【ホンダ フォルツァ】カッコよく颯爽と街を駆け抜けられる1台

長年ビッグスクーター人気を支え続けているフォルツァ。カップルのデートやカスタム、釣りなどの趣味や通勤通学まで幅広い使い道のあるバイクです。今回はそんなフォルツァのスペックや中古車相場などをご紹介しています。発売が期待されている新型フォルツァ125の情報もアリ!

ホンダ フォルツァとはどんなバイクか?

2000年に登場した250ccビッグスクーター

フォルツァは2000年に登場したビッグスクーターです。初代の型式名はMF06で、実質的な先代はフュージョンとなります。2004年におこなわれたモデルチェンジでは型式名がMF08となり、それまでキャブレターを採用していた燃料噴射装置がインジェクションへと変更され、燃費の向上を実現しました。2007年におこなわれたモデルチェンジでは型式名がMF10となり、オートマチックながらも、マニュアル操作が可能なホンダ Sマチックを標準装備(先代ではオプション装備)しています。

歴代フォルツァはカスタムシーンにも人気があり、多くのカスタムパーツがリリースされているのも特徴です。ちなみに現行モデルはフォルツァSiのみとなっています。

ホンダ フォルツァSiのスペック(MF10)

全長(mm):2,165
全幅(mm):755
全高(mm):1,185
軸距(mm):1,545
最低地上高(mm):135
シート高(mm):715
車両重量(kg):192(194)
乗車定員(人):2
最小回転半径(m):2.4
エンジン種類:水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒
総排気量(cm3):248
最高出力(kW[PS]/rpm):17[23]/7,500
最大トルク (N・m[kgf・m]/rpm):23[2.3]/6,000
始動方式:セルフ式
燃料タンク容量(L):11
タイヤ(前):120/70-14M/C 55P
タイヤ(後):140/70-13M/C 61P

発売が期待されるホンダ フォルツァ125とは?

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/PSKlh7NbdAI" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

2015年にその存在が発表されたフォルツァ125。詳細はまだ不明な部分がありますが、プロトタイプでは高さ調整可能なスクリーン、メットインはなんと48Lとクラストップレベルの大容量、フロントホイールは15インチ、リアホイールは14インチと大径タイプが装着され、それに伴い大型のABS付きのディスクブレーキが搭載されています。あくまでも正式発表ではありませんが、125ccクラストップレベルを狙ったマキシスクーターであることは間違いなさそうです。

ディーラーへ並ぶ頃には一見の価値あり! 実際に見てみたいものですね!

ホンダ フォルツァの中古車情報

初代フォルツァ(MF06):2000~2004年式の中古車相場は11~25万円です

車両価格:16万8,000円(消費税込)
支払総額:23万2,000円(消費税込)

キャブレターモデルの初代フォルツァの中古車流通量はそこそこあります。走行距離は多くても50,000km程度で、流通しているフォルツァの多くは20,000km程度です。カスタム済みの車両も販売されているので、好みの一台を見つけられることでしょう。

2代目フォルツァ(MF08):2004~2007年式の中古車相場は12~45万円です

車両価格:37万2,600円(消費税込)

スタンダードモデルのフォルツァX、そしてSマチック搭載のフォルツァZがラインアップされている2代目フォルツァ。流通量も多く、ノーマル車もカスタム車も混在しているので、きっとお好みの一台を見つけられると思います。10万円台のフォルツァは走行距離が50,000kmあたりとなっており、比較的過走行気味な車両がメインです。

20万円台となると走行距離も控え目で、30,000km台のフォルツァがメインとなっておりますが、お店によっては低走行な10,000km未満のものを販売していることもあります。このような目玉車はお買い得なので、見逃さないようにしましょう。30万円台では走行距離15,000km前後のきれいなフォルツァがメインとなっているので、少しでもきれいな車体を探している人はこの価格帯からがおすすめです。

3代目フォルツァ(MF10):2007~2016年式の中古車相場は23~55万円です

車両価格:46万2,200円(消費税込)
支払総額:53万5,400円(消費税込)

現行のフォルツァSi。流通量も多く、程度も全体的に良いと思います。中古車選びにおいて特に気をつける必要もないでしょう。走行距離は多くても25,000km以内なので、低走行なフォルツァが流通しているといえます。カスタム車両はそれほど出回っておらず、基本的にはノーマル車が中心です。40万円台では走行距離1,000km以内の低走行車が販売されているので、新車の購入を考えている人はこのようなフォルツァもおすすめとなっています。

ホンダ フォルツァの燃費は?

フォルツァの実燃費は25~33km/Lくらい

フォルツァの実燃費は25~33km/Lくらいのようです。ストリートユーザーの多いフォルツァですが、250ccスクーターでこの燃費はかなり伸びている方といえます。高速道路や田舎道などを走ればもっと伸びると思います。逆に燃費が10km/L台の人がいるようですが、それはプーリー、ウエイトローラーなどの駆動系の整備不良が考えられるので、一度バイク屋さんに見てもらいましょう。

スクーターの場合、車体の不調が燃費として出やすいので判断もしやすいといえます。燃費の向上を狙う人も駆動系のリフレッシュをお考えください。

ホンダ フォルツァと比較される車種

スズキ スカイウェイブ (1999年~)

性能がフォルツァとほぼ同じスズキ スカイウェイブ。中古車相場は8~43万円です。両モデルに大きな差がなく、使い勝手などを実際に乗り比べ、ご自身の好みの方を選ぶしかないでしょう。見た目で選ぶのも一つの手です。

ホンダ PCX150(2012年~)

