【日産 ローグ】日本名エクストレイル!日産が放つ北米戦略車

日産のクロスオーバーSUVとしてアメリカで大人気となっている車が「ローグ」です。使い勝手の良さに加え、日本車ならではの細部まで上質な仕上がりが人気の秘密です。ここでは北米向けローグについて詳しくご紹介いたします。

日産 ローグとは?

ローグは日産自動車が北米市場で販売するクロスオーバーSUVです。日本ではエクストレイルの名前で兄弟車として発売されています。プラットフォームは、初代はデュアリスや、ルノー・コレオスと同じCプラットフォームが採用されていますが、現行車ではエクストレイルと同じプラットフォームを採用しています。またパーツや部品はムラーノとも共有する北米向けの戦略車です。

初代ローグ(2007年~)

2007年1月に発表され、欧州および日本などに投入されるキャシュカイ(デュアリス)の北米版とも言えるモデルです。内装デザインが共通ですが、外観や外寸は一回り大きく北米版ムラーノに近いものになっています。2010年には専用のフロントグリルや17インチホイールなどを装着したカスタムカー「Krom」が発売されました。

二代目ローグ(2013年~)

現行車となる二代目モデルは2013年に発表されました。この型からエクストレイルの兄弟車となり、プラットフォームアーキテクチャについてもエクストレイル同様、新開発のCMF C/Dを採用しています。搭載されるエンジンはエクストレイルとは異なり、先代で採用されたQR25DEの改良版を搭載しています。これは日産の北米向け戦略車アルティマと同じエンジンです。

ローグの基本情報

・型式:T32型
・寸法:全長4,646mm×全幅1,839mm×全高1,684~1,715mm
・ホイールベース:2,705mm
・乗車定員:5~7名
・ボディタイプ:5ドアクロスオーバーSUV
・エンジン:直列4気筒2.5L(QR25DE)
・駆動方式:FF、4WD
・変速機:CVT

日産 ローグの新車価格について

現在アメリカで発売されている日産ローグの新車は2016年モデルとなっており、グレード及び価格は次のようになっています。

■Sグレード:23,330ドル(約238万円)
■SVグレード:24,780ドル(約253万円)
■SLグレード:28,730ドル(約293万円)

日本で発売されているエクストレイルのガソリン仕様車とほぼ同価格帯となっています。日本でアメリカ仕様のローグを購入する場合には、並行輸入業者などで見積もりをしてもらうことで、より正確な金額がわかります。上記金額に合わせて輸入関税や輸送費、整備費などの諸費用が別途必要になります。

参考)1ドル=102円で算出

Nissan USA Official Site: Turn Ordinary into Extraordinary. Discover the 2016 Nissan Rogue Crossover.

日産 ローグの中古車情報

日産ローグの中古車については、日本の中古車市場にはなかなか流通してこない車種のため、アメリカの中古業者で探すか、中古車も扱っている並行輸入業者などに相談することをおすすめします。新型車同様に詳しく見積もりしてもらい判断する必要があります。

参考)US日産ムラーノの中古車価格


■年式:2009年式
■走行:6.4万キロ
■排気量:3,500cc
■グレード:SL
■装備:純正エアロ 、リアモニター バックカメラ他
■色:ブラックオブシディアン
■価格:298万円(消費税込)

ローグではないのですが、車格が一番近いムラーノ(2009年モデル)の一例です。左ハンドルのSUVは人気が高い上に流通台数が少ないため、中古車価格も高めの設定となっています。

米国日産 ムラーノ SL 左ハンドル 社外22AW 車高調 純正エアロ HIDの中古車情報。3Dラグジュアリートリム BOSEオーディオ リアモニター バックカメラ 中古車物件情報が30万台!中古車検 索なら日本最大級の中古車情報サイトGoo-net!

US日産ローグのメリット

■国内未発売モデルが選べる
■アメリカならではの左ハンドルを楽しめる
■正規ディラーにはないグレードや好きなカラーが選べる
■日本には無いカスタムパーツも一緒に輸入してカスタムができる

日産 ローグセレクトとは?

日産ローグセレクトは、初代ローグの販売台数が好調であったため、現行モデルにモデルチェンジした後も、価格を下げて併売されているモデルです。2012年頃は急激な円高で自動車メーカーの収益が悪化していたため、日産もモデルチェンジで2代目への移行を機に生産終了を考えていましたが、スタイリングが人気を呼び北米で販売好調であったことから、生産の継続を打ち出し異例の新旧2モデル併売となりました。

雪深い地域でも活躍するローグ

広大な国土を有する北米では、雪深く、山道など坂が多い地域ではいくら4WDといえども思うように車を操縦できないこともあります。そんな場所においても日産ローグは大活躍をしています。人員の移送手段として、山岳救助の足として様々なケースで存在感を発揮しています。

日産 ローグのまとめ

日産ローグは2007年の初代発売以来、北米地域において人気、販売台数とも非常に好調に推移してきたSUVです。2013年に現行車にチェンジしてからは先進性もあわさり、更に人気となっています。現在では日本市場向けエクストレイルの兄弟車として主戦場であるアメリカ市場において確固たる地位を築いている日産の重要な戦略車です。