【マグナ50 中古車】程度のいい新車並のマグナ50を手に入れるなら急ぐべし!

カスタムシーンで大人気のマグナ50。免許取り立てからベテランまで、多くの方に支持されています。今回はマグナ50の中古車相場やエイプ50との違い、カスタムの注意点などをご紹介しているので、これからマグナ50の購入を考えている人の参考になるはずです。

ホンダ マグナ50中古車情報

マグナ50の中古車相場は6~37万円となっています

車両価格:24万8,000円(消費税込)

カスタムなどを個人で楽しめるかんたん設計なマグナ50。全体的に流通量は多めでさまざまな車両が販売されています。そんなマグナ50は要整備車といった、いわゆる不動状態は8万円までの価格で販売されており、直して乗りたい方にはこのあたりのマグナ50もおすすめです。

10万円までのマグナ50は程度そこそこ、またはきれいなお買い得車などが販売されています。10万円台で販売されているマグナ50の数は多く、ノーマルからライトカスタム車まで幅広い選択肢があり、好みの車両はこの価格帯から見つけることができそうです。

20万円台は特にきれいなカスタム車で、ボアアップなどエンジンに手を入れているマグナ50も多く見られます。少しでもきれいな車体を探している方はこの価格帯から探すことがおすすめです。30万円以上のマグナ50は低走行でノーマルといった新車並の程度のいい状態となっております。現在は生産が終了しているので希少価値があるでしょう。

新車並のマグナ50はまだまだあるが……

車両価格:34万9,000円(消費税込)
支払総額:36万8,000円(消費税込)

30万円以上のマグナ50のほとんどが新車並となっています。カスタムされることの多いマグナ50ではノーマル状態を保った車両の数は、この先減る一方でしょう。例えば上記のマグナ50は愛知県のバイク屋さんが販売しており、走行時間は300km台と奇跡的なクオリティです。もしも新車並のマグナ50を手に入れようと考えている方は、好みの車両があれば、値段も上昇傾向にあるので急いでゲットすることをおすすめします。

ヤフオクなども使おう

マグナ50の場合、ヤフオクなどの個人売買サイトでの出品が多いことも特徴です。落札金額は5~10万円前後とバイク屋さんよりもお値段は控えめとなっています。頑丈なことで知られるカブ系横型エンジンを搭載しているマグナ50では故障の心配も少ないため、個人売買でも比較的安心して購入できることでしょう。ときどき、落札金額を大きく下回る激安価格で取引されることもあるので見逃せません。

いくら丈夫なマグナ50でもエンジン異音車は避けましょう

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/Gq51Db8lsas" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

動画はスーパーカブです。タペット音の参考にしてください。

故障知らずのマグナ50のエンジンですが、さすがにメンテナンスを怠っていると故障へと導かれてしまいます。いくら走行距離が少ない車両であっても、エンジンから異音が出ていればなんらかの異常がある証拠です。異音の中でもタペット音であれば調整によって対策が可能ですが、下記の動画のような異音であればエンジン載せ替えなど大掛かりな修復作業を余儀なくされるでしょう。

カブ系横型エンジンの場合、分解修理も比較的安上がりにできますが、中古車購入時にあえてそのような状態のマグナ50を選ぶ必要はないと思います。中古車購入時はエンジンの異音に注意して品定めしましょう。

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/fPP2BOQFxdw" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

動画はクロスカブです。エンジン異音の参考にしてください。

ホンダ マグナ50中古車購入時の注意点

ボアアップは原付免許では乗れません

マグナ50に搭載されているカブ系横型エンジンには、多くのチューニングパーツが販売されていますが、ボアアップしている車両または、ボアアップしてしまうと、原付免許のままでは公道を運行できません。必ず改造申請をしてから、小型二輪以上の免許が必要となります。特にボアアップ済みの中古車を購入するときは注意してください。

改造申請しても2人乗りはできません

ボアアップをして小型二輪以上の免許を持っていても、2人乗りはできないので注意しましょう。これはもともとの設計が1人乗り前提となっているためです。黄色やピンク色のナンバープレートに変わっても1人乗りであることは変わりません。

マグナ50はカスタムマフラーの音量に注意

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/TBst2wwzahk" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

車検のない原付クラスのマグナ50ではある程度気軽に改造ができてしまいます。フロントフォークを延長したり、極端にハンドルの高さを変更しても、注意されたりすることもないでしょう。しかしそれが逆に痛手となることもあります。特に注意したいのがカスタムマフラーです。マグナ50の場合、消音装置の設計がないマフラーも多く販売されており、そういったものを公道で使用することは禁止されていますが、装着している人の数は少なくはありません。

音量規制についての知識がない人でも、知らず知らずに騒音規制をオーバーしてしまうこともあるようです。マフラーの騒音強化月間などでは警察官に声をかけられ、音量を測ったら規制をクリアしていなかった、ということもあります。そうなると最悪は整備不良とされ、警察にマグナ50を没収されることもあるようです。

法律で定められている限り、知らなかったでは済まされないので、マフラーは「JMCA」公認のものから選びましょう。JMCAとは政府が公認した商品となっているので、まず安心です。しかし、それでも改造の具合によっては音量規制をクリアできない場合があるので、マフラー交換時はプロに相談して行いましょう。あまりうるさいとご近所トラブルにもなりかねません。

ハーレーダビットソンみたいな音にしたい?

