モトコンポをトランクに詰めていざ出発!販売情報からケア方法、EV情報も!

原動機付自転車の代表格といえばカブと、モトコンポですよね! モーターバイクを略したモトに当時流行っていたオーディオ機器のコンポを合体させたという名前と、それに負けない可愛くてオシャレな姿は現在でも人気があり、最近ではEVになるという噂まであります。そこで、日常の足としてモトコンポを選ぶ人が増えるように、その魅力に迫りましょう!

ホンダ モトコンポとは?

1981年にホンダから発売されたモトコンポは、同社のコンパクトカーであるシティのトランクに載せて運ぶというコンセプトから生まれた原動機付き自転車になります。当時の販売価格は8万ということで、値段としてはそんなに高くなかったのですが、あくまでシティのおまけとして見られることが多く、あまり人気にはなりませんでした。見が目は当時流行していたオーディオ機器コンポに似ていて、とても可愛いのですが、あまり魅力には思われなかったようですね。

残念ながら5万台以上生産されたのち1985年に生産終了となっているのですが、販売終了後にその独特の特徴やコンセプトから根強いファンが残っており、アニメなどの影響もあってか、オークションでは高値で取引が行われるようになりました。現在でも出品数が多く、専用のパーツをオリジナルで作っている業者などもありますので、その人気は現在でも続いています。

また、モトコンポをカスタムするということも頻繁に行われており、非力とよばれているところを改善するため、ホンダDioシリーズや、ヤマハのJOGのエンジンを乗せ替えを行うことが多く、ホンダフリーウェイの250ccエンジンに換装されたものまで存在しているというので、その愛され方はまさに熱狂的なファンがいることの証明ではないでしょうか? いろいろと難のあるモトコンポですが、その愛らしい見た目や持ち運びの良さから、近所への買い物やレジャーでの使用にはとても向いている機種なので、ぜひ一度は手にしてみたいですね。

ホンダ モトコンポの新車は買える?

モトコンポに乗ってみたい! と思っても新車を探そうと思ってもなかなかそうはいきません。上述のように1985年に生産終了となっているので、いま流通しているものはほぼ中古になります。なので、どうしても乗りたいという場合にはそういったものを買うか、カスタムされたものになるでしょう。しかし、全てが全て中古かというとそういう訳ではなく、まれに店頭やオークションなどで買えることもあるんです。さらには、古いバイク屋などで稀に発見されることもあるらしく、まるで宝探し状態ですね!
なお、こちらもすでに書いたのですが、発売して直後はあまり人気がなかったということで、数々の製品のおまけとして付けられていた過去があり、自動車販売業をしていた人の家や、元電気屋さんなどでは箱入りのまま眠っていることもあるそうです。また、農家の納屋に眠っていたという話を筆者は聞いたことがあり、そういった盲点となっている場所なら、意外に見付かるかもしれませんね。知り合いにそういった方がいる場合には聞いてみるの1つに手になります。
いずれにしても新車を買おうとなるとそれだけの手間が必要になります。その時間考えれば中古を買うのが一番いいかもしれません。

新車価格はどれくらい?

それでも新車が欲しい! という人もきっといると思います。たしかにバイクや車というのはある程度の知識があれば修理することも可能となっており、ニコイチと呼ばれる部品とりなどをして、新車同様にすることも可能なのですが、事故車なんかになると突然のフレーム異常なんていうこともありえますので、できれば新車がいいですよね。海外などではあまり気にしないようなのですが、命を預けるものなので、なるべく危険性のないものを選びたいところです。
では、もしモトコンポの新車が見付かった場合にはだいたいどれくらいになるのでしょうか? 中古車のだいたいの相場は15万円~20万円以内となっており、少し奮発すれば買える値段になっていますが、新車の場合にはなんと過去にオークションで50万円という値段での出品となっていました。開始時期の値段がこれなので、実際に買うとなるともう少しかかりそうなので、下手をすれば軽自動車が買えてしまいます。凄い人気ですね!
なお、現在1台だけ販売されている新車があり、そちらは34万円となっています。非常に希少なので、欲しい人はすぐに連絡しましょう!

