ホンダ エイプの中古車や新車を激安で購入する方法とは?

エイプは良いバイクですが、安く手に入れたいですよね? 発売当初から人気のあるエイプ50、エイプ100はなかなか値落ちしないものです。そこで、エイプの中古車や新車を安く手に入れる方法などをご紹介しております。購入検討中の人は見なきゃ損ですよ!

エイプの中古車を激安で買う方法

エイプ50の中古車相場は13万円くらいから

個人の価値観にもよりますが、ノーマルまたはマフラー交換くらいのそこそこの程度の車体は13万円くらいから購入できます。この金額を基準にしましょう。

安く購入するのにはヤフオク、フリマアプリを使うのがよい

バイク屋さんでエイプを購入するよりも、個人売買の方が安く取引されていることがわかります。そこでヤフオクや、フリマアプリを見てみましょう。エイプを売りたい出品者を見つけることができるはずです。このような個人売買サイトやアプリをうまく活用し、売り手を探しましょう。

なんで個人売買は安いの?

たとえばエイプを売りたいユーザーさんがバイク屋さんに売りにいったとします。7万円で売れたとしても、店頭販売価格は15万円だとします。この8万円がお店の利益になります。ようするに買い手は15万円でエイプを購入するわけです。

対して個人売買だとバイク屋さんを通さないので、出品者(売り手)は好きな値段を付けることができます。例えば10万円の値段を付けても、さきほどのバイク屋さんの査定よりも3万円高く売れるので売り手は満足でしょう。買い手もバイク屋さん売っている15万円の価値があるエイプを10万円で買えるので、5万円もお得になるということで、売り手も書い手もお得なわけです。

また、個人売買ですから出品者の価値観に委ねられます。例え相場よりも安くても、出品者がそれで納得すれば売買が成立するので、個人売買は安く手に入れるチャンスがあるということです。ときには相場を大きく割った激安車と出会えることもあります。

個人売買のリスク

個人売買はあくまでも個人売買です。中には無責任な出品者もいます。落札金額を支払ったのに車両を渡さない、登録に必要な書類を渡さない、説明と違っていたなど。車両は基本的に現状渡しなので、整備不良なども考えられます。また、落札者も無責任な人は名義変更しない、むやみにクレームや返金を迫ってくるなどさまざまなトラブルがあるようです。

バイク屋さんでは責任をもってしっかり取引してくれるので、このようなトラブルの心配をする必要はありませんし、納車されたエイプもしっかり整備してくれるでしょう。不安な方にはバイク屋さんでの購入がおすすめです。

お店が販売する激安中古車を狙う

前述のとおり個人売買にはリスクがあるので、理想としてはバイク屋さんで激安中古車を購入したいものです。そこで、バイクの中古車サイトに目を光らせると、ときどき相場より安い、激安車が販売されていることがあります。バイク屋さんが安く中古車を売るにはいくつか理由があり、一つは下取り車など、仕入れ価格が安かったときに、相場よりも安く販売することで早く売り、商品の回転率を上げたい狙いがあります。

もう一つは、相場よりも安くし、中古車サイトでのお店の宣伝も兼ねることです。中古車を安い順に並び替えたときにトップ画面に表示されることで、店名のPRなどに繋げようとの考えもあります。このような格安車、いわゆる目玉車の場合は程度の悪い車両ではなく、程度の良い車両にすることで、お客さんに満足してもらい、口コミでの評判アップの目的も兼ねていることが多いので、そのような格安車、激安車があれば率先して購入検討するのがおすすめです。

エイプの新車を激安で買う方法

街のバイク屋のキャンペーンを活用する

エイプの新車=ホンダ ディーラーと考えがちですが、個人店なども新車は取り扱っております。自由度の利く個人店は、お店の方向性によっては新車を安く販売したり、期間限定、台数限定で新車を格安で販売するキャンペーンを行っていることもあるのでチェックしてみてください。

検索方法は中古車検索サイトで、検索条件を「新車」に限定すればスムーズに調べることができます。ご活用ください。

いくらで売られているのか調べてみました

エイプ50の新車価格は27万円。これを基準に格安販売の新車を見てみます。

エイプ50
車両価格:21万4,300円(消費税込)
支払総額:24万4,900円(消費税込)

こちらは通常の価格よりもおよそ6万円も安く販売されていることがわかります。こちらのお店は底値で、ほかにも色違いのエイプ50を販売しているので、気になる方はご覧くださいませ。

中古車といっても、限りなく新車に近い新古車、極上車という手も

今回調べたところ、エイプ100の格安新車を販売しているお店を見つけられませんでしたが、新車に近い極上車なら新車並のクオリティで安く購入することが可能です。エイプ100の新車価格は33万円ですが、新古車、極上車の値段を見てみます。

エイプ100 2002年式 走行距離90km
車両価格:16万2,000円(消費税込)
支払総額:17万9,000円(消費税込)

こちらの年式は古くなっておりますが、走行距離90kmなのでほぼ新車のクオリティで、新車のおよそ半額です。

エイプ100 2009年式 走行距離766km
車両価格:19万4,400円(消費税込)
支払総額:22万2,200円(消費税込)

こちらも走行距離700km台ととても低走行です。給油回数でいうと3回程度といったところでしょうか、それほどしか走っておりません。こちらも車両価格は20万円以内となっているので大変お買い得です。新車を少しでも安く買いたい、あるいは新車並の車体を低価格で購入したいのであれば、このような購入方法も手段の一つです。

改造したエイプは高く売れるのか?

