【ホンダ レブル250】軽快に低燃費にハイパワーに走れるアメリカン!

ザ・ジャメリカン! アメリカンだけど並列2気筒とスタイル! スポーティーなエンジンフィーリングにホンダらしさが垣間見える250ccアメリカンクルーザーのレブル250とはどんなバイクか? その魅力を探っていきましょう。

ホンダ レブル250のスペック

レブル250の販売期間は1985年~2000年

レブル250は1985年~2000年と長い期間販売されていた250ccのアメリカンバイクです。他メーカーはアメリカバイクにはV型2気筒エンジンを搭載することが多いのですが、レブル250は並列2気筒エンジンを搭載していることが特徴といえます。ちなみに海外ではCMX250として現在も販売されている、ホンダのロングセラーモデルです。

初期型は加速ポンプ付きのシングルキャブレター、後期型はツインキャブレターが採用されています。キャブレターを変更した年式は1986年です。ツインキャブレターのレブル250に加速ポンプ付きのシングルキャブレターに交換することが流行したこともあります。これは加速ポンプが付いているシングルキャブレターの方が、エンジンレスポンスが良いからです。ただし、カタログ上ではツインキャブレターの方が燃費と馬力がアップしています。

レブル(Rebel)ってどんな意味?

レブル250のレブルとは「Rebel」と書きます。和訳すると「反逆者、反抗者」という意味のようですが、これは「うちはV型2気筒じゃなくて並列2気筒で勝負だ!」というホンダの他メーカーへの反抗心から由来しているのでしょうか? 真相はわかりませんが、そんな気がしますね!

ホンダ レブル250の新車価格

レブル250には二種類あり、スタンダードな「レブル」は339,000円、白いボディに金をあしらったゴージャスな「レブル スペシャル」は349,000円でした。

レブル250前期(シングルキャブレター)のスペック 1985年~1986年

型式:MC13
全長(mm):2,115
全幅(mm):815
全高(mm):1,100
軸距(mm):1,460
シート高(mm):660
車両重量(kg):147
燃費(km/L):55.0(50km/h 定地走行テスト値)
エンジン:4サイクルOHC2気筒 233cc
最大出力(PS/rpm):21/8,500
最大トルク(kg-m/rpm):2.0/7,000
始動方式:セル
燃料タンク容量(L):10
フロントタイヤサイズ:3.00-18-4PR
リアタイヤサイズ:130/90-15 66P

レブル250後期(ツインキャブレター)のスペック 1986年~2000年

型式:MC13
全長(mm):2,115
全幅(mm):815
全高(mm):1,100
軸距(mm):1,460
シート高(mm):660
車両重量(kg):148
燃費(km/L):55.2(50km/h定地走行テスト値)
エンジン:4サイクルOHC2気筒 233cc
最大出力(PS/rpm):22/8,500
最大トルク(kg-m/rpm):2.0/7,000
始動方式:セル
燃料タンク容量(L):10
フロントタイヤサイズ:3.00-18-4PR
リアタイヤサイズ:130/90-15 66P

ホンダ レブル250の燃費は?

レブル250の燃費は30km/L~40km/L

シングルキャブレターもツインキャブレターも大差なくストップアンドゴーの多いシチュエーションでは30km/L~35km/Lほどで、バイパスや田舎道のようなアクセル開度が一定に保たれているような条件では35km/L~40km/Lほどとなっています。とても燃費が良いといえるでしょう。この燃費は気候が暖かい春~秋にかけての数値です。しかし冬はちょっと事情が違います……。

レブル250は冬場が苦手! 燃費が悪化する季節!

気温の低い冬場は、十分にキャブレターが暖まらないと走行ができませんが、レブル250の場合は、十分に温まるまで15分~30分ほど暖気の時間が必要です。30分はいい過ぎじゃない? と思うかもしれませんが、冷え込んでいるとそれくらい時間がかかります。寒さに弱いキャブレターの構造なのでしょう、冬場など通勤通学で使用する場合はお湯をキャブレターにかけるなどして温度を上げるような対策が必要です。

長いと30分もチョークを引きっぱなし(燃料の噴射量を上げる)で暖機運転するので、さすがに冬場は燃費が悪化します。ひどいと20km/L台まで下がってしまうでしょう。そのかわり暖かくなると、エンジンのかかりは良いので燃費も上々です!

