【日産 ホーミー】懐かしい響きがするキャラバンの兄弟車

高度経済成長時代に開発されたホーミーはプリンス自動車工業が日産自動車に吸収された後も、日産の車として、キャラバンの兄弟車として1999年まで販売されていました。そんなホーミーをご紹介いたします。

日産ホーミーってどんな車?

ホーミーは、1965年に当時のプリンス自動車工業が製造、販売していたキャブオーバー型マイクロバスで、日産自動車と合併後は、日産が製造、販売する小型車枠のキャブオーバー型商用及び乗用車として名前が引き継がれ、1999年に名前は消滅しました。最終的に乗用モデルの大半は、ホーミーエルグランドに世代交代され、商用モデルも兄弟車のキャラバンへ統合されています。

沖縄県ではホーミーは販売されていない?

日産ホーミーは、沖縄県を除く日本全国で発売されていました。沖縄県で販売されていない理由としては、ホーミーという言葉が琉球方言で女性器を意味する「ホーミ」に通じるための配慮が挙げられます。沖縄県の日産系列店では、ホーミーの代わりにキャラバンが発売されていました。

兄弟車キャラバンとの違いについて

兄弟車でもある日産キャラバンとホーミーの違いは、商用車と乗用車の違いの他、販売系列店の違いや、フロントグリルのデザインやエンブレムなどの違いがあります。キャラバンは日産モーター店(ローレル販売会社)、ホーミーは日産プリンス店(スカイライン販売会社)での取り扱いでした。外観などハード面ではどちらの車も全く同一となっています。

日産ホーミーの歴史について

初代:B640・T20型(1965年-1976年)

1965年プリンス自動車工業より15人乗のマイクロバス、B640型「ホーミー」として発売されます。これは前年に発売された小型トラック「ホーマー」のバリエーションモデルである、ホーマーバンをバスとして乗用車風に仕上げたものです。

2代目: E20型(1976年-1980年)

1976年より発売されたモデルでホーマーの派生車種から一転し、1973年から発売されている初代キャラバンの兄弟車としての位置づけになります。初代ホーミーはバンのみのラインナップでしたが、この2代目からは乗用タイプも発売されています。

3代目: E23型(1980年-1986年)

1980年にキャラバンと同時にフルモデルチェンジし3代目に移行しました。ラジエーターグリルが格子状になっている点がキャラバンとの違いです。他の外観や仕様はキャラバンと同じで、搭載エンジンも同一のものが使われています。

4代目:E24型(1986年-1999年)

1986年にフルモデルチェンジされ、乗用タイプは「ホーミー・コーチ」、商用タイプは「ホーミー・バン」として乗用と商用の違いをネーミングで明確にしたモデルです。1995年にはいすゞ自動車へのOEM供給を開始しましたが、乗用タイプは1997年にホーミーエルグランドへ、商用タイプは1999年にキャラバンへ吸収され、4代目モデルでホーミーの名前は消滅しています。

最終モデル、4代目ホーミーコーチについて

1997年に発売された4代目モデルのホーミーコーチは、5ナンバーフルサイズの日産ハイクラスワンボックスの乗用タイプのワゴンです。10名定員で全長4,700ミリのロングモデルと8名定員で全長4,520ミリの標準モデルがあり、エンジンは2.7Lディーゼルターボエンジンを搭載し、新車価格で191万円からとなっていました。また最上級モデルのホーミーロイヤルは7名定員で421万円と高級車並みの価格で人気を博していました。

絶版車となった現在、ニッサンホーミーは4代目コーチを中心に使い勝手のよい車として意外にも需要が高く、中古車市場において人気となっています。

日産 ホーミーコーチのカタログ・スペック情報ならGoo-net(グーネット)。日産 ホーミーコーチのグレード・モデル一覧から簡単比較!写真やプロフィール、燃費、排気量等のスペック情報をご紹介。ホーミーコーチのカタログ情報は日本最大級の自動車情報サイトGoo-net!

今大人気のエルグランドの元はホーミー

1997年の発売以来、現在まで人気の車種でもあるエルグランドは、発売当初はホーミーエルグランドと名乗っていました。販売店の違いで冠名がついており、日産モーター店扱いがホーミーエルグランド、もう一方の日産プリンス店扱いがキャラバンエルグランドという名前でした。ホーミーとキャラバンはエンブレムの色で区別しており、沖縄ではキャラバンエルグランドのみ販売されていました。

そしてこのエルグランドは次期モデルからホーミーの名前が無くなり完全にホーミーは消滅しましたが、経緯をたどればホーミーの後継車はエルグランドだといえます。

日産ホーミーの中古情報について

1999年に廃止されてから15年以上の年月が経っているホーミー最終モデルですが、中古市場においては人気がある車のひとつです。キャラバンについては、以前は警察車両や道路公団の車両としてよく見かけましたが、ホーミーは普通に乗るだけでなくカスタムカーとしても一定の需要があります。また個人の趣味用だけでなく工事現場の送迎用など事業用としても重宝されているワゴンです。また日産のホームページでは、日産カウゾーによるホーミーコーチの買取査定も行っています。

中古車をお探しの方はこちら

日産ホーミーのまとめ

日産ホーミーは、50年以上も前に開発された、プリンス自動車工業製の乗用、商用バンです。プリンス自動車工業が日産自動車に吸収合併されてからは、日産の車名として長く使われてきた伝統ある名前です。現在ホーミーは絶版となっていますが、エルグランドやキャラバンがそのアイデンティティを継承しています。