【ホンダ NM4】皆さんは、近未来的で唯一無二のバイクを知っていますか?

この乗り物はバイクなんです。ホンダが作り上げた今までにない革命的なバイク「ホンダ NM4」近未来とクールをテーマに開発し、「フロントマッシブスタイル」と「コックピットポジション」をコンセプトに掲げたバイクをご紹介します。ホンダ NM4の魅力に迫りましょう。

ホンダ NM4とはどんなバイク?

NM4は近未来的なデザインと快適な乗り心地、全てが新しいバイク

ホンダ NM4は近未来とクールをテーマに開発されたバイクです。ホンダは既存のバイクの枠を超えた、全く新しいモーターサイクルの開発へ挑戦しました。クルーザータイプのバイクなので、こう見えてアメリカンバイクの兄弟でもあります。(アメリカンバイクは厳密にいうとクルーザータイプ)まだまだ新しいバイクで2014年に発売され、唯一無二の斬新なデザインがとても個性的でライダーたちに衝撃を与えました。

仮面ライダーのバイクとしても有名で、高い人気を誇ります。

NM4のスタイリングを解説

スタイリングのテーマは「フロンとマッシブスタイル」と「コックピットポジション」を掲げています。2つのテーマを順に説明していきましょう。

「フロントマッシブスタイル」

大胆な面構成と塊感を意識したフロントのデザインで、ミラーはビルトイン方式といいフロントのボディに組み込まれています。ヘッドライトのつけ方は独立したパーツではなくフロントにビルトインの構成です。フロンとマッシブスタイルは近未来的でクールなデザインを実現するのに大きく貢献しているといえます。ヘッドライトは省電力で明るいLED式を採用しています。LEDはカスタムで好まれるHIDに対して、省電力で値段も安く近年人気が上がってきています。

「コックピットポジション」

フロントマッシブスタイルに合わせてテールカウルがビルトインされており、リアウィンカーやブレーキランプも外装に合わせた鋭いフォルムで徹底し、近未来的なデザインを際立たせています。迫力のあるリアビューを実現するためにタイヤは200mm幅のワイドです。低い車体はローアンドロースタイルになっていて、ライダーとNM4の一体感を高めています。

さらに進化したクルーザータイプの乗り心地

乗り心地も非常に優れています。「潜り込むようなコックピットポジション」というキャッチコピーのとおり、乗り方はバックレストを中心に潜り込むようなライディングポジションです。クルーザータイプ特有のライディングスタイルで足や腕に力を入れずに済み、リラックスした姿勢で乗れます。ステップボードが可倒式でバックレストの起立式ピリオンシートはボルトにより4段階で調整可能になり、乗り心地を追求し従来のクルーザータイプから進化しました。

乗り心地に大きな影響を与えるフロントフォークはインナーチューブ系φ43mmのテレスコピックタイプを採用、リアに装備しているのはホンダのモノショックである、プロリンクサスペンションです。

NM4には2種類のモデル「NM4-01」「NM4-02」があります

・NM4-01

・NM4-02

リアに違いがあるかどうか

大きな違いはリヤ周りのデザインや装備の違い、ボリュームだけです。タイヤサイズは200で共通しています。NM4-01は2014年4月10日に、NM4-02は同年6月10日に発売されました。NM4-02には再度ボックスがついていて、リアのデザイン性を保ったまま機能を向上させています。収納が欲しい方はNM4-02がおすすめです。

ホンダ NM4はマニュアル?オートマ?

一応、オートマですが...

結論からいいます。NM4はオートマチック車両です。日本の法律では変則にクラッチを使わないバイクは全て、オートマの扱いになります。だから扱い上はオートマです。しかし、NM4に乗るためにはマニュアル車両用の大型自動二輪免許が必要になります。NM4の排気量はどのモデルも650cc以上です。オートマ限定の大型自動二輪の免許では昔の名残で650ccまでのオートマチック車両にしか乗れません。だから、免許はマニュアル車も乗れる大型自動二輪の免許が必要です。

