【ホンダ NC750】よく走って燃費もいい!最新のナナハンはここまで進化した!

低燃費で乗りやすくって楽しい! しかも低価格で販売されているNC750! 今回はそんなNC750の特集です。スペックや中古車相場、格安新車情報も満載! 最近のバイクには興味がないんだよって方にもぜひおすすめしたいバイクです。

ホンダ NC750とはどんなバイクか?

2008年に登場したパラツインモデル

2008年に生産が終了したCB750に代わり登場したのがNC750です。もともと1年早くNC700がデビューしており、その後を追うように発売されたのがNC750。そもそもなぜ50ccしか変わらないバイクが短いスパンで登場したのかというと、NC750は教習車としての役割を担う必要がありました。NC700は厳密には669ccで、道路交通法上では、大型二輪免許の教習車は700cc以上と決められており、その条件をクリアできなかったためです。

そのためNC750が登場しました。もともとこのNCシリーズは操作しやすさなどを追求した設計なので、教習車としてピッタリといえます。このNC750がどのようなバイクなのか、ルーツを探るにはNC700を知ることで紐解けるはずです。

酔った席での一言がきっかけで誕生した!?

NCシリーズの開発コンセプトは、「市街地走行やツーリングなどの常用域で扱いやすい」「快適で味わい深く燃費性能に優れたミドルクラス」「求めやすい価格で提供」これらを中心としました。しかし、趣味、趣向性の強いバイクにおいて低燃費を追求したことがなく、どうすればいいのかと、開発が難航していたようです。

そんなときに従業員が「フィットのエンジンを半分にすれば二気筒の670ccになりますよね」と酒の席で冗談をいったそうですが、これがきっかけとなり、フィットの開発陣に低燃費エンジンの技術を乞いに向かったという逸話があります。ご存知の方も多いと思いますが、ホンダ フィットといえば低燃費が売りのコンパクトカーです。

このエンジンを使えば確かに低燃費ではありますが、車とバイクはエンジンに求める性能が違うのでそのまま半分に………という話も冗談に捉えられます。しかしNC700に載っているエンジンのボア×ストロークはほぼフィットと同じ数字となっており、あながち冗談ではなかった、ということでしょう。

鼓動感も楽しめるエンジン設計

NC750はただ低燃費を追求しただけのエンジンではなく、バイクの醍醐味である「鼓動感」も楽しめるように工夫もされています。一般的には吸気ポートは各気筒ごとに分けられておりますが、NC750では1本化されているもの特徴です。これがなにを意味しているのかというと、この設計にすることで吸気干渉をわざと起こすようになっており、それにより「ドコドコ感」を得られるようになっています。

一般的には吸気干渉は避けるべき現象なのですが、NC750は「味」としてこのような演出をしており、特に低回転ではドコドコドコとその鼓動を感じることで走る楽しさを得られるます。高回転では振動も少なく手が痺れるなんてこともないので安心してください。

マスの集中化によって軽快なライディングが可能!

218kgと大型バイクにしては軽量な車体ですが、エンジンなどの重量物を車体の中心へ、低い位置にセットすることでマスの集中化を図っています。これによりライディング中はより軽いハンドリングとなり、軽快に楽しむことが可能です。これまでの大型バイクは重いことが難点で、軽快さがなく、街中などの左右へ切り返すような運転ではいまいち楽しむことができませんでしたが、NC750ならシャキシャキと、まるで中型バイクのように乗りこなすことができます。

大型に乗りたいんだけど重いのが苦手、という方にもNC750はおすすめです。エンジンは大型でしか味わえない図太いトルクを発生するので、軽快ながらも大型らしい走りとなっています。

ライダーの気持ちにピッタリの性能が魅力

開発段階で世界的に大型バイクについて調査したところ、多くのライダーが140km/h以下で走行し、回転数は6,000rpm以下を常用するという結果が得られたようです。これに基づいてNC750は設計されており、日本のようなストップアンドゴーの多く、狭い道でも乗りやすいバイクとなっています。このことからライディングのコツを取り戻したいリターンライダーさんや、初心者さんにもおすすめです。

大型バイクとしては異例の60万円台での販売!

