【費用がお得な車検】種類が分かる!?ディーラー車検、民間車検、ユーザー車検まで全部徹底解説

車検というと、なにかと面倒なことが多いですね。おまけに実はいろいろな車検の方法があって、場合によってはとても損をしていた!? なんていうことがあり得るといいます。とても不安になりますが、車検についてしっかり理解しておけば大丈夫。ポイントを解説します。

車検にはいろいろな種類があるの?

車を所有して、実際に道を走らせるためにはナンバープレートがついていなければ違法になることはご存知かと思います。
買った時にはナンバープレートがついていたでしょうか。販売店からにしろ、個人から譲り受けたにしろ、受け取るときにはついていたハズです。ついていなければその車は持ち帰れなかったでしょう。車載用の車両をお持ちの方はまた別の話ですが。
車が製造されて、販売される前にはもちろんナンバープレートはついていません。これから説明していくことですが、大抵の新車ディーラーは、いわゆる「車検を通す」ことはできますが、ナンバープレートを交付することはできません。
新車を購入するにあたっては、このナンバープレートの交付を代行してもらう費用を払ったりします。
実はこの時に最初の車検を通していることになります。車検を通っていない自動車にはナンバープレートをつけることはできません。
いわゆる「車検を通す」以外の車検がこのようにあることで分かる通り、車検にはいろいろな種類があります。けれども「種類について知りたい」と思っている場合はこういった種類のことではないでしょう。

なんだか分かりにくいですね。車検のことがよく分からないとしたら、いろいろなことがごちゃまぜになってしまっている可能性があります。

車検を通すための費用には一切の違いはありません。

恐らく車検を通す際に掛っている費用をもっと安く済ます方法はないのだろうか、という意味で他の種類はないのだろうかと考えているのだと思います。またはそんな話を聞いたことがある!! とか。
費用についてですが、ホントのことをいえば車検の費用は決まっているので安くすることはできません。
もちろん他人に頼むときの手数料などは例え友人であってもタダでやってもらうのは心苦しいですよね?
ですからここで費用は一定だといっているのは車検そのものの費用のことだけですが、安くすることは不可能です。安くしてしまったら汚職事件です。公定の費用なのですから。

それならば、なぜ安く済んだという人がいるの?

ところが実際に車検に際して、いくらかかったのかと聞くと例え同じ年式、同じ型の車だとしても違いが出てくるのも事実です。

なんだか難しい話ですね。いずれにせよ覚えておかなければならないのは、車検を忘れて無車検状態で走行していることが発覚すれば、自動車免許停止処分となります。
自動車を運転するならば、避けることのできない車検ですから、理解を深めて、処罰を受けたりすることなく、費用も適切に、そして安全に自動車を使えるようしたいものです。

車検とはなに?

しっかりと理解できるように少し専門用語を交えて解説していきます。専門用語を覚える必要はありませんが、仕組みについて概要を把握して頂ければ間違いはありません。ざくっと分かれば大丈夫です。

自動車が運行すると法律には書いてありますが、これは道路など公道とみなされる場所(みなさんが特に制限なく自動車で乗り入れられるところすべてと思って下さい。)で自動車を動かすことです。
この運行に関して定められている法律は道路運送車両法といいます。この法律でいわゆる自動車検査登録制度についてのいろいろなことが定められています。
この法律によって自動車は検査に合格して登録しなければ運行させられません。ですから新車として世に出てくる車は新規検査を受けています。
これも車検なのですが一般ユーザーはいわれるままに受けていることは間違いないのですが、新車販売業者が代行していることがほとんどですから今回は深くふれないでおきます。

意識しなければならないのは自動車の使用者にはいろいろな義務が課せられていて、そのうちのひとつが一定の期間ごとに検査を受け直さなければならないということです。
これを継続検査と呼んでいて、一般に「車検を受ける」といわれるのはこちらの検査のことになると思います。