新機能DCTでマニュアルもオートマも自由自在

扱いはオートマですが、駆動方式は新しい技術を使っていてマニュアルトランスミッションをDCTという機能で自動的に制御します。マニュアルで行くか、DCTを使ってオートマで走るかをライダーがスイッチを使って選んで、操縦することが可能です。オートマ走行では一般的なスピードで走るのに適した「Dモード」かスポーツ走行に適した「Sモード」を選んで。駆動の仕組みをライダーのニーズに変えれます。

ホンダ NM4のスペック

高いのはデザイン性だけではありません。性能も素晴らしいバイクです。

基本的なスペック

エンジン

型式:水冷 4ストローク OHC 4バルブ 直列2気筒
エンジン型式:RC70
総排気量:745
燃料供給装置:電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)>
燃料タンク容量:11L(リットル)
燃費:およそ38.0(60km/h定地走行テスト値)
圧縮比:10.7
始動方式:セルフ式
点火装置形式:フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式:圧送飛沫併用式
内径×行程:77.0×80.0(mm)

変速機

クラッチ形式:湿式多板コイルスプリング式
変速機形式:電子式6段変速(DCT)
変速比:1速2.666
   :2速1.904
   :3速1.454
   :4速1.200
   :5速1.033
   :6速0.864
減速比(1次/2次):1.921/2.294

動力性能

最高出力:40kW[54PS]/6,250rpm
最大トルク:68N[6.9kgf・m]/4,750rpm
最高速度:およそ180km※
最小回転半径:3.2(m)

車体関係

車名・型名:ホンダ・EBL-RC82
全長×全幅×全高:2,380×810×1,170(mm)
軸距:1,645(mm)
最低地上高:130(mm)
フレーム形式:ダイヤモンドフレーム
キャスター角:33°00´
トレール量:110
タイヤサイズ前:120/70ZR18M/C(59W)
タイヤサイズ後:200/50ZR17M/C(75W)
ブレーキ前:油圧式ディスク
ブレーキ後:油圧式ディスク
シート高:650mm
車両重量:245(kg)
乗車定員:2(人)
懸架方式前:テレスコピック式
懸架方式後:スイングアーム式(プロリンク)
新車価格:999,000円(税込)※初代NM4の価格

最高速について

公式の情報ではありませんが...

調べてみたところ、180kmあたりのようです。あくまでも参考として、とらえていただけたらと思います。

ホンダNM4の価格

新車の車体価格は100万円を超えます

人によりますが、100万円以上の価値はあるといえます

比較的新しいバイクで排気量も多いのでそれなりの価格設定です。ですが、他にない近未来的なデザイン、コックピット、乗り心地があるので100万円に見合ったバイクといえます。

NM4-01の新車価格

NM4の販売形態には2種類あり、金額に小さな差があります。

NM4-01:1.,020,600円(税込)
NM4-01 カラーオーダープラン:1,042,200円(税込)

約4万円の差です。カラーオーダープランは11色の中から、自分の好きな色を選んで購入する買い方です。11色の中に気に入った色があって、元々色の変更を計画していたのなら4万円をプラスして純正のカラーリングで購入するのが、確実だと思います。

NM4-02の新車価格

NM4-02:1,182,600円(税込)
NM4-02 カラーオーダープラン:1,204,200(税込)

サイドボックスが付くため取り付け費用、パーツ費用でNM4-01に対して16万円ほど高くなります。カラーオーダープラントの差額はこの車体の方が2万円やすいです。

ホンダ NM4の中古車情報

NM4の中古車相場は最低でも70万円から

NM4-01の中古車情報

支払総額:738,800円(税込)

カラーはブラックで、走行距離は6423kmの年式は2015年です。NM4-01の注射相場では安いほうで、この状態でこの価格はとてもお得だといえます。NM4-01を出来るだけ安く買いたい方は、70万円台にての購入を目安のするといいでしょう。この車体は大丈夫ですが、H25年12月~27年6月に生産された車体は、セルのマグネットスイッチにおけるトラブルでリコールされていた過去があるので、避けたほうが無難です。決して安いバイクとはいえないはずですので、幸せなバイクライフのために、吟味して購入しましょう。

支払総額:767,700円(税込)

