【マツダ B360】マツダ1960年代の遺物の意外な現状とは? 

1960年代にマツダから発売されたB360。当時としてはエンジンが高性能&高級で、4サイクルエンジン搭載の軽自動車というのは非常に珍しく、それも手伝ってか海外へも輸出されマツダの主力商品となりました。60年代後半になると後継のポーターに道を譲って生産中止となりますが、数十年経過した今でもクラシックカーとして人気があるようです。そんなB360の意外な現状をご紹介しちゃいます。

マツダ B360ライトバン(通称「ビーバン」)

当時の軽自動車でもトップクラス! 気になるスペックは? 

車輌形式:KBBA33
エンジン形式:強制空冷頭上弁式4サイクル2気筒90°V
総排気量:356cc
実馬力:13ps/4,800rps
最高速度:67km/h
乗車定員:2名
車両重量:535kg

当時としては、非常に高性能なエンジンを積んでおり、軽自動車としてはパワーももちろんのことですが静寂性も非常に高いという高性能の車種でした。アルミ合金の通称「白いエンジン」は同時代の軽自動車では比肩するエンジンの車は無かったとまで言われています。また、乗用車と商用車の2タイプ、普通のライトバンとトラックタイプが販売されています。

63年にはエンジンを水冷4気筒エンジンに切り替え、ボアアップしたB600も海外へ輸出されています。日本国内でも一部の博物館ぐらいでしか綺麗な形のB360を見ることは殆どできませんが、2気筒エンジンの初期型はその中でさらに数が少ないそうです。

B360(トラックタイプ)

商用車として発売されたピックアップタイプのB360。田舎などで朽ち果てて見るのはこのタイプが多いようです。ミャンマーにおいてもタクシーや貨物自動車として未だに現役というから驚きです。ミャンマーでは90年年代まで生産が続けられていたとはいえ、日本よりも過酷な条件と環境で稼働しているのにもかかわらず現役、本車が如何に優秀な性能で頑丈であったかというのもよくわかりますね。

B360中古車の入手方法は? 

生産中止から、約48年という歳月が流れているためかもはや普通の中古車としては流通しておらず完全にクラシックカーの扱いとなっています。インターネット上で調べても本車の情報は出てくるものの販売しているという情報は殆どありません。ましてや動いているという報告すらなく、地方の田舎で朽ち果てているという状況が大多数のようです。

オークションなどを見ても、一部の部品や関連商品が少しばかり出品されているばかりで車本体が出されていることはほぼ無く、一部のレトロ・クラシックカーの博物館に少数が置いてあるのみとなっています。一部のクラシックカー愛好家が所持しているようですが、売りに出すようなことはほぼないと思います。

実はミャンマーには現役のB360が未だに稼働状態であり(詳細は後述)、そちらのパーツや実車を輸入するという手もありますが、日本国内のB360とは細かい仕様などが異なるうえに手間もかかるようでむずかしいようです。

まるで国産旧車の見本市! ミャンマーの自動車事情とは? 

そんな見ることすら難しいB360ですが、それは国内での話。なんとミャンマーでは稼働しているB360を未だに見ることができるのです。

B360は1960年代には海外にも主力商品として輸出され、ミャンマーにも輸出されました。国内生産が終了した後の1973年にはミャンマーの国内自動車企業がB360の生産設備をマツダから移譲されB360のミャンマー国内での生産に着手しています。余談ですが、オート三輪のK360もB360と一緒に生産に着手されています。この生産はなんと1990年代前半まで現地生産が行われ、そのために現在でもB360とK360はミャンマー国内でもかなりの数が稼働しているようです。さすがにミャンマーの中心部で見ることは殆ど無くなりましたが、地方では未だに稼働しているB360を見ることができるようです。

こういったケースは、他の国産メーカーも多く、マーク2(2代目)やカリーナといったトヨタの70年代に発売した車や日産のダットサン・サニーシリーズ、さらには初期のブルーバードといった日本では完全にクラシックカーという車も非常に多く稼働しています。

ミャンマー国内の新車への切り替え運動

しかし、国内の自動車市場の旧態化を懸念したのか、2011年にミャンマーは国の政策路線の一つとして古い車の新しい車への切り替えプログラムをスタートしました。。2011年9月19日に始まったこのプログラムによって、新車への切り替えが進んだかに見えましたが...

まさかの中古車需要の高まり

しかしミャンマーという国の自動車事情は民主主義圏ではなく、非常に特殊なこともあり、なんと日本ではクラシックカーの扱いであるような「大中古車」といえるような車を買い求めてそこから新車に切り替えるというケースが激増しました。新車の輸入許可証の問題(ミャンマーでは他の国より制限が厳しい)が原因のようですが...

そして現在...

現在はそれらも落ち着き、都心部などではかなり車の切り替えが進んだようですが、地方や田舎などではまだまだなようです。

まとめ

如何だったでしょうか? 今や日本で見ることは困難を極め、ミャンマーの地方の田舎ぐらいでしか見ることのないB360。ミャンマーでも生産終了より20年以上が過ぎようとしています。ミャンマーでは他にも日本ではもう見れなくなった車も見れるということもありますし、是非旅行で見にいっては如何でしょうか?