販売情報!

(イメージ画像)

それでは、販売情報をみたいと思うのですが、現在新品のモトコンポを常時販売している場所は見付かりません。なので、こまめにオークションをチェックするなりしてみるのがもっとも簡単な方法になります。ただし、上に書いたように現在1台だけ新車が販売されており、1983年製のものでトラブルなどはなにもなく販売店保証もあります。欲しい人は早めに買ってしまいましょう!

ウェビック

ホンダ モトコンポの中古車情報

一度欲しいと思うとなかなか頭から離れないのが物欲の恐ろしいところですよね。特にモトコンポなどの希少なものになると、さらに欲しくなってしまうのが人の性ではないでしょうか? 上のカテゴリで書いたように、新品での購入はほぼ不可能となっているモトコンポなので、一刻も早く手に入れるなら中古が一番となります。もちろん、新車が見付かれば少々値段をだしても、それを買うのが一番かもしれませんが、なかなかそうはいきません。

そこで、中古車の販売状況をみてみますと、意外にそれなりの数が出品されていたりします。それも、結構綺麗な状態で残っているものもあり、オリジナルの部品のまま走れるものだって存在しているんです。値段の方はだいたい全国平均で16.63万円となっていますので、頑張れば届く範囲ではないでしょうか? もし、新しく面白いバイクが欲しいという方なら買ってしまいましょう! ただし、走行距離が不明になっているものが多数を占めていますので、場合によってはすぐに故障ということもありえますし、店舗によってはサポートしてもらえない可能性もあります。そこだけは注意してくださいね。

GooBike

ホンダ モトコンポをレストアしよう!

モトコンポの新品を購入できた人にはあまり関係ないのですが、中古にて購入した場合にはちゃんと走れるものから、ほぼ廃車寸前のようなものまでありますよね。完璧に動作するものならば、各部を少しメンテナンスしてあげれば、作られたばかりのような走りを見せてくれると思うのですが、廃車寸前となっているものなら、その程度では動くことはありません。もちろん、それを買った人というのは承知で購入していると思いますので、レストアという作業をすることになります。

モトコンポ自体はかなり簡単な構成で作られているらしく、人によってはプラモデルみたいなもの。とまで言い切っている人がいますので、初心者でもしっかり調べることができれば、レストアがすることが可能です。もちろん、すでに何台か行っている人にとっては赤子を捻るようなものということで、ぱぱっと走れるようにすることもできます。しかし、初心者の人にいきなりレストアしろというのは難題ですよね。そこでまずは、それをする際の注意点を書いておきますので、参考にしてみてください。

レストアするときの注意点!

ここでは、基本的なレストアについて簡単に説明しておきます。全ての動力を持つものに該当しますので、バイク以外のもので作業をしたことがある人はあまり読まなくていいのですが、復習程度にみておくといいかもしれません。まず、バイクの状態をしりましょう! どこにどんな問題があるのかを知っておくと手を入れる場所が最小限になります。まずはキックまたはセカンドでエンジンを押しがけして見てください。この際にロックしてピストンが動かない場合にはレストアではなく修理になるので、専門業者にもっていきましょう。逆にエンジンは掛からないけどピストンが動くなら電装系の故障か燃料系の故障の故障になるので、レストアすれば動くかもしれません。

次にエンジン以外の箇所もチェックしましょう。ブレーキ、タイヤ、チェーンの張り、スプロケットの残量、電球切れ、バッテリーの動作等もチェックしてください。この辺りは交換や清掃で治ることが多いので、異常が見付かった場合には代用品などを用意して取り替えるか、専用のクリーナーで掃除してあげてましょう。なお、バイクを一度解体するという作業になるため、ある程度の工具は必要になってきますので、それはちゃんと用意しておきましょう。ジャッキ、ドライバー、レンチ、スタントなどは必ず必要になりますよ!