NC750の開発コンセプトの中に「求めやすい価格で提供」という一文がありましたが、大型バイクとしては異例の60万円台という価格であることも見逃せません! 一般的な大型バイクは100万円前後が相場です。しかしその価格を大きく下回ったことでも脚光を浴びることとなりましたが、このNC750にはコストを削減するための努力が至るところに見られます。

例えばブレーキを見てください。大径のフロントディスクローターは中心にぽっかり穴の空いたデザインとなっていますが、実はコストを削減するための工夫の一つで、形成するときにはその真ん中に、リアディスクローターがあり、前後のディスクローターを1枚の板から作ることでコストを抑えていることがわかります。

低コストで製造されているといわれるNC750ですが、意外にもフロントディスクローターが大径なのは、これが理由となっているようです。このようにNC750の製造にはそれまでは見られなかったコストに対する工夫も見受けられます。

ロングツーリングはもちろん、日常使いにもありがたい標準装備が満載!

見た目もかっこいい液晶メーター

フル液晶の多機能メーターを標準装備しているNC750。スピード、タコメーター、燃料計、走行距離、各インジゲーターはもちろん、シフトポジションや燃費計まで表示可能です。車体価格から考えても豪華装備であることがわかります。

ETCは標準装備!

後付けするとなにかと高額な費用がかさんだり、取り付け位置などの問題が発生しますが、NC750なら標準装備されているのでなにも考えなくていいですね。取り付け位置はメットインの中なのでカードや本体の盗難も気にしなくていいでしょう。

冬場も快適グリップヒーター

バイクに乗る頻度の多い方なら冬場などの寒い時期でも快適に過ごせるでしょう。手が温かいだけでもかなり助かります。また、寒さが和らぐので走っていて楽しさも覚えるはずです。温度設定は液晶メーターで目視できるようになっています。

スクーター並の便利な大容量メットイン搭載!

ネイキッドバイクの泣きどころでもある収納スペースの少なさ。NC750はまるでスクーターのような大容量のメットインスペースが、従来の燃料タンクの位置に設けられています。これまでのネイキッドの感覚で見ると、これは衝撃を受けることでしょう。フルフェイスがまるまるスッポリ入ってしまうので、一度この使い勝手に慣れてしまうとほかのバイクの乗れなくなりそうなくらいです。

扱いもワンタッチで燃料タンク型の蓋がパックリ開くので使い勝手も抜群! 低価格、低燃費で便利ときたらもう文句のつけようはないはずです。

ホンダ NC750は教習車としても活躍

すでに全国の教習所で大活躍中!

教習車といえばホンダ車が多いイメージがありますが、前述のとおりそれまで大型二輪の教習車として大活躍していたCB750に代わり、NC750が導入されております。教習車のNC750は一般販売されているモデルとは違い、名前は「NC750L」となり、パワーは21PSほど抑えられているようです。ギアが5速ワイドレシオだったり、市販モデルとは相違があります。

ちなみに車重や設計などからNC750Lはとても扱いやすく、実際に著者も教習車のCB750、NC750Lを乗り比べられる機会がありましたが、CB750に比べるとその差は歴然。発進やブレーキ、スラロームや一本橋など全てにおいてNC750Lの方が乗りやすいと感じました。ちなみに印象としては、大きい車体ですが操作感覚的には400ccとさほど変わらないと思いました。

CB750で教習を受けた人ならツッコミを入れたくなるようなかんたん操作となっているNC750Lですが、その完成度の高さは感動も覚えるでしょう。NC750Lのスペックについては後述します。

