【ホンダ CBR250RR】20,000rpmまで吹け上がりF1サウンドを奏でるバイク

およそ20,000rpmまで軽く吹け上がるハイテクエンジンを搭載したCBR250RR。今回はCBR250RRの中古車相場や、中古車購入時のポイント、メンテナンス情報などなど。さらに話題沸騰中の新型CBR250RRにも触れているのでご覧ください!

ホンダ CBR250RRとはどんなバイクか?

製造期間は1990~2000年

CBR250RRは前年の1989年に登場したMC19型CBR250Rの後継車で、の型式名はMC22。通称は「ツーダボ」または「2ダボ」です。製造が終了した現在でも高い人気があり、プレミア価格で取引されています。その人気の秘密は「高性能」のひとことに尽きるでしょう。ではその魅力をご説明します。

CBR250RRの登場は時代が産んだ奇跡?

排ガス規制が厳しくなった現在では、このCBR250RRを越えるような4サイクルエンジン搭載の速い250ccバイクは二度と誕生しない、とまでいわれるほどハイポテンシャルな設計となっています。近年の250ccクラスでは単気筒または2気筒エンジンが主流となっていますが、新車インプレッションなどで度々このMC22型のCBR250RRが引き合いに出されるほど、カリスマ的存在といえるでしょう。

高回転型にセッティングされたエンジン、マスの集中化を図ったフレーム、トリプルディスクブレーキを装着し、高剛性化されたフロントフォークなど、その全てが新設計となっています。先代のCBR250Rから比べるとその進化の早さ、装備の豪華さなどからバブル景気と走り屋ブームが産んだ奇跡のマシンといってもいいでしょう。その性能は現在でも十分通用するものとなっています。

カムギアトレーン機構のハイパワーエンジン

エンジンは当時、250ccで唯一のカムギアトレーン機構を採用した水冷4気筒エンジンを採用しています。一般的なエンジンでは、カムシャフトはチェーンを使用して駆動させますが、CBR250RRのエンジンではチェーンを採用せず、ギアによりダイレクトに駆動し、フリクションロスを極力抑えた設計が特徴です。これにより、カムギアの駆動音がCBR250RRの醍醐味の一つとなっています。

また、、エアクリーナーからキャブレター、燃焼室に至るまで吸気の通路を一直線にし、エンジン出力を高め、先代に比べコンロッドは軽量化され、クランクは剛性アップするなど、レーサーさながらの手の入れようも見逃せません。これによりレブリミッターの19,500rpmまで軽く吹け上がる高回転型エンジンを完成させました。

まるで青天井? どこまでも吹け上がるようなCBR250RRのエンジン

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/Y990tioU1KE" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

およそ20,000rpmまで吹け上がるCBR250RRのエンジンは、実際の乗ってみると想像以上に高回転まで回ります。一般的な4気筒の感覚で乗っているとレッドゾーンより遥か手前でシフトチェンジしてしまうでしょう。その20,000rpmの世界は、一般的な4気筒エンジンよりも1オクターブ上あたりで、F1サウンドと表現されるほどです。

このような「超」がつくほどの高回転型エンジンを楽しみたいユーザーさんを中心に、現在でも人気となっています。ちなみにCBR250RRのエンジンを低中回転域型にセッティングしたエンジンを搭載したホーネット250やジェイドといったモデルも存在しますが、やはりCBR250RRが真打ちといえるでしょう。

現役バリバリの性能を誇るフレーム設計

2000年に製造終了してからしばらく経ちますが、マスの集中化を図ったフレームに、重量物をなるべく低くセットするLCGツインチューブフレーム(Low Center of Gravity:低重心フレーム)に、軽量、高剛性を追求したフロントフォーク、リアは軽量、高剛性なアルミのガルアームを採用することによってマフラーのデザイン性が向上し、排気効率を高めることができました。

ホイールは6本スポークのアルミ製とすることで、バネ下荷重を軽減、フロントはフローティング式油圧ダブルディスクブレーキを採用するなど、徹底的に軽量化と高剛性化を図っています。これらをトータルするとCBR250RRがいかにハイスペックであるかが、おわかりいただけたことでしょう。

なんと! 新型CBR250RRが正式発表されました!