ホンダ レブル250のインプレ

満足している点
小さくて小回りが利く
パラレルツインの音がいい
意外と力がある
燃費がいい

出典:www.bikebros.co.jp

低回転だとドコドコとアメリカンな排気音ですが、高回転域ではレーシーなスポーツバイクのようなサウンドに豹変します。この高回転域では意外なパワーを感じるのですが、2気筒のスポーツバイクのようなサウンドも楽しめるので二度美味しいバイクといっても良いでしょう。

・乗り方によっては1Lで40km/Lを超える。
・低速低回転域でのトルクが大きいので加速は良い方。
・不人気車のため中古価格が同クラスアメリカンよりも安い。
・走行が5万近いのに機械系統のトラブルが全く無い。
・個性を堂々と主張できるくらい見かけない。

出典:www.bikebros.co.jp

高速道路では燃費が50km/Lを超えたこともあるようです。もともと2気筒のエンジンは燃費がいい傾向がありますが、レブル250は特に燃費が良いようですね! 低速でもストレスなく吹け上がるエンジン特性はアメリカンというよりもスポーティーな印象を受けると思います。

ツーリングでは優越感を感じるなんて面は無いがバランスが良く「倒せる」アメリカンである 峠のコーナーや交差点での回頭性能は凡百のアメリカンカテゴリーでは高いほうだ しかしやはり250cc 薄いトルクと伸びないエンジンはちょっと厳しい面もある カテゴリーはアメリカンではあるが普通のロードバイクだと思ったほうが長く付き合えるのだと思う

出典:review.kakaku.com

軽量で小柄な車体なので、峠などでも気持ちよくパタパタと車体を寝かせるような走りができるのもレブル250の魅力でしょう。他メーカーのアメリカンにはない軽快な走りがレブル250の特徴です。

ホンダ レブル250の評価

まず購入するなら、エアーフィルターなど必要不可欠な消耗品が手に入るか? ここから考える事だ。床の間に飾るんではないんだから、快適に走らせる為に最低限必要な消耗品がメーカー廃番なら、その絶版中古車は非常に 維持に苦労がかさむ。
最終型でも消耗品欠品があるんではないか? エアーフィルターをウレタンフォームを使って代用した場合、吸気効率が変わったりして複雑なキャブレターセッティングが必要だったり不調になる場合もある。
ビンテージバイクや絶版中古車に隠されたデメリットの決定版がこれなんだ。現行車なら難無く入る部品も作業も出来ないのだ。

出典:www.bikebros.co.jp

消耗品は今のところ在庫があるようです。もしも欠品した場合でもCMX250のパーツを流用することができます。海外からの取り寄せになりますが、手に入らないよりはマシでしょう。また、エアクリーナーは汎用品や他車用も流用可能ですし、キャブレターのセッティングに必要なジェット類も国内で入手可能です。意外と安心できますね。

バイクに慣れる為に まずは少し小さめのバイクに乗って練習しようって感じの方にはとても良いバイクかと思います☆ スクーター感覚で 近所に買い物へ行ったり出来るし……。万が一の時には高速にも乗れるし…。まぁ~DS/シャドウ/ハーレーなどのアメリカンに乗りたいけどイマイチ運転に自信が無いとか……。お金が無い人なんかには良いバイクかも知れません……。

出典:review.kakaku.com

小柄で軽量な車体なので、気軽にお買い物などへも出掛けられるバイクでもあります。アメリカンなので足を前方へ出すようなライディングポジションなので長距離も楽です。ただし、車体が小さいので身長が大きい人には不向きな姿勢となる傾向もあります。購入前に跨ってみて、ポジションがキツくないかチェックした方が良いでしょう。

ホンダ レブル250の中古車情報

レブル250の中古車相場は9万円~39万円です

9万円台では要整備車(レストアベース車)も少し含まれていますが、20万円までは走行距離が少ないものから30,000kmまでのレブル250となっております。値段の幅は広いのですが、お店によって値段の付け方がハッキリ別れているようで、同じようなレブル250でもA店では10万円、B店では20万円と大きく差がついているもの特徴です。これはレブル250への価値観の違いもあるでしょう。

このように販売価格の差を見ることで、プレミア価格を付けているお店とそうではないお店があるということがわかりました。もう販売されていないレブル250は、この勢いだとそのうち全体的にプレミアが付くでしょう。39万円までの高価格帯では、ノーマルで10,000km以内のきれいな低走行車が占めております。この値段を見てもやはりレブル250はプレミア車という認識で良いでしょう。流通量は少ないというほどではありません。探せばきっとお気に入りのレブル250が見つかるはずです。

