【カワサキ Ninja 250SL】新たな250ccブームの火付け役!

ストリートユース、サーキット、長距離ツーリングをどんな人にでも楽しめるようにしてくれたNinja250SL。今回はそんなNinja250SLの魅力をNinja250やその他の250ccモデルと比較しているので、参考にしていただければと思います。新車を安く手に入れる方法も掲載していますよ!

カワサキ Ninja250SLとはどんなバイクか?

Ninja250SLとは2014年より発売されているスポーツバイクで、生産はタイでおこなわれています。先に発売されているNinja250は2気筒ですが、こちらは単気筒エンジンを搭載しており、軽量な車体が特徴です。ちなみにNinja250SLのSLとはスーパーライトの略で、このバイクの売りは軽さとなっており、軽量な車体でしか味わえない魅力が詰まっています。

シャープなハンドリングを実現したフレーム

出典:https://www.kawasaki-motors.com/mc/lineup/ninja250sl/

無駄な要素のない軽量でコンパクトなフレーム設計にすることで、素直なシャープなハンドリングとなっています。レスポンスの良いエンジンと相まって、楽しさを覚える走りができるでしょう。街乗りはもちろん、スポーツ走行も楽しめるのでオールラウンドな使い勝手ができます。ちなみにリアサスペンションはプリロード調整式なので、ライダーの体重に合わせたセッティングが可能です。

低中回転重視の扱いやすいエンジン

出典:https://www.kawasaki-motors.com/mc/lineup/ninja250sl/

搭載される水冷4ストローク単気筒エンジンは、ストリートのようなストップアンドゴーの多い街乗りでも扱いやすく、ピックアップの良い性格となっています。このような特性を持つエンジンは一般的に高回転が苦手な場合が多いのですが、Ninja250SLでは軽量なピストン、ピストン、コンロッドを採用し、高回転までスムーズなフケ上がりを確保しているのも特徴です。

よって低中回転は単気筒らしいトルクフルな出力、高回転でもフケダレしない爽快感が得られます。こだわりのカムシャフトなどのエンジン内部構造と、吸入空気量の計算をしたエアクリーナーボックスなどにより、より効率化されたエンジン出力を楽しめるバイクです。

軽量なホイール、制動力バッチリのブレーキ

出典:https://www.kawasaki-motors.com/mc/lineup/ninja250sl/

フロント2ポット、リア1ポットの大径ディスクブレーキを搭載。これにより確実なブレーキングが実現しています。ホイールはNinja250に比べて500g軽量化され、バネ下荷重を軽減しており、これもクイックなハンドリングを感じる一つの要素となりました。

折りたたみ可能なミラー

出典:https://www.kawasaki-motors.com/mc/lineup/ninja250sl/

ミラーステーはワンタッチで折りたたみができるので、狭い場所でも安心して駐輪ができます。フルカウル車では意外にこのミラーのせいで駐輪が面倒でしたが、折りたためるとなれば気持ちも楽になりますね。

その気にさせるデジタルメーター

出典:https://www.kawasaki-motors.com/mc/lineup/ninja250sl/

デジタル表示の多機能メーターは、スピードメーター、タコメーター、オドメーター、デュアルトリップメーター、時計や燃料計などを表示可能です。

Ninja250との違いは?

先に販売されたNinja250との違いは、まずエンジンの気筒数が違います。Ninja250は2気筒で、全回転域においてスムーズな吹け上がりが特徴です。単気筒のNinja250SLと較べると高回転型に感じるかもしれません。低中回転域が得意なNinja250SLはより、ストップアンドゴーがストレスなく感じるエンジン特性といえるでしょう。

また車両重量も大きく違い、Ninja250SLのほうがおよそ20kgほど軽量なので、切り返しの多い街乗りでもハンドリング楽しめると思います。Ninja250SLでも長距離ツーリングなども可能ですが、Ninja250はより長距離でもストレスなく走れるポテンシャルを持っているので、Ninja250SLとNinja250と迷っている方は、ストリートユースであればNinja250SL、長距離ツーリングだとNinja250と考えれば選びやすいはずです。

