【ホンダ PCX カスタム】スクーターの中でも特に人気なPCXをカスタムしよう

バイクのカスタムといえば、サーキットカスタム、アメリカンカスタム、ストリートカスタムいろいろありますね。スクーターもカスタムに凄く人気があり、イベントなどが行われています。カスタム用にスクーターを購入したいけれど、どれがいいか悩んでいる方、トップクラスで人気のPCXをおすすめします。PCXの魅力に迫ります。

ホンダ PCXのカスタムしよう

ホンダ PCXとは?

車両解説

ホンダPCXはHONDAが発売しているスクーターです。PCXはPersonal Comfort Xaloonの略です。ネーミングは「パーソナルコンフォート」の次世代、未知なるもの「X」という意味から来ているようです。世界戦略車でヨーロッパや・東南アジア・北米・オーストラリアでも販売されています。世界中の人に快適に乗ってもらえるスクーターを目指して作られました。

ラインナップは大きく分けて2つあり、125ccクラスがPCX、150ccクラスがPCX150となっています。PCXは燃費がよく、アイドリングストップ機能がついているためすごくエコで実用的なバイクです。PCX150は高速にも乗れることで人気です。どちらも実用性が高くどの層からも人気を得ています。

PCXはカスタムが大人気!!

人気の理由はデザイン性が高く、実用性が高いなど様々な理由があります

支払総額:36万8,000円

このPCXは125ccで年式は2015年と新しい方です。カスタムされている部分はざっと見た感じだと
・シート
・サスペンション
・マフラー
・ヘッドライト
・ミラー
・リム(ホイール)
です。ボディはマットブラックで塗装されていて、高級感があります。このPCXの価格は368,000円(税込)で、これほどのカスタムを行うとうん十万は超えるので、お買い得なバイクといえます。

ハンドルは人気のあるセパレートハンドルカスタム、俗に言うセパハンです。ケーブル類も金属製のかっこいいものに変えられています。ハンドル周りのカスタムは見所のひとつで、ここのトータルバランスはかっこいいカスタムをする上で重要なポイントとなります。このPCXのハンドルまわりは上手くまとまっていて洗練されてるお手本です。

ヘッドライトはこれも定番で人気の高い、プロジェクター式です。ヘッドライトを縁取っている、ブルーのライトがとてもかっこいいです。

ホンダ PCX 125 メッキホイール 2スピーカー

支払総額:30万7,000円

これはフルカスタムといえるバイクです。ボディはつやのあるワインレッドで塗装してあり、タンデムバーやバックレスト、エナメルのシートが取り付けてあります。スピーカーが2つ取り付けてあり音楽を聴くことも可能です。ホイールもメッキ仕様でそれに合わせてスイングアームやラジエーターカバーなどもメッキのものに交換してあります。

走行距離疑義車ですが、カスタム費用だけで車両価格はいってそうなので、このレベルのカスタムを行いたい人は購入してもいいかもしてません。

新型のPCXにもカスタム車両が販売されています

新型のPCXは3世代目となります。2014年に発売されました。今までにカラーバリエーションも何度か追加されているので、人気の高さが分かります。

先ほど紹介した、マッドブラックでプロジェクターランプを付けたPCXは、年式が2015年なので新型のPCXです。新型のPCXは発売されてから2年経っているので、普通にカスタム車両が見つかります。新型の方が性能面でも燃費の面でも改良されていて乗りやすいので、特に旧型にこだわりがなければ新型をおすすめします。新車のPCXには、カスタムされているショップ限定の車両があるので紹介します。

LEDを追加した新車PCX

ホンダ PCX JF56 アーバンナイトLEDカスタム ブルー

支払総額:35万6,000円

このPCXは新車のPCXにLEDをつけたものです。LEDの追加は電気の配線に関する知識が必要で、初心者がやるには難易度が高くて危ないのでLEDのついたPCXが欲しいのなら、この車両を買うのもありです。ほかのパーツはノーマルのようですので、自分好みにカスタムしていきましょう。このバイクの販売が終了しても、新車を買う際にちょっとしたカスタムが欲しい場合は、バイク屋と相談してみるといいでしょう。

大阪限定のCBR風PCX

支払総額:39万1,100円

このPCXはPRO'SPECIAL使用のPCXです。ホンダのCBRなどで見る定番のトリコロールカラーでペイントされています。大阪だけで特別に販売されているようです。そのままでも十分にかっこいいので、スポーティーなカスタムが好きなかたはそのまま乗ってもいい車両です。カスタムをしたいかたは素材を活かして、レーシーな路線でカスタムをしていくことをおすすめします。
最初は、カーボン製のミラーを装着する。レース用のサスペンションをつけていくといいでしょう。

PCXのカスタム車両が欲しいならやっぱり中古車!!