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/8g5TLfQ3bgA" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

現行では単気筒エンジンのCBR250Rが販売されており、かねてから新型CBR250RRが登場するのでは、と噂されていました。そんな最中、ホンダから新型CBR250RRの登場が正式に発表され話題をさらっています。現在わかっていることは、水冷2気筒エンジン搭載で本格的な前傾のライディングポジション、近年では珍しいリアガルアームなどです。

外観は攻撃的なエッジの効いたスタイルで、LEDヘッドライトなどを採用しています。エンジン出力などは未発表ですが、ラム圧を利用し過給するシステムのようです。そんな新型CBR250RRはMC22型CBR250RRを越えることができるのか? と多くの方が期待を寄せています。この新型CBR250RRの登場により、MC22型CBR250RRの人気も再燃の予感です。

ちなみに新型CBR250RRの製造は2016年の末あたりの予定で、販売開始についてはまだ未発表となっています。CBR250RRの伝説は現在進行形です。

ホンダ CBR250RRのスペック

CBR250RRは馬力規制強化により、1994年にエンジンの出力特性の変更をおこなっています。これにより1994年までを規制前、以降を規制後と呼び分けてるので、それぞれのスペックをご紹介しましょう。

1990~1994年:規制前CBR250RRのスペック

型式:MC22
全長(m):1.975
全幅(m):0.675
全高(m):1.080
軸距(m):1.345
最低地上高(m):0.130
シート高(m):0.725
車両重量/乾燥重量(kg):157/142
乗車定員(人):2
燃費(km/L)50km/h定地走行テスト値:40.0
最小回転半径(m):2.9
エンジン型式:MC14E(水冷4サイクル DOHC4バルブ 直列4気筒)
総排気量:249cc
内径×行程(mm):48.5×33.8
圧縮比:11.5
最高出力(PS/rpm):45/15,000
最大トルク(kgm/rpm):2.5/12,000
キャブレター型式:VP20
始動方式:セルフ式
点火装置形式:フルトランジスタ式バッテリ点火
潤滑方式:圧送飛沫併用式
潤滑油容量(L):2.7
燃料タンク容量(L):13
クラッチ形式:湿式多板コイルスプリング
変速機形式:常時噛合式6段リターン
変速比1速:2.733
変速比2速:2.000
変速比3速:1.590
変速比4速:1.333
変速比5速:1.153
変速比6速:1.035
減速比(1次/2次):2.966/3.058
キャスター(度)/トレール(mm):24°00′/89
フロントタイヤサイズ:110/70R17 54H
リアタイヤサイズ:140/60R17 63H
フロントブレーキ形式:油圧式ダブルディスク
リアブレーキ形式:油圧式ディスク
フロント懸架方式:テレスコピック式
リア懸架方式:スイングアーム式(ガルアーム)
フレーム形式:バックボーン

