【ヤマハ マグザム】近未来を感じさせる低すぎるシルエットが魅力!カスタムも大人気

足つきのいいビッグスクーターといえばヤマハ マグザムでしょう。インパクトのある低い車体に衝撃を受けた人も多いはずです。今回はそんなマグザムの魅力をイチから知っていただける内容といなっています。ノーマルの魅力とカスタムについてなどなど、気になる方はどうぞチェックしてくださいね!

ヤマハ マグザムとはどんなバイクか?

ローアンドロング! ビッグスクーターには珍しい低いシート高

2005年に販売開始された250ccスクーターのマグザム。同年に実施された高速道路の2人乗り解禁、AT限定自動二輪免許の登場などに合わせた新感覚のバイクです。その特徴はなんといってもローアンドロングのスタイルでしょう。シート高は655mmとアメリカンクルーザー並の低さです。一般的なビッグスクーター、例えば同社のマジェスティ250のシート高は700mmと、45mmの差があります。

シート幅が広くなりがちなビッグスクーターでは足つき性が悪いと感じるユーザーも多くいますが、マグザムならその心配は必要ありません。小柄な人でもべったり地面に足を着けるので安心です。

2人乗りを重視した設計

出典:http://www.yamaha-motor.co.jp/mc/scooter/maxam/feature.html

一般的なバイクは1人乗り時の重心位置と、2人乗り時の重心位置が大きく変わってしまい、ハンドリングなどに悪影響を及ぼします。2人乗りを初めて経験した人ならその操作性の違いに戸惑ったこともあるでしょう。しかしマグザムのシートポジションは、1人乗りでも、2人乗りでも重心位置がなるべく変わらないように設計されています。

そのため、特に2人乗りでのライディングがよりスムーズにおこなえるでしょう。これは高速道路の2人乗り解禁に向けたマグザムこだわりの部分と捉えることができます。

高性能エンジンで高速移動も楽々!

マグザムに搭載されるエンジンは250cc、水冷4ストロークDOHC4バルブエンジンです。最高出力は20PS/7,500rpm。それまでのビッグスクーターでは苦手だった高速道路の巡航も安心できます。スクーターの設計上、スピードを上げるとエンジン回転数が上がり、真夏など気温の暑い状況下では、最悪はオーバーヒート、そうならなくてもエンジン温度の上昇が気になりスピードを下げるしかないなど、気を遣ったり、それが原因でツーリングの予定がうまく運ばないこともありました。

このマグザムはそのような心配もなく、スムーズに高速道路を巡航できるので、長距離ツーリングをおこなうライダーにもおすすめです。

低さを強調するようなデザインのテールランプ

出典:http://www.yamaha-motor.co.jp/mc/scooter/maxam/feature.html

LEDを採用した一直線の並んだテールランプはマグザムのトレードマークといってもいいでしょう。視認性もよく、キラキラと輝くようなレンズカットが秀逸ですね。

見やすいデジタルメーター

出典:http://www.yamaha-motor.co.jp/mc/scooter/maxam/feature.html

メーターは情報を把握しやすく視認性の良いデジタルメーターです。スピード、タコメーター、フューエル、オド、トリップ、そして時計機能が表示されます。各インジゲーターも見やすく、そして格好いいので走っていて飽きないデザインといえるでしょう。

小物入れやトランクも充実

出典:http://www.yamaha-motor.co.jp/mc/scooter/maxam/feature.html

このマグザムはフロント部分に便利なグローブボックスを標準装備しています。大きさもあるのでスマホ、ペットボトル、財布など、いくつか収納できるのでたいへん重宝するでしょう。ちゃんと鍵が付いているのでセキュリティもバッチリ!

出典:http://www.yamaha-motor.co.jp/mc/scooter/maxam/feature.html

リアのトランクはリュックなども収納可能となっています。2人乗りするときに、ライダーがリュックを背負っていると後部座席の人に邪魔になってしまいますが、これなら安心ですね。また、このトランクがあることで買い物などもある程度できるでしょう。収納がないと生活の足として使うには難しくなってしまいますが、これに加えてメットインもあるので問題なさそうです。

出典:http://www.yamaha-motor.co.jp/mc/scooter/maxam/feature.html

メットインはこのようになっています。シート高が低く設計されたマグザムですが、ちゃんとスペースが確保されていることがお分かりいただけるでしょう。このように標準で3ヵ所に収納があります。もちろん、ここから手を加えることでリアボックスなどの装着も可能です。

ブレーキレバーは調整式、パーキングブレーキも搭載されている

出典:http://www.yamaha-motor.co.jp/mc/scooter/maxam/feature.html

ブレーキレバーは5段階調整式となっています。そのため手の小さい人でも操作しやすい位置に調整可能です。一般的にはレバー調整したい場合は、社外品のブレーキレバーに交換する必要がありましたが、マグザムでは純正でこの機能があるのでお得ですね。

また、パーキングブレーキも搭載されているので、長い信号待ちや、坂道に駐車するときなどブレーキロックできるので楽に操作できます。

セキュリティーもバッチリ!