走行距離がたったの561kmで1,000km未満の低走行車両です。販売されてから新しいバイクはこういった、新車同然の車体が見つかりやすいところが1つのメリットでしょう。この車体はデモカーとして利用されていました。特に理由がなければこういった優良車両を購入した方がいいです。年式は2014年、放置されていなければ問題ありません。古いバイクでもないので、そういった心配もNM4に限っては必要ないでしょう。

NM4-02の中古車情報

支払総額:800,000円(税込)

NM4-01と比べると少々最低金額が増えますが、NM4を新車で買ったときの価格差とあまり変わらないので、そこまで気にならない金額差です。年式は2014年で走行距離は10460km、これぐらいの状態の車体なら問題ないといえます。しかし、NM4は低走行距離車が多いので、もう少し予算を増やして走行距離が10,000km以下の車体を購入してもいいかもしれません。

支払総額:861,400円(税込)

おそらくこのNM4-02は前のオーナーが、カラーオーダープランで購入したはずです。綺麗な青色のボディが美しい一台。一部ホワイトで塗装してあります。カスタムもしてあり、変更箇所はリアキャリアとホイール(リム)、デカールキット(ステッカーのようなもの)です。標準装備で冬にうれしい、スポーツグリップヒーターとETCが装着してあります。価格が他の車体とあまり変わらない中で、このカスタムはお得です。特にリムのカスタムは費用が、かかる箇所なのでさらにお得感を高めています。転倒跡がついているのが唯一のマイナス点です。パッと見では分かりませんが、購入の際には注意しましょう。

中古車のまとめ

中古車は低走行車両が多く、状態がいい車体ばかりです。そのぶん値段は高くなります。値段が高い分、安心して購入できるメリットもあるので、中古車の購入も検討してみてはいかがでしょうか?おすすめできます。

ホンダ nm4のカスタム

Bridgestoneのステッカーとオレンジ色のリムステッカーで、レーシングな雰囲気を確立したカスタム。おっと、ほかにも注目すべきところがありますね。ガンダムのようなロボットらしいカスタムができるのは、近未来的なデザインのNM4ならでは、赤色のNM4はまるで皆があこがれた「AKIRA」の主人公が乗るバイクです。

NM4の定番カスタムパーツとおすすめカスタムパーツをご紹介

発売から1年以上が経過した今ではNM4のカスタムパーツも少ないながら販売され始めて来ました。その中から評価の高いものや、信頼のおけるカスタムパーツをご紹介します。

これなしでカスタムは語れない、バイクカスタムの王道マフラー

モリワキ(MORIWAKI) スリップオンマフラー SOLID CUBE METAL CARBON

モリワキ(MORIWAKI) スリップオンマフラー SOLID CUBE METAL CARBON NM4(14) 01810-7L1M8-10

¥99,829

販売サイトへ

まるでナイフを大きくしたかの斬新なデザインのモリワキ製マフラーです。近未来的フォルムのNM4にふさわしいデザインに仕上がっています。装着するとノーマルよりかっこよくなることは間違いありません。ヒートガードの素材にはカーボンが使われおり、デザインもあいまって高級感も抜群です。車検にも対応しているため、装着したまま安心して車検を迎えられます。取り付けはバイク屋で行ってもらいましょう。エキゾーストは低音が響き渡る、渋い音色です。下に参考動画を用意しているのでご覧ください。音は静かでうるさくない中で、主張がある雰囲気が素晴らしいです。

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/86j5DeZHTZA" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

モリワキ(MORIWAKI) スリップオンマフラー SOLID CUBE METAL CARBON の参考動画です。マフラーと750ccの排気ガスの塊が、空気を切り裂くようなエキゾーストを奏でます。たまりません。

NM4-01 NM4-02 LCIカーボンエンドスリップオンマフラー

NM4-01 NM4-02 LCIカーボンエンドスリップオンマフラー

¥35,900

販売サイトへ

カーボン、そしてカーボン。 LCIカーボンエンドスリップオンマフラーはマフラーエンドがカーボンで作られ、サイレンサー本体はカーボンパターンでデザインされたマフラーです。ステンレスの部分を見つけるのが難しいくらいで、クールなデザインなのでNM4に似合います。このマフラーをNM4に装着した動画が見つからなかったので、エンジンのタイプが近いホンダNC700Xに、紹介しているパーツと似たマフラーを装着した動画を参考に用意しました。

