【日野 リエッセ】小型バス分野の中核を担う日野の主力車種

日野 リエッセは、大型・中型バスが得意とする日野自動車の中では異質な小型バスで、そこには親会社でもあるトヨタ自動車の知恵と技術が投入されています。そんなリエッセについてご紹介いたします。

日野 リエッセってどんな車?

出典:http://103kei.yokochou.com/hinoliesse.html

日野リエッセとは1995年にデビューしたマイクロバス、中型・大型路線バスのモデルで、リエッセの名前の由来は、英語のリムジンとフランス語のコンテッセ(伯爵夫人)を組み合わせた造語です。マイクロバスの中では唯一RR方式の車で、より多くの定員確保やワンマン機器取り付けで有利であったため、コミュニティバスによく使われていました。

2004年までは日野自動車の親会社でもあるトヨタ自動車に対して「トヨタ・コースターR」という名前でOEM供給されており、マイクロバスとしては珍しく空気油圧複合式ブレーキ(A.O.H.ブレーキ)を採用していました。またリエッセシリーズの「リエッセII」は、1996年に「リエッセ」の後を継ぐ形でトヨタ自動車から「コースター」をOEM供給して日野ブランドとして販売されている小型バスです。

日野 リエッセIIの基本情報

1996年に販売開始された小型バスで、諸元やラインナップなどは「トヨタコースター」と同じです。コースターとの違いは車名表記の位置がコースターが後ろなのに対し、リエッセIIが前になっていることと、助手席セーフティウインドウ、リアガラスのHINOの表記のみとなっています。2011年の平成22年排ガス規制に伴うマイナーチェンジでは、日野が販売しているバスでトヨタからのOEM車では初となる「AIR LOOP」の名称を採用しています。

トヨタコースターとは?

日野自動車にOEM供給されているコースターはトヨタ自動車が製造するキャブオーバー型のマイクロバスで、1ナンバーやキャンピングカーなどの8ナンバーとしての登録も多い人気車で、テレビ局のロケバスとしても多く使用されています。日本国内で廃車された後は、途上国へ輸出されることが多い車で、海外では壊れない日本製品の代名詞としてトヨタ車が重宝されています。

toyota.jp コースターの公式ページです。カタログ情報の確認をはじめ、オーナーの皆様の評価の閲覧、見積りシミュレーション、他車比較シミュレーション、カタログ請求などができます。

リエッセIIの基本情報

■全長:6,255~6,990mm
■全幅:2,035mm
■全高:2,425~2,750mm
■ホイールベース:3,200~3,935mm
■最小回転半径:5.5~6.5m
■最大定員
・ロングボディ、標準ボディ:25~29名
・幼児仕様車:大人3名+幼児39~49名
■エンジン型式:N04C-VF、N04C-UP、1BZ-FPE(LPG)
■トランスミッション:5MT、6AT
■価格帯(税込):4,555,543円~8,389,029円


リエッセIIの位置付け

日野リエッセIIは、マイクロバス・小型バスのカテゴリーの車種でトヨタコースターや三菱ローザなどと競合する主力車種でもあります。同じ日野自動車には、大型観光バスの分野をカバーする「日野・セレガ」、中型観光バスの分野をカバーする「日野・メルファ」がありリエッセIIが小型バスの分野をカバーすることで、バス車両のほぼ全域をカバーできることになり、非常に重要な位置付けにあることがわかります。

リエッセIIの特徴

快適性を向上させる装備

・客席リクライニング機能(自由に角度調整可能)
・ハイバックシート(背もたれとヘッドレストを一体化)
・電動補助ステップ付スリーステップ(運転席でスイッチ操作可能)
・オートエアコン(車内くまなく空気を循環)

安全性を向上させる装備

・ELR付3点式シートベルト(運転席、助手席、客席)
・シートバッククッション&プロテクター(幼児専用車)
・ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)
・ハロゲンヘッドランプ(ヘッドランプレベリング機能)

環境性能を向上させる装備

・次世代ディーゼルエンジン(環境性能と力強い走り)
・排出ガス浄化スイッチ(触媒浄化用)
・4輪エアサスペンション(走行状況に合わせて車両姿勢をベストに保つ)
・前輪ダブルウイッシュボーン独立懸架(優れた走行安定性を実現)

日野リエッセの中古車情報

出典:http://microbus-rental.jn-trn.com/bus/liesse/liesse_47.html

日野リエッセ及びリエッセIIは、中古車市場においても一定の需要のある人気車種となっています。飲食店や企業の送迎用として、または室内を改造してキャンピングカーとして使う需要など、その用途は多岐にわたっています。ネットで情報を公開しているグー・ネットにおいては1999年(平成11年)モデルの198万円から2004年(平成16年)モデルの698万円まで、年式、グレード、装備などの違いはあるものの豊富に台数を取り揃えています。中には普通免許で運転が可能なカスタム仕様の中古車や、値段は相談可能なモデルもあります。

中古車をお探しの方はこちら

日野 リエッセのまとめ

日野リエッセは、現在はトヨタ自動車のOEM供給車「リエッセII」として日野自動車のバス事業の中核を担う車種として販売されています。環境性能や快適性に優れ、小型バス部門ではトヨタコースターととも販売台数の多い車種でもあります。今後もトヨタコースターのモデルチェンジとともに進化していくものと考えられます。