【ポンティアック ソルスティス】ポンティアックの忘れ形見の魅力とは?

アメリカの自動車会社ゼネラルモーターズのブランドの一つであるポンティアック。1960年代から80年代にかけてはトランザムやファイアーバード等を生産し全盛期を迎え、2010年に幕を下ろした同ブランドの最終期に生産されたスポーツクーペ、ソルスティスの魅力に迫ります。今回は各グレードごとの詳細な車体スペックから中古車情報をご紹介します。

ポンティアック ソルスティスとは

出典:https://pbs.twimg.com/media/CRSHu7EUcAEUWPP.jpg:large

ソルスティスがはじめて大衆の前に現れたのは2002年の北米国際オートショーです。
マツダのロードスター1強状態だった「二人乗りオープンタイプの小型スポーツカー」というジャンルに果敢にも挑戦したアメリカ車となります。
小型車ながらポンティアックのブランドイメージに沿ったスポーティなデザインが好評を得て、2004年に正式モデルが発表、2005年から販売開始されました。
2007年に公開されて大ヒットとなった映画トランスフォーマーではオートボット総司令官の副官役、ジャズがショーウインドで見かけたソルスティスに変形する事でも知られています。

ポンティアック ソルスティスの特徴

ポンティアックブランドのアイデンティティである2つに分かれた特徴的なフロントグリルを継承し、ロングノーズにショートデッキ、前後のオーバーハングを切り詰めて4輪がギリギリまで車体の隅に配置されているスポーツカー然としたデザインが特徴です。
この美しいデザインはフェラーリ等を手掛けている事で有名なピニンファリーナが担当しています。
18インチの大径ホイールを着用、エンジンには2.0Lと2.4Lの2種類の直列4気筒DOHCエンジンが用意されています。
トランスミッションも5速MTと5速ATの2種類が選択できました。
そしてソルスティス最大の特徴といえるのが車体重量約1.3トンという軽量さが挙げられます。
この素材の良さを活かしてドリフト競技やロードレース等モータースポーツの分野でも幅広い活躍を見せました。

ポンティアック ソルスティスにはどんなグレードがあるの?

出典:http://blog.livedoor.jp/auto2014/archives/1044017585.html

予約が開始されてからわずか41分で完売したというポンティアック晩年の大人気モデルです。
累計で6万台以上生産されましたがそのほとんどは屋根が開いた状態を前提に作られたコンバーチブルモデルとなっています。
コンバーチブルモデルの特徴は屋根がソフトトップとなっていて、これはコスト高騰を防ぐためや徹底した軽量化を図るために採用されたといわれています。

約1,200台しか生産されなかった幻のクーペタイプ

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%BD%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B9

販売が好調であったことから2009年モデルからデタッチャブルタイプのルーフを持つクーペタイプもラインナップに登場しました。
このクーペタイプはエンジンや車体スペックはコンバーチブルモデルとほぼ一緒となっており、取り外し可能なルーフトップを採用していて外の風をダイレクトに感じながら走りを楽しめるのが特徴です。
しかし、このクーペタイプ生産開始からわずか1年程度で生産工場の閉鎖と親会社であるゼネラルモーターズの経営不振が合わさって生産終了となってしまいました。
このクーペタイプは累計生産台数わずか1,200台程度というフェラーリF40並みの希少価値の高い自動車になってしまいました。

ポンティアック ソルスティスは輸入された?価格はいくら?

ポンティアックブランドは2000年をもって日本市場から撤退しています。
よってソルスティスは日本では正規販売されていないモデルになります。
しかし本国アメリカでの評判を聞きつけたカーマニアが個人輸入で購入したものや並行輸入会社が輸入した少数の個体が日本市場でも出回りました。
その販売価格は約400万円程度でした。

現在ポンティアック ソルスティスを入手する方法は?

出典:https://pbs.twimg.com/media/CNQq_urUEAAbO3_.jpg:large

軽量なボディとFRの組み合わせによる運転の楽しさ、映画でも話題になったスタイリッシュな外見と、とても魅力的な自動車であるソルスティスですが、現在は生産が終了しているモデルになります。

ポンティアックブランドは2010年に消滅。現状は中古車でのみ入手可能です。

前述のように2010年にソルスティスは生産が終了しています。
そしてポンティアックブランド自体が同年に廃止されているので、恐らくこれからも新モデルの発表は期待できないでしょう。
2016年現在入手するためには中古車を探すしかありません。

極少数ですが中古車情報あり!

日本では正規販売されていないモデルでもありますので中古市場で出回っている個体はとても少数になります。
しかし現在GooNetに2台の中古車情報が載っています! 興味のある人は早めにチェックしておきたいですね。
販売価格は約220万円と280万円程度と生産終了から5年以上経っているのに新車より少し安い程度となっています。

全国のポンテアックソルスティスの中古車情報(1〜2件)はGoo-net(グーネット)。価格・年式・走行距離からご希望の車を検索・見積りできます。中古車物件情報が30万台!全国のポンテアック(ポンテアックソルスティス)の中古車検索・見積りなら日本最大級の中古車情報サイトGoo-net!

まとめ

2010年に惜しまれつつも84年の歴史に幕を下ろしたポンティアック。
ソルスティスはその最晩年を飾るに相応しい名車といえます。
また比較的手ごろな値段で手に入るスポーツカーとしても十分な性能を誇り、美しいピニンファリーナデザインの外見はこれからも古さを感じさせる事はないでしょう。
アメリカ車好きだけでなく、ちょっと変わった自動車のオーナーになってみたいオシャレ志向の人にもぴったりの車で、中古で出回っている今は入手のチャンスかもしれません。