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/3ZbBcwXm3Lo" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

NM4-01 NM4-02 LCIカーボンエンドスリップオンマフラーの参考動画です。アメリカンバイクのようなトルクの聞いた渋い音に、ホンダの性能志向のエンジンが繰り出す排気音がいい音を出しています。

乗りやすく、見た目もよくする外装パーツ

ホンダ純正 ハイウインドスクリーン

ホンダ純正 ハイウインドスクリーン [NM4-01 / NM4-02(RC82) 専用]

¥15,350

販売サイトへ

メーカー純正の外装パーツです。俗に言う風防でこれをつけると、走行風による疲れを軽減できます。特にクルーザータイプで、長時間乗ることを想定しているNM4には必須といえます。スクリーンのデザインが途中から上の方にうねっているのは、風から体を守るためです。高速走行時には強い風から、冬には寒さから体を守ります。NM4を買って遠くへのツーリングを予定しているなら、装着を考えてみてください。昔のウインドスクリーンはデザイン性を考えていませんでしたが、最近は見かけも機能も考えて作ってあるのでリターンライダーの方も着けてみましょう。

ホンダ純正 NM4-01/NM4-02(RC82) バックレスト

ホンダ純正 NM4-01/NM4-02(RC82) バックレスト

¥32,900

販売サイトへ

タンデムをする予定の方、したい方におすすめタンデム用のバックレストです。ホンダが純正のカスタムパーツとして販売しているので、簡単に取り付けることができます。Amazonのサイトによれば30分で取り付けできます。初めてのカスタムにもってこいです。NM4はノーマルではバックレストが付いていないので、カスタムはしたいけれど、どれからしたらいいのか分からない人はこれから装着しましょう。機能的なメリットがあり、メーカー純正なので購入して間違いありません。リアキャリア部分には荷物を紐で付けれます。

デイトナ(DAYTONA) マルチウイングキャリア

デイトナ(DAYTONA) マルチウイングキャリア 【HONDA NM4-01/02('14)】 91623

¥12,885

販売サイトへ

積載量は5kgまでのデイトナのリアキャリアです。キャリア自体の重量は3.3kgなので装着しても、走行性能への影響は少ないでしょう。素材にアルミを使用し、デザインはNM4に合う線を意識し、カクカクしていてかっこいいです。荷物も搭載できて機能的で、ホンダの純正 バックレストと比べて価格が安いので、バックレストが価格的に厳しい場合はリアのカスタムにどうでしょうか?

このリアキャリア用ラバーマットが、同じパーツメーカーから販売されています。乗せた荷物がすべるのを防ぎますし、いいカスタムのアクセントにもなりますのでおすすめです。

デイトナ(DAYTONA) ウイングキャリア用ラバーマット 77423

¥1,647

販売サイトへ

故障の備えにもなるカスタムパーツ

デイトナ(DAYTONA) ブレーキパッド 赤パッド リア フロント

デイトナ(DAYTONA) ブレーキパッド 赤パッド リア:NC700S/CBR400RR/ホーネット250 など 79784

¥2,546

販売サイトへ

デイトナ(DAYTONA) ブレーキパッド 赤パッド フロント:シャドウス400/GSR250/ジェンマ/VTR250/CBR250R など 79803

¥2,546

販売サイトへ

NM4に適合するブレーキパッドです。ブレーキパッドは乗っているうちに磨り減るので、交換しましょう。ウエアインジケータという交換時期を知らせる部分がついています。交換時期がきたら、ブレーキを使ったときに音を出すのですがとてもうるさくて不快です。ブレーキパッドが磨り減るとブレーキの効きも悪くなるので、時期がきたらメンテナンスしましょう。

このパーツはカスタムとして交換してもいいですし、交換に備えて買っておいても損はありません。ブレーキパッドによって違いはありますが交換時期は、一般的に走行距離30,000kmから40,000kmです。距離は関係なしにウエアインジケーターから音が出た時も交換時期です。

