【日産 R30スカイライン】最後のL型搭載車!DR30型RSは西部警察にも納入!中古人気も高いR30スカイラインご紹介!

スカイラインというと、現代にGT-Rを復活させたR32型が有名です。このR32型というのはシリーズの車両形式のことです。では、スカイラインシリーズの車両形式でRを最初に付けられてのは、というと今回ご紹介するR30スカイラインです。ポールニューマンをCMキャラクターに採用した大人なイメージですが、シリーズ1の人気者は鉄仮面ことRSシリーズです。ターボCのグロス205PSの衝撃は今でも忘れられません!

日産 R30スカイラインとは?

6代目スカイラインで、グレードはGT、TI、RSでした。

R30スカイラインとは、6代目スカイラインのことです。1981年8月から1985年8月まで生産されました。6代目スカイラインの大きな話題の1つに、車両形式名の変更があります。

3代目「ハコスカ」スカイラインは「C10」、4代目「ケンメリ」スカイラインは「C110」、5代目「ジャパン」スカイラインは「C210」でしたが、6代目より「R3#」となります。6代目スカイラインの車両形式名は「R30」です。以後10代目、直列6気筒エンジンを搭載した最後のスカイラインまで「R3#」となります。

実際には直列6気筒SOHCを搭載したGTシリーズは「HR30」型、直列4気筒DOHCを搭載したRSシリーズは「DR30」型と呼ばれます。

CMキャラクターはポールニューマン

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/6iCDKIi0ujs" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

アメリカの俳優、ポール・ニューマンが、R30スカイラインのCMキャラクターを務めました。

通称は当時のCMキャラクターがポール・ニューマンであったことから、「ニューマン・スカイライン」です。後に特別仕様車として「ポールニューマン・バージョン」も発売されました。

シリーズ最大の目玉・DR30型2000RSターボC

また後期型RSのフロントグリルを廃し、ボンネットをフロントバンパー上まで延長したデザインから、特に後期型RSはマニアの間では「鉄仮面」と呼ばれます。FJ20ETにインタークーラーを追加し、冷却効率を上げて最高出力を国産車初のグロス200PSオーバーを果たしました。日産は同社を「ターボC」と呼びました。

ボディタイプは4ドアセダン、2ドアハードトップ、5ドアハッチバック、商用バンのエステートの4種類で展開されました。

R30スカイラインのシリーズ構成

GTシリーズ

2,000ccの直列6気筒SOHC「L型」エンジンを搭載したシリーズです。NA、ターボと用意されました。L型エンジンはシリンダーブロックが厚く、シリンダー間の距離もあったため、ボアアップを行う素材としてチューニングファンには人気があったエンジンです。R30スカイラインは、L型搭載最後のスカイラインであるためマニアには人気のあるシリーズです。

ボディ構成はセダン、ハードトップ、ハッチバックです。

TIシリーズ

C210型5代目スカイライン「ジャパン」に引き続き設定された、直列4気筒SOHCエンジンを搭載した普及価格帯のグレードです。モデル末期の特別仕様車は、車両価格129.8万円でした。
グレード名の「TI」は「Touring International」の頭文字です。
搭載エンジンは前期型がZ型、後期にはCA型に換装されています。

GT系やRS系との大きな違いは、ボディに2ドアハードトップの設定がないこと、リアテールランプが丸型でない事が挙げられます。

RSシリーズ

GT系、TI系のデビューから遅れること2ヵ月・1981年10月に、直列4気筒DOHC「FJ20E」型エンジンを搭載してデビューしました。スカイラインシリーズとしては、1973年4月に生産終了した「ケンメリGT-R」以来、8年6カ月ぶりのDOHC搭載車です。

FJ型エンジンは、レーシングマシン直系のエンジンです。タイミングベルトがチェーンであったり耐久性を重視しています。そのため静寂性は犠牲となっていますが、レース直系のメカニズムを採用している点がスカイラインのレースイメージと適合し、人気車になりました。

ただしいくらレース直系のエンジンを搭載しているとはいえ、RSには「GT-R」の名は与えられませんでした。理由は直列4気筒であったためです。やはり「GT-R」は直列6気筒DOHC搭載のレーシングマシンに与える称号である、というのが当時の日産の認識でした。しかし、RSの登場により「GT-R」復活への機運は高まり、7代目R31型の「GTS-R」を経て、8代目R32型で復活することになります。

前期型はエクステリアもGT系とほぼ共通でしたが、後期型では薄型ヘッドランプ、GT系ではフロントグリルの位置にまでボンネットが伸びた独特の悪顔となり、「鉄仮面」の愛称で人気に拍車がかかりました。

前期型のエンジンはNAのFJ20EとターボのFJ20ETを搭載していましたが、後期型ではターボにインタークーラーを追加し「ターボC」の愛称で呼ばれました。当時、FJ20ETを搭載したR30スカイラインRSは、GT-Rを含む歴代スカイラインで最高の出力を誇ったため、「史上最強のスカイライン」と呼ばれました。

