カワサキ エリミネーター250SEはスペックを見ればバリバリのドラッグレーサー

アメリカン? いえ、ドラッグレーサーです。直線で負け知らずのロング&ロースタイルのバイク。あふれるエンジンパワーを生かせば高速道路も楽々移動できます。そんな唯一無二のカワサキ エリミネーター250SEをご紹介!

カワサキ エリミネーター250SEってどんなバイク?

1987年にドラッガースタイルで登場

1987年にスタンダードモデルエリミネーター250が販売され、1988年にエリミネーター250SEが販売開始。他メーカーではハーレーに似せたクルーザースタイルが主流でしたが、エリミネーター250SEはドラッグレーサーがレースで用いるスタイルの、ドラッガースタイルとしてデビューしました。さらにアメリカンの定番であるV型2気筒ではなく並列2気筒の高回転型エンジンを搭載しています。エンジンはGPX250Rが採用していたものと同じです。ちなみに一般的にはアメリカンとして認識されています。

独特のライディングスタイルが特徴

足を前方に置きゆったりしたクルーザースタイルですが、自主規制の40馬力をキッチリ出力し、クロス気味のミッションとなっているので、アメリカンとツアラーの中間のような乗り方となります。ゆったりのんびり走るというよりも、キビキビした独特のライディングスタイルとなるでしょう。

エリミネーターシリーズは125~1,000ccまであった

エリミネーターシリーズは、小排気量のものでは125cc、最も大きいものでは1,000ccとなっています。ちなみにエリミネーターの第一弾は900ccで、当時世界最速だったGPZ900Rのエンジンをベースに、チェーンからドライブシャフトへ変更し、低中速重視にリセッティングした、まさにドラッグレーサーのようなマシンでした。発進の加速では本家GPZ900Rよりも速かったようです。そのほか400cc、500cc、750cc、600cc、と細かい設になっていました。

エリミネーター250にはSE以外のグレードがありました

エリミネーター250SEのSEとはグレードのことです。ではグレードによってなにが違うのかを見てみましょう。

エリミネーター250

もっともスタンダードな仕様です。キャストホイールを装着しています。

エリミネーター250SE

新車価格40万8,000円。キャストホイールで、ビキニカウルとアンダーカウルを装備しています。グラブバーも標準装備されており、クラッチカバーなどがブラックアウトされているのが特徴です。

エリミネーター250LX

新車価格40万8,000円。エリミネーター250LXはスポークホイールとなっています。そのほかグラブバーも標準装着です。

中古車の流通量が多いのはエリミネーター250SE

流通量がもっとも多いのがエリミネーター250SEです。それに比べ、エリミネーター250LXの流通は少ない傾向があります。エリミネーターのかっ飛ばして乗るような特性上、剛性の良いキャストホイールの方が人気があったのでしょう。

エリミネーター250SEのスペックは?

速いと噂のエリミネーター250SEですが、パワーや車体の大きさなどの詳細を見てみましょう。スタンダードモデルのエリミネーター250や、スポークホイールのエリミネーター250LXもエンジンなど共通となっているので、このスペック表を参考にできると思います。

エリミネーター250SE(1987年)のスペック

エンジン:水冷4ストローク2気筒 248cc
最高出力:40ps/12,500rpm
最大トルク: 2.4kg・m/10,000rpm
全長(mm):2,140
全高(mm):1,100
全幅(mm):745
車両重量(乾燥重量):143kg
車両重量(装備重量):182kg
燃費:47.0km/L(定地走行 60km/h)
変速機:6速マニュアル
フロントタイヤサイズ:100/90-17 55S
リアキャリアサイズ:140/90-15 70S
燃料タンク容量:12.0L

エリミネーター250SEの最高速度はなんと160~170km/h!

ドラッガースタイルのエリミネーター250SEの最高速度はなんと160~170km/hとなっています。これは250ccクラスとしてはトップレベルです。

攻撃的なルックス、他のアメリカンでは有り得ない加速と最高速。
(170km越えました)

出典:www.bikebros.co.jp

250ccのアメリカンスタイルのバイクとしては軍を抜いたスピード域といえるでしょう。エリミネーター250SEはドラッガーとして販売されていますが、ロング&ローの見た目からアメリカンとして扱われます。ですので、アメリカンのスタイルが好きだけどテキパキ走りたいという人にはこのエリミネーター250SEがおすすめです。

ただし、飛ばし過ぎには注意が必要です。エリミネーター250SEはブレーキの効きが甘い傾向があるので、峠の走行などブレーキングを多用するシチュエーションは苦手といわれています。安全のためにもブレーキを強化しておきたいところです。

エリミネーター250SEの実燃費は17~25km/Lくらい

ハイパワーなエンジン特性のエリミネーター250SEの実燃費は意外と良く、17~25km/Lあたりのようです。ほかのアメリカンと比べると燃費は悪い方ですが、パワーの割には良いほうではないでしょうか? ちなみにキャブレターはケーヒンのCVK30のツインを採用しています。250ccアメリカンとしてはとても大きな口径で、しかもツインなので燃料消費も多いことが予測されますが、20km/Lを超える能力があるのはなかなかのものでしょう。

ちなみに常用回転数を高め(飛ばし気味)の運転では20km/Lを超えることが難しいようです。燃費を稼ぎたいのであればゆっくり加速しましょう。

エリミネーター250SEはこんな人におすすめ!

