【ホンダ クロスツアー】世界各国で販売されているSUV!

あまり聞いたことのない車名「クロスツアー」。このクロスツアーは、アメリカをはじめとした海外で販売されていた車なのです。ではいったいどんな車なのか、探っていきましょう。

ホンダ クロスツアーは日本では手に入らないSUV。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%83%84%E3%82%A2%E3%83%BC

本田技研工業(以下ホンダ)が製造・販売しているのが「クロスツアー(Crosstour)」です。クロスツアーは発売当初、「アコードクロスツアー(Accord crosstour)」として販売されていたのですが、2012年にフルモデルチェンジされたときから、アコードの車名が外されて、独立車種となりました。クロスツアーは、HONDA OF AMERICA、つまりUSホンダが作っているクルマということもあって、日本での販売はされていません。手に入れるには個人輸入など方法をとるしかなく、そこだけでかなりの経費が掛かってしまいます。欲しくてもなかなか手に入らないとあって、日本でもいわゆる”逆輸入車”は、コアなファンには人気の車種となっています。

ちなみに、日本ではかつて、「クロスロード(Crossroad)」という車が同じホンダから発売されていましたが、名前が似ているだけで実は違う車です。クロスロードをクロスツアーと勘違いして、ディーラーに新車を求めに行ったり、中古を探したりといった方が少なからずいたようです。

クロスツアーとはいったいどんな車なのか。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%83%84%E3%82%A2%E3%83%BC

アメリカン・ホンダモーター(以下、USホンダ)は、2009年秋にフルサイズクロスオーバー「アコードクロスツアー(Accord crosstour)」を販売することを発表し、話題となりました。その価格と車両サイズは、ホンダ・パイロットの上位モデルに当てはまり、非常に注目を集めました。アコードの冠がつくように、アコードセダンをベースとした「ファストバックスタイル」の5ドアハッチバックとなっています。非常に独特のデザインとなったのが、リアハッチ。なだらかなルーフラインと大型のフロントグリルが特徴とあって、どの独特のデザインにはかなりの注目が集まったのです。また、このとき、同時期発売されたクロスオーバーがありました。それが「アキュラ ZDX」です。しかし、「アコードクロスツアー」と「アキュラ ZDX」は、プラットフォームから異なっており、全く異なるものでした。この2車種は、それぞれのブランドイメージに沿った造りと仕様が設定がされています。
さて、クロスツアーの動力性能は、当初J35A型のV6 3.5L SOHC i-VTEC VCMと5速ATとの組み合わせのみというものでした。駆動はFFと4WDの2モデルがあり、4WDは「リアルタイム4WD」となっていました。
ちなみに、現在でもアメリカやカナダ・ロシア・メキシコ・中国・韓国といった国々で販売されています。これらの国で販売されるクロスツアーの生産は、アメリカ・オハイオ州のイーストリバティ工場や、中国・広州の向上で行われています。

しかし、アメリカ本土での販売は振るわず、登場から1年後の2010年には、35,000台/年であった目標販売台数を、30,000台/年に下方修正しました。また、2011年1-7月期の販売台数は11,518台にとどまっており、前年同期の15,655台からさらに減少してしまい、翌年のマイナーチェンジへとつながっていくのです。

マイナーチェンジ後のクロスツアー

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%83%84%E3%82%A2%E3%83%BC

2012年にはマイナーチェンジされ、直4 2.4L DOHC i-VTECエンジンを搭載するFFのEXとEX-Lグレードが追加されました。つづいて、2013年モデルにてフェイスリフトを受け、エクステリア、インテリアデザインがさらに磨きがかかるようになりました。また、V6モデルでは日本やF1マシンでもおなじみの、「EARTH DREAMS TECHNOLOGY」と称する技術が導入され、改良した3.5L SOHC i-VTEC 直噴 VCM(3気筒と6気筒の2段階)が新たに搭載されました。これにより、前モデルよりパワーが7hp向上し、燃費も向上しています。トランスミッションもV6モデルは、パドルシフト付6速ATが新たに採用されています。オプション扱いだった、リアビューカメラや広角ドアミラーが全モデル標準装備となり、上位モデルでは、前方衝突警報(FCW)や車線逸脱警報(LDW)・LaneWatchブラインドスポットディスプレイなどが新たに搭載されるようになったのです。

しかし、残念ながら2015年モデルをもってクロスツアーは生産終了となり、その歴史に幕を下ろすこととなったのです。

クロスツアーは日本の中古車市場でもあるの?

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%83%84%E3%82%A2%E3%83%BC

クロスツアーがほしい! でも個人輸入はちょっと・・・という方は、中古車市場を探してみましょう。2016/7/19現在、1台だけあります。その価格、329万円。乗り出し価格360~370万円といったところでしょうか。本国アメリカでも生産が打ち切られているので、なかなか手に入れるのは難しいかもしれません。

アコードクロスツアー(米国ホンダ)の中古車に関する情報が満載。アコードクロスツアーの中古車検索や中古車販売などの中古車情報なら「カーセンサーnet」!リクルートが運営する中古車情報のサイトです。アコードクロスツアーの中古車が様々な条件で検索可能。あなたの車選びをサポートします。

まとめ

出典:http://s.webry.info/sp/sunbrite.at.webry.info/201407/article_21.html

ホンダ クロスツアーについてご紹介しました。現在ではアメリカ本国でも新車は手に入らないとあって、日本で乗ることは難しいのかもしれません。それでもほしいと思った時に中古車市場を探してみると意外とあったりするので、チェックはしておいて損はないのかもしれません。