【ヤマハ ドラッグスター250】トライクにもなる心躍る美しいロー&ロングスタイル

美しいシルエット、実用的な使い勝手、誰にでも扱いやすいアメリカンクルーザーバイクのヤマハ ドラッグスター250。コンビニへのお買い物も、長距離ツーリングもこなしてしまう芸達者な250cc。ハードなカスタムもできるので、ずっと飽きずに乗れるバイクです!

ヤマハ ドラッグスター250とはどんなバイクか?

ヤマハ ドラッグスターには250cc、400cc、1100ccの3モデルあります。今回は車検の必要がなく、手軽にアメリカンの雰囲気を楽しめることから人気のドラッグスター250をご紹介します。

2000年に登場し、現在も新車が販売されているバイク

ビラーゴ250の後継車として登場したのがドラッグスター250(DS250)。ロング&ローのアメリカンスタイルの理想形を追求したフォルムが魅力的なクルーザーバイクです。現行のバイクの多くはFI(フューエルインジェクションシステム)を採用しているにも関わらず、ドラッグスター250はキャブレターにこだわり販売されているのも特徴。現在の厳しい排ガス規制には、スロットルポジションセンサーとエアインダクションシステムで対応しています。

アメリカンの入門にも最適!

ノーマルはもちろん、カスタムも楽しめるドラッグスター250。ハンドルやグリップ、シートやサスペンションのようなアメリカンカスタムの基本から、リジッド化(ノーサスペンション仕様)といったハードな使用までカスタムが可能です。車検のない250ccなので気軽にカスタムに挑めるのも魅力といえるでしょう。もちろん公道を走るわけですから法律の範囲でカスタムを楽しみましょう!

ロングツーリングにも最適!

座り心地の良いシート、乗り心地の良いサスペンション、疲労を最小限に抑えるライディングポジションなど、クルーザーの魅力を持ち合わせたドラッグスター250はロングツーリングにも最適です。高速道路も走れる排気量区分なので本格的な旅に出掛けることもできます。

サイドバッグも簡単に装着可能で、収納量も確保でき、キャンプツーリングも楽しめるでしょう。手軽に乗れる250ccですが、大型バイクと大差ない使い方ができます。

低いシート高も魅力

シート高670mmとアメリカンらしく低い位置にあるので、背の低い人でも足つきを気にすることなくライディングできます。バイクは走行中より停車中や、停車時、乗り降り時などにコケやすいものです。足つきの良いドラッグスター250なら立ちコケの心配も必要ありません。初心者や女性にもおすすめのモデルです。

2人乗りがゆったりできる

前席と後席がセパレートタイプになっているので、前後の間隔があるのでゆったり座れます。そのため250ccでは狭い思いをしながらの2人乗り(タンデム)が一般的ですが、ドラッグスター250なら長距離でもゆとりのある2人乗りが可能です。

空冷V2エンジンが格好いい!

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/pZxiG8PUFo0" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

アメリカンはやっぱりV型ツイン(V型2気筒)でしょ! という人には嬉しい、美しい造形のエンジン。キャブレターボックスやマフラーの取り回しなどのバランスもなんとも美しい限りです。なんちゃってアメリカンではない本気のデザインが格好いい!

ドラッグスターらしい媚びないデザイン

アメリカンというと、どうしてもハーレーチックなデザインになりがちですが、ドラッグスター250は先代ビラーゴから継承された独自のスタイルが特徴でしょう。長いホイールベース、ドラッグスターだけのタンク形状など、ハーレーにはないデザインとなっています。

ハーレーに乗りたいからドラッグスター250に乗っているのではなく、あくまでもドラッグスター250に乗りたいから乗っている。これはドラッグスターシリーズに共通していえることでしょう。

燃費が良い

詳しい数値については後述しますが、V型2気筒のドラッグスター250は燃費がいい傾向にあります。そのほか維持費も全体的に安いので学生さんにもおすすめです。

軽量で、大きすぎない手頃なサイズ

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/hd_9gNAZKi4" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

大きなアメリカンだとちょっとコンビニへ行こうとしても車重が重く、駐輪場から出す行為が面倒くさく感じてしまいますが、ドラッグスター250は160kgと、それほど重くないのでちょいちょと出して発進できます。これは意外と重要な事で、大型バイクなどは重い傾向にあり、走り出すまでが憂鬱になり、結局乗らなくなってしまう、なんてこともありますが、軽いドラッグスター250なら気軽に乗り出せるでしょう。

