【ホンダ ジャズ】スーパーカブと同じエンジンの50ccアメリカン!

原付免許でアメリカンを楽しみたい! それならジャズがおすすめです。ヴィンテージスタイルのロングアンドロースタイルで服装との相性もGood! しかもスーパーカブ系のエンジンなので低燃費で長寿命です。維持費もほとんどかからないのでどなたにでもおすすめですよ!

ホンダ ジャズとは

50cc原付では珍しいアメリカン

アメリカンといえば大型バイクが中心となって販売されており、原付といえばスクーターやネイキッドタイプが大半を占めておりますが、ジャズは原付免許で乗れる珍しいアメリカンです。自動車免許でも原付に乗ることができます。ジャズを選ぶことで手軽にアメリカンとはどんなバイクか、という雰囲気を味わうことができますし、個性的な原付を求める方にもおすすめです。

エンジンは頑丈、低燃費で有名なスーパーカブにも採用されている、「カブ系横型エンジン」といわれるもので、スーパーカブ同様に故障率が少なく、ボアアップなどのエンジンパーツも多く販売されております。50ccの原付には実はもう一台アメリカンがあり、ジャズの兄弟車であるホンダのマグナ50(マグナ フィフティ)もその一つです。そちらもスーパーカブ系エンジンを採用したアメリカンとなっています。

ジャズはヴィンテージ感の強いアメリカン、マグナ50はモダンなアメリカン、というデザインの違いが特徴です。

ホンダ ジャズのスペック

エンジン:空冷4サイクルOHC単気筒 49cc
最高出力:4.0ps(2.9kw)/7,500rpm
最大トルク:0.43kg・m(4.2N・m)/6,000rpm
変速機:4速リターン
全長:1,910mm
全高:995mm
全幅:775mm
フロントタイヤサイズ:2.50-16 36L
リアタイヤサイズ:4.50-12 61L
車体重量(乾燥重量):77kg
車体重量(装備重量):83kg
燃料タンク容量:6L
エンジン始動方式:キック

ホンダ ジャズ豆知識:ホンダにはジャズは2台ある!?

ホンダにはジャズという乗り物が、原付以外にもう一台あります。それは「ホンダ フィットの海外版」です。初代フィットは海外では「ジャズ(Jazz)」として販売されておりました。その理由は、「フィット」が国によってエッチな隠語として捉えられてしまうことから配慮し、名称を変更したようです。ちなみに現在は日本と同じフィットとして販売されております。時代が変われば価値観も変わる、ということでしょう。

ホンダ モンキーとの違いは?

カブ系横型エンジンを採用しているということでは共通点があり、ボアアップなどのカスタムパーツがリリースされており、ジャズとモンキーで迷っている人も多いかと思います。そこで両モデルの違いを見てみましょう。

違い:大きさ&車両重量

一見してその大きさの違いがわかりますが、数字で見比べてみます。

ジャズ 全長/全高/全幅/重量
1,910mm/995mm/775mm/77kg

モンキー 全長/全高/全幅
1,365mm/850/600mm/68kg

ジャズは長さがおよそ60mm、高さおよそ15mm、横幅はおよそ18mm大きくなっています。車両重量もおよそ10kgモンキーの方が軽量です。駐車スペースがコンパクトで済むのはモンキーですが、その小さく軽い車体は横風に弱く、安定性などはジャズに軍配が上がります。また、ステップの位置が前方にあるジャズは、長距離ツーリングに向いているといえるでしょう。

違い:エンジンパワー

同じカブ系横型エンジンの4速リターン式ミッションですが、モンキーは3.4PSに対してジャズは4.0PSとパワフルな味付けになっています。たったの0.6PSに感じますが、乗れば違いがハッキリわかるほどの差です。例えば上り坂などモンキーでは減速するようなシチュエーションでも、ジャズなら減速せずに登れるなどの差が生まれます。

このことから上り坂で減速し、渋滞を作ってしまわないか、という不安も少ないので、ジャズでは心理的にも楽に運転できることでしょう。

違い:カスタム

小さい車体のモンキーは、エンジンとフロントフェンダーまでの距離が狭く、ボアアップなどでエンジンの形が変わってしまう場合、フロントフォークを延長してエンジンのスペースを確保しないといけません。しかしジャズならエンジンのスペースが広いので、その必要はありません。最低限度の手間と費用でボアアップするならジャズがおすすめです。

しかしジャズは外装系のカスタムパーツがあまり用意されておらず、ドレスアップにも限度があります。その点、モンキーはZ2レプリカキットや、変形タンクなどさまざまなスタイルの商品がラインアップされおり、その幅は無限大といっても過言ではないでしょう。

違い:実燃費

ジャズの実燃費は35~55km/Lと低燃費です。それに対してモンキーも35~55km/Lとなっております。同じ系統のエンジンだけに両モデルとも実燃費に差はないようです。これらをまとめると、ジャズは楽な運転姿勢で長距離も楽に走れる原付だといえます。カスタムの方向性としてアメリカン一筋、といったところでしょう。

ホンダ ジャズの中古車情報

ジャズの中古車相場は7~40万円

車両価格:40万円(消費税込)

低価格帯はシートが破れていたり、サビが目立つなどジャズがメインです。10万円あたりからはきれいなノーマル車またはマフラー交換などのちょっと手の入ったジャズも選択肢となってきます。18万円あたりは状態の良いきれいなノーマル車が手に入るでしょう。

これよりも価格が上がると、リペイントされたり、リジッドカスタム(ノーサスペンション化)やエンジンチューニング車など、いわゆるフルカスタム車となっております。特に、40万円のジャズは、フルカスタム、フルオーバーホールなど、完成度の高いジャズとなっているので、趣味が合えばこのようなジャズもおすすめです。

ジャズの中古車の購入は急ぐべし!

