【トヨタ プロボックス】さまざまなシーンで活躍する「ザ・商用車」

2002年の発売以来、高い需要を維持しているプロボックスは実に使い勝手のよい車です。乗用車とは違い、仕事用に特化しながらも快適性も追求するプロボックスについてご紹介いたします。

トヨタ プロボックスとは?

プロボックスは、トヨタ自動車が製造・販売するライトバン型の自動車です。2002年の発売以来、マイナーチェンジを繰り返し現在に至っています。前期型と呼ばれるモデルには商用バンのモデル以外に、乗用5ナンバー型のワゴンやディーゼルのモデルも存在していました。現在は商用バンモデルのみで、日産自動車のADバンと激しいシェア争いをしています。カルディナ後継車とされるサクシードは、プロボックスの兄弟車です。

プロボックスの種類をご紹介

2002年の発売後、フルモデルチェンジを一度も経験することなく現在も商用バンとして新鮮さを保っているプロボックスは、前期モデル、後期モデルに分けることができます。ここではプロボックスのモデルを前期・後期別にご紹介いたします。

前期モデル(2002年7月~2014年8月型)

初期型と呼ばれる前期モデルでは、現在も発売が継続されている商用バンモデル以外に乗用ワゴンモデルもラインアップされており、個人で購入される方も多くいました。搭載エンジンも1.3Lと1.5Lのガソリンエンジンだけでなく、1.4Lディーゼルエンジンを搭載したモデルも販売されていました。2014年までに5回の一部変更や小変更をおこなっています。途中2007年にディーゼルエンジン搭載モデルは販売終了しています。また乗用ワゴンモデルは、2013年にカローラフィールダーに統合される形で販売終了し、ホームページ掲載もなくなっています。

後期モデル(2014年8月~現在)

2014年にマイナーチェンジされた現行型と呼ばれるプロボックスは、商用バンのみのラインアップとなっています。使い勝手を重視したモデルは業務シーンで役立つ装備を兼ね備え、収納についても先代モデルを凌駕しています。搭載エンジンは1.3Lと1.5Lの2種類を用意し、1.5Lエンジン搭載車は2WDと4WDが選べます。最大の特徴は車内で仕事がしやすいように配慮された設計で、A4サイズのパソコンを置けるインパネテーブルや、スマートホンを置けるマルチフォルダーなど、営業マンの業務効率向上に一役買っています。

プロボックスのボディサイズ及び基本情報

■車名:プロボックス
■販売期間:2014年8月~
■ボディサイズ(mm):全長4,245×全幅1,690×全高1,525(4WD車は1,530)
■乗車定員:5名
■エンジン:1NR-FE型1.3L直4 DOHC、1NZ-FE型1.5L直4 DOHC
■駆動方式:FF、4WD(4WDは1.5Lエンジン搭載車のみ)
■変速機:CVT
■使用燃料:レギュラー
■最高出力:70~95KW(95~109PS)/6,000rpm
■最大トルク:121~136N・m(12.3~13.9kgf・m)/4,000~4,800rpm
■燃費(J08モード):15.8~18.2km/L
■最小回転半径:4.9m
■車両重量:1,090~1,170kg

toyota.jp プロボックスの公式ページです。カタログ情報の確認をはじめ、オーナーの皆様の評価の閲覧、見積りシミュレーション、他車比較シミュレーション、カタログ請求などができます。

プロボックスの新車価格

現行プロボックスは、4グレードの構成となっており、それぞれのグレードのメーカー希望小売価格は次の通りとなっています。オプション装備価格や乗り出し価格については販売店への見積り依頼が必要です。

■F(2WD):1,583,673円
■GL(1.5L 2WD):1,545,382円
■DXコンフォート(1.5L 4WD):1,688,727円
■DX(1.3L):1,317,600円
※価格は消費税込価格
※2016年8月現在

プロボックスの中古車情報

2002年の発売以来、非常に多くの台数が世の中に出回っており、それに伴い中古車市場でもかなりの台数が流通しています。商用としてはもちろんのこと、釣りなど趣味の車として購入されるケースも多々あり、中古車としての需要がとても高い車です。またヴィッツやカローラの部品も一部共用可能なのでドリフトやジムカーナといった競技用としての需要もあります。

・商用バン(中古市場価格帯):10万~145万円
・乗用ワゴン(中古市場価格帯):12万~108万円
*価格は消費税抜きの本体価格

全国のプロボックスバンの中古車情報(1〜30件)はGoo-net(グーネット)。価格・年式・走行距離からご希望の車を検索・見積りできます。中古車物件情報が30万台!全国のトヨタ(プロボックスバン)の中古車検索・見積りなら日本最大級の中古車情報サイトGoo-net!

全国のプロボックスワゴンの中古車情報(1〜30件)はGoo-net(グーネット)。価格・年式・走行距離からご希望の車を検索・見積りできます。中古車物件情報が30万台!全国のトヨタ(プロボックスワゴン)の中古車検索・見積りなら日本最大級の中古車情報サイトGoo-net!

プロボックスを競合車種と比較

商用バンとして知名度の高いプロボックスは、同じく商用バンとして競合する日産ADバン以外にもライバルが存在します。しかも最大のライバルは同じトヨタ内に存在します。ここではプロボックスのライバルと目されるカローラフィールダーとサクシードについて比較してみます。

カローラフィールダー(乗用ワゴンだが商用としても使いやすいオールラウンダー)

カローラフィールダーとプロボックスは部品等を一部共用しておりプラットフォームも共通となっています。乗用車として開発されているカローラフィールダーは、動力性能、乗り心地、装備品などがワンランク上となっており価格も高くなっています。ラゲッジスペースなどの収納性や積載性に関して言えば空間を最大限活用できるプロボックスが有利です。

サクシード(ほぼ同じ内外装の兄弟車)

一見見分けがつかないプロボックスとサクシードの違いは、外観上はリアに貼られた車名ステッカーのみとなっています。1.3Lエンジンに関しては現行モデルはプロボックスのみの設定で、サクシードは1.5Lエンジンのみとなります。2014年のマイナーチェンジでほぼ全ての項目で共通化されており、販売店の違いで値引き等が若干違う程度となります。

トヨタ プロボックスのまとめ

トヨタ自動車を代表する商用バンのプロボックスは、2002年の発売以来、一度もフルモデルチェンジをしていない長寿モデルです。にも関わらず営業車、業務用として高い需要を維持している人気車でもあります。営業シーンや配送シーンなどさまざまな仕事の場面に対応できるように改良を加えており、業務で使用する車としてはトップクラスの使い勝手を誇る商用車です。