また、駅などの限られた駐輪スペースだと大きなアメリカンでは縦や横、十分なスペースがないと停められませんが、スレンダーでそれほど長さのないドラッグスター250なら、ネイキッドバイク並のスペースで駐輪可能です。

ドラッグスター250のスペック(2016年モデル)

型式名:JBK-VG05J
乗車定員:2人
エンジン:V型2気筒 空冷4ストロークSOHC 2バルブ 248cc
最高出力:15kW(20PS)/8,000r/min
最大トルク:19N・m(1.9kgf・m)/6,000r/min
全長:2,320mm
全幅:935mm
全高:1,070mm
シート高:670mm
始動方式:セル
燃料タンク容量:11L
変速機:5速マニュアルミッション
車両重量:160kg
フロントタイヤサイズ:80/100-18M/C 47P
リアタイヤ:130/90-15M/C 66P

ヤマハ ドラッグスター250の燃費は?

カタログ燃費は51.0km/Lとなっています

カタログ燃費は51.0km/L(60km/h)となっています。これは60km/hのときに出た燃費ということです。ストップ&ゴーの多い市街地走行ではどれほどの数字なのか、実燃費を見てみましょう。

ドラッグスター250の実燃費は30~47km/Lくらい

カタログ燃費を超える実燃費は確認できませんでしたが、ストップ&ゴーの多い街中の運転では30km/L程度、高速道路などの一定の速度で走り続ける条件では40km/L台のようです。まれに20km/Lという人もいますが、おそらくなんらかの調子が悪いのでしょう。キャブレターなどの不調が考えられます。

ヤマハ ドラッグスター250とホンダ マグナ250を比較!

スレンダーなドラッグスター250、マッチョなマグナ250(Vツインマグナ)、250ccのアメリカン選びでよく迷うこの二台を比べてみましょう。

エクステリア

上記はドラッグスター250、下記はマグナ250です。ドラッグスター250に比べて横に幅のあるデザインのマグナ250。太いタイヤにディッシュホイール、太いマフラーも相まって、マッスルな印象があります。さらにマグナ250の方がフロントフォークも太く、水冷エンジンなのでラジエターが装着されており、全体的に骨太な印象です。

シート高

ドラッグスター250の670mmに対してマグナ250は690mmと少し高さがあります。と、なると足つきが良いのはドラッグスター250となりますが、走行中のステップの位置はドラッグスター250の方が前方にあるので、背の低い人にとっては足を伸ばさないとだめで、ライディングポジションが楽なのはステップが手前にあるマグナ250の方かもしれません。

これに関しては一長一短あるので甲乙つけにくいでしょう。また、マグナ250の足つきをよくするためにシートのアンコ抜き(シートのウレタンを薄くする方法)をする手段もありますが、座り心地が固くなり、お尻が痛くなりやすくなってしまうなどデメリットもあります。

車両重量

バイクはなにかと軽い方が便利だったりします。前述しましたが、軽い方が取り回しがよく、駐輪時の押し歩きが楽ちんです。走りの面も軽快な方がハンドリングなどの評価も高い傾向にあります。ドラッグスター250の車両重量160kgに対してマグナ250は172kgです。12kgの差があることがわかりました。

例えるなら2Lのペットボトル6本分、スーパーなどで売られている箱詰めのペットボトル1ケース(2L×6本)分なので、ドラッグスター250の方が明らかに押し歩きが楽に感じるでしょう。ただ、マグナ250もアメリカンというカテゴリーで見て特別に重いというわけではありません。あくまでもマグナ250に比べてドラッグスター250の方が取り回しが楽だ、ということです。

エンジンの違い

まず両モデルのエンジンパワーを見てみましょう。

ドラッグスター250
馬力20PS/8,000rpm トルク1.9kgf・m/6,000rpm

マグナ250
馬力27PS/10,000rpm トルク2.3kgf・m/7,500rpm

この数値の意味がイマイチわからない方にざっくり説明すると、馬力はスピードの伸びで、トルクは加速力の数値と考えましょう。このことから加速力がよく、スピードの伸びが良いのは、数値の大きいマグナ250ということがわかりました。実際に両モデル乗り比べると、ドラッグスター250はゆっくりアメリカンらしい加速に対してマグナ250はスポーティーな走り味となっています。