車検にはもうひとつ、長さ、幅、高さ、最大積載量等に変更があった場合に受ける構造等変更検査(通称改造車検)がありますが、こちらもここではふれないでおきます。
さらには車検の種類には予備検査、臨時検査というものもあるのですが、予備検査は新規検査の一種、臨時検査は製造上の欠陥があった自動車に対するものでほとんど例がありません。

最初にナンバープレートの話をしましたが、正確にいえばナンバープレートは自動車検査登録制度のうち登録に関わる制度で車検に関わる標章は検査標章のほうで、必要な書類は自動車検査証です。
検査標章はお分かりかと思いますが、フロントガラスに貼ってある数字の書いてある小さな札のようなものです。前面ガラスの内側に前から見やすいように貼りつけるように定められています。
自動車検査証は車載が義務づけられています。大抵はグローブボックスやトランクに放置されていると思いますが、ドライバーの方でああ、あれだなと分からない方がいたら是非一度確認してみて下さい。自動車検査証と書かれた書類があるはずです。
検査と登録は一体になって行われます。新規検査を合格しなければ登録はできず、ナンバープレートももらうことができません。継続検査はナンバープレートがついている車が対象です。車検を通すたびにナンバープレートが変わる訳ではありません。
それに対して継続検査に合格すると新たに期限の示された検査標章と自動車検査証(車検証)が交付されます。標章はガラスに貼られた古いものと貼り替えて、車検証は新たなものを車に常備します。
ちなみに、車の所有者が変わることになれば、ナンバープレートではなく、ナンバープレートがついている車の登録のほうを変更することになります。

車検とは? 車検に種類があるのか? といえば、このようなことになります。

車検とは保安基準に適合しているかどうかの検査

多くの方が興味があるのは車検の受け方のほうだと思います。話を難しくしているのはこの車検(継続検査)を受けなければならない期限と法定点検の時期が重なるからです。
車検で検査する項目は法定点検でチェックすることに関わりはありますがイコールではないのをご存知でしょうか。車検で検査するのは保安基準に適合しているかどうかです。
車検の内容の詳細を見てみたいと思います。

検査手数料は高い?

車検について悩ましいのはある程度のまとまった費用がかかってしまうことでしょう。ところでそんな悩ましい費用のうち、保安基準に適合しているかどうかの検査手数料がいくらなのかご存知でしょうか。
継続検査の場合、普通自動車の場合で1,800円、いわゆる5ナンバーの小型自動車は1,700円、軽自動車は1,400円になっています。それどころか場合によっては1,100円だったりします。これは保安基準適合証の添えられている場合です。これは検査場の設備を使わないための割引です。
検査手数料そのものはこのくらいです。高いとお考えになるでしょうか?高いか安いかは別としてあまり悩ましい額とはいえないでしょう。

もっとも車検に際しては自賠責保険料と自動車重量税を支払うことになります。どちらも次の継続車検までの期間分をまとめて支払うことになります。月々の支払いという訳にはいきません。
自賠責保険は継続検査時には自家用自動車で27,840円(軽自動車で26,840円)になっています。ドライバーが任意で加入する保険は事故を起こさなければ割引になっていきます。
自賠責保険では誰もが一定額ですし、そもそも物に対する賠償がないだけでなく、人に対する賠償についても足りないことが多いために別の保険にも入る人が多い訳ですから問題のない制度とはいえません。
ただし、社会的意義を考えれば必要な制度なのかもしれません。ところが重量税の方は天下に名をとどろかせる悪税そのものです。
基本は重量に応じてかかる税額ですが、算定がとても複雑です。軽減処置などがからみ簡単に説明はできません。例えばトヨタ自動車のヴィッツならば最高24,600円、レスサスのLS600hならば最高で41,000円となっています。軽自動車は8,800円と割安ではあります。
そもそもドライバーは自動車税を毎年支払っています。自動車重量税はかつて日本列島を大改造して道路を津々浦々作るためといって作られた道路特定財源として徴収が始まったものです。
これはあくまで暫定的なものということでした。自動車を運転するためには道路が必要。ならば自動車を持っている人は負担すべきだと言われてできたのですが、なんといわれようとも意味不明な2重課税なことに変わりはありません。
それどころか道路を作るための税金として自動車の所有者が実質的に負担する税金にはガソリン税もあります。今ではガソリン税には消費税がかかっている始末です。
そもそもがおかしな仕組みでしかないのですが、道路の建設費の償還までだと言っていた有料道路の料金とともに約束は反故にされて今に至ります。
自動車重量税はいまや道路特定財源でさえありません。こちらは無茶苦茶高い費用だと思います。

