【ヤマハ JOG】若者を支えてきた青春の原付JOG!お買い物からサーキットまで大活躍

2サイクルエンジン全盛期だった20世紀、JOGは移動の足としてはとんでもなく速い加速力でした。何代もモデルチェンジを繰返し、時代と共に変化してきたJOG。現在では低燃費な性格となっています。JOGを見れば時代がわかる! そんな原付でもあります。それではJOGについて見てみましょう!

ヤマハ JOG(ジョグ)

JOGはヤマハの50ccスクーターのシリーズです。初代は1983年に登場し、若者を中心に大ヒットしました。発売当時は2サイクルエンジンでしたが。排ガス規制の強化などで現在は4サイクルエンジンが採用され、低燃費とランニングコストを抑えたり、長寿命化などの進化を遂げています。

スタンダードなモデルから、フロントバスケットを標準装備したJOG ポシェットや、丸みを強調したモデルのJOG アプリオ、スポーツモデルのZR、リモコンキーが採用されたリモコンJOGなど多くの車種が存在します。

サーキットなどのスポーツシーンでも評価の高いエンジン

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/H-ntoUViunk" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

JOGに搭載される2ストロークエンジンは他メーカーに比べ、トルクフルな味付けが特徴です。レスポンスもよく、サーキット走行などでも好タイムを狙えます。初代と2代目に採用されていた「縦型エンジン」3代目と4代目に採用されていた「横型エンジン」などと区別され、特に横型エンジンは排ガス規制前ということもあり、一番パワーがあり、現在でも中古エンジンの取引が盛んに行われているのも特徴です。

高性能ゆえに走り屋や暴走族にも人気があった

軽量なボディとハイパワーなエンジンに、0スタートから60km/hまできっちりパワーを使い切るセッティングとなっている駆動系のため速さがあり、若者に大人気のJOGですが、暴走族や走り屋にも大人気でした。その加速力は、ちょっとアクセル操作を間違えるとウイリーしてしまうほどです。さらにパワーを引き出すためのカスタムパーツも用意されており、さらに4代目JOGに関してはエアロパーツなどの販売もされているほど大人気でした。

ヤマハ JOGの歴史をご紹介

初代JOG(1983年)

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/mOCauuAPaZ4" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

記念すべきJOGシリーズの初代です。先の尖ったフロントフェンダー形状から通称ペリカンと呼ばれています。若者を中心にバカ売れしたことでも有名なモデルで旧車シーンでも人気です。原付のスピードメーターは60km/hまでが主流ですが、この初代JOGの前期型は、70km/hまで刻まれており、リミッターも付いていませんでした。後期型で自主規制し、60km/hでリミッターが作動するようになっています。ちなみに馬力は初期型で4.5PS、後期型で5.3PSです。

2代目JOG(1987年)

6PSにパワーアップした2代目JOG。タイヤも少し太くなり、ホイールベースも15mm延長されサイズアップしました。

3代目JOG(1989年)

6.8PSにパワーアップされ、メットインが装備された3代目JOG。現在でも軽量なボディといパワフルなエンジンが評価され、カスタムベースになることがあります。マニアックな人気のモデルです。通称「3KJ」と呼ばれております。

4代目JOG(1991年)

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/xt1_duCKlWI" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

7PSにパワーアップされた4代目JOG。さらに大きくサイズアップしたボディが特徴です。フロントブレーキにブレンボキャリパーが装着されたスポーツモデルのJOG Zが登場したのもこの代から。この頃からホンダのDIOとシェア争いが過激化していき、スポーツモデルがどんどん高性能化され、ついには7.2PSまでパワーアップされたJOG ZRも登場しました。

派生車種:JOG アプリオ

JOGにはたくさんの派生車種がありますが、その中でも人気なのがJOG アプリオです。丸みを帯びたボディが特徴です。特に人気があるのがアプリオ タイプ2で通称「アプツー(アプ2)」と呼ばれるモデル。このアプリオ タイプ2の特徴は、フロントにディスクブレーキを採用し、JOG ZRと同じ7.2PSのエンジンを搭載していました。