出典:http://www.yamaha-motor.co.jp/mc/scooter/maxam/feature.html

セキュリティは、リモコンキーシャッターを採用しています。これはリモコンキーでシャッターの開閉をし、しかもアンサーバック機能まで付いており贅沢な気分が味わえるでしょう。夜間はキーホールイルミネーションがあるので、鍵穴も見やすくなっています。

出典:http://www.yamaha-motor.co.jp/mc/scooter/maxam/feature.html

リモコンキーを使うだけで気分が盛り上がりそうですね。

ヤマハ マグザムのスペック

エンジン:水冷 4ストローク DOHC 4バルブ 249cc
最高出力:15kW(20PS)/7,500/rpm
最大トルク:22N・m(2.2kgf・m)/5,500/rpm
全長:2,365mm
全幅:820mm
全高:1,060mm
シート高:655mm
車両重量:201kg
始動方式:セルフ式
燃料タンク容量:14L
燃料供給方式:フューエルインジェクション
変速方法:オートマチック
フロントタイヤサイズ:120/70-13M/C 53P
リアタイヤサイズ:130/70-13M/C 63P

ヤマハ マグザムの新車価格は?

マグザムの新車価格は70万2,000円となっています

車両価格:49万7,900円(消費税込)この車両が最安値となっていました。とてもお値打ち価格となっていることがわかります。

新車購入の方にお得な情報です。新車価格は70万2,000円ですが、マグザムを新車で扱う個人店などでは、台数限定や時期限定の新車販売キャンペーンなどおこなっていることもあります。そのようなお店では定価よりもお値打価格となっていることがあるので見逃さないようにしましょう。中古車情報サイトから、検索条件を「新車」に設定すればいくつかヒットするはずなので、お試しください。

ヤマハ マグザムのカスタムが大人気

ノーマルでもクールなデザインのマグザム。カスタムビルダーが黙っているわけありません! 発売当初からマグザムの魅力を引き出すドレスアップが大流行しています。

マグザムのマフラーを交換!

純正マフラーは静寂性に優れ、エンジンの出力特性を引き出すのに最適な設計をしています。しかし、音が小さくて物足りない! なんて人にはマフラー交換がおすすめです。とりあえずマグザムを手に入れたらマフラー交換しようと考えている人も多いはず。

ビームス(BEAMS) フルエキゾーストマフラー マフラー SS400ソニック B213-10-000

¥25,422

販売サイトへ

マグザムはカスタムされることが多いので、マフラーのバリエーションも豊富で、各メーカーからさまざままデザインのものが販売されています。音の大きさや質もそれぞれ違いがあり、気になるマフラーがあれば動画サイトなどで「マグザム+メーカー名」で検索してみてください。きっと参考になる動画があるはずです。

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/Da_zrmsPyYw" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

ビームスのSS400ソニックはこの動画を参考にしてください。適度な音量で、マイルドな音質であることがわかります。

社外マフラーへ交換するときの注意点は「音量」と「性能」です。規制範囲を越えた音量に関してはいわずもがな、世間から嫌われてしまいますし、整備不良となります。マフラーのカタログに音量なども公表されていると思うので、それを基準にしてください。性能については、最近のマフラーは純正と同じくらいの特性のものが多いのですが、モデルによってはセッティングが必要になったりするので注意しましょう。その場合、マフラーを交換したけれどそのままでは走れず、FIまたは駆動系(ウエイトローローなど)のセッティングが必須となるはずです。マフラー購入前に、必ずセッティングの有無を確認しましょう。

マグザムのローダウン方法!

