ズーマーをカスタムしよう!初心やから中級者、そして販売店まで!

ホンダ・ズーマーは、ホンダから2001年に発売されたNプロジェクトの第2段で、若者を中心に愛されている原付です。その特異なデザインも人気なのですが、なんといっても素晴らしいのはその整備性の良さで、素人でも手を入れるのが難しくなく、それによってカスタムをするのも楽しみの一つとなっています。そこで、この記事ではその部分を中心に見ていきましょう!

ホンダ ズーマーはカスタムベースに大人気

ホンダのNプロジェクトの第2段として発売されたズーマーは、樹脂製のカウルがないといった所や、原付とはしては珍しいヘッドライトが2つ、機構そのものがデザインの一部となっているなどの特徴を持っており、通常のスクーターとは全く違うスタイルをしています。なので、そういったほかとは違う部分に興味を惹かれて若い人を中心に人気となりました。しかし、それ以外の部分でもズーマーは非常に人気になっており、元値が高いのもあわさって現在でも中古価格は一定の金額を維持しています。
では、なぜそれほど人気になっているのでしょうか? 答えはカスタムするのがとても簡単になっており、初心者から上級者までオリジナルのバイクを作るのに最適だからです。すでに書いたように機構がデザインに生かされているという特長がもう1つの魅力を持ったということで、そのシンプルな構造もあいまって、誰でもすぐにパーツの付け替えができるようになっています。まさにカスタムをするために生まれたような原付ですね!
それによって、市販のメーカーからもたくさんのパーツが販売されており、ドライバー1本だけで付け替えることができるものや、エンジンを改造するまで多種多様なものが用意され、さらに海外で販売されているパーツものあるので、その組み合わせはまさに無限大! オリジナルを作るのにもバイクカスタムの第一歩にも人気となっています。

Nプロジェクトってなに?

ズーマーはホンダNプロジェクトとして先に発売されたエイプ、後継機であるバイト、ソロ、PS250といった若者のライフスタイルに合わせてつくられたもので、デザイン面でも利便性でもいままでにないタイプのバイクになっており、それによって高い支持を得られました。では、そのNプロジェクトとは一体どういうものなのでしょうか?
2001年のバレンタインデーに発売されたエイプと同時に発表されたそのプロジェクトは、入社3年未満のエンジニアが過半数を占めるといった若手をメインに開発を進めていくというもので、従来のような排気量という枠に縛られない新しいものとしてニューまたはネイキッドとしてNの名前を付けられ、エイプやズーマーといった人気車種を生み出しました。まさに新しい市場を作った素晴らしいプロジェクトになります。
そうなると気になるのは後者のネイキッド(NAKED)の意味ですよね。英語で裸を意味するこの言葉はバイク業界ではカウルの付いていないバイクを意味しており、ホンダ・CB400スーパーフォアやドゥカティ・モンスター 696などがあげられます。また、ハーフカウルやビキニカウルといったものもそこにカテゴライズされることがありますし、よび方も各国様々でスタンダード(standard)あるいはロードスター(roadster)とよばれることがあり、非常にややこしいカテゴリです。
そこでNプロジェクトで発表された5車種を振り返ってみるといかがでしょうか? 見事にすべてカウルのないものかハーフカウルかビキニカウルとなっており、まさにネイキッドとなっています。

ズーマーのカスタム車両を販売している?

ズーマーのカスタムが非常に簡単なのは説明を詳しく読まなくても、その外観をみればなんとなくわかりますよね! カバーといったものが非常に少なくなっていますので、工具とやる気さえあれば誰でもすぐに取り掛かることができます。しかし、どれだけ簡単にカスタムすることができるといっても、折角それなりにお金をだしたバイクに手をいれるというのは中々心構えが必要ですよね! ハンドルやシートを変えるといったものならいいのですが、稼動部分を触るのはアクシデントを考えると手を出しづらいのではないでしょうか?
そこで、カスタム車両を販売しているところから購入してみるのはいかがでしょうか? ズーマーはカスタムしやすのが特徴ということで、すでに改造済みのものを見かけることが多く、インターネットなどでは個人で販売している人から、大手通販サイトなどでも取引されており簡単に見つけられるんです。そうなると自分で手を入れなくてもいいので安心ですね!
しかし、中には粗悪品や稼動しないものも含まれている可能性があり、届けられたら動かなかったなんていう可能性もありますので、注意が必要になります。とくに、個人相手の場合は逃げられてしまうと泣き寝入りになる可能性が高いので用心しましょう。

販売店もちゃんとあります!