PCX150の中古車相場は15~34万円です。PCX150は125ccがベースとなっているので、小振りな車体が特徴です。そのためフォルツァでは走行が難しいスリ抜けなどの狭い道が得意ですが、長時間の高速道路の巡航はちょっと厳しいといえます。ストリートユースだけで考えればどちらもおすすめですが、高速道路となるとPCX150は緊急的な使い方しかおすすめしません。

そのほか車体メットインスペースはフォルツァの方が大きいなど、両モデルを比べると一長一短あります。渋滞や狭い道ではPCX150、大きな道や高速道路ではフォルツァがおすすめです。

ホンダ フォルツァのカスタム

キビキビした走りを手に入れるパーツ

キタコ(KITACO) リアショックアブソーバー フォルツァSi 左右1セット ブラック/レッド 520-1822730

¥9,822

販売サイトへ

純正では乗り心地を重視しているためか、フワフワし過ぎて乗りにくいと感じるユーザーさんも多いでしょう。そこでちょっと硬めのサスペンションに交換することでキビキビしたハンドリングを手に入れることができます。このようなサスペンションに交換すると車体が軽くなったかのうような気分になり、走る快感も覚えることでしょう。

機能性とドレスアップにおすすめ

DOKEN ミドルスクリーン(バブル) [フォルツァ(MF10:'10~) 専用]

¥18,700

販売サイトへ

便利なビッグスクーターのフォルツァですが、スクリーンを装着することで風よけはもちろん、雨や虫からも防御できます。また、スクリーンの形にこだわることでドレスアップ効果も得られるので、一石二鳥でしょう。

顔つきを変え個性化を図るパーツ

BRIGHTZ フォルツァ MF10 LEDデイライト付プロジェクターヘッドライト Bタイプ 白 フォルツア フオルツア フオルツァ フォルツァー フォルツアー フオルツアー フオルツァー 15246

¥28,920

販売サイトへ

純正とはデザインが丸っきり違う社外品のヘッドライトへ交換することで、光り方の演出や、見た目の印象をガラッと変えることができます。ドレスアップカスタムが流行しているフォルツァではこのようなパーツも多く販売されているので、気分転換にもいいですね。

メッキパーツで武装しよう!

バイクパーツセンター メッキパーツ メッキクランクケースカバー ホンダ フォルツァ MF10 303082

¥3,451

販売サイトへ

フォルツァの場合、各パーツをメッキ化した商品が数多く出回っています。これらのパーツをうまく利用すれば高級感漂うピンプなカスタムに仕上がるでしょう。ありがたいことにフォルツァのメッキパーツは他モデルに比べてお手頃価格です。

バイクパーツセンター メッキカスタムパーツ5点セット ホンダ フォルツァX/Z MF08 304699

¥7,963

販売サイトへ

メッキパーツのセット売りもしています。しかもお値段据え置き!

ASAKURA(浅倉商事) フォルツァ(FORZA)MF08 パワーフィルターキット シルバーメッキ

¥9,500

販売サイトへ

エアクリーナーもメッキ化されたタイプがリリースされています。見た目もまるでエアクリーナーではないような形になっているので、ドレスアップ効果もバツグンです。タイプによっては吸気音が大きくなるのことがあるので注意しましょう。

迫力のサウンドを手に入れよう

ビームス(BEAMS) フルエキゾーストマフラー マフラー SS400ソニックSP FORZA Si(フォルツァ)(13- MF12) G156-10-000

¥29,973

販売サイトへ

カスタムの基本ともいえるマフラー交換。巷でも頻繁に社外マフラーをい装着しているフォルツァを見かけると思います。ノーマルでは物足りない! という方におすすめです。デザインも豊富に揃っていますし、マフラー交換は個性化にするにあたって大切な作業の一つでしょう。妥協せずにお気に入りのマフラーへ交換したいところです。

フォルツァのメンテナンス情報

エンジンオイルの交換時期と指定オイル

Honda(ホンダ) 2輪用エンジンオイル ウルトラ E1 SL 10W-30 4サイクル用 1L 08211-99961 [HTRC3]

¥730

販売サイトへ

フォルツァのメーカー指定エンジンオイルは「MB SL 10w-30」以上であることが絶対条件とされています。この条件以上のエンジンオイルであれば問題ありません。ちなみに交換時期は走行距離6,000kmまたは1年に一度となっています。必要量はオイル交換時1.2L、オイルフィルター時1.4Lとなっているので参考にしてください。エンジンをいたわりたいのであれば、この交換時期よりも早めにすることをおすすめします。

フォルツァのバッテリーサイズと交換時期

GS YUASA [ ジーエスユアサ ] シールド型 バイク用バッテリー [ 液入充電済 ] YTZ12S

¥10,680

販売サイトへ

フォルツァのバッテリーサイズは「YTZ12S」が標準装備となっています。これは初代から現行型まで一貫して同じです。キックスタートの付いていないフォルツァの場合、バッテリーが上がってしまうとエンジンの始動ができなくなります。そのためバッテリーの管理は必須といえますが、交換サイクルはというと、上記のバッテリーではメーカー保証が1年または20,000km保証としているので、それが寿命と考えましょう。

ホンダ フォルツァのまとめ

2000年の登場以降、ヒットし続けているビッグスクーターのフォルツァ。街で見かけない日はないというくらいに走り回っています。ノーマルで乗るもよし、カスタムを楽しむもよし、幅広い使い勝手のある魅力的なバイクです。故障も少なく、燃費もいい。文句のつけようがありませんね! フォルツァは通勤通学、レジャーなど、さまざまな形で利用できますよ。

もちろん、純粋にバイクとして見ても、楽しさを覚えるハンドリング、スムーズな加速のエンジンなど、もっとバイクが好きになるポテンシャルを秘めています。これまでギア付きバイクしか乗ったことがないという方でも、Sマチック搭載車ならマニュアル操作もできるのできっと楽しめるはずです!