【日産 デイズルークス】の気になる情報まとめ

広くて運転しやすくて安全という3拍子をもって発売された日産デイズルークスはデイズシリーズの第二段となるハイトワゴンモデルで、デイズの後継にあたるものになります。人気の車種となっていますので、気になっている人も多いのではないでしょうか? そこで情報をまとめておきましたので、参考にしてみてください。

日産デイズルークスとは

三菱自動車工業にて製造し、日産自動車が販売している軽ワゴンで、デイズシリーズの第二段として登場し、直接の先代にあたる日産が販売していたルークスの名前を加え、デイズルークスと名付けられた車になります。先述の2社の合弁会社であるNMKVが日産自動車と三菱自動車工業に向けて作ったもので、三菱ではeKスペースとしても販売されているので、どこかでみた顔だと思う人もいるかもしれません。2014年2月13日に発売され、月販目標は5,000台となっていたのですが、発売開始日からの1ヶ月間の受注台数は28,000台にもなり、約5.6倍という数字を出した人気車種になりました。

ボディカラーは全10色となっており、同形車であるekスペースにはないアゼリアピンクメタリックや、特別仕様車者になるハイウェイスターシリーズにはスパークリングレッドメタリックという専用色が設定されており、色にこだわる人も安心して購入できます。キャッチコピーには3つのいいねというのが採用されており、クラストップレベルの広い空間とアラウンドビューモニターの搭載による運転のしやすさ、エマージェンシーブレーキでの安全対策によって、「広くていいね 運転しやすくていいね 先進安全装備がいいね」となっているので、カタログなどで目にしたことがあるかもしれません。後述の燃費不正問題によって一時は販売中止という憂い目にあいましたが、現在ではすでに販売が再開されており、苦戦しながらも販売台数を伸ばしています。

デイズルークスの特徴と成り立ち

2010年12月14日、日産自動車と三菱自動車工業は事業協力関係の強化を発表し、その年の2011年6月1日にNMKVという合弁会社が設立され、その後2013年3月6日には初の共同制作車であるデイズが発表。同年の6月6日に先述のデイズの後継機としてデイズルークスが生まれました。デイズの後継でありながらも、元々はスズキで製造し日産自動車で販売されていたルークスの子孫ということで、名前を受け継いでおり、聞き覚えのある人もいるかもしれません。そして先代であるデイズが三菱自動車が作っているekワゴンの三代目との共同開発車だということで、どことなくその面影もみることができ、合弁会社であるNMKVを代表する車種としても有名です。

特徴としてはエクステリア部分においてデイズから変更が加えられており、ラジエーターグリルにはメッキバーが採用され高級感がプラスされ、下端のメッキバーとヘッドライトが繋がるようなデザインになったことにより先代のルークスハイウェイスターに似た意匠になっています。そして最大の特徴としてデイズに比べて全高が155mm高くなったことで室内のスペースが広くなり、27インチ自転車も積載可能になりました。ほかにもアラウンドビューモニター、タッチパネル式オートエアコン、スーパーUVカット断熱グリーンガラスといった嬉しい装備が多く、リモコンオートスライドドアなども搭載されています。

軽自動車としての立ち位置

デイズルークスは軽自動車ということでここ10年で圧倒的に伸びて生きている軽自動車の中でも、その居住性に重点をおいた軽トールワゴン(軽スーパーハイトワゴン)という立ち居地に存在しており、軽自動車のサイズながらもかなりの収容力をもつタイプになります。元々燃費が良く、小回りが利き、値段が安いという部分で軽自動車は人気があったのですが、どうしてもその居住空間は快適とはいえず、狭いのが当然と考えれられてきました。

そこで登場したのがスズキのワゴンRとなっており、軽の革命的モデルとして有名で、その背の高さによって男性でも楽に乗れるのが好評をうけ人気モデルとして現在も販売され、そしてその流れはダイハツのムーヴやホンダのライフ、そして後の日産ルークスであるパレットがスズキから登場し、その流れの一部としてデイズルークスは発売されました。

また、軽トールワゴンは現在の自動車の主流ということで、数々のタイプのものが各社から販売されており、それぞれが独自のコンセプトを持って作られ、差別化が行われていいるのが現状です。その中でデイズルークスはママにも運転しやすいというのを採用しており、上述した3つのいいねを体現した車として、家庭向けの立ち位置として販売されています。

デイズとの違いは?