また、エンジンの特性としてはドラッグスター250は低い回転数でゆっくりトコトコ走り、マグナ250は高回転まで回転数を上げてキビキビ走る、といったような違いがあるので好みの別れるところでしょう。ちなみにマグナ250のエンジンは同じホンダのスポーツバイク、VTR250がベースとなっています。このことからマグナ250にはスポーツバイクの血が流れているといえるでしょう。

燃費の違い

ドラッグスター250は前述した通り、実燃費は30~47km/Lくらいですが、マグナ250は20~35km/Lとドラッグスター250に比べてちょっと悪い傾向となっています。基本的には30km/L台のようですが、ストップ&ゴーの多い街乗り派の場合は20km/Lを切るような人もいるようです。これはマグナ250が高回転型エンジンなので、ドラッグスター250に比べて常用回転域が高いことや、出力を上げるために燃料を多く使用していることが考えられます。

あくまでもドラッグスター250に比べて燃費が悪いということで、一般的に見ればパワーやエンジン特性から考えて低燃費です。

水冷と空冷の違い

ドラッグスター250は空冷エンジンです。走行風によってエンジンを冷却します。これはハーレーなどと同じ形式です。対してマグナ250は水冷エンジンです。ラジエター液を利用してエンジンの熱を冷却します。近年の夏は昔に比べてとても気温が高く、古い空冷車は気温上昇についていけない車種もあるようです。ドラッグスター250は2000年モデルということもあるのでその心配はいりませんが、水冷のマグナ250に比べてエンジンの温度が上昇しやすい傾向にあります。

エンジンの温度が上昇する=エンジンオイルの劣化が早くなるので、しっかりオイル管理をしないといけません。エンジンオイルはエンジンの冷却も兼ねています。エンジンオイルが劣化してしまうと、冷却効果も落ちるので、エンジンオイル交換をズボラにしていると最悪はエンジンブローの原因にもなるでしょう。

実際にドラッグスター250は気温の高い夏場で渋滞に巻き込まれ、ゆっくり走っている状況で(走行風で十分にエンジンを冷却できない状況)、オーバーヒートの症状が出ることもあります。アイドリングしなくなったり、オイルが漏れてきたり、ひどい場合は二度とエンジンが動かなくなったり。このケース場合は決まって走行風の当たりにくい、冷却しにくV型エンジンの後方(後輪側)のシリンダーに異常が出ます。

空冷であることと、V型エンジンであることから仕方ないことでもありますが、エンジンオイルが劣化しているのにそのまま走っていると、このような症状が起こりやすいので、エンジンオイル管理をしなければいけません。

それに対して水冷のマグナ250は少々ズボラにエンジンオイル管理をしていても、ラジエターがエンジンの冷却をしてくれます。オーバーヒートの心配もないでしょう。

チューブタイヤとチューブレスタイヤ

ドラッグスター250はチューブタイヤで、マグナ250はチューブレスタイヤです。チューブタイヤは異物がタイヤに刺さったとき、みるみるうちに空気が抜ける傾向がありますが、チューブレスタイヤは、異物が刺さってもゆっくり空気が抜けるので、ガソリンスタンドや修理工場までなんとかたどり着けることもあります。運が良ければ空気が抜けずにそのままタイヤを使い切る、なんてことも。

また、ガソリンスタンドなどでパンク修理してもらえるのはチューブレスタイヤです。チューブタイヤは修理の手間などの関係や、ほとんどの自動車はチューブレスタイヤであることから、チューブタイヤの修理の知識がない作業員(整備士)もいるようです。そのため応急措置を取ってもらえない可能性のあるチューブタイヤはちょっと不利かもしれません。

しかしチューブタイヤにもメリットはあり、エア圧が下がっていてもパンクしにくいことや、昔はチューブタイヤが主流だったため、当時のデザインのままのタイヤもあり、ヴィンテージな雰囲気のあるモデルもあるので、ファッション的に有効とも考えられます。

対してチューブレスタイヤは販売されているモデルも多く、耐摩耗性に優れたタイヤや、ハイグリップなタイヤもあるので、性能を求めるならチューブレスタイヤのマグナ250、といえるでしょう。

カスタム性の違い

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/bVnhPTBpBio" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

これはハッキリと別れていますが、カスタム性はドラッグスター250の方があります。タンクやフェンダー、マフラーなど、カスタムショップからワンオフ品を一般販売していたり、アフターパーツメーカーからヘッドライトやシート、エンジンガードなど豊富に販売されているので、オリジナリティの高いドラッグスター250に改造することが可能です。

それに対してマグナ250はヘッドライトやウインカーなど、汎用品を利用したカスタムしかできません。もちろんタンクやマフラーなどワンオフで製作することも可能ですが、ショップ探しやオーダーメイドなのでカスタム費用が高くなる傾向があります。改造を楽しむのであればドラッグスター250がおすすめです。

この違いをまとめると……?