カワサキ Ninja250SLのスペック

型式:JBK-BX250A
エンジン型式: 水冷4ストローク 単気筒/DOHC4 バルブ 249cc
乗車定員:2人
全長:1,935mm
全幅:685mm
全高:1,075 mm
軸間距離:1,330mm
最低地上高:165 mm
シート高:780 mm
装備重量 :149kg
最小回転半径:2.4m
最高出力:21kW(29PS)/9,700rpm
最大トルク:22N・m(2.2kgf・m)/8,200rpm
燃料供給装置:フューエルインジェクションシステム
始動方式:セルフ式
燃料タンク容量:11L
変速機形式:常時噛合式6段リターン
フロントタイヤ:100/80-17M/C 52S
リアタイヤ:130/70-17M/C 62S
新車価格:49万5,000円

ちなみにNinja250のスペックはこちら

型式:JBK-EX250L
エンジン型式: 水冷4ストローク 並列2気筒/DOHC4 バルブ 248cc
乗車定員:2人
全長:2,020mm
全幅:715mm
全高:1,110mm
軸間距離:1,410mm
最低地上高:165mm
シート高:785mm
装備重量 :172kg
最小回転半径:2.4m
最高出力:23kW(31PS)/11,000rpm
最大トルク:21N・m(2.1kgf・m)/8,500rpm
燃料供給装置:フューエルインジェクションシステム
始動方式:セルフ式
燃料タンク容量:17L
変速機形式:常時噛合式6段リターン
フロントタイヤ:110/70-17M/C 54H
リアタイヤ:140/70-17M/C 66H
新車価格:52万3,800円

ニンジャ250SLとの大きな違いはエンジンの気筒数、最高出力、車両重量です。軽快に走るならNinja250SL、乗り心地の良さ、巡航スピードの高さはNinja250となっています。

カワサキ Ninja 250SLにABS搭載モデルが登場!

Ninja250SL ABSの新車価格は52万3,800円となっています。

出典:https://www.kawasaki-motors.com/mc/lineup/ninja250sl/

ABSを搭載することで、より安定した制動力を発揮するNinja250SL ABS。通勤通学など、バイクで移動する頻度の多い人には特におすすめです。雨の日など路面が滑りやすい状況での、ブレーキングによるタイヤロックを防止するのでヒヤっとするシーンや、転倒なども回避できる可能性があります。あくまでも補助装置的なものですが、ABSは安全運転にたいへん貢献するので、事故などのリスクを減らすことができるでしょう。

特に走行中の急なブレーキ操作による転倒には絶大な効果があるといわれております。いわゆるパニックブレーキでの転倒防止です。このようにABSがあるとより安全にツーリングを楽しめることでしょう。

カワサキ Ninja 250SLの中古車情報

Ninja250SLの中古車相場は30~58万円です

車両価格:39万8,000円(税込)

まだ販売されてからそれほど時間が経過していないせいか、全体的に走行距離は少なめで、多いものでも10,000km程度となっています。事故歴のある車両も見当たらないので特に注意することもないでしょう。低価格帯のNinja250SLでも走行距離2,000km程度で販売されていたり、販売店によって値段の付け方に差があるようです。低走行だから高い、という感じではなく、おそらく仕入れ価格差が、このような値段差となっているのでしょう。

ただし、40万円以上のNinja250SLは走行距離500km未満の低走行車ばかりとなっています。ほぼ新車といってもいいようなクオリティの車体を手に入れるにはこの価格帯から選ぶことになるでしょう。

Ninja250SLの格安新車も見逃せない!

車両価格:31万500円(税込)

Ninja250SLの場合、新車が格安で販売されていることもあります。例えばあるお店では31万円で販売されており、これは中古車よりもお値打ちといえるでしょう。このような格安新車は新車販売キャンペーンなど、期間限定や台数限定でおこなっているようです。あくまでも在庫車の販売なので、色の指定などはできませんが、この価格ではもはや文句もないでしょう。

格安新車販売は31~53万円で販売されています。探し方は、中古車情報サイトで新車にチェックマークを付ければ検索できるので、ご利用ください。お近くの店舗でこのような格安新車があればお買い得です!

カワサキ Ninja 250SLの評価は?

軽くて楽しい!

小さくて軽い。取り回し、ターンが楽。そのくせ 250ccのパワーは十分で、ともかく乗って楽しい。
久しぶりのバイク購入(以前はエリミネーター250)となったが、次の休日が楽しみでたまらん!