ホンダ NC750の種類をご紹介

NC750S:スタンダードモデル

新車価格は69万120円。もっともスタンダードなモデルです。前述で紹介した標準装備のタイプとなっています。

NC750S:ABS

新車価格は74万880円。標準装備に加え、ABSが搭載されています。

NC750S:デュアルクラッチトランスミッション+ABS

新車価格は80万6,760円。標準装備とABS、そしてデュアルクラッチトランスミッションが装着されており、もっとも高いグレードとなっています。

シフトアップ、ダウンを自動でおこなうデュアルクラッチトランスミッション

デュアルクラッチトランスミッション(DCT)とはシフトアップ、ダウンを自動でおこなうATモードが備えられています。ATモードには一般走行に適した「Dモード」、スポーツ走行に適した「Sモード」が選択でき、Sモードはライダーの操作や走行環境をもとに最適な変速に制御し、さらに3つのシフトタイミングも設定可能です。Dモードは登降坂判別機能によりシフトタイミングをより適切にコントロールします。

もちろん従来通りのマニュアル操作も可能です。気分や走行シーンによってシフト操作をモードチェンジできるので、ロングツーリング時などの負担も減らせるでしょう。

NC750X:スタンダード

新車価格は74万3,040円。NC750Sよりもアップライトな印象のあるエクステリアが特徴で、アドベンチャースタイルが強調されたのがNC750Xです。前述で紹介した標準装備のみのスタンダードなモデル。NC750Sとの違いはその外観となっています。

NC750X:ABS

新車価格は79万3,800円。スタンダードモデルにABSが搭載されたモデルです。

NC750X:デュアルクラッチトランスミッション+ABS

新車価格は92万4,480円。スタンダードモデルにデュアルクラッチトランスミッションとABSが搭載されたモデル。フル装備ですが、価格は100万円以内となっているので、コストパフォーマンスの良さが伺えます。

インテグラ

新車価格は89万6,400円。2014年に登場したNC750をベースにデュアルクラッチトランスミッションとABSを搭載し、スクータータイプのカウルを取り付けたモデルです。2016年に生産終了とアナウンスされております。スクーターに間違えるような見た目が特徴で、マニュアル操作可能なスクーター、といった印象のあるモデルです。

もちろん変速機はスクーターの無段階変速ではなく、ディアルクラッチトランスミッションとなっているので、本来のマニュアル操作のAT版と考えましょう。

ホンダ NC750のスペック

NC750のスペック

車名:ホンダ
型式:2BL-RC88
全長(mm):2,215
全幅(mm):775
全高(mm):1,130
軸距(mm):1,520
最低地上高(mm):140
シート高(mm):790
車両重量(kg):216
乗車定員(人):2
最小回転半径(m):3.0
エンジン型式:RC88E
エンジン種類:水冷4ストロークOHC4バルブ直列2気筒
総排気量(cm3):745
内径×行程(mm):77.0×80.0
圧縮比:10.7
最高出力(kW[PS]/rpm):40[54]/6,250
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm):68[6.9]/4,750
燃料供給装置形式:電子式〈電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)〉
始動方式:セルフ式
燃料タンク容量(L):14
フロントタイヤ:120/70ZR17M/C(58W)
リアタイヤ:160/60ZR17M/C(69W)

NC750L(教習車のスペック)

型式:EBL-RC67
エンジン種類:水冷4ストロークOHC4バルブ直列2気筒
全長(mm):2,190
全幅(mm):780
全高(mm):1,120
軸距(mm):1,520
シート高(mm):770
車両重量(kg):227
最高出力:37ps/5,250rpm
最大トルク:5.5kgf・m/4,000rpm