JOG ZRは販売当時、暴走族やヤンキー、チーマーが好んで乗っていたため、盗難被害や暴行事件に巻き込まれるなど、一般の若者には危ない乗り物でしたが、アプリオ タイプ2なら安心して運行できJOG ZRと同じ高性能を味わえるなどで人気がありました。また、中古車価格もJOG ZRに比べ値段が抑えられてました。高性能なアプリオは現在でも人気のあるモデルです。

JOG ZRのスペック(3YK)

型式:A-3YK
総排気量:2ストローク 49cc
全長:1,625mm
全幅:660mm
全高:1,020mm
乾燥重量:66kg
燃料タンク容量:4.0L
最高出力:7.2ps/7,000rpm
最大トルク:0.74kg・m /6,500rpm
フロントタイヤサイズ:90/90-10 40J
リアタイヤサイズ:90/90-10 40J

5代目JOG(1997年)

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/XdkuEPDAGws" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

先代のJOGからデザインが変わった5代目JOG。アプリオに似たデザインが特徴です。7.2PSエンジン搭載のスポーツモデルJOG Z2もラインアップされていましたが、高性能な4代目JOG ZRが中古車として安く手に入ることや、廃れない人気、カスタムパーツなどもあまり販売されなかったなどの理由から、あまり売れなったモデルとなっています。

6代目リモコンJOG(2001年)

リモコン操作でメットインのオープン、ロック解除のアンサーバックなど、最先端の技術が投入された6代目JOGは通称「リモコンJOG」の愛称で親しまれていました。先代では評判がイマイチだった丸いデザインが、リモコンJOGではそれまでのシャープなイメージで復活し、人気も回復できました。

残念ながらこの代から排ガス規制によりパワーダウンが強いられ、それまで7.2PSだったエンジンは、スポーツモデルのJOG ZRエボリューションでは6.3PSとなっています。ちなみにこの6代目が2サイクルエンジンの最後のJOGとなりました。

6代目JOGの特徴は、なんといっても格好いいフォルムでしょう。それまでパワーアップやレースなどで大活躍だったJOGは、この代からドレスアップのカテゴリーでも活躍するようになりました。

BJ

BJとはBASIC JOGの略です。廉価版のJOGとして販売された台湾製。基本設計はJOGと同じです。もともと台湾で販売されていたJOGが原型となっているため、2人乗り用のタンデムステップがあるのが特徴。日本では原付は一人乗りしかできないので、珍しい設計となっています。もちろん日本の公道での2人乗りは禁止ですよ!

JOG ZRエボリューションのスペック(SA16J)

型式:SA16J
総排気量:2ストローク 49cc
全長:1,670mm
全幅:670mm
全高:1,010mm
乾燥重量:71kg
燃料タンク容量: 5.7L
最高出力:6.3ps/7,000rpm
最大トルク:0.67kg・m /6,500rpm
フロントタイヤサイズ:90/90-10 41J
リアタイヤサイズ:90/90-10 50J

7代目JOG(2007年)

水冷4サイクルエンジンとなったJOGシリーズ。それまでのカッ飛び系とは真逆の性格となりましたが、他メーカーに比べてトルクフルなエンジンが特徴です。4サイクルなので燃費も良くなりました。フロントディスクブレーキに、リアスポイラー搭載のJOG ZRもラインアップされています。

JOGのスペック(CE50)

型式:JBH-SA36J
総排気量:4ストローク 49cc
全長:1,685mm
全幅:650mm
全高:1,035mm
車両重量:78kg
燃料タンク容量:4.4L
最高出力:3.1kW(4.2PS)/8,500r/min
最大トルク:3.9N・m(0.40kgf・m)/6,500r/min
フロントタイヤサイズ:90/90-10 41J
リアタイヤサイズ:90/90-10 41J

8代目JOG(2015年)

先代と同じモデル名で、現行販売されているJOGです。先代よりECUなどが見直され、馬力とトルクがアップし燃費も向上しています。

JOGのスペック(SA55J)

型式:JBH-SA55J
総排気量:4ストローク 49cc
全長:1,685mm
全幅:725mm
全高:1,160mm
車両重量:84kg
燃料タンク容量:4.4L
最高出力:3.3kW(4.5PS)/8,000r/min
最大トルク:4.2N・m(0.43kgf・m)/6,500r/min
フロントタイヤサイズ:90/90-10 41J
リアタイヤサイズ:90/90-10 41J

ヤマハ JOGの価格は?