いくらカスタムズーマーがインターネットなどで販売されているとしても、やはりその信頼性を考えると躊躇してしまうと思います。バイクというのは非常に繊細な部分があって、見た目が綺麗でちゃんと動いたとしても錆や汚れが溜まっていていきなりエンジンが止まるなんていう可能性もあります。また、ズーマーはとても人気のある車種となっていますので、偽造フレームを使ったものなども存在しますし、ネットで買うとなると写真では分かりづらい部分にフレームの歪みなどが出ていることが多いので、実際に触れて確かめないと分かりません。
そこで、カスタムズーマーを買うのなら、販売店で購入するのがおすすめになります。最近ではインターネットの発達のおかげで、GooBikeやバイクブロスといったサイトを使った販売店の検索が可能になりました。そういった所でなら住んでいる場所の近くや、状態、値段といった条件を付けられますので、ぜひ利用していきましょう!

GooBike

フルカスタムをオーダーメイドすることも可能!

基本的にはカスタムズーマーは、ボアアップによる排気量の増加や車高下げ、ハンドルやライトの換装というお手軽なものが主体になっており、見た目的としてそこまで変わったものはありません。しかし、中には大幅に手を加えられたものが存在しており、フルカスタムをオーダー販売している業者も存在していますので、自分で手を入れたくないけど変わったものが欲しい人はそういったところに依頼してみるのはいかがでしょうか?
業者によっては海外からも依頼され、もはや芸術品といっていいものを作っていますので、まさに世界に1つのズーマーを手に入れるのに最適です。
下部に日本でも有数のカスタム業者であるTOKYO PARTSさんのブログを貼っておきますので、フォトギャラリーなどでその出来映えを確認してみてください。

TOKYO PARTS

初心者でもできるズーマーのカスタム

ズーマーがなぜカスタムのベースとして人気となっているのかは、すでに書いたように構造の簡単さと機構をデザインの一部として外部に出していることによって、素人でもある程度の部分は工具一本で取り外しが可能になっているからです。今までのバイクではカウルを外し、フレームを外してといった作業をしなくてはならず、手間がかかりましたよね? しかしズーマーならシートにしてもハンドルにしてもすぐに取り外すことが可能ということで、こういった稼動に関係しない場所なら、全くの初心者でもカスタムできるんです。
もちろん、ボアアップなどの改造もある程度の知識があれば可能になっていますが、まずは簡単なところから自分色に染め上げていくということで、ヘッドライトにメッシュカバーを付けたり、オイルタンクのカバーを付けかける、積載量が少ないという欠点を克服するためリアボックスを付けるなどを行ってみましょう! もちろん、塗装に自身があるのなら簡単に取り外せるカウル部分を好きな色にするといったことも可能になります。
ただし、見た目部分の改造といっても車高を下げたりホイールベースを伸ばしたりするのには知識が必要になりますので、初心者には少し難しいかもしれません。ある程度の知識を得てから挑戦しましょう。また、いずれのカスタムもパーツが市販されていますので、自分で作る必要がなく簡単に入手が可能となっているのが嬉しいですね!

グリップ交換などのハンドル周りも簡単!

そしてズーマーの改造といえばバイクを運転する上でもっとも重要になるハンドル周りのカスタムが有名になっており、こちらも市販されているパーツがとても多く選び甲斐があります。では、なぜハンドルの改造が多くなっているのかといいますと、見てもらうと分かるのですが、ノーマルなものは幅が非常に広くなっているため原付の利点であるすり抜けが難しいんです。見た目のバランスとしてはある程度ハンドルが広がっている方がいいのですが、それで利便性が悪くなると困りますよね! なので、ハンドルの交換がとてもメジャーになりました。交換するのも工具一本で可能なので、ぜひチャレンジしてみましょう!
また、もう1つハンドル周りのカスタムで有名なのが、グリップの交換になります。ズーマーのハンドルグリップはとても質素でいかにも純正です! といった感じのものになっていますので、オシャレな見た目や握りやすいものに変えましょう。色が変わるだけでもイメージが大きく変わるのでおすすめです!