ライトカスタム、フルカスタムのカスタム車両は中古でたくさん販売されています。はやくカスタム車両が欲しいかた、カスタムの費用を節約したいかたは中古でカスタムされているPCXを買うのが一番おすすめです。自分でカスタムをして楽しむのカスタムの魅力です。ノーマルの中古車も人気車種なのでたくさん流通しています。125ccや150ccで車体価格もそこまで高くありません。20万円でいい車体が買えるので、自分で1からカスタムを楽しむのもありです。まずは2016年9月現在で販売されている車体を紹介していきます。

白とオレンジのカラーリングがかっこいいPCX

支払総額:20万3,800円
125ccのPCXです。白いボディにオレンジのリム、オレンジのウイングがとても合っているカスタムです。シートは快適に乗るために腰の支えがついています。自分で手を加えれる部分が残っているいい車体です。自分でカスタムをやっていきたいかたにおすすめです。

KITACOのリアショックつき、お得な1台

支払総額:20万8,000円

排気量は125ccです。マフラーは虹色が美しい、モリワキのマフラーをつけています。材質は見た感じはステンレスのような光沢がすくないのでおそらくチタンです。黒と赤がメインのシンプルなカスタムがかっこいい1台です。KITACOという有名なブランドのリアショックがついているので、走行時の衝撃の吸収性がよくて乗り心地のいいバイクに仕上がっています。

PCXの色々なカスタムを見ていきましょう

実際に販売されている車両を見てきたので、今度はユーザーやカスタムショップのPCXを見ていきましょう。

ピンクのラメがまぶしい極上カスタム

これもPCXです。エアロパーツやカスタムシート、足回りまでフルカスタムされています。このカラーリングはラメ塗装というもので、バイクのカスタムで根強い人気のあるカラーリングです。

トロンもびっくり!?近未来的カスタム

サイドカバーにPCX150と書かれています。もはやこのロゴがないとPCXだと分からないバイクです。外装は純正のものを全て外し、おそらくワンオフで製作されたものです。ショップのプロが製作したものでしょう。こういったものすごいカスタム車両はだいたいショップやメーカーが宣伝などのために作っています。たぶん、このバイクのカスタム費用で車が1台買えます。

タイのモーターショーに展示された完成度の高い1台

出典:http://pcx.ti-da.net/e3531343.html

元が125cc、150ccのスクーターとは思えない車体です。カスタムの種類としては分類が難しいところですが、ローライダー系やストリート系に属すると思います。ここまでカスタムできたら、カスタムを極めたといっても過言ではありません。このクオリティでここまでやるのは大変ですが、とてもかっこいいのでこのカスタムを目指す方はがんばってみてください。

タイ仕様とタイのカスタム事情について少々

PCX150でタイ仕様、タイ仕様のスクーターはほとんどが国内仕様よりパワーがあり、デザインもよりいかつくなっているので、スクーター好きには人気があります。カスタムして国内仕様のPCXのパワーも上げれますが、なかなか費用が掛かるので最初からタイ仕様を買った方がお得なのが人気の理由です。タイではスクーターの人気、カスタムがとても高くおもしろいので調べてみるといいかもしれません。

一番最初の画像、ピンク色のPCXはタイ語で検索して出てきたのでおそらくタイのカスタムショーに展示されたものです。タイのスクーターのカスタムショーは「モトチャンプ」という雑誌で確認できたりするので、気になった方はぜひ読んでみてください。

個性的なエアロパーツが光るカスタム

こちらも完成度の高いカスタムです。オレンジをメインカラーにした外装のエアロパーツは、形も特徴的でとてもかっこよくまとまっています。マフラーの形もなかなか見ない形です。ホイール周りもフロントフォークやブレーキパッドまで全てカスタムしてあります。

モンスターエナジーカラー

黒と緑、モンスターエナジーを思わせるカラーリングのPCXです。フロントカウルの側面には英語が入っています。特徴的なのはやはりリアウイングですね、PCXはリアからの見た目にこだわったカスタムも人気があります。

リア周りがすっきりした、軽量化仕様

PCXのカスタムでは珍しいスカチューンです。リア周りがスカスカですっきりしています。このカスタムは軽量化できるので見た目がいいだけでなく、走りにもアドバンテージが生まれます。ショックはyssのリザーブつきのショックですね。スカチューンだとさびしくなりがちなリア周りにアクセントを加えています。

