個性派!おすすめピックアップトラック

最近話題のピックアップトラック。ファッションとしてピックアップトラックをセレクトする若者も多いそうです。そんなピックアップトラックの歴史と日本の道路事情にぴったりなピックアップトラックを紹介します。

ピックアップトラックって?

日本ではあまり見慣れないピックアップトラック

日本ではあまり見慣れないピックアップトラックですが、アメリカでは当たり前のように街を走っていますし、販売されています。日本でもラインナップこそは少ないものの、サニートラックやダットサントラックなどといった日本の道路事情に合わせたピックアップトラックが存在します。最近ではトヨタがランドクルーザー70の再販にピックアップトラックをラインナップした事が記憶に新しいです。

個性を出すにはピックアップトラック!

空前絶後のSUVブームが到来していますが、個性を出すならピックアップトラックがオススメです。日本の道路ではなかなかお目にかかる事ができないピックアップトラックですので、街を走行していれば注目の的です。ピックアップトラックはまさにトラックというイメージが強いですが、最近では内装も見直されており、実に乗用車ライクに仕上がっています。

抜群の収納力!車内空間は?

見ての通り、収納力に関しては文句のつけようがありません。荷台にはたくさんの荷物が積載可能です。荷台がある分、車内空間が削られているのですが、最近のピックアップトラックは車内空間は決して狭いといった印象はありません。一昔前のピックアップトラックですと二列目の空間がほとんどなかったりなんて事がありましたが、時代の流れとともに広い車内空間を実現している車両が多いです。

気になる走破性!

ピックアップトラックは、オフロードを走行する車というよりも、ある程度の居住空間が設けられており、荷物が運べる車という位置付けが正しいです。ですので、足回りはオフロードを走行するようなセッティングにはなっておらず、荷物を運ぶためのセッティングになっています。普通のセダンなどの乗用車に比べたら走破性はありますが、オフロード車両と比べますと走破性は劣ります。

代表的なピックアップトラック

トヨタ ハイラックス

小柄なボディですが、とにかく頑丈なハイラックス。世界の僻地で活躍するハイラックスはハイxラグジュアリーに名前の由来があります。乗用車なみの豪華装備をもったピックアップトラックとして当時開発され、今でも根強い人気を誇っています。ローダウン仕様のローライダー風にカスタムしたりしてファッションの一部としても選ばれる事が多いのがハイラックスです。

日産 サニートラック

当時では珍しいワンピースボディーとして発売されたサニートラック。日本では灯油タンクを積んで販売に回ったりと意外な事にも昔の日本の町では多く見かけたのがサニートラックです。そのデザインに惹かれ、サニートラックは根強い人気を誇っています。また、1980年代のラリーでは、アウディやランチアに紛れてサニーも出場し、しっかりとリザルトを残してゴールしています。
日本での中古車市場も比較的安定しています。

トヨタ ランドクルーザー70

今年、生誕から30周年を迎えたランドクルーザー70シリーズの再販が行われ、ピックアップトラックが新たにラインナップされました。全長5720cmとかなりのビッグサイズですがホイールベースが短いので比較的運転しやすいです。V6エンジンに電動ウィンチオプションなどとトラック好きにはたまらない仕様になっています。出たばかりですので、中古車市場にはそこまで台数はありませんが、今後プレミアがついていく車両で間違いないので購入希望の方は早めに車両を抑えることをお勧めします。

まとめ

日本で走るには

国内外様々なメーカーからピックアップトラックはラインナップされていますが、海外メーカーのピックアップトラックとなりますとボディサイズがフルサイズな場合がほとんどなのと、エンジンがV8が基本ですので少々日本の道路事情で仕様するには窮屈に思う場面が多々あります。海外では、荷物を載せて運ぶ純粋なトラックとして途上国や農業区域で愛用されているピックアップトラック。エンジンがV8が多いのは、V8というステータス故のようです。日本の道路事情でV8は少々オーバースペックと感じる場面が多いかもしれません。

気になる中古車市場

気になるのが中古車市場ですが、国産のピックアップトラックは近年価格が安定しています。上りもなく下りもないので、気に入った車両さえ見つかれば購入しても問題ないです。他の乗用車に比べますと比較的高値がついていますが、頑丈さやファッション性を踏まえますと妥当な値段です。お気に入りの一台を見つけて楽しいトラックライフを送ってください!

ファッションとして人気?

最近では、若者が多くピックアップトラックを選んで乗るようです。その独創的なアウトドア要素に溢れたデザインに惹かれるようです。カスタムの幅も実は非常に多種多様でリフトアップをしたりマッドタイヤを装着したりなどで個性を出すことができます。維持費も軽貨物登録や貨物車登録できるものが多いので、3ナンバー車を維持するよりも安いランニングコストで付き合っていくことができるのも魅力の一つです。