いずれにせよこれが法定費用と呼ばれる車検の時に必要な費用です。少なくとも約5万円弱(軽自動車は4万円弱)かかる訳ですが、どのような印象を持たれましたか?
あれ、そんなものでは済まないよとお考えの場合、差額となっているのは保安基準に適合できない部分の修理と整備、法定点検に関わる費用ということになります。
もちろん車検を誰かに依頼するのであれば手間賃というものは当然かかってきます。

車検時の保安基準への適合の検査内容

車検の時に検査を行うのは保安基準に適合しているかどうかです。数年で基準に満たなくなるものなのか法定点検とは何が違うのか気になりますね。そこも見てみることにします。

車検の検査内容

車検の検査内容となる保安基準では、ひとつには自動車が安全に運航できる状態かどうかをチェックします。また公害を抑制するために定められた基準が守られているかもチェックすることになります。
その内容は検査場での順番でいうと、まずナンバープレートとの一致の確認。この時にはナンバーを見るだけでなく登録された車体番号と同一の車両かどうかボディの打刻を見せて照合する作業を行います。
次に灯火類のチェックとして、ヘッドライトの点灯状況やウインカーは作動するかブレーキランプは点灯するかなどを実際に点灯してみながらチェックします。
またホイールナットの締めつけやワイパー、ウォッシャー液も確認になります。
その後サイドスリップという直進性のチェックがあり、さらにローラーのうえで指定された速度までアクセルを踏み、スピードメーターの表示速度の誤差を見ます。
さらにブレーキ、パーキングブレーキの効き具合、ヘッドライドの照度、光軸のずれ、排気ガス検査と確認が続きます。
最後に下回りチェックとなり叩いたり揺らしたり、目視したりで異状をチェックします。

車検そのものはごく基本的なことばかり

一覧してみればチェックする保安基準というものはごく基本的なことばかりです。整備という面からしてみればあまりに心もとないものという印象でもあります。
灯火の球切れやウォッシャー液切れなどはタイミングの問題もあるかもしれないとはいえ、日常しっかりチェックするのが難しいことではありません。
スピードメーターもGPSがいろいろな車載品に搭載されていることでチェックが可能ですし、大きく間違っていたりしたら困りものです。
排気ガスの検査は簡単にチェックできるものではありませんが、基準を満たさないようでは性能として大きな問題です。ましてやブレーキが効かなかったり、ホイールが緩んでいるような車に乗りたい人はいないはずです。
光軸も大きくずれていれば対向車などへの悪影響など問題ありますが、この検査だけは微妙な感じで判定がかなりシビアです。
とはいえ概ね、このくらいのことはあったら困るレベルのことでしかなく、車検の有無を問わず異常があったら気づかないほうが問題なことばかりです。
実際に光軸を除けばこの検査を通らないほうがおかしいともいえます。かなりの高年式でもなければ通って当たり前のことが多いのです。
ヘッドライトの光軸に関しては誰も乗っていない状態で整備するとドライバーが座っていると多少はずれが生じます。ここだけは例外的ポイントですが、多少のずれならば深刻な危険につながることもありません。
また検査時点で正常に働いているかどうかだけが問題なので次の車検までその性能が維持されるかどうかも問われるものではないのです。
だからこそ車検とは別に日常点検、定期点検が義務付けられているということでもあります。車検は現状確認だけ、定期点検、特に24ヵ月法定点検はこれから一定期間問題が起こらないかどうか、兆候はないかなどのチェックまで踏み込んだ部分も求められます。

