今バギーが激安で熱い!幅広い利用用途とカスタマイズを楽しむ!

近年、密かな注目を集めているバギーの魅力!想像以上に便利で快適な存在。その一方で車やバイクと肩を並べるほど奥の深いカスタマイズが可能なため大人の男の楽しみとしてめりこむ人が増加しています。意外すぎる魅力を一緒に確認してみましょう。

そもそもバギーとは?

多くの方が想像するのはやはり、荒地や砂漠などのオフロードを駆け抜けているイメージを持つことが多いかと思います。大きさはちょうど原付バイクを2台横に並べたくらいの大きさで、バイクのようなハンドルと四輪のタイヤで走行する小型車両になります。バイクと自動車を合わせたような見た目ではありますが、特性としてはバイクにかなり近い操作が必要な乗り物です。

さまざまなシーンで活躍するバギーの魅力

オフロードのイメージが強いバギーではありますが、実は舗装路などでも活躍することは十分に可能です。特に最近ではパワフルな車両が増加しており、オフロードの走破性を確保しつつも舗装路の最高速向上も目覚ましいため、大通りなどの交通量が多い道路でも交通の流れを乱すことなく走行できるまでに至りつつあります。

そもそも公道で走行は可能?

せっかくバギーを激安で手に入れても、公道で走れなければ楽しめるシーンは激減してしまいます。現在日本国内においては、特定の条件を満たしていればナンバーを市町村役場などで発行してもらうことで、公道でも走行が可能となっております。条件をいくつか挙げると、「排気量50cc以下」「ウインカーやバックミラーなどの保守部品がついている」「車体番号が確認できる」などとなっております。

通常は各自治体によって細かなルールなどもあるようですが、概ね同じような条件になっています。各自治体のルールを満たしていれば「ミニカー」という区分にてナンバーを発行してもらえるようになり、公道での走行が可能となります。車検などはありませんが、原付程度の税金を納める必要がある点も押さえておきましょう。

バギーが注目された理由

価格やバリエーションはもちろん維持費の安さや使い勝手が魅力!

中国製激安バギーの登場

ビッグ14インチ装着!四輪油圧ディスク/DF/50CCバギーX1412W黒

¥139,000

販売サイトへ

IceBear(アイスベアー) 四輪バギー ATV 50cc セミオートマ前進3速バック付 ミニカー登録 公道走行可 カーボン調 HL50C

¥108,000

販売サイトへ

バギーは以前から、国産の自動車メーカーやバイクメーカーなどが販売しておりましたが公道走行不可な装備や特定の場所に限った利用を目的とした作りでありながら、価格は中型バイクに匹敵するほどものだったため一般的に馴染みにくい乗り物という位置づけになってしまっていました。しかし近年中国や台湾などが活発に販売するバギーが、激安でありながらスタイリッシュで使い勝手のよい車種を次々に発表する事で注目を浴びるようになりました。

燃費や最高速度はどの程度か?

まず日本の公道を走行するうえでの、バギーが分類されるミニカーという区分の最高速度は一般道60km/hと定められています。では、実際に激安バギーの走行速度はどの程度なのでしょうか。通常50ccのエンジンを搭載している型式であれば40~50km/hは出るようです。自身の体重や路面状況などでも左右されるかと思いますが、通常走行では原付程度のMAX速度は得られるのではないでしょうか。また燃費に関しても、車体重量は80~100kg程度となっており通常走行であれば20km/lを下回る事はないでしょう。

ヘルメットやシートベルトはいらない!?

交通マナーやルールなどが厳しいイメージのある日本ではありますが、実はバギーが登録分類されているミニカー区分にはヘルメットやシートベルトの着用義務はありません。いわゆる「ノーヘル」での走行が可能となっており、バイクよりも手軽に乗りこなせるのも魅力ではあります。しかしながらバイクに匹敵する速度を発生させる乗り物であることにはかわりませんので、各販売会社などもできる限りヘルメットなどの安全装備を着用するように呼びかけています。

バギーをカスタマイズして楽しむ!

激安バギーのさまざまなカスタマイズのアプローチ

海外製激安バギーでもパーツはたくさんある!

中国や台湾製の無名メーカーが製造した激安バギーではありますが、実は様々なパーツが利用可能となっています。もちろん専用に設計されたものはまだまだ存在しませんが、汎用品などのパーツを利用する事ができるので、想像以上にカスタマイズの幅は広いものになっています。

「Neverland」汎用 リアショック リアサスペンション車高調 400mm ゴールド+ブラック 左右セット

¥8,651

販売サイトへ

まずは安全性向上を目的にカスタム

かっこいいデザインのバギーではありますが、製造の精度はやはり日本製や有名海外メーカーには今一つ及ばな面があるのも事実です。それらを含めて楽しむのも一つの方法ではありますが、もし激安バギーを手にしたらまずはブレーキやタイヤを含む足回りなどの安全装備の向上を目指してカスタマイズしてみましょう。販売店によってはナンバー取得に必要な最低限の保安部品がついていないといったキット商品もあるようなので、よく確認したうえで必要に応じて準備するようにしましょう。

あのパーツが使えるの!?一歩踏み込んだディープなカスタムとは!

中国製のバギーに搭載されているエンジンの多くは日本のメーカーのエンジンを模してデザイン製造れています。そのコピーもかなり似せており、国内有名メーカーのエンジンを丸々載せ替える事が出来るほどです。中国の製造精度が向上したと言っても、やはり日本の製品にはまだまだ及びません。純正のエンジンでは物足りない方やさらなるカスタマイズを目的として、エンジンを丸々日本製にするといった大掛かりでディープなカスタマイズにチャレンジする人も少なくないようです。

マナーを守って楽しくディープな世界へ!

激安でありながら、「乗って楽しむ! 」「カスタマイズして楽しむ! 」といったさまざまなアプローチができるバギーではありますが、車やバイクと同様にスピードも出る凶器となり得る場合もあるということを忘れないようにしましょう。そのうえで、マナーを守り快適でさわやかな運転を心がけましょう。その頃にはもうディープなバギーの世界にのめりこんでいるかもしれません。