かるーくカスタムしようかな、と考えている人にはあまり関係のない話ですが、ド派手に乗りこなしたいマグザムオーナーなら低い車体を生かしてもっと車高を下げたい気持ちがあると思います。マグザムのカスタム車などを見ると、多くの車体がローダウンされており、マグザムでは大人気のカスタムと方法といえるでしょう。ではどのような方法でローダウンしているのかをご紹介します。

ウイルズウィン(WirusWin) ローダウンフロントフォークスプリング マグザム(MAXAM)

¥5,130

販売サイトへ

フロントはフロントフォーク内のスプリングを短いものに交換することで、ローダウンが可能です。フロントフォークをバラし、スプリング交換するのですが、リアに比べて作業工程も多く、必要となる工具、作業の難易度からしてバイク屋さんに作業依頼することになると思います。これもリア同様、純正に対して何センチのローダウンであるか表記しているので、それを基準に選びましょう。

バイクは構造上、車高が下がるとコーナリングしにくくなります。ローダウンするということはドレスアップのために性能を犠牲にするということです。これは車高を下げると最低地上高が低くなり、バンク角が稼げなくなります。よって低ければ低いほど曲がらなくなってしまうので注意しましょう。ヘアピンカーブなど、曲がれなくなることもあるので、そのリスクを理解してからローダウンしてください。

WirusWinマグザム ローダウンリアショック 35mmダウン

¥9,234

販売サイトへ

次に、リアサスペンションを交換する方法です。フロントに比べリアはこのサスペンションを交換するだけなので初心者さんでもその気になればDIYできるでしょう。マグザムのリアサスペンションには純正より「○○センチダウン」と記載されているので、これを基準にサスペンションを選ぶといいです。サスペンション選びのポイントは、「硬さ」となります。

2人乗りする人は、硬めのサスペンションを選びましょう。これは、ローダウンすることで車高が下がり、車体と地面の距離が近くなっており、接触しやすくなることに加え、2人乗りした時に沈み込みやすくなるので、地面とのヒット確率も多くなるからです。サスペンションが硬ければその分。沈み込みも抑えられる、という理由になります。

さらにマグザムは車高を下げるとエンジンが地面に近づくので、異物が当たったり、何度も擦ってしまうことでエンジン破損に繋がることもあるので注意してください。

マグザムのさらなる足つき性とドレスアップを求めてシート交換

一般的にはシート交換をする目的は、足つき性の向上を狙って薄いシートにすること、ドレスアップ効果を狙うことの2つあると思いますが、マグザムの場合は、「低さの演出」「低さのアピール」も兼ねています。ノーマルでも十分といっていい程低いシート高ですからそもそもシート高を利便性のために下げる必要はないからです。

HEAVEN'S(ヘブンズ)バイク シート スクーターシート バイクシートカバーマグザム プレミアム

¥35,154

販売サイトへ

こちらの商品のようなローダウンシートにするとなんとシート高が625mmになる計算です。地面からおよそ63cmの位置にお尻があるのでとても低いことがわかります。さらに車高を下げているマグザムならかなりの低いポジションです。こんな低い姿勢で運転する車種もかなり限られています。

しかもビッグスクーターとなると圧倒的な低さです。マグザムの個性をさらに引き出すためにこのようなシートがカスタムの定番となっています。デザインも各メーカーごとに用意されているので、好みのものをチョイスしましょう。ローダウンシートの注意点としては、クッションが薄くなるのでお尻が痛くなりやすく、長時間のライディングには向かない特性があります。走行時間の長い人にはおすすめしません。

また、シートの材質によっては滑りやすくなったり、製法によっては雨の日など縫い目からシート内部に水が侵入し、座るとお尻に水がジュワッと溢れ出すことがあるので、商品のレビューなどがあればそれを参考にしましょう。

シートダンパー 2本セット

¥1,080

販売サイトへ

シート交換時に、シートダンパーの取り付けもおすすめです。ダンパー化すること、メットインを開けると自動でフワッと開きます。利便性もアップしますし、シートの跳ね上がった状態が格好よく見えたりもするのでおすすめです。

マグザムの光モノカスタム

灯火類をカスタムしたり、LEDテープなどを装着することで、昼と夜のマグザムの印象を変えることができます。例えボディカラーが大人しくても、夜間はド派手に目立つこともでき、その違いを楽しむのもドレスアップの醍醐味でしょう。カスタムパーツの豊富なマグザムでは純正と交換するだけでOKのデザインの社外ヘッドライトキットが販売されているのでご紹介します。

ヤマハ MAXAM マグザム(SG17J/SG21J) プロジェクター仕様 ヘッドライト (P白)

¥18,310

販売サイトへ

プロジェクターとLEDポジションランプ仕様の社外ヘッドライトです。作業としてはフロントパネルを分解して交換するだけです。難易度としてはそれほど難しくありませんが、時間がかかると思います。社外ヘッドライト選びでの注意点は、ものによってはライトの明かりが暗くなってしまうことがあるようです。