ボディ構成はセダンとハードトップです。

R30スカイラインのモータースポーツ活動

1982年のグループ5(シルエットフォーミュラ、スーパーシルエット)の規定に合わせ、R30スカイラインRSをベースにした「スカイライン スーパーシルエット」がレースに参戦しました。

外観こそベース車両がRSであることが伺いしれますが、中身は完全にレーシングカーです。搭載エンジンは直列4気筒DOHCにターボとメカニカルインジェクターを組み合わせ、最高出力570ps/7,600rpm、最大トルク55kgm/6,400rpmを発生させます。

日産はスーパーシルエットには他に、910型ブルーバードとS110型シルビアも投入し、日産ターボ軍団と称されました。

R30スカイラインは西部警察にも納入!

ケンメリスカイライン以降、スカイラインは警察車両としても納入されていますが、R30スカイラインではついに西部警察の大門軍団にも、3台納入されました(笑)

「マシンRS」はノンターボの前期型RSをベースにしています。後に情報収集車両の「RS-3」としても運用されました。

「RS-1」は追跡と攻撃を主目的とした車両です。20mm口径のマシンガン二門、敵味方識別装置、レーダーホーミング&ウォーニングシステムまで備えていました。

「RS-2」も情報収集を主目的にした車両です。各種レーダー、特殊無線機、センサー信号処理装置などを搭載。現代でいうGPSのような働きで他の2台に現場の位置情報を送信していました。

西部警察署の特殊捜査車両として配備されましたが、明らかに警察権力の域を超えた車両です。西部警察署はどこかに戦争でも仕掛けるつもりだったのでしょうか?(笑)

R30スカイラインの主要カタログスペック

スカイライン 2ドアハードトップ ターボ2000GT・EXの主要諸元

車両型式 HR30
駆動方式 FR
乗車定員 5名
車両重量 1,245kg

車両寸法

全長 4,595mm
全幅 1,675mm
全高 1,360mm
ホイールベース 2,615mm
トレッド(前) 1,410mm
トレッド(後) 1,400mm
最低地上高 150mm

室内寸法

全長 1,805mm
全幅 1,370mm
全高 1,110mm

走行メカニズム

変速機 4速AT / 5速MT
サスペンション(前) ストラット
サスペンション(後) セミトレードリングアーム
ブレーキ(前) ベンチレーテッドディスク
ブレーキ(後) ディスク
タイヤサイズ 185/70SR14

エンジンスペック

型式 L20ET
種類 直列6気筒SOHC
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
内径 78.0mm
行程 69.7mm
総排気量 1,998cc
圧縮比 7.6
最高出力(グロス) 145ps/5,600rpm
最大トルク(グロス) 21.0kg・m/3,200rpm
燃料タンク容量 65L

R30スカイラインの中古車相場

R30スカイラインは30年以上も昔のクルマです。中古で流通しているはずが…
Created by yino19700

R30スカイラインは、1981年から1985年にかけて製造・販売されました。どんなに新しくても30年落ちです。もはや中古車など流通しているはずが…と思いきや、ありました。やはりL型とFJ型エンジンは人気があります。

2016年7月現在、中古車として在庫されているR30スカイラインのうち、GT系で最安値は119万円(1985年型、走行距離7.8万km)、RS系前期型で58万円(1982年型、走行距離不明)、後期型で63万円(1983年型、走行距離23.2万km、エンジンはオーバーホール済み)です。

レストア車やチューニング車は高値で取引されます

R30スカイライン、DR30型RSのレストア車は非常に高価!

最高値はGT系で278万円(1982年型、走行距離10万km)、RS前期型で255万円(1983年型、走行距離5.9万km)、後期型で528万円(1984年型、走行距離19万km)です。これだけのお値段ですから、ノーマル仕様であるはずがありません。どの車両もレストアやチューニングされています。

スカイラインは趣味のクルマです。マニアのクルマです。30年前の車両ですが、整備もきちんとされています。子供のころに憧れた「ニューマン・スカイライン」を中古車で入手して楽しむのも、大人のカーライフならではですね。

-日産 R30スカイラインの検索結果 | 中古車情報サイトGoo-net

下限年式を1981年、上限年式を1985年に設定して検索してみてください。

【まとめ】ワクワクを感じさせる昭和最後のスカイライン

R30スカイラインのまとめ、いかがでしたでしょうか。現代基準で見ると、コンパクトで軽量なボディに実用域でトルクフルなエンジンを搭載したGTシリーズは、非常に理にかなった実用車です。さらに同じシリーズ内にレース直系エンジンを搭載したスペシャリティなRSシリーズも設定する懐の深さに、80年代の日産自動車の勢いを感じます。

筆者は鉄仮面にワクワクして、スカイラインファンになったクチでした。大人になった今、原稿執筆のために改めて見返してみてもワクワクします。R30スカイラインはC10型ハコスカより続く直6、コンパクトボディにFRレイアウトの本当にスカイラインらしい、昭和最後のスカイラインです。