ホンダ PCXのカスタムパーツをご紹介

PCXに装着できるカスタムパーツは豊富で色々な種類、用途のパーツであふれています。なにを買えばいいのか悩んでしまうかたは、これからAmazonの評価が高いパーツ、レビューの高いパーツなどで紹介しますので参考にしてみてください。

外装パーツで外見を変えよう

ガラッと印象を変えるには外装パーツを変更するのが一番です。バイクブロスやAmazonで評価の高い外装パーツを見ていきましょう。

ホンダ純正 フロントグリル

ホンダ純正 フロントグリル [PCX125(JF56) / PCX150(KF18) 専用] 08F70-K35-J00

¥3,790

販売サイトへ

フロントのライト周りにつけるパーツです。ライトのデザインに引き締まった印象を与えます。実用性はないものの、バイクの顔ともいえるライトにつけるので印象をガラッと変えることができるので、ライト周りの印象を変えたいかたにおすすめのパーツです。こういった外装パーツは比較的簡単に取り付けができ、初心者にもおすすめできます。値段が安い点のもいい点です。

デイトナ サイドバイザー

デイトナ(Daytona) サイドバイザー PCX125('14〜'15)〈JF56〉〈WW125F/G〉、PCX150('14〜'15)〈KF18〉〈WW150F/G〉用 94135

¥8,290

販売サイトへ

フロントの側面につける外装パーツです。車体に装着すると、車体が横に大きく、ワイドになります。これで外見のボリュームが増して、一気にかっこよくなりカスタム感が増します。とてもおすすめのパーツです。これに先ほど紹介したパーツを加えるだけでも、フロント周りの印象はノーマルと全然違います。これにちょっとした手間を加えると、さらにかっこよくできるので紹介しましょう。

[TARO WORKS] 5D リアル カーボンシート 3D カーボンシート タイプ 152cm×100cm 黒 ブラック

¥3,610

販売サイトへ

[TARO WORKS] カーラップ フィルム グラフィティー ストリートアート 152㎝×30㎝ Graffiti art

¥1,280

販売サイトへ

パーツを取り付ける前にこういったカッティングシートをつけると、さらにカスタマイズできます。ボディの色と違いが出ていいアクセントです。パーツに貼り付けるのは簡単ですが、綺麗に貼ろうとするとちょっとコツがいります。下にリンクを記載しておくので参考にしてみてください。

乗り心地と見た目を大きく変えるカスタムシート

カスタムシートは大きく分けると、シート自体を変えるか、シートカバーを変えるかで変更できます。どっちがいいのかというとメリットとデメリットを見ると

・シート自体を変更するメリット
シートの形も変えることができるので、自由なカスタムができる。
ローダウンシートを使えばシート高を下げることができるので、足つきが良くなる。
・デメリット
シートカバーだけの変更に比べて、手間とお金が掛かる。

・シートカバーだけを変更するメリット
手軽にシートをカスタムして印象を変えることができる。
カバーだけを買えばいいので安くでカスタムできる。
・デメリット
シート自体は元々ついているものをつかうので、形を変えることはできない。

ローダウンシートのメリット以外では、互いにメリットとデメリットを埋めあっているので、好みと予算で決めましょう。足つきを良くしたいかたには、ローダウンシートをおすすめします。

ローダウンカスタムシート

WirusWinPCX用 ローダウンシート ブラックパイピング

¥19,391

販売サイトへ

WirusWin(ウィルズウィン)というメーカーのカスタムシートです。シンプルなデザインで、ローダウン仕様になっていてシート高を下げることができます。

NOI WATDAN(ノイワットダン) バケットシート カーボンブラック (PCX125 JF56/PCX150 KF18) AIT-NW-P-026

¥21,054

販売サイトへ

バケットタイプのカスタムシートです。乗り心地が重視されたシートで、長時間の運転でも疲れないよう腰に支えがついています。

NOI WATDAN(ノイワットダン) ローダウンシート ホワイト/ブラック (PCX125 JF56/PCX150 KF18) AIT-NW-P-040

¥13,266

販売サイトへ

こちらもローダウンシートです。白と黒のデザインにキルティング加工された皮がかっこいいデザインとなっています。エナメルのシートは少し派手すぎるかな? と思うライダーにおすすめです。