2016年現在新車で販売されているJOGの値段と、グレードの違いを見てみましょう。

JOG(ジョグ)スタンダードタイプ

スタンダードタイプの新車販売価格は160,920円 (消費税込)です。

JOG(ジョグ)プチ

JOG プチの新車販売価格は160,920円 (消費税込)です。スタンダードモデルと同じ価格ですが、その違いはというと、シート高が25mm低くなっています。ノーマルのシート高は725mmに対して、JOG プチのシート高は700mmと低いので、背の低い女性でも足つきがよく、安心して運転が可能です。

JOG(ジョグ)デラックス

JOG デラックスは173,880円 (消費税込)となっています。スタンダードモデルとの違いは、フロントにディスクブレーキを搭載し、メリハリのあるブレーキングが特徴です。また、ホイールが軽量なキャストホイールで、見た目もスポーティーな装いとなっています。

JOG(ジョグ)ZR

JOG ZRは194,400円(消費税込)となっています。エンジン出力などはスタンダードモデルと同じです。またデラックス同様、フロントディスクブレーキに軽量なキャストホイールとなっていますが、リアスポイラーやシート、メーターなどが専用品となり、差別化を図っています。

ヤマハ JOGの燃費はどのくらい?

2ストJOGの実燃費は20~30km/Lくらい

4サイクルに比べて燃費の悪い2サイクルエンジンですが、意外にもみなさん伸びているようです。走行シーンによっては20km/Lを切ることもありますが、2サイクルエンジンとしては燃費が良いといえます。ゆっくり30km/hまで加速するような運転をすれば40km/Lの燃費も夢ではありません。パワーのあるJOGエンジンはスロットルの開度も少なくて良いので、燃料の消費量も抑えられる傾向があります。

時速80km/hも出ちゃうJOGエンジンは本当に魅力的ですね。

4ストJOGの実燃費は45~55km/Lくらい

他メーカーのエンジンと比べてトルクフルなJOGエンジン。さすがに2サイクルのような過激さはありませんが、難なくトップスピードまで連れて行ってくれます。そんな4サイクルのJOGの実燃費は45~55km/Lと、とても低燃費です。これならちょっとした遠出も楽しめそうですね!

4サイクルのJOGもスクータータイプなので、スピードを上げると燃費が悪化します。スクーターは構造上、スピードを上げるとエンジン回転数も上がってしまうからです。それにしても燃費がよくなるような技術が盛り込まれているJOGでは、アグレッシブに走っても、それほど燃費が悪化しないのも特徴といえるでしょう。

ヤマハ JOGの中古車情報

JOGの中古車相場は1~30万円です

車両価格:29.8万円(消費税込)

全体の流通量はかなり多めです。初代のJOGもレストアベースとして販売されていたり、4サイクルの新しいタイプなども混在しています。値段の傾向としては、レストアベース車や要整備車などは低価格帯の3万円までといったところです。しかし、中には2007年モデルの4サイクルの走行距離20,000km以下の程度の良いJOGなども混在しています。

一般的には年式が若い低走行車から高値が付きますが、JOGの場合はお店によって、さまざまな値段が付いています。新旧問わずさまざまな値段で売らられています。もしも少しでも安く手に入れたいのであれば、気になるモデルを安く販売しているお店を探すことでしょう。

6万円以降は4サイクルモデルがメインとなってきます。お店によってはバッテリー新品や、スクーターなら消耗品である駆動系(ドライブベルトやウエイトローラー)が新品に交換済みなどのJOGも選択肢として増えてきます。

8万円までは走行距離10,000km以下のワンオーナーの4サイクルのJOGが占めているので、程度の良い4サイクルJOGをお探しの方はこのあたりから探しましょう。10万円まではほぼ新車並の2ストJOGがチラホラ出てきます。2ストJOGがいまだ人気の証拠でしょう。

ちょっとお値段が飛んで30万円のJOGは初代の新車となっています。奇跡的に何十年も保存されていた、きれいなJOGなので、価値は十分あるでしょう。

車両価格:29.8万円(消費税込)
支払総額:32.1万円(消費税込)