乗っていくうちに交換が必要になるタイヤについて

DUNLOP(ダンロップ)バイクタイヤ K505 フロント 120/70-18 M/C 59V チューブレスタイプ(TL) 225383 二輪 オートバイ用

¥8,393

販売サイトへ

SHINKO(シンコー) R005 200/50ZR17 R 75W TL

¥27,168

販売サイトへ

フロントタイヤは安く出購入できます。リアタイヤは200サイズで太めなので少し高めです。タイヤは一度交換すればおよそ3年使えるので、それほど大きな負担にはなりません。走り心地に直結する部分なので、必ず交換しましょう。これよりも高いタイヤもあります。高級なタイヤを装着してみると乗り心地が大きく変わったりします。タイヤの交換はいいカスタムです。ハイグリップタイヤなどは耐用年数が短かったりするのでその点は注意してください。

NM4と合わせて知っておきたい「ホンダ DN-01」

DN-01はどんなバイク?NM4との関係は?

NM4の前のモデルといえます

実質NM4の前身といえるモデルがホンダ DN-01です。時代に対して早過ぎるバイクだったのか、新車価格120万円が高過ぎたのか、あまり人気を獲得できませんでした。この経験があって作られたNM4は今大人気で成功しているので、ホンダはDN-01を作ったことで素晴らしい経験を得ました。NM4の人気が高い今こそDN-01に乗ってみるのもいいかもしれません。中古車は60万円台から販売されています。排気量は680ccでNM4と同じ大型自動二輪の免許が必要です。

NM4には興味があるけど、もう少しバイクらしいデザインだと良かったと思う人はDN-01だと満足してもらえると思います。

DN-01の中古車情報

シート高は690mmと低く、足つきがいいバイクです。エンジン型式はRC55Eで、燃費はおよそ25km/h乗りやすい大型バイクといえます。種類はNM4と同じ、クルーザーです。

ホンダ NM4のインプレッション、リアルなNM4について

これまでは公式に発表されているスペックやバイクの仕様を元に解説して来ました。ですがバイクなので、ユーザーの声を聞かないと本当の評価が分からないかもしれません。ここからは実際に乗った人の感想をもとに、NM4がどんなバイクを見ていきましょう。ユーザーの声をどうぞ。

常々アメリカンのテイストでAT車があれば良いのにと思い続けて、このバイクに出会いました。
大排気量をATで操るこの快感を知ってしまったらもうほかのバイクには戻れませんね。

とは言え欠点がないわけではないです。
というか、欠点だらけです。

■シート・サスペンションが硬い
一時間乗ってたらケツの肉が血行不良で腐り落ちるんじゃないかと思うほど硬いです。
長距離を走るならゲル座布団が必須ですね。

■座ったままアクセス出来る小物入れが無い
ETCが付いているので高速道路の料金所をスルーできるとはいえ、やはり無いと不便です。
あれだけ大きなフロントカウルが付いているのに不自然過ぎる設計です。

■チェーンメンテナンスがしづらい
5万値上がりしてでもベルト駆動にして欲しかった。

■サイドスタンドが不安定
サイドスタンドの接地点が本体に近すぎて不安定です。

■サイドボックスは飾り
笑ってしまうほど実用性の無いサイドボックスの容量。
これはリアのデザイン性を向上させるためだけの装備ですね。

■サイドミラーの調整が難しい
鏡面を押すことでしか調整できません。調整する度に鏡が汚れるのはいただけない。
一番最初は可動部が固まっていて、しかも内部の仕組みが分からないため無理に押して良いのか悩みました。
本体の側に支点があることを意識しながら鏡面を押すことで調整できます。

■サイドミラーの視野範囲がせまい
目視で後方確認するクセが付きました。教習所みたい(笑)。

■走り出し時のクラッチワークがシビア過ぎる
いわゆる遠心クラッチではないためか、スクーターの様なゆっくりクラッチがつながっていく感覚ではありません。
少しでもアクセルを開けるとズバッと繋がります。
駐車スペースでの取り回し等、本来半クラを多用するシーンではこのクセが結構厄介です。



勢いに任せて欠点を羅列しましたが、
トータルで評価するに買って正解でした。

どんな欠点も霞んでしまうほどに魅力的なデザインです。
逆に言うと欠点のないバイクが欲しい人には向かない車両ですね。
そういう意味では非常にHONDAらしからぬバイクだという印象です。

