ドレスアップ効果抜群のアルミホイール!

多くの方が交換を視野に入れるのがホイールです。デザイン性の高いアルミホイールは様々なメーカーからラインナップされています。ホイールの変更は車両の印象を大きく変えることができる重要なアイテムの一つです。おすすめホイールメーカーとスチールホイールの魅力も合わせて説明していきます。

アルミホイールって?

純正装備のホイール

純正装備のホイールの多くはスチールホイールです。多くの自動車に標準装備されているスチールホイールですが、造形美を追及されたデザインの車体にとって足を引っ張る存在になってしまいます。高級車にスチールホイールが装着されていると「スペアタイヤかな?」と勘違いしてしまう方も多いはずです。
車好きの方の多くが、納車の瞬間にアルミホイールの購入を考え始め、純正ホイールはスタッドレスとして使用されるか、処分されてしまいます。スチールホイールのデザイン性の改善策としてホイールキャップを装着したりとメーカーも工夫を重ねてきましたが、やはり車好きの目をごまかす事はできずにアルミホイールへの交換が視野に入れられてしまいます。
スチールホイールはデザイン性では劣るものの、決して粗悪なものではないということはご存知でしょうか? 確かに鉄は重量がありますが、重量があるからこそできるだけ軽量化されるようにデザイン設計されています。あの丸くくり抜かれた肉抜きのようなデザインも、軽さと強度を高いレベルで両立するためなのです。それに加えて、材料費などを考えますと製造コストが非常に安値ですむ事がメーカーにとってのメリットです。

メーカーもアルミホイールを販売!

多くの車好きユーザーがスチールホイールからアルミホイールへの交換を行う事をメーカーも理解して、最近では純正アルミホイールの販売も開始しているメーカーが多いです。高級車ですと標準装備がアルミホイールだったりなんて事は良くあります。しかし、軽自動車などの値段が魅力の自動車の多くはスチールホイールが標準装備になっており、必要に応じてアルミホイールをオプションで選ぶ事ができるようになっています。

アルミホイールを選ぶ理由!

どうして多くの方がアルミホイールへの交換を行うのでしょうか? その理由の一つとしまして、アルミホイールの多くは鋳造製法という製法を取り入れており、この鋳造製法のメリットである造形自由度の高さをフルに活用しています。その事でデザイン性の高いホイールというものが製造できるので、この点が大きな購買理由となっているようです。アルミ合金とスチールホイールの比重は約2~3倍鉄の方が重いとされています。ですので、同じ量の材料を使用して1本のホイールを作る場合、アルミホイールの方が圧倒的に軽く作れるのです。これが、車両には4本装着されますのでトータルで見ますと大幅な軽量化につながります。しかし、アルミ合金は鉄に比べますと衝撃に非常に弱い一面があり、大口径ホイールに低扁平タイヤを装着した自動車のリムが縁石に乗り上げた際に歪んでしまったなんてトラブルは良くあります。
ですので、アルミホイールは少しでも丈夫に作る必要があるので、材料や製造コスト共にかかってしまいます。結果的に丈夫さを追い求めた結果、インチサイズなどでは鉄ホイールよりも重量が重くなってしまったなんて事も少なくないです。
それでも、アルミホイールが選ばれる購買理由としてデザイン性を挙げたのもこの事が理由です。実際に、多くの方がホイール専門店に足を運んだ際に、重要視するところはデザイン性のようです。重量などを気にする方は、街乗りメインのユーザーではほとんど皆無で、一部の走り屋の方等は重量を意識して購入するといった具合です。

スチールホイールだって魅力はあります!