速いバイクが欲しいけど、アメリカンのような格好いいスタイルが好きな人

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/xvfSF1JbnSg" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

250ccアメリカンの中でブッチギリな加速性を持っているエリミネーター250SEを選ぶ理由は、やはり速くて格好いいことでしょう。アメリカン=ゆっくり走るもの、という構図ができあがっているくらい、他モデルはゆっくりな性格です。アメリカンは好きだけど速さも欲しい、という人の希望を唯一叶えてくれるのがエリミネーター250SEでしょう。

速さが欲しい、積載性も欲しい

速さを求めツアラー系やレーサー系にすると、荷物を収める装備はリアボックス(トップケース)くらいしか選択肢がありません。アメリカンスタイルのエリミネーター250SEであれば左右にパニアケース(サイドバック)の装着も似合いますし、さらにリアボックスを付ければ積載性も抜群です。より格好良く荷物を運ぶことができるのがエリミネーター250SEの良いところでしょう。

高速道路を多用する人

一般的な250ccのアメリカンだと高速道路などの走行は苦手といわれています。パワーが不足気味なので、80km/hを超えると振動が大きくなったり、加速の伸びが悪く追い越しなどが厳しくなるでしょう。しかしエリミネーター250SEなら、パワーは有り余っているほどなので、例え100km/hからでもスロットルを捻れば加速してくれます。

パワーがある分、高速道路の走行は非常に楽でしょう。その代わり6速のクロス気味のミッションなので、街中のようなストップ&ゴーの多いシチュエーションでは忙しなくギアチェンジをしなければいけません。

カワサキ エリミネーター250SEとVとの差は?

エリミネーター250SEは1997年にフルモデルチェンジし、エリミネーター250V(新車価格55万9,000円)となりました。両モデルの違いを見比べてみましょう。

エリミネーター250SEとVとの差:エンジン

まず見た目の印象が似ているようで、違っていることに気がつくかと思います。特にエンジンは、エリミネーター250SEは並列2気筒でしたが、エリミネーター250VではV型2気筒エンジンとなりました。そのためマフラーの取り回しも変わっているので、エンジン部分の肉付きが良くなったように感じます。エリミネーター250SEはスレンダーで、エリミネーター250Vはマッスルな印象です。

エリミネーター250SEとVとの差:エクステリア

エリミネーター250SEではセパレートタイプだったシートは、エリミネーター250Vでは一体化され、タンクやテールカウルなども丸みを帯びたデザインとなっています。また、ホイールもスポークの太いモダンなデザインとなりました。

エリミネーター250Vのスペック

エンジン:水冷4ストロークV型2気筒 249cc
最高出力:26kW (35ps)/12,500rpm
最大トルク: 24N・m (2.4kg・m)/9,500rpm
全長(mm):2,355
全高(mm):1,075
全幅(mm):775
車両重量(乾燥重量):171kg
燃費:47.0km/L(定地走行 60km/h)
変速機:6速マニュアル
フロントタイヤサイズ:120/80-17 61S
リアキャリアサイズ:160/80-15 M/C 74S
燃料タンク容量:13.0L

スペックを見ると、パワーダウンし、車体が大きく重くなったことがわかります。

カワサキ エリミネーター250SEの中古車情報

エリミネーター250SEの中古車相場は6~37万円です

車両価格:29.16万円(消費税込)
支払総額:34.64万円(消費税込)

全体的にきれいな車体が多いエリミネーター250SEの中古車ですが、21万円までは走行距離が15,000~35,000kmのエリミネーター250SEとなっています。低価格帯でも問題なく中古車選びができるでしょう。30万円までは走行距離が10,000~15,000kmの程度の良いエリミネーター250SEとなっていて、37万円では走行距離10,000km以下の特にきれいな最終型が販売されています。エリミネーター250SEの中古車選びは気をつけることもないので、神経質になる必要もないでしょう。

車両価格:36.8万円(消費税込)
支払総額:39.26万円(消費税込)

詳しいバイクショップを見つけましたのでリンクを貼っておきますので気軽にお問い合わせしてください。

快適なバイクライフを、バイクの事なら【Bike Shop MONX】 日々のメンテナンスからエンジンの不具合。また、ヴィンテージバイクの販売等、何でもお問い合わせください。

カワサキ エリミネーター250SEのまとめ

数少ないドラッグレーサーのエリミネーター250SE。アメリカンの見た目だけどダントツの速さがあり、だけどリラックスしたライディングポジションで走れる珍しいバイクです。250ccなので車検も必要ありませんし、初心者にもおすすめなの一台となっております。