出典:www.bikebros.co.jp

小さく軽い車体とシングルエンジンの相性は良いようで、多くの方が満足しているようですね。ターンが楽というのはストリートユースではとても重要で、道を間違えたり、Uターンせざるを得ない状況のときにゆとりを持って動作できるでしょう。焦って転倒、なんてことにもなりかねないので、これはポイントが高いです。

ちょうどいいパワー

峠を楽しむ為のベストなパワー。
スーパーライトな重量。
その気にさせるライポジ。
メチャ安価格。
クォーターとバカに出来ない、コーナリング性能。

出典:www.bikebros.co.jp

峠を楽しむユーザーにも評価の高いNinja250SLです。ブレーキング、バンク、加速を繰り返す峠ではレスポンスの良いエンジンと、軽量な車体のコンビネーションは楽しさへと変わります。前傾姿勢になので雰囲気も味わえますし、スポーツ走行も気軽に楽しめるのがNinja250SLのいいところです。

取り回しも楽々

軽さはNinja250SLの最大の武器です。
取り回し、コーナリングetc…
様々な場面で恩恵を感じることができます。

出典:www.bikebros.co.jp

押し歩きにも軽いことはメリットとなります。駐輪場の関係で押し歩く必要のある方にはありがたいでしょう。バイクが重いと乗り出しなど面倒に感じ、いずれ乗らなくなってしまったりしますが、Ninja250SLの軽さは、ちょっとコンビニへ行こうかな、くらいでも気軽に乗り出せます。

Ninja250SLの実燃費はなんと30~40km/Lと低燃費!

一般道で交通の流れに従って運転した場合はだいたい30~35km/Lくらい、高速道路なら40km/Lを越えることもあるようです。とにかく低燃費です。スポーツ走行などをすれば30km/Lを切るようですが、さすがシングルエンジンのNinja250SLは燃費が伸びますね。低中回転トルクがモリモリなのでストップアンドゴーでもそれほどスロットルを開けずに操作できるので、燃費がいいのでしょう。

Ninja250SLの最高速度は140km/hくらい

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/PCcmkBj1CF8" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

動画では142km/h出ていますが、250cc単気筒という条件としては意外にもスムーズに出ているので、完成度の高さが伺えると思います。

ライディングポジションがキツいかも?

やや前傾がきついので、長時間のライディングでは、腕や手のひらに負担がかかる。耐えられないほどではないが・・・。

出典:www.bikebros.co.jp

Ninja250SLは前傾姿勢なので、このポジションに慣れていない、体型が合わないなどの理由から疲労感や体の痛みを感じるかもしれません。この場合はハンドルやステップなどをカスタムし、好みのポジションに変更する必要があります。やはり好みや体型は人の数だけあるので、これは仕方ないことでしょう。Ninja250SLのポジションが好みの方もいるので、購入前に実際に跨ってみたりして確かめてみるのもいいですね。レンタルバイクや試乗車があれば、率先して乗ってみましょう。

積載性と足つきはよくないかも

積載性がゼロに近い(ホカ弁を載せたらリアシートが見えなくなるw)為、最低でもリアBOXが付けられると有難い。

シート高が780mmも有るので、身長が165cm以上無いと両足のかかとまでの足付きが厳しいかも。

出典:www.bikebros.co.jp

この手のスポーツバイクでは仕方ないことですが、積載性はありません。そのため実用性を考えるなら最低でもリアキャリアの装着が必要となります。それだけでも意外と利便性は上がりますが、リアボックス(とトップケース)なども取り付けることで荷物を運ぶ性能がアップするはずです。積載性についてはカスタムパーツをうまく利用しましょう。

足つきですが、シート高は780mmと確かにちょっと高いかもしれません。しかしシートの幅はそれほど広くないのでシート高のわりに足つきはいいという見方もできます。小柄な女性ライダーも多いNinja250SLですが、少々足つきが悪くても車体が軽いので、他モデルに比べて苦労はしないはずですよ。

カワサキ Ninja 250SLのインプレ

サーキットでのインプレ

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/xiu_bRsjajU" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

プロレーサーの丸山浩さんによるインプレです。サーキットでの性能などをNinja250やホンダ CBR250R、ヤマハ R25などと比べて解説しています。Ninja250SLのポテンシャルの高さが伺えるので、とても参考になる内容です。意外に戦えるバイクかもしれません!

