【ホンダ マグナ50】原付でもワイルドにいこう!

原付免許で手軽にアメリカンクルーザーが楽しめる、それがマグナ50! 燃費もよくその気になればカスタムだってできちゃいます。今回はそんなマグナ50のご紹介です。原付を楽しみたい人は特にチェックしてくださいね!

ホンダ マグナ50とはどんなバイクか?

原付一種としては珍しいアメリカンクルーザー

マグナ50(マグナフィフティ)は1995~2007年まで販売されていた50ccのアメリカンクルーザーバイクです。エンジンはスーパーカブ系のものを搭載しており、低燃費、長寿命となっています。マグナ50にはシリーズがあり、250cc空冷2気筒エンジンのマグナ250(Vツインマグナ)などもラインアップされていました。

マグナ50のスペック

型式:BA-AC13
全長(mm):1,960
全幅(mm):760
全高(mm):945
最高出力:3.9PS/8,000rpm
最大トルク:0.38kgf・m/6,000rpm
シート高(mm):635
乾燥重量(kg):87
総重量(kg):96
変速機:4段リターン
燃料タンク容量(L):8
フロントタイヤサイズ:80/100-16 45P
リアタイヤサイズ:4.50-12 61J
新車価格:29万9,000円

マグナ50の魅力は?

マグナ50の魅力はなんといっても原付にしてアメリカンクルーザースタイルを手軽に味わえるところでしょう。さらにスーパーカブ系エンジンなのでもしもエンジンが壊れても修理パーツもたくさんあり、パーツ費用も安いので困ることはないはずです。

どんな人に人気があるの?

基本的には若い世代に人気があり、学生さんが乗っていることが多くみられます。そのほかは遊び好きなオジサン世代です。オジサン世代はエンジンを改造したり、器用な人ならフレームを溶接して自作するなど、乗れる大きなおもちゃ感覚でみなさん楽しまれています。基本的にホンダ モンキーやスーパーカブと同じ「4ミニ」といわれる分類です。

4ミニはとにかく改造などが個人レベルでできるので、自分で改造を楽しむ人や機械好きな人にも支持されています。そのほかはファッションバイクとしても人気があるなど幅広く愛されているマグナ50です。

マグナ50って遅いって本当?

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/vKe7Qgvh_Hk" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

スペック表を見るとおよそ4PSの出力だということがわかりますが、法定速度内で走るには問題ないでしょう。最高速度も60~70km/hは狙える性能です。速さの感じ方は人それぞれなのですが、そもそもマグナ50はスピードを求めるようなバイクではありません。もちろんボアアップキットなどを利用すれば格上の排気量のバイクよりも速く走ることもできます。

ホンダ マグナ50の中古車情報

マグナ50を中古車で購入するときの注意点は?

マグナ50は構造がシンプルでエンジンも頑丈ですので、それほど走行距離は気にする必要はありません。その耐久性はスーパーカブが証明しています。スーパーカブとのエンジンの違いはクラッチ操作の有無くらいで、ギア付きであることに違いはありません。スーパーカブはビジネスバイクとして、例えば新聞配達や郵便屋さんなど毎日ハードに運行されています。

マグナ50はメンテナンスさえしておけば100,000kmでも200,000kmでも、中には300,000kmを突破しても問題なく走り続けている車両も珍しくありません。マグナ50はスーパーカブに比べれるとそのようなハードな乗られ方をされないのがほとんどです。ですからたとえ走行距離が30,000kmを越えていても問題ないといえます。

実際にエンジンをかけてみて異音がするようであればそのマグナ50の購入は避けるべきですが、多少ズボラにメンテナンスしても問題なく走れるエンジンですし、異音がするような状態の車体を販売するバイク屋さんも珍しいでしょう。ですのでそれほど神経質になる必要はありません。車体の色が好みかどうか、サビの具合などで判断しましょう。

マグナ50の中古車相場は6~38万円

車両価格:12万9,700円(消費税込)