インテグラのスペック

型式:EBL-RC71
全長(mm):2,195
全幅(mm):810
全高(mm):1,440
軸距(mm):1,525
最低地上高(mm):135
シート高(mm):790
車両重量(kg):237
乗車定員(人):2
最小回転半径(m):3.0
エンジン型式:RC70E
エンジン種類:水冷4ストロークOHC4バルブ直列2気筒
総排気量(cm3):745
内径×行程(mm):77.0×80.0
圧縮比:10.7
最高出力(kW[PS]/rpm):40[54]/6,250
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm):68[6.9]/4,750
燃料供給装置形式:電子式〈電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)〉
始動方式:セルフ式
燃料タンク容量(L):14
フロントタイヤサイズ:120/70ZR17M/C(58W)
リアタイヤサイズ:160/60ZR17M/C(69W)

ホンダ NC750の中古車情報

NC750Sスタンダードモデルの中古車相場は42~62万円

車両価格:48万6,000円(消費税込)
支払総額:54万3,700円(消費税込)

NC750の中古車は、メーター交換車が多く見られますが、その理由は液晶メーターに不具合があったため、平成26年9月12日に無償交換キャンペーンがおこなわれたためです。交換対象のNC750はメーター交換されているので、このような現象が起こっています。

まず全体的に走行距離は少なめで、多くても走行距離25,000km程度です。そのため走行距離を気にせず中古車選びができると思います。流通しているNC750Sの中にはマフラー交換車やパニアケース装着車なども混在しているので、好みが合えばお買い得といえるでしょう。

NC750Sスタンダードモデルの格安新車も見逃せない!

車両価格:60万円(消費税込)
支払総額:66万2,600円(消費税込)

個人店などでときどきおこなわれる新車の格安販売キャンペーン。元の値段が安いNC750も例外ではありません。販売台数こそ少ないものの、59~60万円で販売しているお店がいくつか確認できます。これは中古車よりも低予算で新車が購入できるということなので、新車を買う予定ではなかった人にもおすすめの低価格です。このような新車販売キャンペーンも見逃せないので、目を光らせておきましょう。

NC750Sデュアルクラッチトランスミッションの中古車相場は49~68万円

車両価格:48万9,000円(消費税込)
支払総額:55万9,000円(消費税込)

中古車流通量は少なめですが、総じて走行距離は多くても15,000km程度、多くは10,000km以内なので特に難しいことはないでしょう。走行距離が1,000kmに満たないNC750Sデュアルクラッチトランスミッションもあるので、新車を購入するよりもお買い得かもしれません。

NC750Sデュアルクラッチトランスミッションの格安新車も見逃せない!

車両価格:56万5,000円(消費税込)
支払総額:64万5,000円(消費税込)

なんとNC750Sデュアルクラッチトランスミッションの新車は57~70万円ととても低価格で販売しているお店もあるようです。これはスタンダードモデルよりも安く手に入ることとなります。販売台数は限られているものの、これだけお値打価格だと見逃せないですね! 中古車よりも安く新車が購入できるのでチェックしておきましょう。

NC750Xのスタンダードモデルの中古車相場は42~70万円

車両価格:41万9,000円(消費税込)

中古車流通量はそこそこ多めです。走行距離は多くても20,000km程度で、全体的には10,000km未満のNC750Xがたくさんあります。値段の幅はありますが、お店によってはお値段据え置きで販売しているので、そのような目玉車はお買い得といえるでしょう。マフラー交換やパニアケース装着車などもたくさん流通しているので、今後カスタムの予定がある人は、そのようなNC750Xもおすすめです。

NC750Xのスタンダードモデルの格安新車も見逃せない!

車両価格:55万円(消費税込)

NC750Xのスタンダードモデルの格安新車は55~79万円となっています。販売台数もそこそこで、各店舗、決算セールと銘打って販売しているので、この機会を逃さないようにしましょう。中古車よりも新車のほうがお買い得となっているので、これは率先して手に入れたいところですね!