実際に公道を走ってみた動画

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/8Ry7w4JL2d4" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

素人さんの動画ですが、実際に購入し、公道を走って感じたことを解説している動画です。納車日初日のリアルな気持ちも伝わってくるので、見ているこっちがワクワクしちゃいます。実際に公道を走っているときのスピード感やエンジン音、なども参考になるでしょう。

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/IquiyM_HD3Y" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

高速道路を走っている動画もあります。これも貴重なインプレとなっているので、参考になることでしょう。Ninja250SLでの高速道路走行を予定している人はぜひご覧ください。加速感、シフトチェンジの間隔などに注目することで、操作性も参考になるはずです。

カワサキ Ninja250SLはどんな人におすすめなのか?

ストリートをメインに走る

軽量でハンドリングのいいNinja250SLは、ストップアンドゴーの多い一般道での走行にも向いています。街中では買い物など車体を駐輪する動作があると思いますが、このような場面でも軽い車体は楽に駐輪できるので、ちょっと気になるお店にも寄ってみたりと、行動力に変化が出るでしょう。また、駐輪場所が平坦とは限らず、斜面などでは軽い車体はとても押し歩きやすいのでメリットばかりです。

通勤通学など頻繁に乗る人

燃費も良ければ維持費も安いNinja250SLです。毎日ガンガンバイクに乗る人でもお金を気にせず乗れるでしょう。お金に余裕のない学生さんにも人気のモデルとなっているので、気軽に所有できると思います。

初心者やリターンライダー

これからバイクデビューをと考えている方にもNinja250SLはおすすめです。運転しやすく維持しやすいNinja250SLからバイクに触れてみてはいかがでしょうか? クセの強いバイクだと故障が連発したり、うまく運転できなかったりと、バイクがいまいち楽しめないかもしれませんが、Ninja250SLなら故障が率も低く、オイル交換やタイヤ交換などの基本的なメンテナンスだけでOKです。

運転しやすいというのも大きなポイントで、走る楽しさを感じやすく、Ninja250SLが、バイクがもっと好きになることでしょう。どんどん走ってライディングテクニックを磨くにもおすすめです。このような理由から運転の感覚を取り戻したいリターンライダーにもおすすめといえます。

高速道路なども利用する

単気筒バイクはエンジン回転数の上がる高速巡航などは苦手とされていますが、Ninja250SLなら100km/hくらいであれば振動などもあまり気にならないようです。もちろん人によって感じ方は変わりますが、振動が大きいと思ったならバーエンドの装着やグリップを柔らかいものにするなど対策をすれば、マシになります。

スポーツ走行にも向いている

もともとスポーツバイクですからスポーツ走行が苦手なわけがありません。前傾姿勢なので違和感なくコーナリングが楽しめることでしょう。サーキット走行などももちろんおすすめです。エンジンパワーは抑え気味なので挙動に集中してライディングできると思います。本格的なスポーツ走行を考えている方の入門機としてもいいですね。

カワサキ Ninja250SLとよく比較されるバイクたち

ホンダCBR250R

ニンジャ250SLと同じ単気筒の250ccです。新車価格は49万8,960円、ABSモデルが54万9,720円となっています。スペックが似ているのでCBR250Rと悩んでいる人も多いことでしょう。大きな違いこそありませんが、車両重量はNinja250SLのほうがおよそ10kg軽くなっています。そのほかは基本的にはほぼ同じですが、見た目の印象としてはCBR250Rのほうが大きく感じるかもしれません。

CBR250Rのスペック

型式:JBK-MC41
エンジン型式: 水冷4ストロークDOHC4 バルブ単気筒 249cc
乗車定員:2人
全長:2,035mm
全幅:720mm
全高:1,120mm
軸間距離:1,380mm
最低地上高:145mm
シート高:780mm
装備重量 :161kg
最高出力:21KW[29PS]/9,000min
最大トルク:23N・m[2.3kgf・m]/7,500min
燃料供給装置:フューエルインジェクションシステム
始動方式:セルフ式
燃料タンク容量:13L
変速機形式:常時噛合式6段リターン
フロントタイヤ:110/70-17M/C 54S
リアタイヤ:140/70-17M/C 66S

CBR250Rの中古車相場は20~50万円

CBR250Rの中古車流通量が多く走行距離は多くても25,000km程度で、それほど酷使されたような車体はないようです。基本的には低走行なCBR250Rばかりで、中古車探しに苦労することはないでしょう。比較的、マフラー交換車やフェンダーレスキットなどのカスタム車も多く流通しています。

CBR250Rの実燃費は30~45km/L

CBR250Rも単気筒なのでNinja250SL並に低燃費のようです。一般道では30km/Lくらい、高速道路では45km/Lを記録した人もいます。両モデルともやはり同じような性能なのでますます迷いそうですね。