出典:review.kakaku.com

ホンダCB750ボルドール カワサキZ750- ホンダCX500ターボ- カワサキZX-10 ハーレーファットボーイ ホンダNM-4 02 と渡り歩きました。

【デザイン】  バイクらしいバイクの姿に変化が見られなく今までにないこの姿に一目ぼれ・・・
        今ではフツーに見えます。ですが他で見たことも無く実に満足度は高いです。

【エンジン性能】100PSを下回るエンジン性能に疑問がありましたが
        「HONDA車は期待を裏切らない!」を信じていました。
        出足のパワーはありますね。高速走行時の加速も問題ありません。
        そこそこいい走りをしますし、急坂道も問題なく登っていきます。
        実に楽で楽しいです。有り余るBIGパワーには飽きてきていました・・・
        普通の道の日本では、まるで問題ありません。
        注目度がありそこそこ元気で気合の不要のバイクは使いやすいと思います。
 
【走行性能】  安定感があります。風によるブレも少ないですし運転しやすいです。
        DCTのギヤーチェンジの音とドコドコ感は好きです。また静かです。
        50KM走行ぐらいだと風きり音の心地よい感じは個人的に快適です。

【乗り心地】  悪路の時に妙に突き上げを感じます。もっとサスの研究があっても良かったと思います。

【取り回し】  足つき性もばっちりで安心して乗れます。立ちコケの不安はありません。軽い!!

【燃費】    29km~31kmで問題ありません。ただ燃料計が最初は減りが早いのとちょっとした
        坂道でも燃料計がぶれる(減る方向)のが難点です。計器に1メモリしかないので
        ガソリンを入れると7リットルしか入らなかった??

【価格】    初めは高価でムリ!と思いますがこの満足度に後々納得しました。適正だと思います。

【ヘッドライトの問題】 
        何が問題なのか?明るく何の不安もありません。フォグ??そんなの不要と思います

【積載性】   納入と同時にキャリーを装着。BIGスクーターはたくさん入るのに・・残念
        マグネットのタンクバックもNG サイドの収納も小さい・・・
        まあ・・バイクとはそういうもの・・・と割り切っています。

【総評】    カタログ・PC動画のみで購入しました。田舎では実車も存在していません。
        大型BIGバイクの迫力ある排気音に飽きて・・有り余るパワーにも飽きて・・・
        ハーレーに乗って味があるのもいいけどバイクバイクしている姿に飽きて・・
        バイクぽくない?バイクでスクーターでは不満だし、しかし腰痛が不安だし、
        シャカリキに飛ばすバイクにも・・・もういかな??と感じるころ・・・
        考えていました・・・大型バイクは50kもスピードがあれば6Fのままなので
        バイクのオートマ?もいいのかも?と思う頃にモーターショーでの発表
        仮面ライダー好きだし、ガンダム世代、近未来好きだしSF映画大好き!の魂の意見でした。
        しかし高額なためBMW等の外車・大型ツアラーなど検討した最後の結果でした。
        現在、ここまで進化した日本製のバイクに感動しています。
        楽で楽しく、高性能で燃費もすばらしいさらに斬新で乗りやすい・・・
        NM4-02 じつにすばらしいバイクです。
        コスプレで   

出典:review.kakaku.com

デザイン 
このバイクを欲しくなる人はこの他には無いデザインでしょう。
     これが一番でしょう。SF、未来的なデザインに魅力を感じます。

エンジン性能
非力の分類のエンジンを技術によって走りのあるエンジン性能に仕上げました。
SOHC並列2気筒の750ccエンジン・・・このエンジン性能を誰が走りを期待していますか?
それを見事に裏切られましたね・・・今日もソロツーで4~5台ぐらいリッター抜かしましたがしばらく付いてきても結局は付いて来ませんでした。