以上のことからそれぞれの違いがわかったと思います。それぞれの特徴を見てみましょう。

ドラッグスター250はこんな人におすすめ!

・ゆっくりトコトコ走りたい
・カスタムを楽しみたい
・頻繁に乗るから駐輪場から出しやすい軽いバイクが良い
・燃費が良いバイクを探している
・やっぱ空冷でしょ!

マグナ250はこんな人におすすめ!

・高回転までエンジンを回すのが好き
・ロングツーリングも好きだけどテキパキ走りたい
・ハイグリップタイヤを履きたい
・スポーティーな走りも楽しみたい
・オーバーヒートの心配をしたくない

それぞれのキャラクターが見えてきたような気がします。迷っている人は参考にしてください。

ヤマハ ドラッグスター250の中古車情報

ドラッグスター250の新車価格は59万4千円です。この値段を参考に中古車価格を見てみましょう。

ドラッグスター250の中古車価格は14~53万円です

19万円までのドラッグスター250は走行距離が13,000~65,000kmと幅はありますが、このあたりが低価格帯となっています。傾向としてはノーマルまたはマフラー交換やメーター交換車(走行距離不明車)がメインです。25万円までのドラッグスター250は走行距離8,000~25,000km程度でノーマルまたはマフラー、シート交換車のボディがきれいなものが占めてます。なるべく安くきれいな車体を狙うならこの価格帯を狙うと良いでしょう。

35万円までのドラッグスター250は、走行距離5,000~30,000kmあたりで、走行距離が多い車体はマフラーやシート交換、サイドバッグなどが付いてきれいな車体、走行距離の少ないものはノーマルといった傾向が見られます。

38万円までは走行距離4,000~15,000kmあたりで程度の良いノーマル車が中心です。53万円までは走行距離100km程度のほぼ新車のような極上車から10,000km未満のきれいなワンオーナー車が混在しています。新車のようなクオリティを望むのであればこの価格帯がおすすめです。

車両価格:51.73万円(消費税込)
支払総額:59.05万円(消費税込)

ドラッグスター250のコンプリートカスタム車は60~100万円

車両価格:59.8万円(消費税込)
支払総額:66.3万円(消費税込)

フレームからバラバラにして塗装したチョッパーカスタムやスプリンガーフォークを装着し、ショベルヘッド風に仕上げたドラッグスター250のコンプリートなども販売されています。このような本格的なカスタム(フレームから仕上げる場合)は、お金はもちろん製作期間も必要となるので、コンプリートはカスタム費用が抑えられ、なによりカスタムする時間を待たなくて良いのでとてもおすすめです。

車両価格:98万円(消費税込)

バイクが欲しい方や修理などで気軽にお問い合わせできるバイクショップをご紹介しておきますのでチェックしてみてください。

快適なバイクライフを、バイクの事なら【Bike Shop MONX】 日々のメンテナンスからエンジンの不具合。また、ヴィンテージバイクの販売等、何でもお問い合わせください。

ヤマハ ドラッグスター250がトライクに!?

2輪免許を持っていない、免許を取りにいく時間がないなどの理由からバイクに乗ることを諦めている人に朗報です! トライクなら普通自動車免許で運行できます。

トライクとは?

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/Swtrr3MMhc4" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

トライクとはサイドカーとは違い、前1輪、後2輪(またはその逆)で左右対称構造の後輪駆動車を指します。250cc以上のものは側車付きオートバイ(サイドカーと同じ)扱いで車検が必要ですが、ドラッグスター250のトライクは250cc以下として扱われるので、車検が必要ありません。

公道では一般道60km/L、高速道路は80km/Lが制限速度となります。ちなみに高速道路の料金区分はバイクと同じです。ドラッグスター250はミッションなので、普通車免許がAT限定だと乗ることができませんのでご注意ください(スクータータイプならAT限定でも可能)。このようにトライクとは普通自動車免許で乗れるバイクと考えることができます。