場合によっては高く売れることもある

お金を掛けて改造したエイプは高く売れそうな気持ちになりますが、実はそうではないようです。というのも、改造してしまうと好みがわかれる=改造の好みがマッチする人が限られることや、エイプをノーマルからカスタムを楽しみたい人もいます。このことから改造内容によってはノーマルよりも価値が下がってしまうことも。

高く売れるエイプの特徴としては、新品パーツやカスタムパーツがとてもきれいな状態で、細部まで作り込まれている車体です。例えば下記のエイプ50がそれにあたります。

車両価格:29万8,000円(消費税込)
支払総額:33万5,000円(消費税込)

ボアアップキットやヨシムラ製の高級マフラー、ビッグキャブレターやスイングアーム、メーターなど、ほとんどのパーツがカスタムされ、なおかつパーツ単体でも価値のあるエイプが改造しただけ高く売れるようです。

カスタム車の多いエイプでは、マフラー交換車は当たり前のように流通していますし、そのマフラー自体が安物などであれば、場合によってはノーマルよりも価値が下がることがあるので注意しましょう。さらにエイプ50のカスタムでは、ボアアップチューンはちょっと微妙な存在で、中古車サイトなどを見てもボアアップだから高い、ということもないようです。

確かにパーツ代とボアアップ工賃を考えればお金は掛かりますが、ボアアップすることで小型二輪以上の免許が必要となるので、原付免許で乗れなくなってしまうこと、小型二輪以上の免許があればエイプ100を選んだほうが二人乗りもできるなどメリットがあることから、エイプ50のボアアップは評価されない場合があります。

確かに販売店からすればボアアップ済みのエイプ50は売りにくい存在です。さらにエイプ50のボアアップは80ccや90ccくらいの排気量で、社外品なのでエンジンの寿命も短くなるイメージがあります。そのことから購入者はノーマルの100ccが無難と考えるでしょう。細かい話をすればエイプ50のボアアップ車ほうが、エンジン出力特性の関係でレースシーンではエイプ100よりも速いことがありますが……。

あとは買い取る人の価値観にも大きく左右されることもあるので、改造したエイプをバイク屋さんや、個人売買するときは、売り手との「縁」によっても変わるので、高く評価されることもあれば、逆に安く評価されることもあるので、難しい一面も持っています。

改造したエイプの無難な売り方

改造したエイプの価値を下げずに販売する方法として、無難な売り方は、「車体はノーマルに戻してパーツは単体で売る」ことでしょう。これならパーツの価値をそれほど落とすことなく、お金に変えることができ、エイプもノーマルだと売りやすいので、無難な方法といえます。

エイプと迷いそうな車種とくらべてみた

エイプ購入のときに迷いそうな4ミニとの値段を比べてみました。

モンキーの中古相場は12万円くらいから

エイプよりも小振りなモンキーは12万円くらいとなっております。あまりエイプと変わらないお値段となっているので迷ってしまいそうです。カスタムパーツの数やカスタムの幅を考えると少しだけモンキーのほうが幅広となっております。

マグナ50の中古車相場は9万円くらいから

4ミニシリーズの中でもアメリカンという異色のマグナ50。中古車流通量が少なく、カスタムパーツの流通もエイプに比べて少ない現実となっております。アメリカンスタイルにこだわるのであればマグナ50がおすすめですが、ハードなカスタムを前提とするならあまりおすすめはできません。そこはエイプとモンキーには敵いません。

ズーマーの中古車相場は6万円くらいから

エイプと比べられる車種のなかでは唯一のスクーターです。エイプと同じコンセプトで、ほぼ同じ時期に登場したズーマーは6万円くらいからとなっております。エイプとの大きな違いはスクーターということで、駆動系のメンテナンスを2万kmに一度しておかないと、突然走行不能になるおそれがあること、カスタムの幅がズーマーの場合はアメリカンテイスト(スケーター系)だということです。

バイクが欲しい方や修理などで気軽にお問い合わせできるバイクショップをご紹介しておきますのでチェックしてみてください。

快適なバイクライフを、バイクの事なら【Bike Shop MONX】 日々のメンテナンスからエンジンの不具合。また、ヴィンテージバイクの販売等、何でもお問い合わせください。

エイプの中古車&新車購入のまとめ

エイプの中古車は全てが一点ものです。確かに中古車相場はありますが、車両の状態や付いているパーツなどを考えると、一期一会な要素もあります。カスタムしたエイプはときとして高く売れることもあれば、安く売れることもありますが、裏を返せば好みのカスタム車が安く手に入る可能性もあるということです。

このように新車にはない、中古エイプ選びも楽しみの一つと考えてみてください。エイプ選びが一番楽しい、ワクワクする、という人もいます、とにかく楽しむことが大切でしょう。

誰にでも手軽に乗れる原付は魅力的な車種がたくさんあります。なかでもエイプ50はカスタムパーツの多さゆえに、さまざまなカスタムのベース車として人気があります。例えばカワサキZ2やCBX400のかわいいレプリカなんてのもあるのです。まるでペットみたいなエイプ50を紹介します!