車検の受け方の種類

具体的に車検についていろいろ見てみましょう。その前にひとつ大前提として覚えておいて頂きたいことがあります。
それはこれから書くことは自家用自動車に関してだということです。自動車を使って人や物を運送する仕事をする場合には車の管理についても、さらに厳しい規定があります。
プロの方には言うまでもないことですが、これから書くことに該当しない場合も多くあるのでご注意下さい。

車検と法定点検の関係ですが、かつては法定点検を受けてから車検と定められていたことがあったのですが、現在では車検を受けた後、しかるべき点検・整備をすることが認められています。
そのため車検の受け方が一層変わってきたのも間違いありません。車検は新車登録からは3年目、それ以降2年ごとに継続検査を受けなければなりません。毎年の12ヵ月法定点検23項目の他に、この車検の時と重なって24ヵ月法定点検(新車の場合の最初は36ヵ月)としてさらに17項目をチェックします。
車検の受け方はこの24ヵ月法定点検をどうするのか、継続検査をどのように受けるのかの主にふたつのポイントで決まります。

よくある方法ごとに解説します。

自分自身で行う(ユーザー車検)

法定点検に関してはユーザーが車を運行する上で行わなければならないことです。正確に詳しく言うと、道路運送車両法に点検を行うように定められています。
さらに国交通省の省令で何をするかが決められています。自動車にメーカーやディーラーが用意した整備ノートが備えられていると思いますが、項目はそこで確認できます。
手間をかければ自分でできることがほとんどです。車検の検査場で合格すれば確認したことになる項目もあります。もちろん業者に頼むのもいいでしょう。
点検整備は自身の責任の下で行うという前提で、検査場に車を持ちこんで検査を受けて、自動車検査証の手続きもして、検査標章を貼りかえるというのが自分自身で車検を行う方法になります。
点検整備は車検の後でも先でも構いません。

この方法はよく「ユーザー車検」と呼ばれています。

検査場は国土交通省の運輸支局と出先機関の自動車検査登録事務所、軽自動車の場合は軽自動車検査協会が各地にあってそこに車をゆっくりと走らせながらチェックできる検査ラインが設けられています。
最近はご当地ナンバーがでてきて、必ずではありませんが、ナンバープレートに書いてある地名が検査場の場所です。自動車の登録も同じ場所で同じ機関が担当します。
以前は陸運支局と呼ばれていたのですが、運輸行政の陸事、海事の統合により運輸支局となりました。ところが1部に例外がでてしまい兵庫県の一部地域は管轄が神戸運輸監理部の兵庫陸運部が地域の運輸支局の陸運部門を担当することになっています。また沖縄県においては沖縄総合事務局運輸部が担当しています。
継続検査は全国どこの検査場で受けても構いません。国土交通省では予約をするように呼びかけています。
必要な書類は持参するのが自動車検査証、自動車納税証明書、点検整備記録簿、現地でも支払って入手できるのが自賠責保険(共済)証明書、自動車重量税納付書、現地に備わっているのが継続検査申請書、自動車検査票と手数料納付書になります。