ドラッグスター250ではトライク化されている車体が販売されており、2輪免許がなくでもバイク気分が味わえるということです。ちなみにベースとなっているドラッグスター250が二人乗りできる条件を満たしていれば2人乗り可能となっています。高速道路でバイクの2人乗りが禁止されている道路(首都高など)でもトライクでは自動車扱いなので、2人乗り可能です。

このように自動車とバイクの良いところ取りのような乗り物がトライクとなっています。ヘルメットの着用義務もありません。

ドラッグスター250のトライクの中古車相場は88~98万円、新車は168万円

車両価格:88万円(消費税込)
支払総額:93万円(消費税込)

ドラッグスター250のトライクは全国の専門店で制作されていますが、中古車がベースとなっていることが一般的です。2輪のドラッグスター250との違いはトライク化はもちろん、純正にはないバックギアが組み込まれていることもあります。新車の販売もしており、お値段は168万円となっているので、気になる方はご覧くださいませ。

車両価格:168万円(消費税込)
支払総額:170万円(消費税込)

ヤマハ ドラッグスター250のココに注意

ドラッグスター250のリコール情報

ドラッグスター250の一部の車体にリコールが報告されています。内容はキャブレターのダイヤフラムの不具合。次にレギュレターの故障です。どちらも走行不能になるおそれがあるので、中古車購入時にはリコール対象車であるか、または対策されているかもチェックしておきましょう。すでにドラッグスター250にお乗りの方は、リコール対象車であるかどうか調べておくことをおすすめします。詳細は下記にリンクを貼っておくのでご覧ください。

バイク・スクーターに関するリコール情報,[重要なお知らせ]

ドラッグスター250はパーコレーションに注意しましょう

ドラッグスター250は、夏場などの高温になる条件下で不調になったという報告をよく耳にします。これには前述した通りオーバーヒートの疑いもありますが、パーコレーションも起こりやすいようです。パーコレーションとはキャブレターが熱されて、ガソリンが異常に気化する現象で、これが起こると吹け上がりが悪くなったり、エンジンが止まってしまうことがあります。

パーコレーションの原因は「暑さ」です。真夏のアスファルトの照り返しや直射日光。ドラッグスター250は真夏の渋滞中などにパーコレーションが起こりやすい傾向があるので、もし調子が悪くなったらその場でエンジンを停めて、熱が冷めるのを待つ(冷えれば走れます)しかありません。エンジンの直ぐ側にキャブレターがあり熱が溜まりやすい構造になっているので、ドラッグスター250ではパーコレーションに陥りやすいようです。対策としてキャブレターに水を掛けて温度を下げるのも手なので覚えておきましょう。

オーバーヒートに注意しましょう

前述しましたが高温多湿、走行風も当たらない、このような悪条件が揃うと30分程度でもオーバーヒートすることがあるドラッグスター250。上記のパーコレーションと症状が似ているので戸惑うかもしれませんが、パーコレーションであれば冷えればまた走行が可能です。しかしオーバーヒートの場合は、熱でエンジンを変形させ、故障に繋がるケースもあります。

例えばオーバーヒートに気が付かず、「なんか調子悪いな」とそのままなにも対処せず運行してしまいエンジン停止、それから二度とエンジンがかからないこともあるでしょう。運よくエンジンがかかっても、これまでのようにレスポンスよくエンジンが吹け上がらず、ずっと調子が悪いまま……これはエンジン内部を傷めてしまっているので、オーバーホールが必要となります。

ドラッグスター250を運転する心構えとして、真夏の暑い日に渋滞に巻き込まれノロノロ運転が続くときはオーバーヒートする可能性があると認識しておきましょう。それだけでも対策となるでしょう。どれだけ暑い日でも走っていればオーバーヒートしないはずです。道路の状況によっては法律やマナーの範囲内でスリ抜け運転するだけでもオーバーヒートを回避できるでしょう。

どうしても渋滞にハマってしまったときは、ペットボトルなどに水を用意しておき、エンジンやキャブレターに散水し、温度が上がらないようにする方法もあります。ドラッグスター250は熱が篭りやすい後方のシリンダーだけでも冷却しておけばOKです。前方のシリンダーがオーバーヒートした事例はほとんどないので、後方だけ気をつけておきましょう。

エンジンかからない、フケが悪いのは買わない方が吉

バイク屋さんでも現状販売といって、整備を楽しむための不動車を販売しているお店もありますし、個人売買やネットオークションなどでも不動車が販売されていると思います。ドラッグスター250の場合はオーバーヒートが原因でエンジン不調や不動車として販売されている可能性が高いはずです。症状としてはキャブレターの不調に似ていて、キャブレターのオーバーホールで直りそうな雰囲気があります。