ズーマーをボアアップしてみよう

ズーマーは若者中心に人気となっているのですが、もちろん全てが優れているわけではなく、積載量が少ないという面とパワー不足はとても有名です。そうなるとそれらの欠点を解消するカスタムが必要になりますよね! 積載量が少ないという部分はリアボックスを付けることで改善できるのですが、パワー不足というのはエンジン周りを触わったりマフラーを交換することでしか解決できません。そこで、ある程度バイクの知識があるひとはボアアップを行って排気量をあげるカスタムを行います。もちろん、それによって必要な免許とナンバープレートの変更が必要になりますので、注意が必要になります。
では、ボアアップというのはどういうものなのかといいますと、エンジン内にあるシリンダーの内径(ボア)を拡大(アップ)することです。それによって吸気される混合気の量があがり、爆発力を増すことで排気量をアップさせることができ、加速力がアップすることになります。また、副産物的な意味ではスピードの制限や2段階左折をしなくてよくなりますので、運転が楽になるというの部分もメリットです。
初心者には少し難しいところもあるのですが、バイクの運転が楽しくなるのは間違いありませんので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか? また、こういった内部のカスタムもお金を払って業者に任せるという手段がありますので、ズーマーに乗っていて不満が出てきた場合の選択肢として考えておいてくださいね。

ボアアップキットがあるので、改造も簡単!

それでは実際にカスタムするとなるとどうすればいいのでしょうか? 金属の加工に関する知識がある場合には自分で内径を拡大するというのもありですが、いくらカスタムに自身があってもそこまではできないという人も多いですよね! そこで登場するのがボアアップキットというものになります。シリンダーやガスケット、パッキン等がセットでパッケージされているもので、説明書に書いてある通りにエンジンをばらしてノーマルのパーツと入れ替えるだけでボアアップが可能です。これなら工具さえあれば駆動周りのカスタムが初でもなんとかなりそうですね!
1つ注意点としてこれだけでももちろん排気量はアップするのですが、マフラーなどを交換したり細かい調整を行うなどをしなければ、ちゃんとした結果は出せませんし、エンジンというのは最適な状態で作られていますので、内径をかえて爆発力を上げるというのはそれだけ寿命を縮めることになります。そうなると保証が効きませんので、それを忘れないようにしてください。

ズーマーのエンジン載せ替え

出典:http://blogs.yahoo.co.jp/hiro00610/14362984.html

つづいてボアアップ以外でのパワーアップカスタムとして有名なエンジンの載せかえについても見ていきましょう! こちらもズーマーの改造としては有名なもので、非力な4サイクルエンジンを違うものにかえることで最高速と加速をあげることになります。上で紹介したボアアップよりも複雑な手順が必要になり、載せかえるエンジンを入手しないといけないので、かなり難易度があがってしまいますが、腕に自信があるのなら、ぜひチャレンジしてみましょう!
では、どういった手順が必要になるのかといいますと、まずはエンジンを外すところから始まります。この作業は駆動系のメインとなるものを交換するということで、それに接続されている必要な部分を外したり、場合によってはフレームを改造する必要があります。そして新しいものに載せかえると、先ほど外した部分を元に戻して完了となります。とっても簡単! とは言えず、相当の覚悟と根性が必要になりますので、素人には少し難しいかもしれませんね。
もちろん、このカスタムについても業者に依頼することが可能になりますので、腕に自信がない場合には頼ってしまいましょう。また、これをすることで必要な免許が変わったり、ナンバープレートを新しくする必要がありますので注意しておいください。

交換費用はどれくらいになる?

それではもし、自分の腕がまだまだ足りずに業者に頼む場合にはどれくらいかかるのでしょうか? 一般的にはエンジンの費用が30,000~50,000円で、工事費用が10,000円から30,000円程度といわれていますので、結構かかってしまいますよね! また、この値段は使うエンジンや業者によって大きく異なりますので、だいたい100,000円程度を見込んでおくのが良いかもしれません。こうなると、中古で原付が買えてしまいますので、余程ズーマーに愛着がない限りは少し考える必要がありますよね。

最適なのはヤマハのシグナスエンジン?

