【いすゞ ミュー】謎多きその実態に迫ります!

いすゞから発売された、コンパクトなSUVであるミューという今ではなかなかお目にかかれないレアな自動車の魅力に迫ります。SUVの性能とコンパクトな取り回しの良さなど、現代のユーザーのニーズにマッチするポイントが多数存在する点も見逃せません。

いすゞの隠し玉ともいえるミューの実力とは?

出典:http://www.goo-net.com/car/ISUZU/MU.html

現在ではなかなか見ることが出来ないような、不思議な形をした自動車がミューです。ミステリアスとユーティリティの頭文字をとって「mu」と表記されボディサイドにもデザインされています。SUVの形に2ドア(3ドアのラインナップもあります)のフォルムでコンパクトありながら本格的な4WD走行も可能にするいすゞが販売したまさに隠し玉ともいえる自動車です。タイで製造販売されているミュー7と呼ばれる大型7人乗りのSUVも存在しているが略称が似通っているのみで全くの別車種となっております(ミュー7と後継車種と言われるミューxに関してはいすゞの海外市場向けの車種という位置づけになっています)。

スペックなどから見る性能とは?

1989年の初代登場では2.6Lに120馬力のガソリン車と2.8Lに110馬力のディーゼル車の2タイプが出ていました。内装は2人乗り2ドアタイプと3ドアの4人のりの2タイプで構成され、当時人気が高かったクーペなどのスポーツカーとはまさに真逆の方向性で注目を集めていました。その後1998年のマイナーチェンジによってすべてのラインナップの排気量が増え、3.2Lの排気量に200馬力を突破するガソリン車と3.0Lディセル車の2タイプへ大幅な変更がなされました。特にガソリン車に関しては、大きさに対しての馬力が非常に大きく大変パワフルで走行時、他車を圧倒できるほどの存在感がありました。
派生モデルとしてのちに独立した名称となったミューの5ドアバージョンでもあるウィザードが存在している。

大きな特徴でもあるボディサイズの利点とは?

出典:http://www.carsensor.net/catalog/isuzu/mu/F002/M002G002/

ミューの一番の特徴はやはりなんといっても、その大きさです。もちろん国内SUVを調べれば三菱のパジェロやTOYOTAのランドクルーザーなど大型SUVはいくつもありますが、維持費や女性が運転する事を考えるとどうしても手が出せなかったなどの経験をお持ちの方は少なくないはずです。また車体が適度なサイズなため、燃費の当時としては非常に良好で10Km/Lを超える個体も少なくありませんでした。取り回しも非常に良く「目線が高い割によく言うことを聞いてくれる」車というのが特徴として挙げられます。いすゞでは近い年代に「ビークロス」と呼ばれるこれもまた非常に個性的な車種が存在しますが、あまりに個性的なフォルム故に同等の大きさであっても完全にミューのユーザーとは好みが分かれてしまっている車種ともいえます。

ミューを中古で購入してコンパクトSUVライフを満喫しよう

中古車選びで失敗しない為に

出典:http://syaken23eni.biz/isuzu-mu-ues73ew-ucs69dwm-694.html

ミューやその兄弟車種でもあるミューウィザードは発表から2016年時点で20年近く経過している車両ではあるので、特に中古車選びでは注意が必要です。現時点では、中古車市場としてはミューの台数は非常に少ないというのが現状です。もちろんレアな車種であるという点が大きいのですがその割には価格設定は50万円前後と現実的に購入可能な価格帯を推移しています。選べる台数が少ない以上は一つ一つの車体をしっかりと確認する必要があります。特に、前ユーザーがオフロードなどを走行していた場合を想定しミッションやでデフなどの状態をしっかりと確認しておくことが重要でしょう。

中古車をお探しの方はこちら

ミューのライバル車種にあたるのは?

現在、ミューの一番近い車種というとパジェロイオやホンダHR-Vなどが挙げられるかと思います。また最近特にスズキのジムニーなどが軽自動車枠ではありますが、非常に人気を集め始めているためライバルとして扱える車種になるのではないでしょうか。

ミューの実力を引き出そうオススメのカスタマイズ

そのままでも十分個性的と言える車種ではありますが、さらに自分好みに改造をする事でより愛着がわきさらにカーライフを楽しむことが出来るようになります。ここでは様々なカスタマイズをオススメしてみたいと思います。

ヘッドライトやフォグランプでドレスアップ

今では当たり前になったHIDではありますが、ミューはヘッドライドが全車種ハロゲンになっています。安価で高性能なHIDキットなどを利用してドレスアップや視認性向上などに活用しましょう。特にオフロードや夜間走行などでは絶大な効果を発揮します。近年ではLEDなども非常に性能が向上しフォグランプやヘッドライトなどでも利用されるシーンが増えているのでライト周りの改造をしてみるのも面白いかもしれません。

GTX(ジーティーエックス) HIDキット 35W H4 Hi/Loリレーレス 6000K AIRシリーズ 極薄12.5mm 瞬間起動 完全防水 3年保証 ヘッドライト

¥4,522

販売サイトへ

【e-auto fun】車検基準 2016年5月に新登場(C5)一体式 超高輝度COBチップ搭載 12V専用 LEDヘッドライトH4 Hi/Lo切り替えタイプ50W (25W x2) 5600LM (2800LM x2) 6500k 2本セット 1年保証

¥3,399

販売サイトへ

適切なタイヤ選びが走りを左右します

SUV利用者の中で共通の話題としては「タイヤ」を上げる人は多いのではないでしょうか。走行性能はもちろんのこと、燃費や安全性にも大きく影響をするパーツの一つです。傷みやパンクなどのトラブルに巻き込まれない為にも必ずチェックしておきたい項目の一つです。

サマータイヤ SUV 4WD 245/70R16 107S A/T トーヨー トランパス

¥12,000

販売サイトへ

スパークプラグ交換で燃焼効率UP!

エンジン性能を引き出す一つの方法として、スパークプラグの交換があります。純正でももちろん走行可能ではありますが、より正確な燃焼を行える高効率なプラグに交換する事でエンジンのフィーリングは大きく変化することが多く、費用対効果の高いカスタマイズと言えるのではないでしょうか。

NGK ( エヌジーケー ) イリジウムMAXプラグ (ターミナルポンチカシメタイプ) 1本【3638】BPR5EIX-11P

¥1,022

販売サイトへ

今ではなかなか感じられない「楽しさ」を持った車なんです!

出典:http://www.carsensor.net/catalog/isuzu/mu/F001/M002G010/

大きさや性能はもちろん、燃費などの維持費の面に関して現在でも十分に通用する非常に魅力的な自動車となっていますが、このミューに関しては特にオススメできるポイントとして「内装」が挙げられます。もちろん当時のデザインですのでそれなりの古さを感じるかとは思いますが、これを「味」と感じて利用する事も自動車を運転する楽しみとしては有りなのではないでしょうか。現代の近未来的なデザインはもちろん機能的で素晴らしいですが、ワイルドで無骨な内装も運転を楽しくさせてくれる要素の一つなのではないでしょうか。