実際にオーバーヒートが疑われるドラッグスター250でもバイク屋さんでは、まずはキャブレターのオーバーホールからおこなうのが一般的です。これは症状が似ていることや、エンジンが原因だと廃車もしくは高額な修理費用がかかるので、まず原因を追求するためにこのような手法を取ります。

このように症状が似ているので、もしエンジンに原因がある場合は、エンジン載せ替えまたはエンジンオーバーホールが必要となり、どちらも高額な費用が必要になるでしょう。その結果、実働車を買った方が良かった、となる可能性もあるのでドラッグスター250の場合は不調な車体にはあまり手を出さない方が良いでしょう。

ドラッグスター250とドラッグスター400のかんたんな見分け方

こちらは400です。ご覧のとおりリアサスペンションが見えないように設計されています。

ドラッグスター250を中古バイク屋さんへ探しに行ったときに、間違いやすい400。これいいじゃん! 安いしきれいじゃん! と思っていたら400だった、ということがあるはずです。そこで一目で250と400を見分ける方法をお教えしましょう。

それは「リアサスペンションを見る」これに限ります。250ccはリアサスペンションが外側に付いているのがわかると思いますが、ドラッグスター400はリジッド風なのでリアサスペンションが見えない設計です。リアサスペンションがあれば250、なければ400と見分けることができます。ではおまけで、ドラッグスター1100の見分け方ですが、これは250や400に比べると一回りも二回りも大きいので、すぐにわかると思います。気になる人はバイク屋さんでドラッグスター1100を見てみましょう。ハーレーのようなビッグサイズなのでまず間違うことはないはずです。

こちらはドラッグスター1100です。生で見るとその大きさの違いに一目瞭然だと思います。

ヤマハ ドラッグスター250の評価は?

ドラッグスター250のレビューを見てみましょう

アメリカンだからでしょうかパワーはありません。
ですが、ツーリングのようなクルージング目的なら快適に走れます。
高速度は、250ccなのでこんなものでしょう。
ゆったりと走るには、良いマシンです。

出典:www.bikebros.co.jp

速く走るのが気持ちいいバイクもありますが、ドラッグスター250はゆっくり走る楽しさのあるバイクだと思います。

80km/hまでの加速は十分。荷物も積みやすく、よく釣りに行った。意外にも峠で走っていて楽しく、7000回転からのエンジン音がとても良かった。タコメーターは着いていなかったので部品を買って着けてもらった。普段通勤にも使用したが、出すのがおっくうになる事が無いほど取り回しが楽。250らしからぬデカさで、おじいさんに「これはナナハンかい?」と言われるほど。

出典:www.bikebros.co.jp

「出すのがおっくうになる事が無いほど取り回しが楽。」これはバイクにとって意外と大切なことです。通勤通学に使うなら無視できない部分でしょう。

高速で80km/h以上の走行はつらい。これはアメリカンだからしかたないけど風圧がものすごく、ハンドルから手が離されそうに感じる。100km/hからの加速はちょっと足らない。130km/hまでは出た。イメージはトラックが追い越す感じ。人とツーリングに行くなら、相手が速度に気を使ってくれる人じゃないと無理だろう。ハンドルの位置は最高なんだけど、横幅があるのですり抜けしようという気にはならなかった。そこが安全でいいところでもある。ステップが思っているより足ひとつ分前にあるから、乗り始めはももが筋肉痛になった。

出典:www.bikebros.co.jp

ドラッグスター250の最高速度は130~140km/hくらいです。フルカウル車とのツーリングは巡航速度が速い傾向にあるのでちょっと辛いかもしれません。ドラッグスター250の高速道路の辛くない速度は80km/h巡航だと思っておきましょう。

ヤマハ ドラッグスター250のまとめ

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/0TwkeIFTj-c" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

アメリカンのバイクはさまざまなモデルがありますが、ドラッグスター250は独自のデザインで、ハーレーに寄せない、オリジナリティの高いクルーザーバイクといえるでしょう。見た目で選ぶのもありですし、アメリカンの入門としてもおすすめです。真夏のオーバーヒートだけ注意すれば、長い間付き合えるバイクだと思います。老若男女問わず愛されるドラッグスター250に一度乗ってみてください。