8万円までの低価格帯は要整備車となっています。ご自身でメンテナンスができる方向けのなので、初心者にはおすすめしません。13万円までのマグナ50が一般的な状態で、なかにはサビが目立つものもあります。この価格帯にきれいなマグナ50があれば格安車といえるでしょう。20万円まではタイヤやバッテリーなど新品交換されたマグナ50となっています。25万円までは走行距離は多くても20,000km程度、ときどき1,000km程度しか走っていない極上車も含まれているので目が離せません。

38万円までのマグナ50はほぼ新車のようなクオリティの極上車や、ワンオフ製作されたパーツをまとっているフルカスタム車などです。全体的に流通量も多く、マフラーやシートなどカスタムされた車両も混在していますので、好みのマグナ50が見つかるでしょう。

極上車を20万円代で販売しているお店もあれば、30万円代のお店もあり、値段にバラつきがあるのも特徴です。とにかく少しでも安く手に入れたいのなら、インターネットなどの中古車情報をこまめに調べれば格安車が手に入れるかもしれませんね。

カスタムシーンで大人気のマグナ50。免許取り立てからベテランまで、多くの方に支持されています。今回はマグナ50の中古車相場やエイプ50との違い、カスタムの注意点などをご紹介しているので、これからマグナ50の購入を考えている人の参考になるはずです。

ホンダ マグナ50の評価は?

マグナ50の実燃費は40~55km/Lくらい

さすがスーパーカブ系エンジンです。実燃費はかなり伸びています。タンク容量から考えて300km以上の無給油走行が可能です。これならガソリンスタンドに行く回数も少なくていいので楽ですね。その気になれば長距離ツーリングも可能なので、旅バイクにもおすすめ!

マグナ50は疲れないバイク

初めてのバイク.ツーリングの楽しさを教えてもらいました.
リッター60km近く走るので,350km以上は無給油で走れました.
原付の中では大きいほうです.
疲れないバイクなので,1日で300kmは軽く走れます.

出典:www.bikebros.co.jp

シートの座り心地もよく、ポジションも窮屈にならないので長時間のライディングにも向いているようです。

バイクの楽しさを教えてくれる

バイクってどんな物なのかどんな仕組みなのか勉強できるバイクです。他のホンダ4miniでもいいのですが、マグナはカッコいいし、モンキー等よりは大きいので普段乗りの使用も問題なしです

出典:www.bikebros.co.jp

バイクの整備や改造などの入門にもピッタリなシンプルな構造がありがたいマグナ50。初めてのバイクいじりにおすすめです。マグナ50を通じてバイクそのものの魅力を感じた人も多いようですね。

ランニングコストが安い!

燃費は最高!
スクーターの数倍よい。
お金のない高校生にはすごい助かる!
航続距離は大型顔負け。

出典:www.bikebros.co.jp

燃費が良いのはもちろん、そのほかはエンジンオイル交換くらいで維持が可能です。また、それなりに走行すればタイヤ交換の必要性もありますが、タイヤ代も低価格なので学生さんでも問題なく維持できるでしょう。

DUNLOP(ダンロップ)バイクタイヤ Kabuki D404 フロント 80/100-16 M/C 45P チューブタイプ(WT) 236627 二輪 オートバイ用

¥2,880

販売サイトへ

実際にタイヤ代はいくらくらいかというと、上記のタイヤがマグナ50に採用されるフロントタイヤのサイズです。価格も1本3,000円前後、これにタイヤチューブが1,500円前後、交換工賃はお店にもよりますが5,000円前後となっています。トータルで1本あたり1万円くらいの計算です。毎日乗る人でもタイヤ交換は1年に1本くらいでしょう。

ガソリンの残量把握には工夫が必要

給油ランプと、リセット付きのトリップメーターがないことですね。
給油時にトリップをメモし忘れると燃費が計算できず次の給油が???ってなります。

出典:www.bikebros.co.jp

マグナ50の場合はガソリンの残量を確認するにはタンクを開けて見てみないとわからないことです。この確認をしないとガス欠の可能性もあります。マグナ50にはガソリンメーターもトリップメーターもないので工夫が必要です。例えば走行距離300kmの倍数で給油する、などなにか対策をする必要があるでしょう。

ホンダ ジャズ、スーパーカブ、リトルカブなどと比べてみよう!