1994~2000年:規制後CBR250RRのスペック

型式:MC22
全長(m):1.975
全幅(m):0.675
全高(m):1.080
軸距(m):1.345
最低地上高(m):0.130
シート高(m):0.725
車両重量/乾燥重量(kg):158/143
乗車定員(人):2
燃費(km/L)60km/h定地走行テスト値:37.0
最小回転半径(m):2.9
エンジン型式:MC14E(水冷4サイクル DOHC4バルブ 直列4気筒)
総排気量:249cc
内径×行程(mm):48.5×33.8
圧縮比:11.5
最高出力(PS/rpm):40/14,500
最大トルク(kgm/rpm):2.4/11,500
キャブレター型式:VP20
始動方式:セルフ式
点火装置形式:フルトランジスタ式バッテリ点火
潤滑方式:圧送飛沫併用式
潤滑油容量(L):2.7
燃料タンク容量(L):13
クラッチ形式:湿式多板コイルスプリング
変速機形式:常時噛合式6段リターン
変速比1速:2.733
変速比2速:2.000
変速比3速:1.590
変速比4速:1.333
変速比5速:1.153
変速比6速:1.035
減速比(1次/2次):2.966/3.058
キャスター(度)/トレール(mm):24°00′/89
フロントタイヤサイズ:110/70R17 54H
リアタイヤサイズ:140/60R17 63H
フロントブレーキ形式:油圧式ダブルディスク
リアブレーキ形式:油圧式ディスク
フロント懸架方式:テレスコピック式
リア懸架方式:スイングアーム式(ガルアーム)
フレーム形式:バックボーン

規制後は5馬力下がっていますが……

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/Vx1Hub-z63w" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

規制後のCBR250RRはスペック表では5馬力下がっていることがわかります。一見ただのデチューンに感じますが、規制後は低中回転域寄りとなり、街乗りでの扱いやすさが重視されました。これはバルブタイミングや排気効率を変更したことによりセッティングを変えたもので、ただのデチューンとはいい切れません。規制前も規制後も一長一短あると考えましょう。

一般的に、サーキットなどの高回転域を多用するシーンでは規制前、ストップアンドゴーの多い街乗りでは規制後が合っているといわれているので参考にしてください。実際乗り比べると、カタログのように5馬力もの差を感じられないという人もいるので、あまりシビアになる必要もないかもしれません。

規制前、規制後の見分け方

年式不明となっていることの多いCBR250RRでは、規制の前後にこだわるなら見分ける必要があるのでその方法をご紹介します。タコメーターを見てレッドゾーンが19,000rpmからとなっているものは規制前、18,000rpmなら規制後、と見分ける方法がありますが、メーター交換されていると間違える可能性があるので、車体番号を確認する方法がおすすめです。

規制前:MC22-1000001~1020576/MC22-1050001~1056770
規制後:MC22-1100001~

またはリアシートのユーティリティーボックスを開けるとフレームに記号が表記してあります。剥がされていなければそれも参考にしてください。

規制前:CBR-RRL/CBR-RRN
規制後:CBR-RRR

ホンダ CBR250RRの最高速度

CBR250RRの最高速度は175~190km/hくらい

CBR250RRの最高速度はさすがハイスペックなだけあって、200km/h近い速度ができるようです。サーキットやスプロケのセッティングによっては200km/hに到達することもあるようなので参考にしてください。ただし、整備が行き届いていない車両に関してはスピードが伸び悩むようです。そんなときは吸排気系を疑ってみてはどうでしょうか?

ハイスペックながらエンジン本体のトラブル報告の少ないCBR250RRです。基本的な整備のみで調子が元通りになるケースがほとんどとなっています。

ホンダ CBR250RRの燃費は?

CBR250RRの実燃費は15~20km/Lくらい

ハイパワーエンジンながらも低燃費なCBR250RR。さすがホンダといったところです。オーナーさんによっては20km/Lを越える低燃費を記録することもあるようなので、高回転型4気筒250ccといえどもあなどれません。すでにCBR250RRに乗られている方はご自身の実燃費と照らし合わせてみてください。これよりも遥かに低い数字が出ているようであれば、どこかが不調だといえます。実燃費も調子を測るバロメーターだと思って参考にしてください。

ホンダ CBR250RRの中古車情報

CBR250RRを中古購入するときに注意すべきポイント

エンジンは頑丈

CBR250RRのエンジンはとても丈夫で、エンジンオイル管理さえキチッとしておけば問題が起こることはありません。これまで故障の報告も極めて少ないです。中古車として流通しているCBR250RRは、走行距離が多くても60,000km代となっており、過走行な印象を持つ人もおられると思いますが、CBR250RRにおいては特に気にする必要はありません。