PCXのカスタムをするならハンドル周りも

バイクのカスタムでは、手軽にできて奥が深いハンドル周りのカスタムが人気です。PCXのハンドル周りのカスタムはセパハン化という、ハンドルをセパレートハンドル化するカスタムが人気です。このカスタムをやるとハンドル周りがメカメカしくなり、バイクっぽさが増します。ハンドルやグリップ、ブレーキレバーの色を統一するととてもかっこよく仕上がります。

ハンドル本体

ハンドル PCX セパレートハンドル PCX125 EBJ-JF28 黒/銀 セパハンキット

¥11,016

販売サイトへ

交換はボルトオン(特に大きな加工を必要としないこと)ですむので、割りと簡単なようです。やり方はネットでたくさん見つけることができます。一応リンクを下に記載するのでよかったら参考にしてください。

成(なる) の愛車 ホンダ PCX の「PCX セパハン取り付け」に関する整備手帳です。Powered by みんカラ

BIKERS ブレース付き アップハンドル PCX125/PCX150 ゴールド【MADMAX】(バイク用品/バイクパーツ)

¥14,518

販売サイトへ

アップハンドルにもかっこいいものがあります。こちらもセパレートハンドルと同じ取り付け方で交換できます。

グリップ

KEIO PARTS(ケイオウパーツ)アルマイト汎用グリップオレンジ R-001OL

¥2,271

販売サイトへ

グリップはもっとも簡単なカスタムといえます。グリップは基本的に車種に関係なく取り付けることが出来ます。だから種類がとても豊富で様々なグリップが販売されています。このグリップは文字が入っていてレーシーな雰囲気がでているのでスポーティーなカスタムに合いそうです。

リボルバー グリップ アルミ クローム メッキ ハンドル サイズ φ22.2 (リボルバー グリップ)

¥1,743

販売サイトへ

エナメルシートやスピーカーを搭載したカスタムには、こういうメッキ仕上げのグリップがおすすめです。

カスタムの王道といえばマフラー

ヨシムラ(YOSHIMURA) バイクマフラー フルエキゾースト R-77S サイクロン カーボンエンド EXPORT SPEC 政府認証 SSC ステンレスカバー/カーボンエンド PCX150(eSP/JBK-KF18) PCX125(eSP/EBJ-JF56) 110-49B-5151 バイク オートバイ

¥45,480

販売サイトへ

ヨシムラのフルエキゾーストマフラーです。焼きの入った色がとても綺麗で、マフラーエンドにはカーボンがついています。

BEAMS(ビームス) R-EVOチタンサイレンサーSP フルエキゾーストマフラー サイレンサーカバー:チタン PCX125[ピーシーエックス](14 (EBJ-JF56)) G165-53-007

¥32,937

販売サイトへ

BEAMS(ビームス)のチタン製のマフラーです。チタン特有の焼きの入ったグラデーションがいい味を出しています。

PCXのパーツブランドでおすすめなのはエンデュランス

エンデュランス社は耐久レースで数々の実績を上げているパーツブランドで、ホンダの専門店からスタートしました。今はタイホンダの輸入元を務めています。スクーターの人気が高いタイとつながりが深いため、カスタムパーツの品揃えは飛びぬけて豊富です。

豊富な品揃えの中の一部をご紹介

出典:http://www.endurance-parts.com/item/4908.html

赤色のエアクリーナーボックスカバーです。こういうなかなか他のブランドが販売していないパーツを取り揃えています。

出典:http://www.endurance-parts.com/item/4696.html

シャッタキーカバーです。鍵の周辺をカスタムするならこういうパーツもかかせません。

出典:http://www.endurance-parts.com/item/1573.html

マフラーの先端につけるマフラーエンドカバーまでも取り揃えています。

出典:http://www.endurance-parts.com/item/1209.html

hi-POWER SPORTS マフラー チタングラデーション¥41,400円(税込)もちろん、マフラーなどのメジャーなパーツも販売しています。

カスタムパーツは大体エンデュランスでそろうので、迷ったらエンデュランスに行きましょう。

ホンダ PCXはロンホイカスタムが人気!?

ロンホイとは?

カスタムの一種

ロンホイはロングホイールベースの略です。その名の通り、ホイールベースを長くするカスタムです。ロンホイをするとリアビュー(後ろからみたバイク)に迫力がますので人気があります。

ロンホイのメリットは?

大きくわけて、2つのメリットがある

ロンホイのメリットは大きく2つあります。1つ目は車体が低くなり、長くなることで外見がかっこよくなることです。2つ目はホイールベースが長くなることで直進安定性がまし、長距離走行が楽になることです。150ccのPCXで高速道路を走るときにその真価を発揮します。ただし、デメリットもあり曲がりにくくなります。アメリカンバイクに近づくカスタムともいえます。

ロンホイキットでロンホイをやってみよう!!

