【三菱 ブラボー】かわいい外観に実用性たっぷりの秘密に迫ります

1980年代後半より、三菱から発売された長い歴史を刻むことになる「ブラボー」をご存知の方は多いかと思います。軽自動車というジャンルの中でとてもかわいらしい見た目に実用性に優れた荷室や内装は、多くの人たちにとって便利で利用シーンの多い車となって支えられています。

ブラボーの歴史を振り返る

三菱自動車のブラボーは、実物を確認するとすぐに「あぁこの車かぁ!」とわかるほど町並みに馴染む自動車ではないでしょうか。ブラボーは軽自動車の販売でも有名なスズキが製造しており、三菱が販売している軽自動車で類似車種の「三菱 ミニキャブ」の一般利用用途向けとして販売されていました。書面上の区分は貨物扱いとなっており、最大積載量200kgの4ナンバーとなっています。1989年の登場から1999年に一度生産は終了してしまうものの、2011年にミニキャブバンの上級グレードの位置づけとして名前が復活し2016年現在も軽バンの人気をけん引する形で販売が続けられています。

ブラボーのラインナップをご紹介

フロントグリルが特徴の「ルート66」

ブラボーは当時から注目を集め、じわじわと人気を集めていた車種でした。特に注目を集めたラインナップとしては軽がパワーを競い合っていた時代に投入されたパワーとフィーリングを意識して生産されたブラボーGTがあります。インタークーラーターボを搭載し軽バンとは思えぬような加速をもたらす切れの良い走りが魅力の一台です。また外装全面のグリル部に独特のデザインを採用したルート66と呼ばれるラインナップも登場し注目を集めた時期がありました。
今となっては生産終了してしまっているブラボーに関しては、希少価値も高く中古市場でもなかなか見かける事が少なくなっているのが事実です。もし、GTやルート66などの希少車種を見かけたら次にいつお目にかかれるかわかりませんので購入検討されている方は早めの決断が重要です。

姉妹車の存在もあります

出典:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/minicab_van/styling/

もともとスズキが製造していたという背景もあり、メーカーを跨ぐ形で姉妹車が存在しています。まずは三菱自社内でブラボーの商用モデルとして発売されていたミニキャブが代表的な姉妹車になります。最近ではスズキのエブリィなどもOMEの絡みがある関係で、事実上の姉妹車になっている状況です。

発売時のCMをチェック!

今ではなかなか見ることが出来ないとてもポップで賑やかな雰囲気のCMとなっています。

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/0JidFDz_czU" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

みなぎる楽しさ! あふれる才能! 初めてがぎっしり!
1991年発売当時のCM

ブラボーに乗ってみましょう

中古車の取り扱い状況は?

ブラボーはその幅広い利用用途のおかげもあり、中古市場はそこそこの台数が流通しております。現在現行で販売されているということもあり、以前に販売されていた懐かしの車両からピカピカの新古車なども存在しているので、予算や用途によってお気に入りの一台を探すことが出来るかと思います。

中古車をお探しの方はこちら

維持費で気になる燃費性能

ブラボーは軽バンというジャンルで活躍をしていますが、軽であってもやはり維持費はどうしてもかかってしまうものです。特に燃費に関してはどうしても欠かすことが出来ないチェック項目となっております。ブラボーユーザーが実際の燃費を投稿している口コミサイトなどを確認する限りでは10km/Lは軽く超える数値が出ており、軽バンとしては比較的標準的な燃費水準であると思われます。もちろん乗り方や運転方法で大きく左右されてしましますので、安定した安全運転をすることで燃費向上につなげるという方法もとても有効なのではないでしょうか。

ブラボーを自分色へカスタマイズ!

ミニキャブバン譲りの大きな荷室に使い勝手の良いスライドドアなど今でも通用するデザインを最大限活用して使い勝手を最大限にするカスタマイズをしてみましょう!

外装のオススメカスタマイズ

おしゃれは足元から!クールなホイールで足を引き締める!

外装でのオススメパーツはやはりホイールではないでしょうか。ブラボーは発売された年代やラインナップなどでホイールが12インチもしくは13インチとなっておりますのでご購入の際は必ず装着予定の車両のホイールサイズなどを確認するようにしましょう。

【サマータイヤ・ホイール】 【1本セット】13インチ BRIDGESTONE(ブリヂストン) NEXTRY(ネクストリー) 155/65R13 73S + BEST CLAIRE MD25 13インチ 4.0J 42 4H PCD100 メタリックダークグレー2015vedssm-000030

¥8,524

販売サイトへ

プライバシーは必須です

現在では当たり前になっている後部座席のプライバシーガラスですが、ブラボーが販売されていた全盛期にはあまりプライバシーガラスの重要性やニーズはあまりなかったものと思われ、施工されている車両も多くは無いようなので、もしプライバシーガラスが施工されていないようでしたら車内プライバシーや盗難防止の観点からもスモークフィルムなどのプライバシーを考慮したパーツの取り付け施工をオススメします。

ミラリード(MIRAREED) ウインドウフィルム スタンダードフィルム モーク 50cm×1.5m FS-13

¥490

販売サイトへ

荷室の広さを有効利用したカスタマイズ

出典:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/minicab_van/utility/uti_03.html

ブラボーの最大の魅力に一つはやはり大きな使い勝手の良い荷室ではないでしょうか。乗車限界の4人が乗ってもまだ荷物がしっかりと積み込むことが出来る広々室内空間を有効利用して荷室を大きく改造してみましょう。軽バンユーザーの中でトレンドになっている荷室改造の中でも、特に人気が高いのがやはり「棚を増設する」といった使い勝手の向上を狙ったパターンに人気が集まっているようです。両サイドに棚を置いてみたり、後部ハッチバックを開けた時に上下の二階建てにするなど様々なアイディアがあります。ブラボーもそうした荷室カスタムを十分に楽しむことが出来る車種なのかもしれません。

現在でも現役で活躍する軽バンのけん引役!

出典:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/minicab_van/styling/

1989年の登場から、一時期は名前が消え去ってしまった時期はあったものの再度復活ののち2016年現在でもブラボーの名前は現役で活躍しています。昨今では維持費や環境などに注目を置かれることが多くなってきているため、燃費や維持費に選択基準の重点が置かれるようになっています。その中でも軽ならではの10km/Lを余裕で超える低燃費に軽という税金の安い枠に収まるブラボーは現代のニーズに沿ったとても扱いやすい自動車なのです。もちろんこれからもブラボーに限らず様々な車種が販売されることになるかもしれませんが、長い歴史を持つブラボーの魅力を再確認して一度はオーナーになってみるのもありなのではないでしょうか。実用性の高い荷室に意外なほどパワフルなエンジンにもしかしたら虜になってしまうかもしれません。