中古車としては走行距離が少ない方が価値があることになりますが、登場してからしばらく経つCBR250RRに関してはある程度走っていても安心できるといえるでしょう。走行距離が少ない=放置された時間が長かった、と考えることもできます。

このことからある程度走行距離の多いほうが、手入れされていたという考え方もできるので、車体をよく確認してから中古車購入を検討しましょう。

ゴム系パーツは劣化の確認を

水冷式のCBR250RRのエンジンは、ウォーターラインの劣化具合は見ておきたいところです。というのも、ゴムの特性上、紫外線の影響で劣化しやすい傾向があります。もしも劣化していれば数万円の交換費用が必要となってしまうでしょう。保管状態がよければ交換せずに済みますが、安くCBR250RRを購入できてもあとあとゴム系パーツの交換が必要となってしまうと、結果的に高くつくことに……。

これでは安く購入する意味がなくなってしまい、意外な落とし穴となるのでしっかり確認しましょう。ラジエター回りのゴムホースの確認は必須です。

足回りはもともと柔らかいけれど……

初めてCBR250RRに乗った人なら誤解しやすいのが「足回りの柔らかさ」です。実はCBR250RRの足回りはフワフワと柔らかいセッティングになっています。なにも知らずに乗ってしまうと、抜けているのでは? 疑ってしまうかもしれませんが、異常ではありません。ここでのポイントはフロントフォーク、リアサスペンションからのオイル漏れや滲みを見てみましょう。

どちらにしても、年式的にリアサスペンションは抜けていることが前提となります。もしもリアサスペンションオーバーホール済みのCBR250RRがあればおすすめです。リアサスペンションのオーバーホールは「iファクトリー」「スクーデリアオクムラ」というショップが有名となっています。

サスペンションメンテナンス&チューニングの専門店 スクーデリアオクムラ ウェブサイト

カウルの傷みは仕方ない……

CBR250RRのカウルは、傷みを気にしても仕方ないと考えましょう。製造からしばらく経つので割れやカケ、スレ、ヒビなどがあって当然のレベルです。ありがたいことに、社外から新品のカウルが販売されているので、そういったものを利用し、修復しましょう。

CBR250RRの中古車相場は22~60万円となっています

車両価格:59万4,000円(消費税込)
支払総額:64万6,700円(消費税込)

20万円台のCBR250RRは走行距離が多めの60,000kmといったものや、カウルに痛みが目立つものなどが中心となっています。カウルは社外カスタムカウルなどが販売されているので修復可能です。30万円台は走行距離15,000~30,000kmあたりのCBR250RRが中心となって販売されています。年式のわりにきれいな車体も混在しているので、お買い得車も見逃せません。

40万円台は走行距離10,000~20,000kmあたりが中心で、新品カウル装着車やETC装着車など、きれいで程度のいい車両ばかりです。少しでもきれいなCBR250RRを探している方はこの価格帯がおすすめとなっています。50万円以上は特にきれいなCBR250RRで、タイヤ新品交換済みや、マフラー交換などのカスタム車も混在していおり、走行距離は少なく、5,000~15,000kmあたりが中心です。

ホンダ CBR250RRのメンテナンス

エアクリーナーは交換しておこう

CBR250RR MC22 エアフィルター 本田 ホンダ 社外品 バイク パーツ エアクリーナー フィルター

¥1,980

販売サイトへ

CBR250RRを中古車で購入したとき、見た目にはきれいなエアクリーナーが装着されていても、実は経年劣化によって空気の通りが悪くなっている、なんてこともあります。CBR250RRは高回転型エンジンですし、いつ交換したかわからないエアクリーナーでは不安があるので、念のため新品交換してみてはいかがでしょうか? 新品交換した瞬間、高回転の伸びがよくなった、なんて報告もありますよ。もちろん汚れている場合は交換がおすすめです。