2013年6月から販売を開始した日産デイズは、デイズルークスと同じく合弁会社NMKVが開発した軽トールワゴンで、三菱の3代目eKシリーズと共同開発された車です。名前からわかるとおり先代にあたるものなので、デザインとしては良く似ており、目つきの鋭さなどに元祖を思わせる雰囲気を醸し出しています。しかし、どちらも同じ軽トールワゴンということで、同様のコンセプトを持っており、どこが変わったのかというのは外見という部分では分かりづらいかもしれません。そこで、デイズルークスと、デイズではどこが変わったのかを見ていきましょう。

まず、基本的な部分としては特徴の項目でふれたように、フロントグリル周りが変わっており、メッキパーツなどの使用によって高級感が増し、先代のルークスハイウェイスターのようだといわれる見た目ですが、その重厚感はエルグランドにもにているともいわれているので、かなり変わったのではないでしょうか? また、こちらもすでに書いている部分としては全高の違いや各種装備の違いなどがあげられ、ほかにはデイズルークスにはリアシーリングファンの搭載による室内空気の循環といったものも搭載されていますので、まさに上位互換といってもいいくらいに変わっています。装備としてはどちらが優れているかというのは一目瞭然なのですが、燃費の方はというとデイズの方が優れていますので、載り方や家族構成などで選ぶのがいいかもしれませんね。

エクステリア(外観)

デイズルークスの見た目は元々がデイズハイウェイスターのような、エルグランドのようなといわれているだけあってかなり攻撃的なエクステリアをしています。デザインは合弁会社NMKVということで、日産と三菱の持ち味であるデザイン力が光っており、フロントグリルのメッキパーツや独特なヘッドライトの形はかなり個性的になっています。また、こちらもすでに書いてあるようにカラーが10色ということで、乗る人の好みにあわせて選べる色が多いというのも特徴として存在しており、グレードによる専用カラーなども用意されていますので、選ぶのがとても楽しい車ではないでしょうか?

また、ライバル社に同じく家庭向けの位置をもっているダイハツのタントがあるのですが、比べてもらえばわかるように、デザインとしてはこちらのほうがよりスタイリッシュになっており、男性でも選びやすいというのも特徴になります。こういったタイプの自動車は以前から実用性が求められていたこともあってか、デザインもそこまでこだわったものが無かったのですが、デイズルークスはそこにも手を入れたということで、人気があったのも納得です。

インテリア(内装)

デイズルークスの見た目はとてもスタイリッシュなので、いままで軽はダサいと思っていた層にも十分受けのいいものになっています。しかし、実際に車は乗るものということで、いくあら外見がよくても内部が良くないと購入には至りませんよね。そこでインテリア部分を見ていくことにしましょう。

まず、運転席側で目に付くのがトリムまでしっかりと貼られた布やシルバー調のパネルになります。前者は非常に細かいことなのですが、高級感というのはこういう些細な場面に表れてくるので、こういった部分に手が込んでいるのは評価が高いのではないでしょうか? また後者のシルバー調とクリアブラックのコンビネーションパネルは高級感だけではなく、清潔感が出るのが嬉しいところです。次に助手席側かの視点としては、今や定番となっている収納型のカップホルダーや座席の下のトレー、ブローブボックスなどはしっかりと装備されており、トレーは後部座席からの取り出し可能という便利な機能が追加されています。また、ダッシュボードに小さいながらも収納が付けられていますので、小さな気配りが多く、実用的な部分でもしっかり作られているのが、素晴らしいところです。

そして後部座席はどうなっているのかというと、基本的な装備はそれほどほかの車と変わらず、シートをフラットにできる機能などはしっかり存在していますので、広めの車体を生かして荷物を積んだりすることができるようになっています。

ハイウェイスターは?

