【メルセデス・ベンツ スプリンター】抜群の安全性を誇る商用ライトバン

メルセデス・ベンツ スプリンターは1995年に誕生したライトバンです。もともとが商用車として設計されていることもあり、欧州では宅配サービスやコミュニティーバスとして幅広く活用されておりまた、個人でもキャンピングカーのベースとしてなどに使用されています。幅広い活躍を見せるベンツ製ライトバンの実力と日本での中古情報などをご紹介します。

メルセデス・ベンツ スプリンターとは?

スプリンターはメルセデス・ベンツから販売されている商用車としての利用を前提に開発されたライトバンで、1995年に欧州で販売が開始されました。
全世界で累計170万台以上が生産されているモデルでもありその用途は救急車やコミュニティーバスといった公用のものからキャンピングカーのベース、学校の送迎など個人、団体での利用と幅広く活躍しています。

メルセデス・ベンツ スプリンターの基本情報

安全性能に最大の配慮を施しているメルセデス・ベンツブランドが誇るライトバン。
現行モデルのメルセデス スプリンターのサイズは全長4.9mから最大積載量1.5tからというビッグサイズが魅力的です。
さらに全高も2m近くとらえており、大人が立ったまま車内を移動できる縦にも横にも広い車内空間を実現させています。

日本ではメルセデス・ベンツ T1Nの名称で販売

日本ではスプリンターの名前はトヨタ スプリンターが先に使用していたためT1Nという名称で正式に販売されていました。
販売期間は2002年から2006年までとなっており、現在は新車販売は行われていません。
その理由は戦略的提携パートナーである三菱ふそうトラック・バスとの関係強化にあたり同型の車をベンツブランドから販売する意味が薄くなったからと思われます。

2015年には4WD仕様のベンツ スプリンターも登場

日本では輸入販売が終了してしまいましたが海外ではまだまだ進化を続けるメルセデス スプリンター。
2015年にはそれまでのFR仕様車のみならずより4WDモデル、スプリンター4x4が登場します。
もともとパワフルな走行性能を有していましたが、4WDモデルの登場により泥道や雪道でもより問題なく対応できるようになりました。

超高級車使用のメルセデス・ベンツ スプリンターグランドエディション

出典:http://www.autoblog.com/2011/03/24/mercedes-brings-the-maybach-touch-to-the-sprinter/#slide-247554

まるで飛行機の豪華なファーストクラスのようなこの優雅な内装は決して個人でカスタマイズされたスプリンターではありません。
そして同じダイムラー社から販売されているマイバッハブランドの車でもありません。
メルセデス・ベンツから正式に発売されているスプリンターグランドエディションという特別仕様車です。
その装備を紹介すると豪華な革製シートをはじめ、後部座席の前後に1台ずつ装備された32インチの大きな液晶テレビ、迫力の高音質を楽しめる合計8つのスピーカーやインターネットを楽しめるwi-fiを搭載、そしてなんとカラープリンターにコードレス電話まで搭載とまさに至れり尽くせりの仕様となっています。

この超豪華スプリンターグランドエディションの価格は190,000ドル、日本円で約1,950万円となっています。

メルセデス・ベンツ スプリンターの輸入情報

販売終了してしまった日本でもベンツブランドのライトバンということで現在でも人気の高いモデルとなります。
ここではベンツ スプリンターの輸入情報をご紹介します。

ベンツ スプリンターは並行輸入でも人気

ショート、ミディアム、ロング、エクストラロングの4種類のボディサイズと2種類のホイールベース、ルーフ高も標準ルーフとハイルーフの2種類から選択できるという豊富なラインナップが魅力のベンツ スプリンターは用途に合わせた選択ができるというのも魅力の1つです。
並行輸入でも人気モデルであり、特に多く見かけるのがロングボディ、ハイルーフモデルとなっています。
やはりこのビッグサイズこそがベンツ スプリンターの魅力と捉えられている様子です。

ベンツ スプリンターの乗り出し価格

上記のロングボディ、ハイルーフのベンツ スプリンターの現地での価格は3万ドルから4万ドル程度となっています。
そして日本で並行輸入業者を利用した場合の平均乗り出し価格は約600万円程度が相場となっているようです。

メルセデス・ベンツ スプリンターの中古車情報

スプリンターは過去に日本でも販売されていた経歴があり、第1世代のT1Nと呼ばれたモデルは現在でも中古車市場で見かけることができます。
しかし、正規販売されていない2006年以降のモデルはやはりなかなかお目にかかれないのが現状です。

ベンツ スプリンターの中古車価格相場

2006年以降に販売された第2世代のスプリンターは現状中古車で発見することができませんでした。
しかし並行輸入で新車が何台も日本に上陸している経緯から、タイミングによっては出回る時期があるかもしれません。
どうしても第2世代以降のベンツ スプリンターの中古が欲しい! と思っている人はこまめに中古車情報をチェックしてみましょう。

ベンツT1Nの中古車価格相場

第1世代のスプリンター、日本名T1Nは日本での正規販売の実績もあり、販売が終了して10年近く経つ現在でも中古車として市場に出回っています。
価格は100万円台から200万円台前半が相場となっている様子です。

中古車をお探しの方はこちら

まとめ

世界中で大ヒットとなったメルセデス・ベンツのsprinterはいかがだったでしょうか。
大柄なボディとそれに合わせるように大きくて派手なスリーポインテッドスターのエンブレムも魅力の1つだったりします。
大きな荷物を運ぶ機会が多かったり、大人数での移動が多い人に最適なのはもちろん、運搬業者でもスプリンターを採用することで企業イメージがガラっと変わるかもしれませんね。