フロントフォークは強化できる

デイトナ(DAYTONA) 強化フロントフォークスプリング 70110

¥4,022

販売サイトへ

CBR250RRのような、生産終了後も人気のある車種ではフォークシールなどの消耗パーツが新品で販売されています。一般的にはメーカー純正品は生産終了後、しばらくすると欠品となり、メンテナンスができなくなってしまうのですが、CBR250RRの場合は社外メーカーが純正レプリカパーツを販売しているので安心です。

また、純正ではフワフワと柔らかいフロントフォークは、純正交換タイプの強化スプリングを使用することで、硬くできます。このようにオーバーホールも兼ねて仕様変更できるので、気になる方はお試しください。

バッテリーは定期交換したい

TAIWAN YUASA [ 台湾ユアサ ] シールド型 バイク用バッテリー YTX7L-BS

¥3,212

販売サイトへ

CBR250RRはバッテリーが弱ってしまうとエンジンをかけられないのはもちろん、吹け上がりも悪くなり、気持ちよく走ることができません。これは高回転域でバッテリーの電気を利用しプラグを着火させていることからこのような現象が起こります。一瞬なにかの故障のように感じると思いますが、実はバッテリーの劣化が原因だった、なんてことも定番のトラブルといえるでしょう。CBR250RRのバッテリーサイズは「YTX7L-BS」です。これを基にバッテリーを選びましょう。

バッテリーは定期的に交換しておきたいところです。1年に1度または2年に1度は交換しておきたいところ。出先でのバッテリートラブルは予定を大きく狂わすどころか、レッカーなどの急な出費も免れません。

タイヤは常に健康に保ちたい

DUNLOP(ダンロップ)バイクタイヤ SPORTMAX α-13H フロント 110/70R17 M/C 54H チューブレスタイプ(TL) 304541 二輪 オートバイ用

¥11,510

販売サイトへ

CBR250RRの乗る方で、ゆっくりまったり走りたくてこのバイクを選んだ、という方は少数派ではないかと考えられます。やはり多くの方が高性能なF1サウンドを体験したいはず。そんなハイポテンシャルエンジンを体験するなら、ハイグリップなタイヤは必要不可欠でしょう。高回転型を楽しむ=パワーを開放することですから、ローグリップタイヤでは命取りになりかねません。

また、タイヤの山が残っていても、硬化していることも考えられます。もったいないようですが、常に健康状態のタイヤを履いておきましょう。CBR250RRに採用されているタイヤサイズはフロント「110/70R17」リア「140/60R17」となっています。ときどき触ってみてタイヤが硬化していれば迷わず交換することをおすすめです。

ホンダ CBR250RRのパーツをご紹介

イメチェンできる外装パーツ

CBR250RR MC22 用 タンクカバーあり外装セット ロスマンズ rothmans

¥51,624

販売サイトへ

CBR250RRをきれいに保ちたいユーザーさんの悩みの種のなるのが外装の傷みでしょう。中古車などは必ずといっていいほどなんらかのダメージを受けていると思います。もともとプラスチックなので紫外線の影響を受けて強度が劣りますし、実際に走行したり、乗り降りするだけでも傷を作ることもあるでしょう。一度割れてしまうと意外と厄介で、タンクなどの金属とは違い板金修理ができません。そこで新品の外装キットを活用しましょう。

社外品なので純正には用意されていないようなカラーリングやデザインなどが、いくつか販売されています。上記のようなロスマンズカラーやレプソルカラーはとても人気です。デザインを変えることで気分も変わるでしょう。リフレッシュやカスタムに、こういった外装キットをおすすめします。

CBR250RR MC22 1990-1999 用 カウルセット バイク外装セット HONDA用 バイクパーツ 塗装なし インテーク付 【送料無料】

¥31,500

販売サイトへ

無塗装状態の外装キットも販売されています。お好みのカラーリングに塗装できるのでこちらも人気があり、オリジナリティの高いカスタムをするなら欠かせないアイテムとなるでしょう。

ポッシュ(POSH) エンデュランスゼッケン ブラック CBR250RR 690082

¥2,527

販売サイトへ

取り付けるだけでレーシーな雰囲気になる片目カバーです。走り屋風に仕上げるなら欠かせないアイテムとなっています。ドレスアップ効果はバツグンですね!