ここまでアルミホイールについて説明していると、「スチールホイールはダメなのか?」という印象を受けてしまいますが、そんな事はありません。スチールホイールには日本の技術が多く詰め込まれています。少しだけ、スチールホイールの魅力を説明させていただきます。
自動車メーカーが車両出荷の際に一番気を使うのが製造品質と言われています。特に日本で製造された国産メーカーは高い製造品質を売りにしていますので、最重要ポイントであるとも言えます。ホイール交換を考えた方は一度はホイールバランスという言葉を聞いた事があると思いますが、ホイールやタイヤって実は完全な円形ではないのです。ですので、タイヤ屋などで取り付けの際にバランサーにかけられ、バランスウエイトを貼り付けて振動発生を抑えます。このバランス取りが上手くできませんと、ハンドルがぶれたりといった事態が発生してしまいます。純正ホイールはこの真円性が最重要視され品質管理されています。理由としては、真円性が出ておらずに高速走行時などに発生してしまうジャダーによるクレーム回避です。アルミホイールよりも、数多くユーザーの手元に渡るスチールホイールなので、製造品質にばらつきがありますと莫大なクレーム対象になりリコールに繋がってしまうと言っても過言ではないです。スチールホイールはスタッドレス用や予備軍として車庫で眠っていたりする事が多いですが、実は妥協して作られたものではなく、デザイン性こそ劣りますが、品質では超高品質ホイールである事を頭の隅に置いといていただきたいです。

選択肢の幅は無限大!アルミホイールメーカー!

RAYS

「コンセプトイズレーシング」をコンセプトにホイールをラインナップしているレイズレーシング。レースで培われた勝利のテクノロジーを全てのホイールに投入しています。F-1やGT1世界選手権などの世界最高峰レースやあらゆるカテゴリ、ジャンルのレースに参戦しています。国内はもちろん、海外のレースにも積極的に参戦しているレイズレーシング。レースで培われた経験とノウハウを生かしたホイール作りを行っています。ホイールの開発現場は、コンピューター上と実地テストの境界線は0に近く、開発で鍵を握るのは経験値です。コンピューター上でのデーターはアップデートできても、実経験値をアップデートする事は経験なしでは不可能です。莫大な経験値と知識をメイドインジャパンの製造方法により、高い品質でのホイール製造を実現しているのがレイズです。
RAYSのアルミホイールにはVOLK RACING、VERSUS、 eins、Gram Lights、A/X、nismo、TRD、MAZDASPEED、STI、RALLIARTなどといった様々なブランドがあり全てのブランドにレイズのもつテクノロジーが注入されています。デザイン性も非常に高く、スポーツ、ラグジュアリー、VIP、スタンスまで様々なカスタムシーンにまで注目されているのが魅力です。

RAYSのホイール詳細はこちらでチェック!

BBS

BBSブランドは約40年の歴史あるメーカーです。車好きの間でスリーピースホイールといえばBBSとも言える実力派のホイールメーカーです。1970年代頃に日本でアルミ軽合金ホイールを一般化し始め、スチールホイールを次々へとアルミ軽合金ホイールに変化させた立役者とも言えます。当時は、オプションでBBS製アルミホイールを選択できる車両も多く存在していたのです。RSホイールは3ピースから2ピースへと進化し、発売から28年の時が経過していますが、一度もデザイン変更することなく多くのファンを持ち支えられています。時代の変化とともにデザインを大幅に変更していくメーカーが多いなか、デザイン変更なしで愛され続けているのがBBSです。デザインを変更しないことで、年数を重ねるごとに工芸品としての美しさを追求し続け、軽量化など年々微々たる箇所ですが進化を続けています。
BBSのアルミホイールにはRG-R、RS-GT、LM、RG-F、REなど様々ラインナップされていますが、デザインはどれも基本を忠実に抑えたホイールが多いです。ラインナップこそは他メーカーに比べますと少ないですが、どれもホイールへのこだわりと技術の追求を感じさせるので、憧れのホイールブランドとなっています。

BBS 自動車用鍛造アルミホイールメーカー

BBSホイールの詳細はこちらでチェック!