バッテリーはどうしよう?

出典:http://j-taro.blog.so-net.ne.jp/archive/c2300689850-3

それでは、ここからはモトコンポにあわせたレストアを見ていきましょう! まず、もっとも問題になるのが今はもうすでに生産されていないホンダのマークがついた6Vバッテリーです。だいたいのモトコンポではここがダメになっており、内部に変なものが見えていたら使うのをやめましょう。なので、交換ということになるのですが、残念ながら現在このタイプの横倒しにしても液漏れしないというバッテリーは存在していません。なので、バッテリーレスか同じ規格サイズをもつ開放型バッテリーを使いましょう。

なお、モトコンポにはレギュレータがないので、バッテーリレスにするにはモンキー6Vのものを持ってくることになります。また、RCカーなどで使われているセルにヒューズ、コネクターをつけてバッテリーにするという手もありますので、お好みで選んでくださいね! やはり、最大の難関となるのはその小スペースな車体になります。元々キツキツにいろいろなものが詰め込まれていたので、通常のものでは入りきらないという問題が存在しており、ここは工夫してなんとかしてみましょう。なお、バッテリーの中古などもあることはありますが、販売年代が古いということで使えるとしても長持ちはしません。その場合にはやはり新しく積みなおす必要があるので、事前にしておくのがおすすめです。

部品供給に難があります

続いてモトコンポのレストアでもっとも頭を悩ませることになる部分をみていきましょう。上にかいたバッテリーもそうなのですが、やはり古い車種ということで圧倒的に部品の供給面で不安があります。金属部分に使われているパーツなどは、現品を持ち込めば複製してくれるという店もあるのですが、カウルなどの樹脂部分やライト部分などは入手するのが非常に難しくなります。そうなると、その部分だけ違うものを採用しなければならないのですが、それだとちょっと違和感がありますよね。レストアではなくカスタムです。

そこで、必要になってくるのが、廃車となっており修理不可能なモトコンポからパーツを持ってくることです。いわゆるニコイチ、共食いと呼ばれるようにもう一台安く手に入れ、それを使うことになります。これなら安心してレストアすることが可能なのですが、お金がかかりますよね。そこで、パーツ単品を販売している個人サイトなどを見つけてそこで手に入れましょう。また、オークションなども目を通してくださいね。欠品になっている部分もあるのですが、だいたいはまだ残っているようなので強い味方になります。また、工作が得意な人なら樹脂などのパーツを自分で修理することも可能です。その場合にはパテなどであらかじめだいたいの形に作っておき、ヤスリなどを使って形を整えて塗装すれ、結構綺麗に作れますので、自身のある人は試してみましょう。

タンク内部の清掃は少し厄介です!

出典:http://www.geocities.jp/mindjamstyle/motocompofreak01.html

経年劣化したバイクをレストアする際、もっともはじめにチェックしなくてはならないのはエンジンで、次にチェックが必要になるのはガソリンタンクです。ここは金属パーツになっていますので、屋外に放置されていた場合にはだいたい中身が錆びてしまっています。もちろん、屋内に保存してあった場合にも湿気などから錆がついてしまうので、まずはここの洗浄をするのがいいでしょう。しかし、それが結構手間になっており、頭を悩ませている人が多いのではないでしょうか?

そこで、簡単に内部を清掃するためにタンククリーナーなどを使いましょう。ただし、その成分はリン酸がメインになっているものにしてください。サンポールなどの塩酸を使っているものは金属を溶かして綺麗にするものなので、例え水洗いを行ったとしても、細かい部分に残ってタンクに穴をあける可能性があるんです。そうなると折角洗ったとしても使いものにならなくなり、新しいものを購入すること羽目になってしまいますよね。それは困るので、専用のを使ってください。以下におすすめのクリーナーのリンクを張って置きますので、迷った場合はそちらを使ってみましょう!

