【マツダ アテンザ】マイナーチェンジ。エンジン制御改善とトルクベクタリングを採用!

マツダのフラッグシップカーである、アテンザがマイナーチェンジを行ないました。見た目だけではなく、エンジン制御、安全性能、そしてアクセラに搭載されて話題となったトルクベクタリングも全車に装着されたということで注目されます。さっそく各部についてみていきましょう。(飯嶋洋治/RJC会員)

マイナーチェンジした「マツダ アテンザ」のポイントは?

photo by mazda

マツダ株式会社(以下、マツダ)は、フラッグシップカーである「マツダ アテンザ」をマイナーチェンジして2016年8月25より発売しています。それまでも、「スカイアクティブ-D」エンジンなどの搭載したスタイリッシュなセダン&ステーションワゴンということで、従来のディーゼルエンジン乗用車とは一線を画してきましたが、今回のマイナーチェンジにより、さらにリファインされたものとなっています。

マツダのアイデンティティともなった「スカイアクティブ」は、2012年発売の「CX-5」以降に導入され、人間の特性・感覚を徹底的に研究し、人間にとって気持ちの良い走りを追求するものと位置付けられています。今回の商品改良でも「人間中心の開発哲学」に基づいた最新技術を採用し、商品の価値を高める努力がはらわれています。

マツダ アテンザのエクステリアは?

photo by mazda

photo by mazda

今回のマイナーチェンジでマツダは、丹念な造り込みと高品質な素材とで磨き上げた上質感のあるインテリアデザインを採用したと謳っています。新色として「マシーングレープレミアムメタリック」を採用しました。テーマは「機械の持つ精緻な美しさの追求」です。力強い陰影のコントラストと表面の緻密さを高次元に両立することで、リアルな金属質感を実現を目指しています。他にも「ソウルレッドプレミアムメタリック」など、全10色のエクステリアカラーをラインナップしました。

マツダ アテンザのインテリアは?

photo by mazda

photo by mazda

photo by mazda

天井とピラーをブラックに、ホワイトとブラックの2種類のインテリアカラーを設定しました(L-Pakage)。これによってアテンザにふさわしい落ち着きあるインテリア空間を演出したとしています。シート素材はナッパーレザー。これは上質でしっとりした滑らかな触感が特徴です。さらにインパネデコレーションパネル、ドアトリムスイッチ、シフトパネルは専用カラーで全体のイメージを心地よくまとめたものとしました。ステアリングホイールは、専用アクセント(中央メッキリング&6時ベゼル本革巻)をあしらったものとなっています。

マツダ アテンザのパワーユニットは?

ガソリンエンジンもラインナップされますが、やはり注目はディーゼルエンジンの「スカイアクティブ-D」となるでしょう。今回は「DE精密過給制御」を採用しました。これはターボの過給圧の制御を最適化し、より緻密な燃料噴射を可能にするもので、結果としてエンジンのトルク応答が向上しています。低負荷時のアクセル操作に対するクルマの反応を、よりドライバーの意思に忠実にしたものとしています。

また、ノック音(ディーゼルノック)を引き起こすエンジン燃焼による圧力波と部品の共振による圧力波を低減するために、特に音量が大きい周波数別に静粛性を向上させる「ナチュラル・サウンド・スムーザー」と「ナチュラル・サウンド・周波数コントロール」を採用しています。これらによって、従来のディーゼルエンジンにはない心地よいエンジンサウンドを目指しています。

「G-Vectoring Control(G-ベクタリング コントロール)」とは?

photo by mazda

この装備が全車につけられたことがアテンザの最大のトピックと言えるかもしれません。G-ベクタリング コントロールとは、ドライバーのハンドル操作に応じてエンジンの駆動トルクを緻密に変化させ、横方向と前後方向の加速度を統合的にコントロールするシステムのことです。熟練したドライバーがコーナリングの際にアクセルコントロールやブレーキングでスムーズに荷重移動して、安定した挙動を作り出し同乗者に安心感を与えることがありますが、これをエンジンの駆動トルクを自動で制御して行なう技術だそうです。後に試す機会があるはずですので、詳細はまたレポートしたいと思います。

マツダ アテンザの安全装備は?

マツダは自社の安全技術を「i-ACTIVSENSE」と総称していますが、こちらも進化を果たしています。前方の車両や歩行者を検知し、衝突の危険があると認識すると自動的にブレーキをかけて衝突の回避や被害軽減を図る「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)」を採用したほか、近赤外線レーザーセンサーだった検知デバイスをフォワード・センシング・カメラに変更することで、検知対象を車両のみから、歩行者にまで拡大しました。車両検知の作動速度域も拡大して、より安全性を高めています。

走行中にはフォワード・センシング・カメラで速度制限・進入禁止・一時停止の交通標識等を読み取り、その情報をアクティブ・ドライビング・ディスプレイに表示。それに加えて制限速度超過をディスプレイ内のグラフィック点滅やブザー警告でドライバーに通知する「交通標識認識システム(TSR)」を新採用するなど「うっかり見落とし」の低減を図りました。

主要諸元

車名・形式:マツダ・LDA-GJ2FP ※代表して「アテンザセダン 2WD(6EC-AT)」を取り上げています

寸法・重量・ 定員

全長:4,865mm
全幅:1,840mm
全高:1,450mm
ホイールベース:2,830mm
トレッド(前/後):1,585mm/1,575mm(17インチタイヤ装着車)、1,595mm/1,585mm(19インチタイヤ装着車)
最低地上高:160mm
乗車定員:5名
車両重量:1,540kg

ステアリング・サスペンション・ブレーキ

ステアリング:ラック&ピニオン式
サスペンション(前/後):マクファーソンストラット式/マルチリンク式
ブレーキ(前/後):ベンチレーテッドディスク/ディスク

エンジン

型式:SH-VPTR型
種類:水冷直列4気筒DOHC16バルブ直噴ターボ
総排気量:2,188cc
ボア×ストローク:86.0×94.2
圧縮比:14.0
最高出力:129kW〈175ps〉/4,500rpm
最大トルク:420Nm〈42.8kgf-m〉/2,000rpm
燃料供給装置:電子式(コモンレール)
使用燃料・タンク容量:軽油・62L

性能

JC08モード燃費:19.6km/L
主要燃費向上対策:減速エネルギー回生機構、アイドリングストップ機構、筒内直接噴射、電子制御燃料噴射、2ステージターボチャージャー、コモンレール高圧噴射、4バルブ、センターノズル化、ロックアップ機構付トルクコンバーター(AT車)、電動パワーステアリング
最小回転半径:5.6m

まとめ

メーカー希望小売価格は、2,764,800円~4,001,400円となっています。ちなみにXD(2WD)の6MTは3,229,200円で、これでアテンザの魅力は十分楽しめるだろうと思います。特に国内では個性のあるスポーティセダンが影を潜めている傾向がありますが、その中でアテンザセダンの存在はとても貴重なように思います。

アテンザセダン XD L Package
photo by mazda