【三菱 フォルテ】アウトドアで大活躍! フォルテをご紹介

1980年代にはアウトドアブームも相まって人気を博したピックアップトラック。そのデザインと機能性から男性から始まり多くの人に親しまれてきました。今回はそんな中から三菱より販売されたフォルテの魅力を紹介します。

三菱 フォルテの基本情報

出典:http://www.geocities.jp/misamima88/p075.htm

その特徴と魅力

やっぱりその魅力はそのかっこいい見た目ですよね! 普通の乗用車と違ってワイルドで無骨な雰囲気。さらに、街中からアウトドアまで活躍するその機能性は日本だけでなく海外でも人気があります。家族で乗っても良し、サーフィンなど趣味使いも可能とプライベートから仕事使いもできることが特徴です。サイレントチェーン方式を採用した4WDシステムは後のパジェロでも使われており、ブームの走りとなりました。

カタログ情報

ボディタイプ:2ドアピックアップトラック
エンジン:4G32型 1.6L
駆動方式:FR/4WD
サスペンション:F・ダブルウィッシュボーン+コイルスプリング
        R・リーフスプリング+リジッドアクスル
全長:4,690mm
全幅:1,650mm
全高:1,560mm
ホイールベース:2,780mm

口コミや評価

「スタイリッシュなデザインとスポーティーな足回り」
総合評価:5
デンドロビウムさん(東京都)
乗り心地重視のサスペンションで、ゆったりとした乗り心地と安定感があります。ハイパフォーマンスのエンジンを搭載して、素晴らしい走りを実現しています。

出典:www.carsensor.net

「なんだかんだで安定のひとこと。おすすめですよ!一度乗ってみて」
総合評価:4
テリーさん(千葉県)
燃費も悪くなく、快適な走りが可能です。改造しても楽しめるかと思います

出典:www.carsensor.net

これらはあくまで口コミの一部ですが、やはり今回から搭載された4WDシステムは好評化のようですね。希望通りの乗り心地を実現しつつも、他にはないそのデザインにも満足されています。

フォルテの歴史

1978年に販売されたフォルテですが、この頃は北米でのピックアップへの人気がありました。そこで、三菱も通勤、通学からアウトドアまで利用できるフォルテを輸出し販売することになったようです。フォルテはイタリア語で「強い」を意味する言葉で、文字通り販売までに様々な耐久走行実験を繰り返しました。そして、それまでの三菱のジープなどの生産技術から独自に開発した直結型サイレントチューン付パートタイム式トランスファーを採用したことでパワーロスの解消が可能になり、技術を結集して作られたのです。

ピックアップトラックって?

出典:http://www.goo-net.com/car/MITSUBISHI/STRADA/S-K34T.html

皆さんも街中や映画などでも1度は目にしたことがあるのではないでしょうか。フォルテなどピックアップトラックとは自動車分類の1つとなっています。なんといっても特徴はその荷台。輸送効率を重視する日本では導入している企業は少ないですが、海外だと通勤通学からアウトドアと用途の広さから家族での利用されています。また、デザインなどもさることながら、その機能性から農作業での活用や商業的な利用も。その他軍事的な活用もあり、日本製のピックアップトラックはそのクオリティの高さや安全性への評価から改造して利用され、チャド内戦はトヨタ戦争と言われるほど。このように1台でさまざまな使い方があることがその特徴です。日本ではトヨタ、いすゞ、三菱が主要な生産企業として海外にも数多く輸出しています。近年はそのガソリン価格の定価からSUVの人気とともにアメリカではピックアップトラックの販売台数も上昇しているようです。

他にもいる三菱のピックアップトラック

出典:http://www.goo-net.com/car/MITSUBISHI/STRADA/S-K34T.html

ここではフォルテの魅力についてお話してきましたが、実は他にも三菱ではピックアップトラックを製造、販売しています。車名はストラーダといって、フォルテの後継車として日本では1991年から初代が販売され以降1999年まで続きました。乗車人数は5人まで可能であり、100Wのハイパワー4スピーカを積んでいたことで知られています。ワイルドな見た目とその使いやすさで家族を始めとして車好きに親しまれました。

名前は似ているけど全然違う【三菱 フォルティス】

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E8%8F%B1%E3%83%BB%E3%82%AE%E3%83%A3%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B9

フォルテとフォルティス。なんだか兄弟みたいな名前をしていて、どちらも三菱から販売されていますが、実はこの2台見た目も性能も全然違う車なんです。正式名称は「ギャランフォルティス」。しかし、この名前は日本だけでして、北米ではランサーという名前で販売されていました。その後ランサーを国内向けに販売したのがこちらです。当初は全高を低くするために作られたデザインやシンプルな内装から50から60代をターゲットに登場。機能としては衝突安全強化ボディを採用おしており、正面衝突をはじめ側面、後面など全方位への衝突への安全性を高めています。そのクールな外観は1度乗って街を走ってみたいと思わせる見た目です。

三菱 フォルテの中古車市場

出典:http://blogs.yahoo.co.jp/tiger0707jp/7613422.html

現在は日本での生産・販売はしていませんので、中古車市場で探すことになります。ただ、その中古車市場にもなかなか流通していないのがこのフォルテ。あまり見かけないということで、この車をみてアメ車と勘違いしてしまう方もいるほどです。もとは海外での販売が先ということもあり、ご購入を検討している方はアメリカの中古業者や並行輸入業者なども考えていだたくとよいのではないでしょうか。

まとめ

近年日本ではなかなか見かけることのない三菱 フォルテですが、そのピックアップトラックとしてのデザインやプライベートからアウトドアまで利用可能なその汎用性の高さは海外でも活躍していました。今では有名なあのパジェロもこのフォルテ4WDをSUV化したものです。1980年代のブームからまた再びアメリカ、日本で人気をだしているピックアップトラックの1つとしてぜひ考えてみてはいかがでしょうか。あのワイルドな見た目は他にはなかなかだせない魅力ですし、街中で走らせてみてください!