【お盆の高速道路渋滞予測2016】中央道など下り8月13日(土)上り8月14日(日)がピーク!

NEXCO中日本、東日本、西日本各社が2016年お盆休みの高速道路渋滞予想を発表しました。10キロ以上の渋滞が発生するピークは下りが13日(土)、上りが14日(日)。

10km以上の渋滞予測は(下り)8月13日(上り)8月15日

東日本、中日本、西日本、本州四国連絡の高速道路4社は2016年7月8日、お盆期間中(8月13日~16日)の渋滞予測を発表しました。渋滞が多く発生するのは8月13日~16日で、10キロ以上の渋滞が発生するピークは下りが13日(土)、上りが14日(日)。今年から11日が「山の日」の祝日となるため、お盆の交通量は増加しそうです。上下線の渋滞予想回数は446回の見込みです。

NEXCO東日本渋滞予想

関越自動車道は(下り)8月13日8時ごろ、(上り)8月15日18時ごろピーク

関越自動車道は下り線で8月13日(土)5時から渋滞が発生し、8時ごろがピークで、花園インターチェンジ付近で45キロ。13時ごろまで渋滞が続く見込みです。また、上り線は高坂サービスエリア付近で8月15日(月)14時ごろから渋滞が発生し、18時ごろがピークで45キロの渋滞予想です。翌1時まで続く予想です。

中央自動車は(下り)8月13日6時ごろピーク

中央自動車は8月13日(土)5時から渋滞が発生し、6時ごろ下り線の相模湖インターチェンジ付近で45キロのピーク予想です。13時まで渋滞が続く予想です。

NEXCO中日本プレスリリースより

東日本高速道路株式会社(以下、NEXCO東日本)関東支社及び中日本高速道路株式会社(以下、NEXCO中日本)東京支社・八王子支社は、お盆時期[平成28年8月6日(土)~平成28年8月16日(火)の11日間]に関東甲信地方及び静岡県内の高速道路等で発生が予測される、交通集中による渋滞(10km以上)の傾向と対策などをとりまとめましたのでお知らせいたします。

東北自動車道は(上り)8月14日17時ごろピーク

東北自動車道の上り線は、上河内サービスエリア付近で8月14日(日)14時から渋滞が発生し、17時ごろ45キロのピークが予想されます。翌0:00までは 白河ICから宇都宮ICまでの期間で渋滞が続きそうです。

東北自動車道 ・上河内SA(上)のおすすめ情報です。「E-NEXCO ドラぷら」は、高速道路やサービスエリア情報中心に、ドライブ旅行やお車でのお出かけの、楽しい思い出作りを演出します。

東名高速道路は(上り)8月15日18時ごろピーク

東名高速道路では、上り線で8月15日(月)14時から渋滞が発生し、18時をピークにごろ大和トンネル付近で40キロの渋滞予想です。翌0:00ごろまでは30キロ以上の渋滞が続く予想です。

中国自動車は(下り)8月13日7時ごろピーク

中国自動車の下り線は、8月13日(土)5時ごろから渋滞が発生し、7時ごろ宝塚東トンネル付近で30キロのピーク渋滞予想です。18時ごろまでは渋滞が続く予想です。

分散利用で渋滞を回避しましょう

山の日(8月11日)と合わせて連休を取られる方もいらっしゃっるかもしれません。ピーク時を避けて分散利用をおすすめします。8月13日から8月14日にかけて特に30キロ以上の渋滞が予想されますのでラジオなどで交通情報なども確認しながら、安全運転でお盆休みを快適にお過ごしください。