マグナ50の購入時、ついつい迷ってしまう定番車種がありますね。それぞれ比較してみましょう。

ホンダ ジャズ

マグナ50よりも一足早い1986年に販売されていたアメリカンクルーザー、ジャズ。エンジンはマグナ50同様、スーパーカブ系エンジンです。性能的にはマグナ50と遜色ないといえます。その違いはなんといっても見た目にあるでしょう。モダンでマッチョなマグナ50に対して、ヴィンテージ感があり、スリムな印象のジャズです。

さらにディスクブレーキにデザインホイールのマグナ50、スポークホイールにドラムブレーキのジャズ。とにかく方向性の違いがはっきりと別れています。中古車流通量などジャズの方が少なめです。中古相場は7~40万円となっています。ノーマルからライトなカスタム車、フレーム加工などを施したフルカスタム車などが購入可能です。

原付免許でアメリカンを楽しみたい! それならジャズがおすすめです。ヴィンテージスタイルのロングアンドロースタイルで服装との相性もGood! しかもスーパーカブ系のエンジンなので低燃費で長寿命です。維持費もほとんどかからないのでどなたにでもおすすめですよ!

スーパーカブ

中古車相場は1.5万円~50万円と幅が広く、流通台数も圧倒的にスーパーカブの方が上です。マグナ50との違いは見た目はもちろんですが、スーパーカブは遠心クラッチでのギア操作となっており、クラッチがついていません。そのため坂道発進はスクーターのようにただアクセルをひねればOKです。ギアチェンジのときはアクセルをオフにしてシフトペダルを踏み込んで行います。ギア操作に関してはマグナ50の方は難易度は上ですが、それでもすぐに慣れるでしょう。

性能面では燃料タンクがスーパーカブは4Lとマグナ50の半分です。単純に考えてガソリンスタンドへ行く回数が二倍になるといえます。これをどう捉えるのかも選ぶ基準になるかもしれません。給油が面倒だと思うならマグナ50がおすすめです。

街中で頻繁に見かけるスーパーカブですが、みなさんはどれだけこのバイクのことをご存知ですか? 燃費が良いといいますが、実際の燃費をご存知ですか? 実は郵便屋さんのカブは市販のタイプと違っていた? 猟師さんモデルのカブがあった!? などなどスーパーカブの深い世界を覗き見しましょう!

リトルカブ

中古車相場は3~25万円で中古車流通量も多く、マフラー交換程度のライトなカスタム車も出回っています。ではスーパーカブとの違いですが、スーパーカブのホイール径17インチに対し、リトルカブは14インチと小径です。そのため足つきがよくなっています。そのほかの装備は基本的にスーパーカブと同じと考えていいでしょう。ただ、足つきで考えるなら圧倒的にマグナ50です。ではシート高を比べてみます。

マグナ50のシート高:635mm
リトルカブのシート高:705mm

このようにマグナ50の方が70mmも低くなっています。これは膝が曲がるくらいの足つきといえるので、まず立ちコケの心配もありません。マグナ50は身長の低い人でも問題なく乗りこなせるでしょう。

ホンダ マグナ50のまとめ

ロング&ローのアメリカンスタイルを、原付免許で手軽に味わえるマグナ50。原付なんてただの足代わり! と考えている人にもおすすめしたい一台です。低い目線でゆっくり走る、そうすることで今まで気が付かなかった街の景色を楽しめるかもしれませんし、バイクがもっと好きになるかもしれません。マグナ50から中型や大型のアメリカンにステップアップする人も少なくありません。

このマグナ50はバイクの魅力を教えてくれるきっかけとなるかもしれないので、今購入を検討している人も前向きに考えてみてください。低い目線で走る原付はマグナ50くらいしかありませんよ!

大学生などに大人気の原付ですが、実際に買うとなったらどう選べばいいか、何がいいのかなど疑問ばかりですよね。人気の原付やおすすめの原付などをまとめました。バイク選びの参考に是非してください。