同時に同時交換を勧められる事が多いエレメント交換ですが、エレメント交換によって得られる効果を説明します。燃料のスラッジや金属片を効果的に取り除き、エンジン内部のシリンダーヘッドの磨耗を軽減させ、エンジンの焼きつきを防ぎます。また、燃費が向上する効果もあります。これらの事より、エンジンの寿命を伸ばす為に必要な整備としてオイルとの同時交換が推奨されています。

オイルエレメントの交換時期は?

勿論、オイルを交換する際に同時にエレメント交換をする事が一番良いのですが、年式の古い車やスポーツカーといった車種によっては走行距離3,000kmとオイル交換推奨距離が短く設定されており、そのたびに交換となりますと出費が気になります。勿論、車種やメーカーによって交換推奨距離は違いますが、目安として参考にしていただきたいです。最近の車はオイル交換サイクルが5,000km~8,000kmと長めに設定されており、エレメント交換推奨距離は普通車は16,000km、ハイブリット車は30,000km、軽自動車は20,000kmとなっています。オイル交換の時期で換算しますと約二回に一回の割合になりますので、この事も交換目安の一つとして覚えておく事をオススメします。

オイルエレメント交換の手順!

まずは廃油から!

オイルエレメントのみの交換は基本的には不可能になっています。エレメントにアクセスする際にオイルが抜けてしまいますので、同時交換が基本となっています。オイル交換の仕方を簡単に説明しますと、軽く暖機運転を行い程よく温め、エンジン下部にありますドレンボルトを開ける事で廃油します。廃油が完了しましたらいよいよオイルエレメント交換です!

いよいよ!オイルエレメント交換!

オイルエレメントを緩める前に、廃油受けを用意しておきます。オイルエレメントを取りはずと予想以上に大量のオイルが溢れます。また、構造上マフラーなどが近くにある場合はビニールなどで養生しておきますと後の掃除が楽になりますのでオススメです。オイルエレメントは一度緩みますと後は簡単に回ります。半分ほど緩めましたらオイルの流出が落ち着くまで待ち、その後取り外します。取り外し方法はレンチでテンションをかけてあげて緩めるきっかけを作り、後は手で回せば簡単に取り外せます。

せっかくですから綺麗に!

取り外す事が出来ましたら、オイルエレメントの取り付け面の清掃をしましょう。ウエスなどにパーツクリーナーをかけて拭き取る程度で充分です。けっして、取り付け面に直接噴射しないでください。エンジン内部にはいってしまう事はエンジンにとって良い事ではないです。また、Oリングがエンジン側に残っていないか確認しましょう。残ったまま新たなオイルエレメントを装着しますとオイル漏れの原因になります。
そして、新たに装着するオイルエレメントのOリングの周りにエンジンオイルを少量塗ります。これを忘れてしまうと高確率でエンジンオイルが漏れてしまいますので、小さな作業ですが非常に重要です。

いよいよ取り付けです!

下準備が完了しましたら、後は取り付けるだけです。オイルエレメントをセットして固定するだけなのですが、規定トルクがあります。緩くてもオイル漏れの原因になってしまいますし、締め付け過ぎても次回交換の際に取り外せなくなるといった事につながります。規定トルクはオイルエレメントに記載されていますので確認し、トルクレンチを使用して締め付けてください。構造上、トルクレンチが入らないなどといった場合には手で締める際の表記もされていますので安心してください。
無事にオイルエレメントの取り付けが完了しましたら、後はドレンボルトを戻してエンジン上部より新しいオイルを規定量注入し、アイドリングをして循環させれば完了です!

まとめ

オイルエレメントの交換方法について説明しましたが、意外な事にも簡単に作業ができます。慣れてくれば15分程度の作業になります。オイルと同時交換を行う事でエンジン内部には綺麗なオイルが循環する事になります。エレメントは大体1,000円ぐらいですので、決してまだいけるなど思わずに交換を行ってください。オイルとエレメントの管理が愛車のロングライフにつながります!
また、オイルやエレメントの交換は意外な事にも燃費の向上に大きくつながりますので、燃費が落ちてきたなと感じ始めたら交換をしてみる事をオススメします。オイル交換と合わせて作業すれば、工賃にして約1,000~2,000円の節約につながりますので、作業のやりがいがありますし庭先でも充分に作業可能ですので、是非挑戦してみてください!