カスタム車もチラホラ

中古車相場の中で、目立つのはカスタム車です。小型のタンクにチョッパースタイルなど、ワンオフパーツを使用しカスタムされたレブル250も混在していますが、その価格もバラバラです。カスタムしていることで値段を下げているお店や、カスタムしていることで値段を上げているお店(あくまでも推測ですが)などハッキリ別れています。

カスタム車をお探しの方は値段と車体の状態で悩むと思いますが、じっくり考えて納得の上で中古車選びをしましょう。

ホンダ レブル250のカスタム例

カスタムベースとしても人気のレブル250ですが、専用のカスタムパーツの流通が少ない傾向もあります。ガソリンタンクやフェンダーはワンオフ製作となることが一般的ですが、カスタムの例をいくつかご紹介しましょう。

レブル250はワンオフだから個性が楽しめる!

Photo by yorozuyaworks

専用パーツが少ないとなんだか改造が難しそうに感じますが、基本的にはレブル250の改造は非常に簡単です。特にレブル250のようなネイキッドタイプは溶接技術があればどうにでもなります。こちらのレブル250は1985年式のレブル スペシャル(ゴールドのエンジンヘッドがその名残)がベースなのです。ガソリンタンクはスポーツスター風のタンクを用意し、取り付けステーだけレブル250に合わせて溶接、その要領でフラットリアフェンダー、ソロシートも装着しております。

ワンオフといってもサイズが合っていて、他車用でも取り付けステーをレブル250に合わせてあげれば装着が可能です。イチからパーツの作製するわけではないので意外と簡単にできます。パーツは車種専用品ではないので、裏を返せばオリジナルというわけです。このことから個性を出しやすいともいえます。

レブル250のマフラーは基本的にワンオフだけど……

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/OshrGpRnZHY" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

ノーマルでも重低音の強いマフラーですが、ストレートマフラーにすることで、アメリカンらしい重低音の効いた迫力のエキゾーストノートを手に入れることができます。残念ながら社外マフラーはあまり販売されていないレブル250では、ワンオフでマフラーを作ることになるでしょう。定番は、純正のサイレンサー部のみカットし、そこにオリジナルのサイレンサーを溶接する手法です。

Bruce & Shark(ブルース・サメ)バイク・オートバイ用 2個 金属製 マフラー 本田 レブル CA250 CMX250 1985-2014年式 用

¥13,900

販売サイトへ

レブル250唯一の社外品マフラーがブルース&シャークから販売されています。レブル250用の社外マフラーはおそらくこのモデルくらいでしょう。お値段も手頃なので、レブル250乗りは即ゲットしておきたいところですね!

【灯火類】汎用パーツを使ってカスタムを楽しもう!

バイクパーツセンター 汎用 ヘッドライト ベーツライトAssy H4バルブ ブラック 4.5インチ 313111

¥2,690

販売サイトへ

アメリカンスタイルのレブル250の場合、ヘッドライトは小さいタイプがよく似合います。ちなみにレブル250の純正ヘッドライトは暗い傾向があるので、どうせなら光量も増やしたいところです。ヘッドライトは汎用品を利用することができるので、お好みのものを装着しましょう。

130Φ ビンテージ タイプ ヘッドライト イエロー レンズ バイク オートバイ 汎用

¥2,970

販売サイトへ

古いレブル250には、ヴィンテージ感たっぷりなイエローのヘッドライトもよく似合います。イエローのように色付きのレンズの場合は、光量アップは狙えなくてもドレスアップ効果は抜群です。

【Zeile's】 汎用 ビレット テール ランプ ダイヤモンド カット レンズ バイク アメリカン カスタム ナンバー ステー

¥2,980

販売サイトへ

レブル250はリアフェンダーの下に大きなテールランプが特徴的なので、小振りなタイプに変えることで印象もガラッと変わります。純正のステーを利用すればそれほど難しくはないカスタムです。

バイクが欲しい方や修理などで気軽にお問い合わせできるバイクショップをご紹介しておきますのでチェックしてみてください。

快適なバイクライフを、バイクの事なら【Bike Shop MONX】 日々のメンテナンスからエンジンの不具合。また、ヴィンテージバイクの販売等、何でもお問い合わせください。

ホンダ レブル250のまとめ

各メーカー250ccアメリカンを用意していますが、レブル250はその中でも値段がお手頃なのが魅力でしょう。エンジンは並列2気筒を採用しているので、ホンダらしいスポーティーな走りが楽しめます。個性的なアメリカンに乗りたい、気軽にアメリカンを楽しみたい、アメリカンに乗りたいけれどキビキビと走りたい、という人におすすめです。この機会にホンダらしさあふれるアメリカンを感じてみてください!