軽自動車といえば最近の自動車業界の主流になっていますが、それでも軽には乗りたくないという人もかなり存在しており、その理由としては安全性の問題とパワー不足が主なものになるのではないでしょうか? たしかに軽自動車というのは小型の車体に対して広い空間を作るために、衝撃に対抗するというよりは吸収するという方面で進んでいますので、事故などでは人が乗る部分以外がぺしゃっと崩れてしまうので、安全面の心配をしてしまうかもしれません。では、パワーという面ではどうでしょうか? 搭載しているエンジンが660ccということで、普通車に比べれば確かに非力となっており、それは仕方の無いことかもしれません。
しかし、一部の車種にはコンパクトカー並の加速とパワーを得るためにターボが搭載されており、デイズルークスのハイウェイスターもそれにあたります。なので、通常のモデルとの最大の違いはエンジンはインタークーラーターボをつんでいるかどうかということと、15インチタイヤが装備されていることです。また、内装がアイボリー調な標準のデイズルークスとは違ってブラック系になっているので、スポーティ感がまし、フロントグリルの大きさが少し大きめになっている、タコメーターが付いているなどの違いなど、まさにハイウェイスターにの名に恥じないものになっています。

次期デイズルークス!モデルチェンジ情報

クイズのようになるのですが、1920年代にゼネラルモータースの社長であるアルフレッド・スローンが考案したシステムといえばなんでしょうか? そうです、モデルチェンジです。自動車やバイクといったもの以外の工業製品全般で使われる言葉なのですが、計画的陳腐化とも言われるシステムであり、新しい車への購買意欲をかきたてるものとして現在でも使われています。上述の言葉のように批判的な評判もある好意ではあるのですが、これを行われることによってモデルチェンジ前の車両が安くなるといった消費者に嬉しいこともありますので、これを待っている人も多いかと思います。

では、デイズルークスにモデルチェンジはあったのでしょうか? もちろん、それは行われており、大きく分けて2015年に一部のタイプに対して行われたものと、2016年の燃費不正問題発覚以降に行われた2種類のマイナーチェンジがされ、それによって安全性と燃費などが改善されました。それでは、いったいどのようなチェンジがあったのかを見てみましょう。

マイナーチェンジ

デイズルークスは2度のマイナーチェンジを受けているのですが、まず2015年の1度目に同型車両となる三菱のeKスペースと共に、従来はメーカーオプションに設定されていたエマージェンシーブレーキや踏み間違い衝突防止アシスト、一部グレードのみに搭載されていたSRSサイドエアバックシステム、ビークルダイナミクスコントロールなどが全車に装備されるようになりました。安全面の強化ということで、キャッチコピーの1つになっていた安全でいいねを補完する形になります。軽自動車には安全性がないという従来の考えを持つ人にも選択肢に入れてもらえるマイナーチェンジなので、これによって購入した人もいるのではないでしょうか?

また、エンジンやトランスミッションといった駆動系などにも手が加えられており、アイドリングストップ機構をターボエンジン搭載車であるハイウェイスターなどのグレードにも追加されるようになったので、平成32年度燃費基準+10%と平成17年基準排出ガス75%低減レベルを達成しエコカー減税の対象車になりました。(いずれも不正燃費問題前)

そのほか、インテリアの部分ではシートが撥水加工されるようになったので、食べこぼしや飲み物などの掃除も非常に楽になったことや、ボディカラーにツートンカラーが選べるようになったというチェンジも行われ、新しいオプションなども追加されています。次に2016年に行われるマイナーチェンジは未だ詳細などが出ていますので、詳しいことはありませんが、予想される機能としてはフロントグリルの大型化やインテリアの改良、そしてハイビームアシストの搭載などが有力です。燃費の部分は特に改善されるという話がなく、そもそもそこまで燃費を謳っていたわけでもないので、このままかもしれません。上記の部分で差別化をはかっていくのではないでしょうか。

フルモデルチェンジ

こちらも現在は特に情報が出ているわけではなく、早くてもフルモデルチェンジは2018年頃に予想されています。マイナーチェンジとちがって根本的な部分から変えていくことになりますので、これによって燃費が向上するのではないか? という予想もありますが、実際はわかりません。また、そのほかの情報としてこのフルモデルチェンジ以降から生産を日産が担当するのではないかと言われており、それによってパーツの質が変わるかもしれないという話もあります。いずれにしても、実際に行われるまではあくまで噂ということで、情報が出るのを楽しみにしていましょう。