それでは最後にもしエンジンを載せかえるとすればどんなエンジンが良いのでしょうか? ズーマーの純正エンジンは4ストロークということでパワー不足感が否めず、それを改善するためのカスタムということになると、やはり2ストロークのエンジンを使うのが一般的です。そうなるといろいろ候補にあがってきますよね。さらに言ってしまえば無理をしてもいいなら、ある程度のサイズのものならどれだって構いませんので、選択の幅はまさに無限大になり、非常に悩ましい限りです。
そうなると、一般的にはどんなエンジンを使うことが多いのかが気になりますよね。そこでズーマーのエンジンを載せかえるのにもっとも使われているものをみると、アドレスV125が多くなっており、作例も存在しています。それを頼りにすれば素人でもそれなりにはできるので、カスタムするのに良いかもしれません。
しかし、その場合になるとワンオフのエンジンになるため値段的に厳しくなり、自分で載せ変えるにしても負担がかかりますよね。では、値段が安く済むものである程度のパワーがあるものといえば、やはりヤマハのシグナスXが最適となります。流通量が多く、ネットにおいてたくさんの前例を見ることができるのも嬉しい要素ですね。いずれにしてもある程度の知識は必要になりますので、載せかえを行う際には事前に知識をいれておきましょう!

ズーマのカスタム中古車両はある?

ズーマーはカスタムが簡単というのが決まり文句のようになっていますが、実際にカスタムするとなるとやはり難しい部分も存在します。そうなると、プロに任せるかカスタムされたものを買うという選択肢しかなく、いずれも値段という面ではある程度の金銭的負担を考えなれければなりません。パーツ代や手間賃などを考えると仕方がないですよね。しかし、それでもより安く手にいれたいのが人情ということで、中古車として改造されたズーマーを買うというのはいかがでしょうか?
幸いにもズーマーの中古車は多数存在していますし、すでに改造されているものだって出品されているんです。例として上で紹介してる写真のものならすでにエンジンを4サイクルのものにしてありますし、マフラーも換装されているため、すでにパワー不足は解消済み! 買ってすぐに満足できる走りが得られますので、カスタムは必要ありません。ほかにもホイールベースを伸ばしたものや、車高を下げたものなどが売られていますので、中古でも気にしない人はチェックしてみましょう!

楽天市場

まんまるヘッドライトが2つという印象的な顔を持つズーマー。ストリート向けの原付スクーターですが、ブロックタイヤを装着し、おしゃれ度も高く若者を中心に人気のモデルとなっています。今回はそんなズーマーの中古車価格や、購入時の注意点などをご紹介します。

ズーマーのカスタムパーツをご紹介

ズーマーはカスタムしやすいということで、多種多様なカスタムパーツが専門店やバイク販売店にたくさん並んでいるところも魅力的です。ネット通販のサイトでは色んな商品が並んでおり、見るだけで楽しくなりますよね! また、中古のエンジンを売っていたりすることもありますので、使用しているズーマーのエンジンが壊れてしまった場合はすぐに修理も可能! さらに専門店ならばその品質を心配する必要がなく、素晴らしいものを手に入れることができますので、下記のリンクから覗きにいってみてください。
しかし、いくらパーツが豊富といわれても、実際にどんなものがあるのかを見てみないと、中々想像は付かないと思いますので、ここからズーマーのカスタムパーツをいくつか見ていきましょう!

リンパーツ ゼロカスタム

ヘッドライトガードをつけるだけで印象が変わります!