ファッション性を重視し過ぎて、肝心のヘッドライトととしての性能がイマイチなタイプもあるので注意しましょう。失敗しないためには商品レビューを参考にしたり、メーカーに問い合わせてもいいでしょう。

マグザム SG17J SG21J LEDテールランプ リア LEDウインカー セット

¥15,780

販売サイトへ

社外LEDテールランプへのカスタムもマグザムでは定番となっています。ヘッドライトとテールランプを社外品にカスタムするだけで夜間の印象がガラっと変わるので、満足度も得られることでしょう。

Smile Panda プロ仕様 強力粘着両面テープ 12V LEDテープ SMD 3528 600連 5m 緑 グリーン 黒ベース 正面発光 ハンダ付不要 両端配線済防水 IP65 切断可能

¥1,880

販売サイトへ

プラスとマイナスから電源を取り、貼り付けるだけと、装着がかんたんなLEDテープは人気のカスタムです。アンダーネオン、間接照明として使用されることが定番となっています。また、縁取りをLEDで光らせることで近未来的な演出も可能です。注意点としては、赤、黄色は使用してはいけません。ウインカーやテールランプと混同してしてしまうことから整備不良となるので注意しましょう。

マグザムで音楽を楽しむカスタム!

マグザムにスピーカーを取り付け音楽を鳴らすカスタムも定番となっています。これまで一般的だった方法は、オーディオを取り付けスピーカーで鳴らす、というものでしたが、最近ではオーディオを使用せず、小型のアンプを取り付け、音源はスマホなどのポータブル機器とするので、作業もとってもかんたんになりました。

MASSIVE BIKINIオリジナル 【 バイク 小型 アンプ オーディオ セット SP 】 爆音 iPhone スマホ対応 2チャンネル 300W アンプ バイク iPhone スマホ 対応 USB 充電 マジェスティ フォルツァ フュージョン マグザム スカイウェーブ 原付 ディオ ジョグ

¥9,500

販売サイトへ

このようなスピーカー、アンプセットがお手頃価格で販売されております。アンプはとても小型なので、グローブボックス内に両面テープで貼り付けるだけでOKです。マグザムに使用するスピーカーは防水タイプが基本となっています。一般的な家庭用や自動車用は水気に弱いのでバイクでは使用できません。

ヤマハ MAXAM マグザム用 (シルバーメッキ) スピーカーボックス

¥13,370

販売サイトへ

スピーカーはボディに直接穴を開けて取り付けるか、このようなスピーカーボックスを設置し取り付けます。スピーカーボックスを装着した方がスピーカーの鳴りが良いのでおすすめです。

マグザムの純正パーツは買える?

修理やメンテナンス、カスタムのときになにかと必要となる純正パーツ。意外にその入手方法を知らない人も多いのでご紹介します。

パーツカタログでパーツを探そう

純正パーツを手に入れるためのステップとして、必要なパーツの品番を知る必要があります。「マグザムの○○に付いているこんな形のパーツが欲しい……」といっても年式が違うと採用されているパーツが違う可能性もありますし、注文時に誤解を招くおそれがあるので必ず品番で注文することが鉄則です。

ではパーツの品番を知る方法ですが、下記にヤマハ公式のパーツ検索サイトのリンクを貼っています。ここから対象のマグザムの年式や型式、または車体番号からパーツリストを展開しましょう。

部品情報検索(パーツカタログ),[部品情報検索,パーツカタログ ]

対象のパーツをクリック

Photo by yorozuyaworks

パーツリスト、ようするに展開図となっています。例えばフロントディスクブレーキの品番が知りたければ、フロント部分のパーツ群を探し、ディスクブレーキ(1の数字)をクリックします。

Photo by yorozuyaworks

するとこのように部品番号が表示され、在庫の有無や値段までも知ることができます。部品番号がわかればヤマハの取扱店やバイクのパーツ用品店などで注文が可能です。ちなみにインターネット通販で純正パーツを手に入れるなら、下記のWebikeから注文できます。

ホンダ・ヤマハ、スズキ、カワサキの純正部品の他、ハーレーダビットソン、BMW、カジバ、ハスクバーナの純正部品を通販で購入出来るWebike【ウェビック】のバイクメーカー純正部品

アプリでも部品番号を検索可能

下記のリンクからiOS版、Android版のヤマハパーツリストアプリをゲットできます。パーツリストはプラモデルの取り扱い説明書のような存在です。展開図となっているので部品番号の検索のほか、DIYなどでパーツの位置関係や作業手順をここから読み解くこともできます。ぜひご活用ください。

ご愛用製品のパーツカタログをご覧いただけます。,[部品情報検索,パーツカタログ ]

ヤマハ マグザムのメンテナンスは?