指定整備工場(民間車検場)に任せる

ユーザー車検ということは聞いたことがあるのではないかと思いますが、車検の指定整備工場があるという話はいかがですか?よく言われる言葉で言い換えるならば「民間車検場」というものがこれにあたります。
ちまたのカーディーラーなども多くが指定整備工場だと思います。恐らくこの形を利用するユーザーが最も多いはずでやはり便利ではあります。
指定整備工場のなにが便利なのかというと運輸支局の検査ラインと同等の設備を持っているために保安基準適合証を発行できることです。
検査手数料が1,100円に安くなるあの証書です。保安基準適合証があれば車を実際に車検場の検査ラインに持ち込まなくて済みます。
ただし指定整備工場では検査だけをすることはできません。まず自動車の点検をしてから、必要な整備を施し、保安基準にも適合できる状態にして証書を発行してくれます。
運輸支局での車検証等の発行は料金を払って代わりに行ってもらえるでしょう。手数料を節約するために保安基準適合証をもって手続きにいっても構いません。
この場合には保安基準適合標章というものも発行されていますから有効期限の発行から15日以内なら検査標章の代わりに使えます。
つまりフロントガラスの前から見えるところに貼りつければ、その自分の車で帰宅することも、手続きにいくこともできるということになります。
管轄の運輸局長指定の指定自動車整備事業という看板を掲げています。自動車の整備工場としても一定の基準を満たしていなければなりません。
もちろん検査に必要な設備を揃えなければなりませんし、そのための充分な敷地の確保も求められます。工員の中の整備士の割合も定められていて、自動車検査員も必ずいなければなりません。
最初にカーディーラーもほとんどが指定整備工場だと書きました。工場といっていますが見かけは工場然としていることもありますし、ディーラーのこともありますし、カー用品販売店だったりします。場合によってはガソリンスタンドでもおかしくはないです。
見た目で見分けるのではなく、確認したいならば運輸局指定の看板を見て下さい。またポイントは保安基準適合証を発行できるかどうかこの1点です。

認証工場に整備と一緒に任せる

点検整備をプロに任せたいならば、選択肢は指定整備工場(民間車検場)だけではありません。自動車の分解整備を業として行うためには運輸局の認証がいるのですが、指定工場でなくても認証工場ならば、点検の結果分解整備が必要になっても対応できます。
この認証工場に整備をしてもらいながら、運輸局の検査ラインへの持ち込みもお願いするという方法も車検のひとつの方法です。
もし車を預かってもらって、点検、整備してもらって継続検査を合格させ、新しい車検証を手に入れて更新した標章に貼りかえてもらい、車を受け取るという一連の作業をお任せにするとします。
それならば、実際にどこで何をやっているのかは別として指定工場で受けるのも認証工場で受けるのもユーザーにとっては何ら変わりはありません。

ここまでさらっと書きましたが、よく見てみると分かったような分からないようなことが書いてあると思います。

そもそも自動車の分解整備を業として行うことのできるというのはなんなのでしょうか。分解整備はドライバーでちょっとネジを回して分解してみるという意味ではありません。
この分解整備は一般の言葉でなく、法律で定めらた専門用語です。自動車が安全に走行するために重要な部分の整備、改造は分解整備になると定めてあります。
確かにここが壊れてたら大変なことになりそうだという部分ばかりですし構造も複雑そうでとても素人が手を出せるようなところではありません。
業として行うとはなんでしょうか。これは法律用語で、報酬の有無を問わずに繰り返して行われて、社会通念上業務とみなせるもののことです。
なんだかあいまいですが「仕事として」と読みかえて頂いて大筋問題ありません。
自分の車を自分で整備するならば、自分で認証工場を立ち上げる必要もなければ、違法行為でもありません。ちょっと意外な感じですが自己責任でやるなら問題はないのです。もちろん下手な整備で事故を起こせば大問題になりますが。
自分でいわゆる分解整備を行う知識も技術も自信もないならば、分解整備が必要な場合には指定工場か認証工場に任せるしかありません。
指定工場ももちろん認証工場でもある訳ですが、指定工場より緩い規定とはいえ認証工場となるにも基準が設けられて設備や整備士などの人員体制にも規則があります。
このような認証工場の中には、整備だけでなく車検を通すところまでやってくれるところがありますが、保安基準適合証は発行できません。できないから大抵は検査設備も用意しません。
実際の検査は運輸局のラインに車を持ちこんでやることになります。事前に準備していく訳ですから基本問題ありませんし検査ラインで何かあったとしても微妙な調整であればその場でできてしまいます。
ユーザー車検で検査ラインで不合格になった場合に、自ら合格できるように整備できないならば、この方法は安心だといえるでしょう。
また分解整備の必要性うんぬんは抜きにしても法定点検くらいはプロにしっかりやってもらいたい場合にも選択肢になります。

