【マツダ・センティア】マツダバブル期の高級車の魅力に迫る!中古車情報も!

バブル期の日本の車は各メーカーとも、大きく贅沢な高級車を次々と生み出した時代でした。そんな中、ひときわ洗練されたフォルムで異彩を放っていたのがマツダ・センティアです。今回はそんなマツダが生んだ高級車、センティアについて見ていきましょう。

マツダ・センティアとはどんな車?

マツダ・センティアは、それまでのマツダの最上位車・ルーチェの後継車として、1991年から2000年までの間、約10年間にわたって販売されました。
バブル期のマツダは、それまでのマツダ、マツダオート、オートラマの3つの販売網に加えて、ユーノスとアンフィニという2つの系列を加えた、マツダ5チャンネル化を推進していましたが、そのひとつのアンフィニで販売されていた【アンフィニMS-9】はマツダ・センティアと同等のスペックを持つ姉妹車となります。

センティアは1995年に一度モデルチェンジをしていますが、いずれもV6エンジンを搭載しており、同じくV6だった「ユーノス800」や「マツダ・ミレーニア」がFF仕様だったのに対し、FR仕様になっています。
それではセンティアの歴代のモデルのスペックを見ていきましょう。

初代センティア(HD系)

初代センティアは1991年から1995年にかけて販売されました。ルーチェの後継車としての位置づけでしたが、直線を基調としたフォルムで、フォーマルな印象だったルーチェに対し、初代センティアはジャガーなどのイギリス車を彷彿とさせる、曲線を基調としたデザインで、後ろに乗る人よりも運転者のための「パーソナルセダン」として、従来の日本車の高級セダンとは違うアプローチで作られた、当時のマツダのフラッグシップカーです。
エンジンはV6で2,500ccと3,000ccの2種類がありました。ミッションはATのみで、全てのグレードに4WSを搭載してました。
洗練されたデザインと、贅沢な内装の初代センティアでしたが、高級セダンの購入者層には「パーソナルセダン」というコンセプトがあまり響かなかったのか、売れ行きはあまり芳しくありませんでした。

初代センティアのカタログスペック

1994年1月のカタログより

エクスクルーシブ 新車価格 4,145,000円

型式  E-HDES
全長×全幅×全高  4,925×1,795×1,380mm
エンジン型式  JE-ZE
最高出力    200ps(147kW)/6,000rpm
最大トルク   27.7kg・m(271.6N・m)/3,500rpm
種類  水冷V型6気筒DOHC
総排気量  2,954cc
車両重量  1,640kg

因みにカタログ上の燃費は、10・15モードで 9.2km/L となります。

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/s3tYGQpvOSQ" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

エルトン・ジョンの歌が印象的だった、初代センティアのCMです。

2代目センティア(HE系)

2代目センティアは1995年から2000年にかけて販売されました。初代の斬新でスタイリッシュだったデザインから直線基調に回帰し、先代のパーソナルな印象の作りから、後部座席の居住性を重視した、従来のセダンらしい作りに大幅にシフトしました。
エンジンは2,500ccが廃止され3,000ccのみになり、CMキャラクターにはショーン・コネリーを起用するなどして復興を計りましたが、バブル崩壊後の不景気と相まって、思うように売れ行きは伸びず、2000年に販売終了となりました。
これ以降マツダでは高級セダンが作られておらず、現在ではセンティアがマツダ最後の高級車ということになっています。

2代目センティアのスペック

1998年10月のカタログより

ロイヤルクラシック 新車販売価格 4,100,000円

型式  GF-HEEP
全長×全幅×全高  4,895×1,805×1,420mm
エンジン型式  JE-ZE
最高出力  205ps(151kW)/6,000rpm
最大トルク  27.7kg・m(271.6N・m)/3,500rpm
種類  水冷V型6気筒DOHC24バルブ
総排気量  2,954cc
車両重量  1,610kg

因みにカタログ上の燃費は、10・15モードで 9.4km/L となります。

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/5ZZXUVpxr3s" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

ショーン・コネリー出演の2代目センティアCMです。

マツダ・センティアの中古車事情

センティアを購入するには中古で探すしかありませんが、結構古い車のうえ、あまりヒットしたとは言えないので、中古市場には多く出ていません。中古車相場は25万円から80万円くらいで、平均価格は53万円となっています。
中古で探す時に注意をしたいのは、センティアは一時期、いわゆる「VIPカー」として人気があり、独特の改造を施したものがあります。ノーマルな状態のセンティアをお探しの方は、よく現物を見てから判断することをオススメします。

購入はこちら

カスタムを楽しむ愛好家も!

ノーマルのセンティアに乗りたい人がいる一方で、カスタムを楽しみたいセンティア乗りの人々もいます。
スタイリッシュなエアロやホイールでドレスアップを楽しみたい方や、サスペンションやマフラーで走りを変えたい方などは、S-Styleなどを通じて、センティア・MS-9の有益な情報交換を楽しめるようです。

まとめ

いかがでしたか? 今回はマツダ最後の高級セダン・センティアについて見てきました。燃費などは、さすがに今の車には敵いませんが、時代を感じさせないスタイリッシュなフォルムや贅沢な内装など、今の車にはとうてい出せそうもない、独特で優雅なテイストを楽しめる車でもあります。
バブルの頃は若すぎて手を出せなかった方も、ゆとりある大人になった今、センティアに乗ることを一度、考慮してみませんか?