Bruce & Shark(ブルース・サメ)バイク・オートバイ用 リア シート カウル Honda本田 CBR250RR MC22 1991-1998 用 ホワイト

¥4,690

販売サイトへ

こちらはリアシートと交換するタイプのシートカウルです。レーサー風ドレスアップできます。デメリットとしてはタンデムができなくなりますが、レーサーを再現するならこれも欠かせないアイテムです。

HONDA NSR250R CBR250RR LEDスモークテールランプ ウインカー付 MC21

¥4,390

販売サイトへ

CBR250RRのスモークテールランプは、とてもお手頃価格で販売されています。しかもLED化されているうえ、ウインカー機能も搭載しているので、ウインカーレス化も可能です。LEDテール化によって近代的なリア周りを再現できます。

ワンポイントにこだわるアルマイトパーツ

ブレーキクラッチレバー クイックレバーアジャスト対応 【ホンダ CBR250RR/NSR250R/CB400SF/V [並行輸入品]

¥4,500

販売サイトへ

小物系パーツをアルマイトのカラフルなものに交換するだけでも、ドレスアップ効果はあります。定番はブレーキやクラッチレバーとなっており、角度調整機能もあれば操作性も好みなものに変えられるでしょう。

DURA-BOLT(デュラボルト) タンクキャップボルト アルミ 7本セット ゴールド BARIUS/2/ZEPHER400/750/ZRX400/ZZR400/600/1100GPZ750R/900R/ZX-9R(-99)/ZRX1100 DBT004G

¥1,379

販売サイトへ

ボルトなどもアルマイトにすれば車体がきれいに見えます。タンクキャップやエンジンカバーなどボルトをカラフルなものにすることで、ドレスアップ効果が得られるでしょう。

メーター周りをドレスアップしよう

プロテック(PROTEC) シフトポジション インジケーター SPI-H21 CBR250RR(MC22 90-) 11313

¥12,676

販売サイトへ

近年のスポーツバイクには、必ずといっていいほど取り付けられているシフトポジションインジケーター。トップギアなのについついシフトアップしてしまったり、今が何速かわからない、なんてことありませんか? CBR250RRにも後付けでシフトポジションインジケーターを取り付けることができます。これがあれば軽いパニックにならず、ひと目見て何速か判断できるので、不安な方におすすめです。

SP武川 スーパーマルチDNメーター 12V 05-05-0811

¥31,019

販売サイトへ

純正のメーターでは物足りない! という方には多機能メーターがおすすめです。最近のスポーツバイクでは、純正でも多機能表示が当たり前となっていますが、CBR250RRでは昔ながらのスピード、タコと各インジケーターのみとなっています。しかし、多機能メーターなら水温、油温、シフトワーニングランプ、時計、燃料計などなど、それらが一つのメーター内に表示が可能です。見た目にも格好いいのでドレスアップにも最適! 