代行業者に任せる

さらにいわゆる「代行車検」と呼ばれる方法を目にします。特に正式名称や定義がある訳ではありません。何をするのかといえばユーザーに変わって運輸支局での検査と登録をやることになります。
簡単にいえば使い走りを買って出てくれる業者ということです。確かに車検のために会社を休むのもなんだから、誰かに頼みたいといったようなニーズはあるのでしょう。
ですから考えようによっては認証工場がやっていることも代行車検の一種だと考えられます。
ただ単に代行車検と名乗っていて認証工場でない場合、免許も届け出もないのですから、分解整備をやる訳にはいきませんし、分解整備の必要はなかったとしても、どの程度の整備ができるのかも判断の材料もありません。
検査ラインで不合格になった場合の対応など事前にきちんと確認しておかなければならないことが沢山あります。必要なことをしっかり勉強して、分かったうえで利用する方法だといえるでしょう。

車検時に行う整備をどう考えるか

車検の流れや方法、費用などをみてきました。仕組み全般はかなり理解頂けたかと思います。法定費用は決まっていますからはっきりしましたね。
法定点検が同時に行われるために、業者に依頼するならば、そのための費用が必要なことも分かりました。ただ、法定点検費用が目を剥くほど高いかといえばそれほどのことでもないように思います。

車検で費用が掛かるイメージがあるのは、整備費用によってだと思われます。分解整備にあたるような整備というものも特にブレーキに関わる部分を実施すれば格段の安心に繋がります。
また次の車検までにトラブルが起こらないことを最優先にすれば予備整備といわれるような予防的な部品交換が望ましいかもしれません。
この予防整備というものが悩ましいもので、そこまでで何かトラブルがあったなら無料整備される初回の3年目の車検ではあまり問題にならないと思いますが、2回目の車検となる5年目以降、3回目の7年目までの対処が最も微妙です。
これ以降は明らかに耐用年数に近づく部品もあるでしょう。買い替えも進むでしょう。中古で手に入れたならば思い切って部品は交換してみるのもいいと思います。
5年目をこえるあたりが、大抵は壊れることはないのだけれども、もしかしたら壊れる可能性がでてくる部品があるといった境界です。
ブレーキでいえばマスターシリンダーなども、そのような部品かと思いますが、正直壊れないケースが多いのでしょう。
またこの部品でいえば壊れてもいきなり使えなくなる訳ではなく、注意深い人なら必ず壊れたことは分かるはずです。
その時にすぐに慎重に修理を行えば問題はないともいえます。ただし、それが旅先の遠方で起こったならば、とか異変に気づく自信がないというならば故障の可能性のある時期にはいったとすれば交換を提案してもらえるならば、それは親切だともいえます。
このような整備がいくつも重なれば車検時にかかる費用もどんどんかさんでいきます。
またブレーキでいえばパッドなどもこの際にといって交換するのもありでしょうし、注意深く観察しながら使えば、ちょうど使いきったあたりで交換することも難しくはありません。

ここらへんは判断の別れるところですし、結局人によるとしかいいようがありません。

納得のいく車検で悔いなく

ディーラーなど指定工場や認証工場にすべてを任せてしまうのが、やはり楽ちんといえば、そのとおりだと思います。任せるといっても大盤振る舞いで存分に費用を掛けてもらうのも心底安心できる方法だといえます。
ただ、最初に出て来た見積もりどおりにお任せにするのではなく、何をどの程度整備するのか吟味して必要なことに絞るのもまた充実した選択にも思えます。
自動車の運行に際して、仕組みや構造に対して高い理解を持ってしっかりと自己責任で管理していくユーザー車検も本来の姿といえなくもないでしょう。

車検の基本を理解して納得のいく形で継続検査を乗り切って頂ければと思います。