JOG ZRの中古車相場は3~30万円です

車両価格:9.8万円(消費税込)

現在でも性能の高さと格好良さから人気のJOG ZR。流通台数はそこそこです。低価格帯は整備やレストア前提の不動車や、ボディに傷みが見られる現状車というものが占めています。5万円を超えると程度の良い車両も混在し、中にはピカピカに手入れされたJOG ZRも。

8万円あたりでは状態の良いきれいな車体が占めているので、なるべくいい状態のJOG ZRの購入を考えるならこの価格帯がおすすめです。10万円あたりでは程度の良いノーマル車で、12万円以上となるときれいなカスタム車ばかりです。

車両価格:29.8万円(消費税込)

JOG アプリオタイプ2の中古車相場は3~12万円です

JOG ZRよりも流通台数の少ないJOG アプリオタイプ2。JOG ZRと比べ全体的にきれいな車体ばかりです。7万円までのJOG アプリオタイプ2はどれもそこそこな車体となっています。それ以上のJOG アプリオタイプ2は、駆動系のリフレッシュ済み車両や、ブレーキリフレッシュ済み、外装も新品に交換済みなど、どれも手厚い整備をされているので、安心して購入できるでしょう。

やはりJOG ZRに比べてJOG アプリオタイプ2の方が、程度に対する価格がお手頃となっていることがわかりました。JOG ZRの購入を考えている人は、JOG アプリオタイプ2も検討してみてください。エンジンが同じなので、キャブレターやチャンバーなども同じものが使用できます。

2ストJOGを購入する際の注意

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/K-4TUiFFO4Y" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

2サイクルエンジンのメリットは、パワーがあることですが、デメリットとして耐久性に欠け、寿命が短くなる傾向があります。しかしJOG系の2サイクルエンジンは比較的、寿命が長いともいわれておりますが、購入時は注意が必要です。

特にご自身で整備することを前提で、状態の悪いJOGを購入する場合は、エンジンの音をしっかり聞いておきましょう。「ガラガラ」や「ウイーン」といった、本来ならしないような音が出ているケースでは、エンジンの故障が考えられます。エンジンをバラしてパーツの交換ができる人ならかまいませんが、それができなければエンジン載せ替えです。

エンジンの値段はそこそこします。JOGユーザーさんなら故障する度に、エンジン載せ替えしている人もいるでしょう。エンジンを分解して、壊れたパーツだけを交換する手間よりも、中古エンジンに載せ替えた方が早いため、エンジンの消費量も多くなる傾向があり、最近では程度の良いエンジンも減ってきているので、エンジンの値段は高騰しています。

エンジンを載せ替えたことで、程度の良い中古車が買えるくらいの金額が掛かってしまうこともあるので、ここは慎重にエンジンの状態を把握しておいたいところです。

JOG ZRとZR仕様は違うので注意しましょう

普通のJOG ZRにリアスポイラーを付けて、JOG ZR風の外観にしているJOGが販売されています。これは「JOG ZR仕様」となっているので、JOG ZRの性能にこだわっている人は注意してください。フロントのディスクブレーキやキャブレターなどのパーツが違っているので、JOG ZRよりも性能面で劣ってしまう傾向があります。

ドレスアップを楽しむなら6代目リモコンJOGがおすすめ!

JOG史上、男前キャラのリモコンJOG。特に最高グレードのJOG ZRエボリューションのカスタムパーツは豊富なラインアップがあります。ローダウンやロンスイなど、形を変えるのならリモコンJOG ZRが一番楽しめると思います。

速さを求めるなら4代目JOG ZR、JOG アプリオタイプ2がおすすめ!

排ガス規制前の4代目JOG ZRと同じエンジンを搭載したJOG アプリオタイプ2。この2車種はJOG史上、一番の俊足の持ち主です。乗り慣れていない人にとってはフル加速が怖いと感じるレベルでしょう。スクーターレースなどでもやはり、多くの方がこの2車種をベースに改造しています。ノーマルでも十分に速いのですが、さらなるパワーを求めることも可能です。ボアアップキットの販売もされています。

燃費を狙うなら4サイクルモデル

燃費の良い4サイクルエンジンをFI(フューエルインジェクション)で適切な燃料をコントロールしている7代目以降のJOG。6代目までの速さはありませんが、燃費の良さは抜群です。誰にでも走りやすいハンドリングと扱いやすいエンジンとなっています。お買い物や通勤通学にピッタリなモデルです。

バイクが欲しい方や修理などで気軽にお問い合わせできるバイクショップをご紹介しておきますのでチェックしてみてください。

快適なバイクライフを、バイクの事なら【Bike Shop MONX】 日々のメンテナンスからエンジンの不具合。また、ヴィンテージバイクの販売等、何でもお問い合わせください。

ヤマハ JOGのバッテリー交換

4サイクルモデルのCE50は交換3分!