ヤマハ R25

出典:http://www.yamaha-motor.co.jp/mc/sportsbike/yzf-r25/

ヤマハの250ccモデルです新車価格は55万6,200円 、ABSモデルは59万9,400円となっています。エンジンは水冷直列2気筒を搭載し、車両重量は166kgです。Ninja250SLに比べて少し大きく重い印象があるかと思います。

R25のスペック

型式:JBK-RG10J
エンジン型式: 水冷4ストローク 直列2気筒/DOHC4 バルブ 249cc
乗車定員:2人
全長:2,090mm
全幅:720mm
全高:1,135mm
軸間距離:1,380mm
最低地上高:160mm
シート高:780mm
装備重量 :166kg
最高出力:27kW(36PS)/12,000r/min
最大トルク:23N・m(2.3kgf・m)/10,000r/min
燃料供給装置:フューエルインジェクションシステム
始動方式:セルフ式
燃料タンク容量:14L
変速機形式:常時噛合式6段リターン
フロントタイヤ:110/70-17M/C 54S
リアタイヤ:140/70-17M/C 66S

R25の中古車相場は39~56万円

中古車流通量は多く、全体的に程度も良いです。走行距離は多くても18,000km以内となっており、走行の少ないR25が多数見られます。中古車探しも苦労しないでしょう。

R25の実燃費は25~35km/Lくらい

Ninja250SLの単気筒の燃費の良さにはかなわないようですが、R25もなかなかの低燃費となっています。

スズキ GSR250

スズキのGSR250は水冷2気筒の250ccエンジン搭載です。性格的にはNinja250SLと対極的といってもいいでしょう。車重が180kg以上あるのでNinja250SLと30kg以上の差があります。GSR250はマスの集中化の関係から実際に乗ってみるとさほど重さは感じないにせよ、押し歩きなどはさすがにその差が大きく現れるでしょう。しかし、重いゆえに乗り心地がよく、長距離ツーリングなどには向いていると思います。

GSR250のスペック

型式:JBK-GJ55D
エンジン型式: 水冷4サイクル 2気筒/SOHC 2バルブ 248cc
乗車定員:2人
全長:2,145mm
全幅:760 mm
全高:1,075 mm
軸間距離:1,430 mm
最低地上高:165 mm
シート高:780 mm
装備重量 :183 kg
最小回転半径:2.5 m
最高出力:18kg(24PS〉/8,500rpm
最大トルク:22N・m〈2.2kgf・m)/6,500rpm
燃料供給装置:フューエルインジェクションシステム
始動方式:セルフ式
燃料タンク容量:13L
変速機形式:常時噛合式6段リターン
フロントタイヤ:110/80-17M/C 57H
リアタイヤ:140/70-17M/C 66H

GSR250の中古車相場は19~43万円

GSR250も中古車流通量が多く、走行距離は多くても35,000kmと全体的に程度のいい車両が中心となっています。タイヤやチェーン、スプロケなどを新品に交換して納車するサービスのお店などもあるようです。

GSR250の実燃費は30~45km/L

GSR250も2気筒エンジン、180kg以上の車重のわりに低燃費となっています。これは侮れません。

どれを選べばいいのかわからない!?

軽量な順ではNinja250SL、CBR250R、R25、GSR250となっています。各モデル大きな違いといえる部分はそれくらいでしょう。シート高、実燃費など、ほぼ同じです。ライディングポジションの違いなどもありますが、ハンドルやステップの交換をすることで調整が可能なのでどうにでもなるともいえます。もしこれらのバイクと悩んでいるのであれば、実際に乗り比べるのがいいでしょう。

各モデル成熟したモデルばかりなので結論を出すのは難しいかもしれませんが、ご自身が納得するまで悩みぬいてみてください。バイク選びも楽しみの一つですよ。

カワサキ Ninja 250SLのまとめ

先にデビューしたNinja250は2気筒ですが、なんでわざわざ単気筒を出すの? とデビュー時は疑問の声も多かったNinja250SLですが、乗れば納得の性能を持っています。Ninja250はオールラウンド向けな性格、Ninja250SLはスポーツ志向の強い性格といってもいいでしょう。こればかりは実際に乗り比べていただきたいところですが、もしNinja250SLの持つ魅力があなたにピッタリハマったら最高の相棒になるはずです。