【ダイハツ アトレー7】軽じゃない7人乗りアトレーの実力とは?

ダイハツ工業から販売されている伝統ある軽自動車アトレーには様々なバリエーションが存在します。今回取り上げたいのはそんなアトレーシリーズでも異端といえる軽自動車じゃないアトレーです。1,300ccで7人乗りのアトレーいうミニバンタイプのダイハツ アトレーセブンの実力に迫ります!

ダイハツ アトレー7とは?

出典:http://u-catch.daihatsu.co.jp/catalog/ATRAI_7/MODEL__200007/index.html

2000年から2004年までの間ダイハツ工業から発売されていたミニバンです。
同じダイハツから発売されている1BOX軽の名車、アトレーはその軽自動車にしては広く快適な居住空間と使い勝手の良さから長年にわたって支持されています。
このアトレー7はそんなアトレーの居住空間をさらに広げて収容性能をアップさせたバージョンになります。
名前の読み方はアトレーセブンとなり、その由来は7人乗りをあらわしています。

ダイハツ アトレー7のスペック

出典:http://www.goo-net.com/catalog/DAIHATSU/ATRAI_7/5003243/

ボディサイズは
・全長  3,765mm
・全幅  1,515mm
・全高  1,895mm
となっており、エンジンはDVVT可変バルブタイミング機構付きの1.3L 直列4気筒4DOHCエンジンを搭載しています。
駆動方式には回転差感応式カップリングを使用した4WDとFR方式の2つのグレードが用意され、トランスミッションには5速MTとコラム式4速ATが用意されています。
両面スライドドアを採用しており、3列シートは前から2-3-2人かけが可能です。
軽自動車規格から脱却したことによりエンジン排気量をアップさせ、運転の安定感が増したほか、2,600mm近い広い室内空間を実現させることに成功しています。

ダイハツ アトレー7のグレード

大まかに分けて4つのグレードが存在します。

・Xロールーフ
・Xスポーティロールーフ
・Lリミテッドハイルーフ
・Lハイルーフ

X系のグレードには左右分割のロングスライド機能やフルフラット機能付のコンフォートシートが、L系にはシートを床下に格納できる機能が採用されています。
そしてスポーティの名称のあるグレードにはメッキグリルやルーフスポイラー、スポーツ仕様のマフラーでドレスアップされています。
Xスポーティロールーフを除くすべてのグレードでトランスミッションのMT、ATグレードが、駆動方式FRと4WDのすべてが設定されています。
また全グレード共通でデュアルエアバッグが標準装備されています。

ダイハツ アトレー7の新車価格

ベースとなるFRの5速MT仕様の新車価格をご紹介します。

・Lハイルーフ 1,221,150円
・Lリミテッドハイルーフ 1,326,150円
・Xロールーフ 1,483,650円

4速AT仕様でプラス約10万円、4WD仕様でプラス約16万円という価格設定になっています。
またXスポーティロールーフには5速MT仕様は設定されておらず、FRの4速AT仕様がベースとなりその価格は1,690,500円でした。

ダイハツ アトレー7の燃費情報

MTグレードではリッターあたり16kmから17km、ATグレードでは14kmから16kmとなっています。
現在増えつつあるハイブリッド仕様のミニバンで18kmから20kmが標準となっていますので、10年近く前の車種ですがなかなか優秀な数字といえるでしょう。

ダイハツ アトレー7の販売台数

アトレー7は2000年の販売当初はそのボディサイズに比べて広い車内空間と価格で年間約8,300台という好調さを見せましたが徐々に低迷してしまいます。
軽自動車規格の車両からオーバーハングを延長したという車体なのでレッグスペースや操縦性には改善の限界があり、マイナーチェンジを繰り返しましたが2004年の販売終了時には約2,200台まで販売台数が落ちてしまい、結果販売期間中の累計販売台数は20,000台程度になってしまいました。

ダイハツ アトレー7の販売情報

ダイハツ アトレイ7の販売期間は2000年から2004年の4年間のみとなり、2016年現在新車販売されていません。
2004年までの累計販売台数は約20,000台なので販売終了してから10年以上経つ車種ですが中古ではまだまだ見かけることができます。

ダイハツ アトレー7の中古車情報

ダイハツ アトレー7の中古価格は平均で30万円程度です。
若干古い車種になってしまいますが1,300ccの7人乗りミニバンとしては破格ともいえる安さです。
色はオーソドックスなホワイトがよく出回っている様子です。

中古車をお探しの方はこちら

アトレー7はこんな人におすすめ!

出典:http://blog.livedoor.jp/debopacer/archives/50541153.html

広い室内空間と両面スライドドアの利便性の良さがファミリー層にぴったりといえます。
またLグレードは荷物スペースを拡大できる機能がついていますので大きな荷物を頻繁に持ち運ぶアウトドア好きな人にもおすすめです。

まとめ

軽自動車のイメージが強いダイハツ。
そのダイハツを代表する軽自動車アトレーの亜種ともいえるアトレー7は現状中古でしか入手できませんが、そのコストパフォーマンスは抜群といえるでしょう。
軽自動車の延長という特徴がら操縦性も軽のそれを躊躇しており、軽自動車の運転に慣れている人にはとっつきやすいという利点もあります。
またミニバンなのに埼玉県警察ではパトロールカーにも採用されたという経歴もあり、その筋のマニアにもたまらない車だったりします。