花咲かG タンククリーナー 00011772

¥3,502

販売サイトへ

モトコンポにも詳しいショップを紹介しておきますので気軽にお問い合わせしてみてください。

快適なバイクライフを、バイクの事なら【Bike Shop MONX】 日々のメンテナンスからエンジンの不具合。また、ヴィンテージバイクの販売等、何でもお問い合わせください。

ホンダ モトコンポの部品は買える?

先ほども書いたのですが、パーツ単品で販売しているサイトは存在しています。また、金属部分なら複製を行っている会社もありますので、そちらで部品を購入するのもいいかもしれませんね。しかし、いずれも正規での販売ではなく、トラブルなどの可能性も十分考えられます。特に、品数が多いオークションなどは個人取引になっていますので、相手の素性が分からないという点では注意が必要になります。その際は評価などを参考にしてみてくださいね。

また、ショップでやオークションだけではなく、個人での取引掲示板なども存在しているようで、そこのサイト主が残っているパーツの数を管理していたりする場合もあります。そういうところでなら目当てのものが見付かりやすいですし、安定した価格で購入することも可能です。もし、それでもパーツが見付からない場合には自作となるのですが、それは少し面倒になるかもしれません。そこで、次のカテゴリで紹介するカスタムという方向も頭にいれておきましょう。こちらも下記にパーツの販売をしている業者のリンクを張っておきます。まずは一度目を通しておいてください。

ゼロカスタム

ホンダ モトコンポを改造

出典:http://mokkouya.cocolog-nifty.com/mokkouya/2012/08/post-4919-5.html

モトコンポにすでに乗っている人も、これから買おうとしている人も、やはりある程度の手を入れたり、手を入れようと思っていることってありますよね? もちろん全て純正品で揃えて乗るのも素晴らしいのですが、製造がすでに終わっているということで、徐々に使えるパーツが減っていき、気付けば手にはらなくなるということも考えられます。そうなると代用パーツを探すことになるのですが、それならいっそカスタムしてみませんか?

モトコンポの素晴らしさはその構造の簡単な部分にあり、自分だけの一台を作りやすいんです。もちろん、見た目もそうですが、貧弱とよばれるエンジンを違うものにかえたり、ボアアップして排気量をあげてみたりするのも立派なカスタムになります。現在は熱狂的なモトコンポファンの人が自分だけのものを作ったりしていますので、それを参考にして作り変えてみましょう!

カスタムならボアアップするのは基本?

キタコ(KITACO) ピストンキット ボアアップ用 φ43.0 スタンダードサイズ ロードパルL/E/S-DX/S-C/S-LTD等 350-1000300

¥7,364

販売サイトへ

モトコンポの最大の弱点といえばどこでしょうか? サイズが小さいので乗りにくい? オイルタンクが小さくてすぐにガス欠する? 古いからパーツがない? そんなことは長所である、その可愛さと小ささですべて帳消しです! しかし、どうしてもパワー不足なのは困りますよね。世紀の超非力マシンなどと不名誉な名前で呼ばれていますし、最高時速は40km/h程度ということで道に出ると迷惑にもなりかねません。もちろん原動機付き自転車は30km/hは出してはいけませんのでそれは仕方ないのですが、やはりパワーに不足は感じます。

そこでは、ボアアップしてみるのはいかがでしょうか? 通常のバイクのものを使って改造できますし、値段もそんなに高くありません。もちろん、排気量アップにともなってナンバーの変更も必要になるのですが、どうしてもパワーに納得がいかない場合に試してみてください。

エンジンを載せ変える

出典:http://camel-ryo.blog.so-net.ne.jp/2011-07-18

モトコンポはすでに上で書いたように超非力マシンとして有名です。そこでボアアップの改造をおすすめしたのですが、いっそのことならエンジンを載せ変えてみるというのはいかがでしょうか? なにしろ純正のエンジンはなんと2馬力しかないんです。そうなるとパワー不足は当然ですよね。そこで、一般的にパワーアップとしてのカスタムに使われるのがエンジンの換装です。

だいたいはホンダDioシリーズや、ヤマハのJOGといった、一般的によく見かけるタイプの原動機付き自転車のエンジンを使って行うのですが、それだとすこしサイズが大きすぎるという面もあります。そこで、同じくホンダから販売されていたカレンNX50を使うというのがおすすめです。あまり大きなエンジンだとフレームに負担がかかりますし、スペースの問題もこれによって解決。カレン自体小型ですし、エンジンの馬力も3ということで非常にバランスがよくおすすめになります。

ホンダ モトコンポがEVで復活!?