パーツについて

アディオ(ADIO) ロングホイールベースキット ブラック PCX125(前期:2010年3月から2012年4月まで) BK31103

¥44,873

販売サイトへ

ロンホイキットは、年式によって適合するかどうかが変わります。お値段もなかなかするので、注意しましょう。タイヤが後ろに下がるのでフェンダーを外す必要があります。フェンダーレス化キットもあわせて購入しましょう。基本的にこのパーツを買って、バイク屋に持ち込んでやってもらう方がいいと思います。

キジマ(kijima) フェンダーレスキット リフレクター付 PCX125/150('14-) スチール/ブラック 315-045

¥7,689

販売サイトへ

ロンホイの長さについて

一口にロンホイといってもカスタムによって、長さが変わってきます。主流の長さは3インチと6インチです。3インチは7.5cm、6インチは15cmです。

3インチ

出典:http://blogs.yahoo.co.jp/mu_mako_dai/10831530.html

パッと身では良くわからなかったりしますが、比べてみるとよくわかります。3インチではそこまでホイールベースが長くならないので、ロンホイを楽しみたいけどそこまで派手にやらなくていいというライトユーザーにおすすめです。ノーマルの雰囲気を活かしたカスタムにも使えます。

6インチ

出典:http://minkara.carview.co.jp/userid/870597/blog/26885472/

先ほど紹介したパーツは6インチ用のロンホイキットです。6インチになると長さが良くわかります。PCXに迫力を出したい方には特におすすめのカスタムです。3インチのロンホイと必要な技術や予算はあまり変わらないので、やってみたいかたは気軽にカスタムしましょう。

ロンスイとローダウンについて

ロンスイについて

混乱しがちなことですが、ロンスイはロングスイングアームのことで、リアタイヤを止めているスイングアームを長くするカスタムのことです。PCXはスイングアームがついているのでロンスイも出来ます。ロンホイキットはエンジンハンガーやサブフレームをカスタムして車体を長くすることをいいます。スイングアームの無いスクーターではロンホイで車体を長くすることになります。

ローダウンについて

ローダウンは車体を低くすることです。重心が低くなり、車体の安定感が増します。PCXでローダウンをするときは、サスペンションを交換して行うと簡単でやりやすいです。

WirusWinPCX用 ローダウンリアショック

¥9,695

販売サイトへ

ローダウン用のリアショックが販売されているので、そちらを購入しましょう。

ロンホイ化の工賃

キットの持ち込み有り無しで、1万円以上の差が出ます

工賃はキットを持ち込んでやってもらうと、おおよそ1万円ほどになります。キットを持ち込まなかった場合は高い工賃が必要で大体10万円以上は必要です。ロンホイキットを持ち込めば総額は10万円以内で済むので、特に理由が無ければロンホイキットを購入してからやりましょう。

工具をお持ちでカスタムを自分で行っている方は、ロンホイ化にチャレンジしてみてください。難易度は底まで高くありません。スキルアップにおすすめです。

ロンホイ化するなら知っておくべき事故について

フレームをいじるため、危険性もあることを忘れないように

ロンホイ化するとフレームなど、バイクの重要な部分をいじるため下手にやると事故を起こした際にフレームが割れたりすることもあるようです。カスタムは信頼のおけるバイク屋にたのみ、無謀なカスタムはしないようにしましょう。事故を起こしてロンホイの部分のフレームなどが歪むと、フレームを変えない限り乗り心地がおかしくなります。そうなると危険ですし、カスタム車両は修理代もかかるので事故には十分に注意しましょう。

ホンダ PCX カスタムのまとめ

PCXのカスタムについてまとめさせていただきました。カスタムベースとして人気の高い車種だけあって、カスタムパーツは豊富でレーシーなカスタムからやんちゃなカスタムまで、カスタムの種類も多岐に渡っています。気に入ったカスタムを見つけてフルカスタムまでやってみるといいかもしれません。

シートからサスペンション、クランクケースまでパーツは様々です。組み合わせは無限大、カッティングシートで工夫を凝らすこともできます。カスタムが苦手で予算が無くても、グリップなどで安く気軽にカスタムを楽しめます。

正直カスタムは自己満足の世界です。周りに左右されず、自分だけの世界で満足のいくカスタムを楽しんでバイクライフと人生を豊かにしましょう。