マグザムのエンジンオイル交換

ヤマハ(YAMAHA) 二輪車用エンジンオイル ヤマルーブ プレミアムシンセティック MA 10W-40 4L 90793-32414

¥4,600

販売サイトへ

マグザムのエンジンオイル交換について説明します。メーカー指定では新車時は1ヵ月または走行距離1,000kmとなっており、それ以降は1年または5,000kmの交換頻度です。推進オイルはMAグレードの10w-40となっています。メーカーが指定しているくらいなのでなんらかの理由があることが予測されるので、これよりも低いグレードの使用は控えた方がいいでしょう。

ちなにみメーカー指定のオイル銘柄はヤマハ純正オイルの「ヤマルーブプレミアム」「ヤマルーブスポーツ」「ヤマルーブスタンダードプラス」となっています。必要オイル量はオイルフィルター交換時は1.7L、オイルフィルター無交換時 は1.5Lが目安です。オイルフィルター交換の時期については、走行距離15,000kmに一度となっています。

エンジンをいたわりたい人はエンジンオイルのサイクルをメーカー指定よりも早めるといいでしょう。ただし、エンジンオイル代をケチったり、エンジンオイル交換をズボラにしてしまい、交換時期が遅れてしまうと得することがありません。エンジンオイルが劣化しエンジン内部に傷がつくリスクが高まります。一度傷が付いてしまうとひどくなることはあっても直ることはありませんので注意しましょう。

マグザムのバッテリー交換

GS YUASA [ ジーエスユアサ ] シールド型 バイク用バッテリー [ 液入充電済 ] YTZ10S

¥10,080

販売サイトへ

マグザムのバッテリーサイズは「Z10S」です。バッテリーのメーカーによってサイズの表記が少し違うので注意しましょう。マグザムの純正で採用されているバッテリーはGSユアサ製で「YTZ10S」となっています。「Z10S」の前につくアルファベットがバッテリーのメーカーによって違いがあり、ACデルコならDTZ10S、マキシマならMTZ10Sと表記されているので、バッテリー探しのときは気をつけてください。

バッテリーが上がってしまったら当然エンジンをかけられなくなるので、定期交換する必要がありますが、バッテリーの寿命、交換サイクルはそのバッテリーの保証期間と考えましょう。例えば上記のGSユアサ製の保証期間は12ヵ月または走行距離20,000km以内となっています。忘れないようにバッテリー交換時にメモをとっておくようにしましょう。

ヤマハ マグザムの評判や口コミは?

ユッタリとしたポジション!軽くアクセルをあげると?スムーズに走りだします!!低くロングな車体は51歳の自分でも?軽く振り回せて!久し振りに愉しいです。

出典:www.bikebros.co.jp

ライディングポジションが良いと評判のようです。また、ワイド&ローの車体は足つきはもちろん、走行中のハンドリングにも良い影響を与えていることがわかります。

満足している点
・足つきの良さ。ホントにべたづきでいいです。
・頑丈。5年乗りましたが、リコールでの修理以外とくに問題がありませんでした。
・タンデム時の快適さ。タンデムをした時に同乗者から乗り心地の評価かなりいいです。パワーは足りないですが、タンデムが多い人にお勧め。
・スタイル。発売からかなりたっていますが、今でもなかなかのスタイルだと思います。チョイカスタム程度でもかっこいいです。

出典:www.bikebros.co.jp

マグザムはトラブルの少ない車種です。よって年間走行距離が伸びるような通勤通学にもおすすめできます。タンデムの快適さの評価も高いですね。設計者の意図した通り、といったところでしょうか。

ヘルメットの収納スペースが、ちと狭すぎです。
まぁこのスタイルなら仕方なしでしょう。

出典:www.bikebros.co.jp

収納が小さい、狭い、とのレビューも多く見受けられます。やはり低さを強調した分、他モデルに比べると容量はありません。普段から荷物を持ち運ばない人には問題ありませんが、ご自身のライフワークに合ったバイク選びをしましょう。

ヤマハ マグザムのまとめ

ワイドアンドロー、初めて見た人は「これってノーマル?」と疑うほどの低いスタイルとなっています。このシャープな外観に惚れた人も多いでしょう。見た目はもちろん生活の足にもきっと便利だと思います。カスタムシーンも年々過激度を増しておりますが、くれぐれも法律の範囲で楽しんでください。