1999年で生産終了となったジャズはすでにプレミアの付く車体となっています。中古車流通量は年々減っており、特にカスタムされることの多い車種なので、ノーマル車は減る一方です。もしもノーマル車に限定して中古車相場探しをするのであれば、特にきれいな車体はプレミアが必ずといっていいほどついているので、そこだけ注意しましょう。

どうにか安くて程度の良いノーマルのジャズはないかと、購入をためらっているうちに値段は高騰していくはずなので、購入の決断は早めがおすすめです。過去の例から、あれよあれよといううちに値段が倍になる車種もあるので、すでに生産の終わったジャズもプレミアの高騰に注意しましょう。

ジャズの中古車は走行距離は気にしない?

頑丈で低燃費なスーパーカブ系エンジンは、特に不具合がなければ、異音がしていなければ走行距離は気にしなくても良いでしょう。というのも、本家スーパーカブでは10万km越えは当たり前、20万kmや30万kmを越えてもなお平然と走っている車体が多く見受けられます。もちろんメンテナンスなどが必要ですが、このように寿命が長く、その性能は同じエンジンのジャズも同様だといえるでしょう。

特にスーパーカブのように営業車のようにハードに使用されるような車種ではないので、それほど走行距離が伸びていることはないはずです。もしも異音が出ていても、調整をすれば治ることもありますし、最悪故障してもエンジンパーツは豊富出回っており、価格も控えめです。それらを使用すれば意図も簡単に修理できるので、走行距離に神経質にならずに中古車選びができる車種といえるでしょう。

ホンダ ジャズのカスタム例

アメリカンスタイルを強調するパーツ

【HURRICANE】【ハリケーン】【バイク用】SS-1 スラッシュカットマフラー マグナ50/JAZZ【HE1005M】

¥10,926

販売サイトへ

ノーマルスタイルでも十分にアメリカンな雰囲気のあるジャズですが、純正マフラーだと静寂性を重視した、迫力に欠ける排気音となっています。そこで、ドコドコとアメリカンらしく重低音の効いた社外マフラーにすることで走行中の雰囲気もよりアメリカンになるでしょう。見栄えも変わるのでデザインにもこだわりたいところです。

HANDLE KING ミニ鬼ハンドル [メッキ/18cm高] 汎用バイクハンドル モンキー/ゴリラ/APE等 小排気小型バイク対応

¥3,000

販売サイトへ

純正でもアップハンドルのジャズですが、高さや絞り具合を好みのタイプに交換するのもおすすめです。また、見た目を重視して高さを追求しても良いですし、ボバースタイル風に横一文字ハンドルにしても良いでしょう。ハンドルだけでもジャズの印象はもちろん、操作性も変わるので効果は絶大です。

スリムアイ LED テールランプ 汎用 12v バイク ナンバー灯

¥1,269

販売サイトへ

リアフェンダーに覆われた長方形のテールランプがジャズの特徴でもありますが、小振りなものに交換するのもアメリカンの定番改造です。社外汎用品のテールランプを利用しましょう。

☆スリムタイプブレットウインカーブラック 4個セット☆ジャズ/Vツインマグナ/エストレア/SR/ドラッグスタークラシック

¥4,752

販売サイトへ

テールランプ同様にウインカーも小振りなものに交換するのが定番となっています。純正では安全性を考慮してなのか、車体の割に存在感のある大きさのウインカーが採用されており、これが気になるオーナーさんも多いようです。ウインカーも汎用品を利用しましょう。デザインもいろいろリリースされているので、好みのものを選ぶ楽しみもあります。

エンジンパワーを追求するパーツ

キタコ(KITACO) ボアアップキット(ニュースタンダード88cc) カム付 メッキシリンダー モンキー(MONKEY) ゴリラ等 215-1133102

¥36,490

販売サイトへ

ジャズはエンジンスペースが確保されているのでエンジンヘッドを交換しても問題なく搭載可能です。そのためシリンダーのみのお手軽チューンはもちろん、上記のようなヘッドチューンのどちらの選択肢もあります。エンジンヘッドを交換することで、シリンダー交換のみよりもパワーを追求できるので、より効率のいいエンジンパワーアップが可能です。

しかし、ボアアップすると排気量が上がるので、改造申請と小型二輪以上の免許が必要となります。ご注意ください。

経年劣化対策の補修パーツ

グロンドマン バイク シートカバー ホンダ HONDA スベラーヌレッド/白パイピング 張替 ジャズ[AC09]

¥5,940

販売サイトへ

老朽化対策も兼ねてシートを張り替え、ついでに色や材質もチェンジしてみてはいかがでしょうか? カラーはさまざまな種類用意されております。ジャズの場合、専用の社外シートが用意されていないので、張替えがおすすめです。

ホンダ ジャズのまとめ

原付免許ではアメリカンが乗れないと諦めていた方にはジャズというバイクは救世主的存在ではないでしょうか? 小さいながらもステップの位置も前方にあり、ローアンドロングのスタイルをしっかり踏襲しています。原付というお手軽免許でアメリカンを堪能できる珍しい一台です。アメリカンてどんな乗り味あんだろうか? と疑問に思った人も、一度ジャズに乗ってみてはどうでしょうか? 維持費も安く済むのでおすすめです。