走行性能
バックレスト機能を持つ起立式ピリオンシート 角度を起こし始めと戻す時はキーが必要
また
4段階前方に位置調整出来ますが
ボルト固定なのがやっぱめんどくさい
なぜボタンを押し調整で、固定が出来なかったのか?と思います。たとえるなら 車のシートスライド
を動かすのに六角レンチでボルト4本を外して再度固定してでないと動かすことが出来ない・・・そんな車ではさいやじゃないですかね・・・

実車を前にこのロングホィールベースでよくあれだけ動けるな・・・という感想です。
決して旋回性があるとは言いません。逆にライダーみずから積極的に曲げるため(寝かすため)の動作をしないと
軽快には走りません。セルフステアは甘いですがバンク角はライダーの技量しだいでかなり寝かせられますので
早く走らせることも技量しだいですかね・・・
スイングアームのピボット上にシートがある為路面の突き上げ感はあります。路面が荒れている場合は顕著です。
スピードが乗っているときはしっかりニーグリップ、くるぶしグリップをしましょう。
低速で流している分には全然OKです。

乗り心地
先述の突き上げ感からの印象から評価は低いです。リヤサスのプリロードを低くしようと思いましたが取り説ではページが無い、という事はリアサスにはプリロード調整が無い・・・えっという感じです。116万もするバイクなのにです。
乗り心地はNM4はツアラーなのだから ふわふわを期待していると全然真逆です。だって200mmの50扁平で乗り心地が言い訳ないでしょ・・・固めのつんつんです。

取り回し
手動の半クラ操作が出来ないため (DCTだからね・・・)極遅速の転回は気を使います。
特に信号で止まる寸前の停止の操作・・・気を抜くとバランス崩してグラッ・・・と来ますが・・・
足つき性がいいのでベタ足で踏ん張れるので大丈夫です。
燃費 元気よく走ると26kmぐらいでおとなしく走ると30kmは行きます。

価格
750ccの割にはかなり高いなと思いますが聞いた話では専用設計品が多く
部品の共通化でコストダウンが出来なかったみたい
安い買い物では決してないですが出した金額に見合う喜び、感激、そして満足感には出会いますので
まあ・・・妥当ですかね

満足度
これは満足です。このバイクが欲しくて買いましたので・・・
なんてったってこんな未来的なデザイン 
他には無い
カッコいいではないですか!!
当方複数台バイクを所有をしていますがこれは当然別のジャンルのバイクです。

しるけさん またどんぐりで遭えたらいいですね・・・

出典:review.kakaku.com

5段階中4.5以上と総合評価は高い

総合評価は高くユーザーにも支持されている、本物のいいバイクだと分かりました。特にデザインに優れていては多くのユーザーが高く評価しています。このバイクを購入する方には、NM4のデザインを好きじゃないという人はいないという声もありました。NC700系のエンジンを搭載しているので、走行性能も優れていて、乗りやすくパワーも十分で高い評価を得てます。

シート高は650mmとスクーター並みの低さです。足つきや取り回しは、ユーザーの体格による影響を受けません。ホンダのテーマ「近未来的」で「クール」なデザインはライダーたちの心をばっちり掴んだようです。ユーザーの評価は高いといえます。

NM4のブログで有益な情報、リアルなNM4が見れます

NM4のブログを見てみよう

NM4に乗っているライダーのブログをいくつか見つけたのでリンクを貼っておきます。NM4と過ごすバイクライフはどういうものなのか?リアルなNM4とライダーの生活をブログで確認しましょう。まだあまり情報の出回っていないNM4の整備情報が、書いてあったりするので自分でメンテナンスや整備をする方は必見です。

カズさんのブログ「NM4に乗っているカズのブログ」です。最新記事は「ネジチョコ」です。

NM4とGROMもいっしょに

ホンダ NM4 まとめ

ホンダ NM4を解説しました。このバイクのテーマは「近未来」「クール」でしたね。テーマの理由がよくわかったのではないかと思います。面と塊を意識したフロント、200サイズのワイドタイヤなど迫力ボリュームがあるリアデザインで、本当にデザインがかっこいいバイクです。排気量は750ccで走行性能にも優れて扱いやすく、中古はいい状態の車体が流通しています。好みにあっていて、予算が許せばNM4と一緒にバイクライフを送っていってみてはいかがでしょうか? NM4に乗って近未来のライディングを、楽しみましょう。