HONDA ズーマー ZOOMER カスタム ヘッドライトガード ストーンガード ヘッドライトカバー メッシュタイプ

¥1,040

販売サイトへ

まずズーマーで最も印象的なのは、2つついたヘッドライトではないでしょうか? ネイキッドプロジェクトというだけあってカウルが存在しないために、非常に目立っています。ということは、そこへ少し手を入れるだけでも大幅にイメージチェンジが可能になり、オリジナルの第一歩として最適ですよね! なので、1番目のカスタムパーツとしてヘッドライトガードをおすすめしたいと思います。
名前の通りヘッドライトを対向車がはねた石などから守るというもので、ズーマーのカスタムではもっともよく見かけるものになっており、値段も安く取り付けも簡単。手始めにこれでカスタムしてみましょう。

ガソリンタンクをオシャレにしよう!ガソリンタンクカバー

KEIOPARTS(ケイオウパーツ)ズーマー用 カーボン柄 ガソリンタンクカバー ZMKB

¥3,614

販売サイトへ

ズーマーのオイルタンクは普段足を乗せている部分にあり、それによって汚れが付着しやすくなっていますが、純正のものはゴム製となっているため汚れがこびりつくと中々綺麗にはできません。乗り始めは丁寧に掃除するかもしれませんが、乗る時間が増えるにつれ汚れたままになってしまい、気付けば取り返しが付かないということがあります。しかし、自分の愛車が汚いままというのは嬉しくないと思うので、ガソリンタンクカバーを交換してみましょう!
KEIOPARTSのガソリンタンクカバーはカーボン柄ということで、足元がオシャレに見えますし、ズーマーらしく取り付けも簡単になっているので、おすすめです!

カスタムシートカバーで座り心地を改善!

デイトナ(DAYTONA) カスタムシートカバー ディンプルメッシュブラック 64188

¥4,415

販売サイトへ

次におすすめとなるのが、実用的なもとしてカスタムシートカバーになります。バイクというものは車と同じで座って操作するものなので、お尻への負担が少なからず存在しており、下手なものを使うと痔などのトラブルを抱えなければなりませんし、ものによっては非常に疲れますよね。幸い純正のシートは座り心地が悪くないので、人によってはそのまま使っていけるのですが、カスタムするからにはしっかり交換しておきましょう!
今回紹介しているデイトナのカスタムシートは座り心地だけではなく見た目もかなり素敵ですし、値段もかなり安いので、ぜひカスタムに使ってみてください。

積載量アップにシートフレームネット

キジマ(Kijima) シートフレームネット グラック ズーマー ノーマル用 208-056

¥3,681

販売サイトへ

ズーマー最大の弱点はパワー不足と積載量のなさになります。前者の部分はボアアップやエンジンの載せかえという難易度の高いカスタムになるのですが、後者のものなら手軽に改善することができます。その手法としては車体の後部や前部にストレージやボックス、カゴなどをつけるものなどになるのですが、いまいちかっこよくありませんよね。そこでシートフレームのサイドにカバーをつけることで、小さな収納を作ってみましょう。
キジマのシートフレームネットなら取り付けも簡単ですし、見た目も悪くありません。ただし、ヘルメットなどは入らず、あくまで小物入れ程度になりますが、それでもあるだけで随分違いますので、見た目重視のカスタムならおすすめです!

ズーマーをカスタムするブログもチェック

それでは最後にカスタムの参考にするためにズーマーカスタムを記事にしているいくつかのブログを貼っておきますので、目を通してみてください。いずれも細かい写真を載せてくれていますので、もしカスタムを始めるなら勉強になりますし、カスタムセンスを磨くといいった面でも最適です。事前勉強ということで買う前の参考にもいいかもしれませんね! 

ぼくとズーマーとカスタム地獄 ズーマーいじりブログ ZOOMERカスタム ちょっと本気出してみた。

まとめ

ズーマーのカスタムについてはいかがでしたか? 簡単なものから複雑なものまで多種多様にわたってカスタムが存在していますので、手を入れるのがとても楽しそうですよね! 値段は通常の原付よりも割高になりますが、それを補うほどの魅力がカスタムズーマーにはありますので、これを機会に1台購入して改造してみてはいかがでしょうか?

ホンダのN(ネイキッド)プロジェクトから生まれたズーマー(ZOOMER)は、その変わったスタイルとカスタムのしやすさから若者の間で絶大な支持を受けており、街中で走っているのをよく見かけます。バイクにこだわりのある人もそうでない人も、手軽さと便利さ、自由度の高さといった点で要注目となっていますので、その魅力に迫ってみましょう。