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/5XGVrJp5jEo" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

4サイクルJOGのバッテリー交換はとっても簡単です。普段、足を置いているフロアに蓋があります。よく見るとヘキサゴンレンチ(六角レンチ)で止まっていることがわかると思いますが、それを2本緩めましょう。そして蓋の隙間にマイナスドライバーを突っ込んでこじ開けてください。ピッタリハマっていると思います。

蓋が開けばバッテリーのマイナス側からケーブルを外しましょう。バッテリーとケーブルはネジで止まっているのでプラスドライバーでネジを外してください。ケーブルが外れたら次はプラス側を同じ要領で外しましょう。ゴムカバーを剥くようにするとネジが現れます。

ケーブルが外れたら、手でバッテリーを掴みあげましょう。指を掛けるスペースが少ないのでちょっとやりにくいかもしれません。滑り止め用にラバーの手袋をしておけばやりやすいでしょう。片手で持ち上げるので、落とさないように注意してください。

無事にバッテリーが取り外せたら今度は逆の手順で装着します。新品バッテリーを搭載し、プラス側からケーブルを繋ぎましょう。ネジ止めができたらしっかりゴムカバーを被せ、マイナス側をネジ止めします。最後はフロアの蓋をしたら終わりです。

CE50 JOGのバッテリーサイズは「5L-BS」メーカーによって表記が違います

FURUKAWA [ 古河電池 ] シールド型 バイク用バッテリー FTX5L-BS

¥6,159

販売サイトへ

バッテリーサイズはバッテリーメーカーによって表記が違います。例えばCE50 JOGが使用するバッテリーはサイズは「5L-BS」ですが、ACデルコ製は「DTX5L-BS」、古河電池なら「FTX5L-BS」、GS YUASAなら「YTX5L-BS」の表記です。このように、5L-BSの前につくアルファベットがメーカーによって違います。

バッテリー交換にチャレンジしませんか?

以上のことを参考にすればご自身でできると思います。しかもインターネット通販を利用すれば、メーカーにこだわらなければ2,000円程度でバッテリーを手に入れることも可能です。じゃあやってみよう! と、いざ交換してみるとある問題に直面すると思います。それは、古いバッテリーはどうしたら良いの? ということです。

意外と処分に困ります。この解決策としては、ガソリンスタンドや、カー用品店、バイク屋さん、車屋さんなどに引き取ってもらうことです。店員さんに聞きいてみてください。おそらく喜んで引き取ってもらえるでしょう。何故かというと、バッテリーは回収業者が買い取ってくれるので、利益が出るからです。

ヤマハ JOGのまとめ

長い歴史のあるJOGシリーズ。2サイクルモデルは若者を中心にヒットし、パワーや格好良さを追求した原付でした。特に90年代のホンダ DIO ZXとヤマハ JOG ZRのHY戦争(ホンダ ヤマハ戦争)はなかなかの見ものです。お互いどんどん高性能なスクーターと化していく姿は、ユーザーとってはワクワクが止まりません。

結果、排ガス規制の強化をキッカケにこの争いは自然消滅しましたが、排ガス規制前のJOG ZRの加速は今の125ccにもないようなインパクトのあるもので、原付の法定速度である30km/hを一瞬で超えてしまうほどです。このようにJOGの歴史を見ることで、時代の移り変わりを楽しむことができます。JOGは今後、どのような進化を遂げるのでしょうか。目が離せません!

大学生などに大人気の原付ですが、実際に買うとなったらどう選べばいいか、何がいいのかなど疑問ばかりですよね。人気の原付やおすすめの原付などをまとめました。バイク選びの参考に是非してください。