NC750Xデュアルクラッチトランスミッションの中古車相場は57~73万円

流通量は少なめですが、全体的に程度の良い車両ばかりです。走行距離は多くても10,000km程度です。基本的にはワンオーナー車が多く、パニアケース装着やスクリーン装着などのツーリング仕様にカスタムされたNC750Xデュアルクラッチトランスミッションも混在します。装備品だけでもお金がかかるので、未装着車と同じ値段で販売されていることもあるので、そのような車両はお買い得なのでおすすめです。

NC750Xデュアルクラッチトランスミッションの格安新車も見逃せない!

車両価格:65万9,000円(消費税込)

NC750Xデュアルクラッチトランスミッションの格安新車販売相場は65~80万円となっています。販売台数こそ限られていますが、もし販売店がお近くにあればラッキーですね。

インテグラの中古車相場は46~69万円

車両価格:58万3,200円(消費税込)
支払総額:63万6,600円(消費税込)

長距離ツーリングを得意とするインテグラなので、パニアケース装着車が多く見られます。全体的にはやはり程度がよく、中古車選びもスムーズに進むでしょう。流通台数もそこそこあります。販売店の保証サービスが受けられるお店もあるので、ご自身の都合に良いインテグラをお探しください。

インテグラの格安新車も見逃せない!

車両価格:69万円(消費税込)
支払総額:74万4,000円(消費税込)

インテグラの格安新車は68~69万円で販売されています。生産終了との兼ね合いもあるので、販売店としては格安で販売する必要はあまりないはずです。そのことからインテグラの格安新車販売台数は極めて少ないので、今のうちにゲットしておきたいところ。

ホンダ NC750のカスタム

予期せぬ転倒対策パーツ

キジマ(Kijima) エンジンガード ブラック NC700S/X(デュアルクラッチNG) 405-231

¥10,738

販売サイトへ

バイクは立ちコケするだけでもパーツが破損したり、走行不能になる可能性もあります。転倒場所によっては引き上げるのも1人では困難なことも。しかし、エンジンガードがあれば、地面との隙間ができ、パーツの破損も回避できるかもしれませんし、引き上げも少しは楽になることもあります。ひどい場合ではエンジンの破損も考えられ、一発廃車となることもありますが、エンジンガードがそのリスクも下げてくれるでしょう。

ただし、狭い道などでは車幅が広くなってしまうので、エンジンガードを擦ってしまったり、引っ掛けて転倒に繋がったりするので、デメリットもあるということを認識しておく必要があります。

旅ツーリングの必須アイテム

タナックス(TANAX) MOTOFIZZ ツアーシェルケース /ヘアラインシルバー MFK-196[容量40ℓ(片側20ℓ)]

¥18,082

販売サイトへ

ロングツーリングが得意なNC750では、パニアケースやサイドバッグの装着率も高めです。いくらメットインがあるからといってやはり収納はあった方がツーリングもさらに楽しめるでしょう。こちらのサイドバッグは取り外して持ち運びも可能なタイプです。

高速道路走行を楽にするパーツ

Puig(プーチ) ツーリングスクリーン(TOURINGSCREEN)スモークHONDA NC750S / NC700S (12-15)puig-6361H

¥16,400

販売サイトへ

高速道路巡航はNC750は得意中の得意ですが、走行風による体力の消耗を緩和させる、スクリーンを装着することで、さらにハイレベルなものになるでしょう。小さくてもかまいません。見た目以上に効果はバツグンです。雨や虫なども除けられるので旅のお供にもおすすめです。

ホンダ NC750のまとめ

NC750の魅力はご理解いただけましたでしょうか? 低燃費という条件をクリアするために、フィットのエンジンを半分にしちゃえばいいじゃないか、という冗談から始まったエンジンというヒストリーもこのNC750の誕生秘話として欠かせない話題となっていますが、しっかり走る楽しさを覚える鼓動感も確保され、またメットインや豪華な標準装備など、NC750は新時代のバイクといえます。

昔のバイクは良かった、バイクには味が大切、と考えている方も乗らず嫌いせず、一度このバイクと触れ合ってみてください。良い意味で期待を裏切られるはずですよ!