アクテイブ(ACTIVE) デジタルモニターV4 スピード 1080138 1080138

¥12,646

販売サイトへ

フルデジタル表示のメーターなどもあります。基本的にはCBR250RR専用設計ではなく、汎用品となっているので、ステーなどを工夫して取り付ける必要がありますが、好みのデザインのものを利用できるので、選択肢はさまざまです。

鍵をリフレッシュするキット

ホンダ CBR250RR MC19 MC22 タンクキャップ キーセット

¥3,380

販売サイトへ

古くなって動きが悪くなったり、イグニッションとタンクの鍵が別々になっていたりします。特に鍵が別だと面倒ですね。そんなときはキーセットまるまる交換することで悩みも解決します。新しい鍵にすることで使い勝手もアップするので、古くなったCBR250RRだからこそリフレッシュがおすすめです。

古いからこそ交換したいパーツ

ホンダ CBR250RR MC22 VTR250 フューエルコック ガソリン コック フィルター リング 付 修理 交換 ドレスアップ カスタム パーツ 社外品

¥2,200

販売サイトへ

古いCBR250RRでは燃料の汚れなどで、燃料コックの働きがうまくできない車体もあります。特に高回転をキープして走行するときなど、燃料コックの役割は重要で、フォルター目詰まりなどしていればスムーズに燃料をキャブレターに供給できません。もしも劣化などの症状が現れたら突然エンジンが停止することも考えられます。

そんなときのために前もって燃料コックの交換をおすすめします。CBR250RRは古い車体だと20年以上を軽く上回ると思いますが、経年劣化も考えて交換しておきましょう。特に消耗品でもありませんし、一度交換しておけば当分心配することはありません。

ホンダ CBR250RRのインプレ

キャンプツーリングもできる!

・キャンプ道具が積める
・タンデムシートのしたの物入れが多い
・ノーマルマフラーでも良い音
・ヤル気のでるメーター
・なれるまではミラーが見えない
・軽い!
・ダブルディスクさすが!!!

出典:www.bikebros.co.jp

レーサーレプリカスタイルのCBR250RRですが、キャンプツーリングをするユーザーさんも多くおられます。目的地まで素早く移動し、峠道なども楽しみながら走る、休日が楽しみになるバイクですね!

コーナリングが楽しい

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/eYzcEXhXBXw" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

・19000rpmまで吹け上がるパワフルなエンジン
・軽い車重
・コーナリング性能の良さ
・足つきのよさ
・シート下の収納スペースの広さ
・回転数の割に良い燃費
・いまだに社外パーツが結構出ている

出典:www.bikebros.co.jp

軽い車体にハイパワーなエンジンの組み合わせによって、特に峠道での評判が優れています。腕を磨きたいライダーさんにもおすすめです。純粋に走りを楽しめるバイクでもあり、エンジン音も病み付きになるので、一度手に入れたら長い付き合いができそうですね!

整備性の悪さは否めない

★整備性が悪いです。
不慣れなショップだと、不調のエンジンの修理ができません。(不調自体を確認できないショップもあります)
もし、整備をショップに任せるならば、それなりにCBRに詳しいショップを選ぶ必要があります。

出典:www.bikebros.co.jp

例えプラグ交換をしようとしてもなかなか難儀するCBR250RR。バイク屋さんですら手を焼くほどのバイクでもあります。今後CBR250RRの購入を考えるなら、整備してくれるショップ探しも必要となるでしょう。整備性が悪いという弱点はありますが、それをも上回る魅力がたくさん詰まったバイクなので、乗りたい方はぜひ手に入れてみてください。

ホンダ CBR250RRのまとめ

250ccクラスの伝説的な存在のCBR250RR。高回転まで軽くフケ上がるエンジンと、軽量な車体によって、多くの方を虜にしてきました。20,000rpmまで回るエンジンは、4気筒の最高峰といってもいい程完成度の高さがあります。実際、登場してからしばらく経ちますが、エンジンの故障などほとんどありません。ハイパワーで燃費もよく、壊れない。まさにホンダを象徴するエンジンがCBR250RRには搭載されています。

カムギアトレーンによる独特のエンジン音、まるでF1のようなハイトーンの排気音、軽量で軽快なフットワークのある車体、これらはCBR250RRでしか体感できない性能といってもいいでしょう。未だにこのMC22型CBR250RRが話題に出るほどなので、気になる方はぜひその理由を体感してみてください!