日産デイズルークスの価格帯と値引き情報

最近では車自体の値段が下がってきており、軽自動車ならば100万円を大きく切るものなども出ていますので、それだけ値段というのは大きな基準になっています。そうなるとデイズルークスの値段も気になる人が多いと思いますので、全てのグレードと2WDと4WDそれぞれの値段と現在の値引き情報を見てみましょう。

【販売価格】
S:134万円
X:144万円
ハイウェイスターS:156万円
ハイウェイスターX:162万円
ハイウェイスターX Gパッケージ:169万円
ハイウェイスター ターボ:181万円
全て日産のホームページにのっている見積もりを参考にした概算となっています。また、上記は全て2WDのものとなっており、4WD仕様の場合は一律12万のアップです。

【値引き情報】
やはり不正燃費問題の影響もあってか、最近ではかなりの値引きがされており、2015年では車両価格とオプションあわせてだいたい20万円程度の値引きだったものが、2016年で値引きの合計25万から30万円以上となっています。これらは下取りや再販売キャンペーンによる10万円分のオプションも含んだものになるのですが、ここへさらにディーラーオプションの値引きなども考えられますので、さらに値引きを行える可能性があります。まさに買うなら今かもしれません。

日産デイズルークスのオススメグレード

日産デイズルークスは燃費という問題において、ほかのライバル車より劣っている部分がありますが、さすが日産と三菱が関与しているというだけあって、ほかの部分では素晴らしい車に違いありません。なので、これを気に購入するときの選択肢の一つに入れてもらえれば嬉しいのですが、情報としてはまだまだ足りていないのも理解しています。そうです、複数有るグレードでどれが一番おすすめになるかです。デイズルークスには標準者にSとX、ハイウェイスターにSとX、XG、ターボというものが用意されており、それぞれに特徴が存在していますので、かなり悩まなければなりません。

では、一体どのグレードがおすすめなのかと言われると、人気となっているハイウェイスターXを推したいと思います。理由としては上記を参考にしてもらえると分かるのですが、162万円ということで、全てのグレードの中間に位置しており、最も安い標準タイプのSと30万円の差でターボが付いてきて、さらにはエクステリアもインテリアも高級感があり、オプションの値引きなどを考えればコストパフォーマンスとしてもっとも優れているからです。また、日産自慢のアラウンドビューモニターやリヤサーキュレーターはXシリーズ以降にもなっているので、それも原因の1つかもしれません。さすが売り上げ全体の49パーセントがこのタイプということで、購入を考えている際には参考にしてみてください。

主要諸元

エンジン:3B20型直3 DOHC
ハイウェイスター:3B20型 直3 DOHC インタークーラーターボ
排気量:659cc
駆動方式:FF/4WD
変速機:エクストロニックCVT
サスペンション:前輪ストラット式・後輪トルクアーム式3リンク
全長:3,395mm
全幅:1,475mm
全高:1,775mm
ホイールベース:2,430mm
車両重量:920~1,000kg

日産デイズルークスの実燃費は?

それでは軽自動車の最大の売りである燃費という部分でデイズルークスに迫ってみましょう。まず、カタログスペックという面での燃費は発売時で26.0となっており、ライバル車であるタントが28.0km/lということなので、かなり差は開けられています。さらにこれは不正燃費問題が発覚する前の値なので、それ以降になると22.0km/lとなっていますので、さらに差が付いてしまいました。また、これらはあくまでカタログ上のものなので、実燃費になるとさらに減少して、e燃費などでの評価になると15.0km/l程度になると言われています。やはり車体重量が重いという部分がかなりのネックになっており、どうしても燃費が悪くなってしまうようです。

なお、燃費不正問題の発覚で旧来のデイズルークスを購入、リースした人には補償が発生しており、残価設定型クレジットやリースを利用した人には契約終了後に10万円から契約年数に1万円を乗じた額を引いた補償金、過去に利用していた人には使用年数に1万円を乗じた額、そしてすれに該当していない人には10万円が支払われますので、心当たりのある人は手続きを行っておきましょう。

e燃費

日産デイズルークスの維持費や車検代は?