出典:http://baikuto.doorblog.jp/archives/53239901.html

地球の環境やガソリンの値段を考えると、バイクや車というのはやはり負担になるのかな? と思ってしまう昨今ですよね。そこで、各社がそれぞれの視点から新しい自動車やバイクなどを考えるようになりました。そして、その1つの終着点として商品化されたのが「Electric Vehicle」通称EVです。電気で走るということで地球環境に良いというのが利点となっており、最近では専用の電気スタンドなども見かけるようになりました。

そして、そんな中第42回東京モーターショー2011にとうとうモトコンポのEVバージョンが発表されたんです。あくまでコンセプトとしての発表なので実際に発売されるかは分かりませんが、それでも時代を超えて復活したのは嬉しいですよね。デザインもモトコンポらしい可愛らしさが残っていましたので、店頭に並ぶのを期待して待っていましょう!

EV化を自分でしちゃった人もいます

出典:http://blogs.yahoo.co.jp/aiwolf1/35114523.html

DIY精神っていいですよね。モトコンポは古い車種ということで、似て入れた場合はレストアや場合によってはカスタムによってその寿命を延ばしていかなければなりません。なので、DIY精神旺盛な人には素晴らしい玩具といって過言ではないでしょう。そして、上で書いたようにモトコンポがEV仕様として参考出展されるということが起きると、自作好きの人たちは燃え上がりました! 
そうです、自分でEV化する人が出てきてしまったんです。もちろん、かなり複雑なことをしているわけなので、そうそう簡単にまねすることはできませんが、その人たちの製作を参考にすれば自分で作ることも可能かもしれません。以下にリンクを貼っておきますので、我こそはと思った人はチャレンジしてみてくださいね。

EVモトコンポ完成! - うだばなし

ホンダ モトコンポのファンサイトをご紹介

その可愛らしい外見や、小型という利点をいかした運びやすさから現在でもモトコンポを愛してやまない人はたくさんいます。いまこの記事を読んでいる人も将来そうなる可能性が十分ありますので、同好の士などが集まっている場所を早めに知っておけば、カスタムやレストアの情報交換、交流を深めるの最適となるのではないでしょうか? そこで、人気のファンサイトを2つ紹介しておきますので、一度目を通しておいてください。

モトコンポの部屋

モトコンポのファンサイトといえば間違いなくここが一番有名なのではないでしょうか? ツーリングやカスタム、チャット、部品交換掲示板など、必要な情報がたくさん揃っており、更新が途絶えてしまっている今でも役に立つこと間違いなしです! 

モトコンポの部屋

MOTOCOMPO IN CAR

こちらも更新が途絶えて久しいサイトとなるのですが、自作のステッカーやPCなどで使えるアイコンを配布するなど、モトコンポへの愛がたくさん詰まった場所です。エンジンの換装日記などはかなり参考になりますので覗いてみてくださいね。

MOTOCOMPO IN CAR

まとめ

懐かしいホンダ モトコンポはいかがでしたでしょうか? 販売当初の人気のなさとは裏腹に現在では人気の車種となっており、トランクに積み込まなくても近所への買い物などに使用している人を見かけます。また、動かなくなってもその可愛さからインテリアとしても活躍しますし、構造が簡単ですので、ある程度腕のある人なら不動品を買ってレストアも簡単です。
いま一度モトコンポを手に入れてみるのはいかがでしょうか?