WORK

世界最高峰のレースから、ドッグファイトやストリートレースまでジャンルを問わずに様々なレースに参戦、スポンサーをしているWORK。WORKのホイールは非常に時代に合わせたデザインが特徴的で、流行のカスタムの最先端に常に存在しています。ホイール選びに差をつけるカスタムオーダーをいち早く取り入れた事でも有名で、年々細かな箇所までオーダーが可能になっています。最近ではオフセットオーダーもできるようになっており、リム幅にこだわるユーザーから絶大なる支持を得ています。他者との差をつけたい方や、サイズに徹底的にこだわりを見せたい方、ホイールとフェンダーアーチの造形美を演出したいユーザーに多く選ばれており「こだわる人のWORK」とも呼ばれています。
WORKにはEQUIP、REZAX、RYVER、SEEKER、EUROLINE、VS、TERMIST、WORK EMOTION CR kai、MEISTER、NEZART、VARIANZAなど様々なジャンルに人気のホイールがラインナップされており絶大な支持を得ています。各カスタムのジャンルの足元にWORKといってもいいほど、カスタム業界で注目されています。

アルミホイールメーカー株式会社ワークのWEBサイト。アルミホイール情報やアルミホイールのカスタマイズが可能なワークホイールカスタムオーダープランなど。

WORKのホイールの詳細はこちらでチェック!

ENKEI

古き良き日本の走り屋たちの足元を支えてきたENKEI。ストリートレースを繰り広げ、夜な夜な峠を攻めていた車の多くがENKEIホイールをセレクトしていたものです。誰もが踏み入れた事のない未知の世界へ挑戦し続ける事をコンセプトに掲げているENKEIはまさに挑戦の連続でコアなファンを獲得し続けています。
優れた技術力と止まる事のない研究で日々磨かれていくENKEIホイールの性能。この事がコアなファンの獲得に繋がっているといっても過言でないです。最近ではレースにも多く参戦しており、レースカーの足元を支えるホイールとして世界的にも有名になっています。

Aluminum Wheel Manufacturer:The ENKEI Wheels official website! 世界有数のアルミホイール製造メーカー:エンケイのオフィシャルサイト。アルミホイール情報、技術紹介、モータースポーツ情報、webマガジン、採用情報など

ENKEIホイールの詳細はこちらでチェック!

SSR

1982年の創業と同時に様々なサーキットの現場で活躍してきたタナベ。タナベのホイールブランドとして誕生したのがこのSSRです。SSRは長年培われてきた技術をフルに注入され、一切の妥協ないホイール作りが行われており非常に高いレベルでの開発、製造が行われています。
また、最近流行のスタンス系カスタムの現場では海外勢の多くがこのSSRホイールを装着しています。デザイン性の高さはもちろんですが、リムの美しさが最大の魅力のようです。他メーカーでは真似のできない技術力の高さで実現された、美しいホイール作り。歴史と流行がベストマッチしているのがSSRです。

SSRホイールの詳細はこちらから!

まとめ

実は海外メーカーも様々あります

アルミホイールはその造形の自由度の高さ、車両装着時のカスタム度の高さから、海外メーカーも多くアルミホイールを製造しています。海外メーカーの製造するホイールは殆どの場合がデザイン重視になっていますし、日本の自動車規格に合わずに装着の際に車体側の加工が必要になるといったケースが殆どですので、今回は紹介を控えさせていただきました。日本のメーカーにはない独創的なデザインのメーカーがとても多いので、是非気になる方は調べてみてください。一つ注意しなければいけない点が、輸入コストなどで非常に高額になてしまうケースが多いです。

足元を変えてドレスアップ!

様々なアルミホイールメーカーを紹介しました。やはりアルミホイールはデザインが変更する際の最大の理由です。足回りを変更する事で自動車のドレスアップ効果は非常に大きなものがあり、自動車の印象そのものを大きく様変わりしてくれます。そんなアルミホイールですが、各メーカーかなりのプライドをもって製造している事を理解していただけましたでしょうか?
デザイン変更なしで長年営んでいる老舗メーカーや、ストリートレース上がりの国内メーカーなど様々なメーカーが存在しています。アルミホイールは決して安い買い物ではありませんので、納得のアルミホイール選びの参考にしていただけましたら幸いです。
ただ、デザインに惹かれて適当に選ぶよりも、装着しているアルミホイールの歴史やメーカーの思入れを理解してセレクトするってなんだかカッコよくないですか?