車にかかるお金というのは、結構馬鹿にはできなくて、最近ではそれによって若者が車から離れているなんていう話も聞きます。しかし、それらは全て省いてしまっては全部自分に返ってくることなので、しっかりとしておかなければならないものになります。では、デイズルークスの維持費や車検代がいくらになるのかといいますと、自動車税10,800円に重量税3,800円、自賠責9,490円あわせて約合計2.4万円が維持費となり、車検代は日産ディーラーに頼んで訳8万円程度です。評価としては安い部類に入るそうなので、この部分では安心できそうですね!

日産デイズルークスの口コミ・評価は?

ここまでの日産デイズルークスの情報がいかがでしたでしょうか? 燃費にやや難があるとはいえ、先進的な安全装置や軽とは思えない高級感がうりとなっており、とても魅力的な車だといえます。では、実際に乗っている人の評価はどうなっているのでしょうか? twitterでの口コミを見てみましょう。 

口コミはいかがでしたでしょうか? 高評価の部分としてはやはり見た目のよさが多くあげられており、カッコいいという声から可愛いという声まで幅広く評価されてしました。ほかにも車内の広さがあげられており、上で紹介したように広すぎて違和感を感じるという声まであります。しかし、基本的にデイズルークスの話題となっているのは、やはり不正燃費問題のことであり、補償金の額や振込み日時などが多くなっており、問題の余波が続いているといったものです。それ以外だと軽ということで坂道が昇らないなどもありますが、全体としては燃費についてが8割、残りは高評価と低評価が半分ずつといった感じになります。

ライバルになる軽自動車は?

現在の軽自動車業界というのは軽の弱点である空間の狭さを改善するために、全高を高くした軽トールワゴンというのが主流となっており、デイズルークスもそれに該当するという話しはすでにさせてもらいました。そうなると気になるのが、それの対抗馬となる他社の車ですよね。三菱には同系車であるekスペースがあり、スズキにはスペーシア、ダイハツにはタントというものが存在しており、それぞれに空間の広さというのを売りにして販売されています。

では、同じ車体を持つekスペース除いたライバル車は一体どういったものなのか、簡単にみていきましょう。まず、スズキのスペーシアは2008年1月から発売されていたパレットの後継車でありスペック的にはデイズルークスと特に変わらないスペックを持っているのですが、最大の違いが燃費のよさと、安全性になります。前者はスペーシアが燃費32.0km/Lと大きく優れており、後者はデイズルークスが優れています。

次にダイハツのタントですが、こちらは対抗馬として有名で、微々たるものですが、室内空間の広さがデイズルークスより広くなっており、燃費も28km/lとはるかに上にです。しかし、安全性はやはり劣っていますので、その点でどちらを選ぶかになります。どの車車種も一長一短となっており、安全性とデザインならデイズルークス、広さと乗降性ならタント、燃費ならスペーシアと使い方にあわせて選ぶのがいいかもしれません。

日産デイズルークスの中古車情報

どれだけ軽自動車が安くなったといっても、やはり100万円を安いとはいえません。もちろん、高ければ高いほど質は良くなるのが当然なのですが、同じ車を買うならできるだけ安くと考えるのも普通の思考です。そこで、中古車でデイズルークスを手に入れたい場合の情報を最後に載せておきますので、参考にしてみてください。

中古市場では標準タイプのSやXといったものが安いもので60万程度となっており、人気のハイウェイスターXが130万前後となっています。やはり人気のタイプは値段があまり下がっておらず、燃費不正問題発覚後でもあまり差は出ていないようです。玉数は非常に豊富で登録台数は1,200台を超えており、いざ買おうとした際に、欲しいものが手に入らないという心配はなさそうです。

Goo-net中古車検索

まとめ

デイズルークスの情報についてはいかがでしたでしょうか? 三菱の不正燃費問題などあって、一時の人気は衰えてしまいましたが、燃費のことさえ考えなければ非常に使いやすく、見た目のよい車になりますので、新しく買う車としては十分に選択肢に入ると思います。フルモデルチェンジ後にはそういった問題も改善されるかもしれませんので、今から想定にいれてみるのはいかがでしょうか?