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/GhM7G804gBs" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

ハーレーダビットソンの排気音はこちらを参考にしてください。

アメリカンの王道、ハーレーダビットソンに憧れを抱いてマグナ50の門を叩く方も多いようです。そこでときどき「ハーレーダビットソンのような排気音にするにはどうすればいいか?」との書き込みを見かけますが、残念ながら答えは「できない」となります。そもそもハーレーダビットソンのエンジンは45度クランクのV型2気筒という種類で、独自の構造なども相まって、1回の爆発の間隔が不規則になるため、あの排気音となるわけです。

それに対してマグナ50は50cc単気筒で、ハーレーダビットソンのエンジンとは、異なるものとなっています。残念ですがマフラーをどのように設計しても、ボアアップしてもあの独特の音にはならないので諦めるしかありません。ちなみに国産の大排気量クルーザーもハーレーダビットソンのような排気音ではなく、規則正しいリズムの排気音となっています。

ホンダ エイプ50の中古車との違い

エイプ50と迷っている人も多いはず

同じホンダの4サイクルギア付きのエイプ50と購入を迷っている人も多いはずです。マグナ50同様にカスタムシーンで大人気とななっています。エンジンも頑丈で低燃費、文句のつけようのない完成度の高さです。両モデルともスペックなどが似ているとはいわれますが、実はしっかり棲み分けできていたりします。ではその違いを紹介しましょう。

両モデルのスペック

マグナ50のスペック

全長(m):1.960
全幅(m):0.760
全高(m):0.945
最高出力:3.9PS/8,000rpm
最大トルク:0.38kgf・m/6,000rpm
シート高(m):0.635
総重量(kg):96
変速機:常時噛合式4段リターン
燃料タンク容量(L):8
フロントタイヤサイズ:80/100-16 45P
リアタイヤサイズ:4.50-12 61J

エイプ50(FI)のスペック

全長(m):1.710
全幅(m):0.770
全高(m):0.970
軸距(m):1.185
シート高(m):0.715
車両重量(kg):84
最高出力:3.7PS/8,000rpm
最大トルク:0.37kgf・m/6,000rpm
変速機形式:常時噛合式5段リターン
燃料タンク容量(L):5.5
フロントタイヤサイズ:120/80-12 55J
リアタイヤサイズ:120/80-12 55J

両モデルのスペックからエイプ50はCB系縦型と呼ばれるエンジンを搭載していますが、マグナ50とほぼ同じパワーだということがわかります。大きな違いといえば4速のマグナ50に対してエイプ50は5速であることでしょう。エイプ50は比較的シフトチェンジを頻繁におこなう必要があり、マグナ50はアメリカンらしく、1速1速落ち着いたシフトワークとなります。

また、マグナ50はキャブレターモデルのみですが、エイプ50には前期型のキャブレターモデル、後期型のFIの2種類あり、パワーアップを目的とするなら機械式のキャブレターがおすすめです。そのほかの違いといえば、マグナ50はフロントタイヤが16インチと大径であることでしょう。そのほかは一目瞭然、アメリカンのマグナ50とブロックパターンタイヤを履いたエイプ50といったところです。

オンロードだけを意識したマグナ50、オフロード走行も視野に入れたエイプ50、それぞれキャラクターが違うといえます。

エイプ50の中古車相場は10~30万円くらい

車両価格:17万円(消費税込)
支払総額:18万8,000円(消費税込)

中古車相場はマグナ50とあまり相違はないようです。ただし、エイプ50では25万円以上の車体はフルカスタム同様の改造が施されています。マグナ50では程度のいいノーマルが高値をつけていますが、エイプ50ではノーマルは10万円台の低価格帯で販売されている状況です。

マグナ50はゆっくり走りたい派におすすめ

ワイド&ロースタイルのマグナ50は、ライディングポジションもゆったりできるので、長距離走行や、ゆったりのんびりな走り方に向いているといえます。また、アメリカンのスタイルを強調したドレスアップもよく似合うので、アメリカンにこだわりたい人に特におすすめです。

エイプ50はスポーツ走行派におすすめ

サーキット走行を意識したパーツが数多くリリースされているエイプ50は、スポーツ走行を楽しみたい人におすすめです。ライディングポジションはより自然な体勢になるので、操作もしやすいでしょう。ドレスアップの方向性としては、ゼッツーやローソンなどの大型ネイキッドバイクのレプリカや、旧車風に仕上げるなどに向いてます。

マグナ50の中古車のまとめ

生産が終了してからきれいなノーマル車の希少価値がどんどん上がっていくマグナ50。現在は中古車流通量が多く、手に入りやすい環境ですが、そのうち数も減ってくるでしょう。特に程度のいいマグナ50を狙っている人は、いち早くゲットしておきたいところです。

原付免許で手軽にアメリカンクルーザーが楽しめる、それがマグナ50! 燃費もよくその気になればカスタムだってできちゃいます。今回はそんなマグナ50のご紹介です。原付を楽しみたい人は特にチェックしてくださいね!