【ボルボ 940】今でも愛される真のボルボの最終型のFR!

今では、洗練された欧州車としてのデザインで売っているスウェーデンの自動車メーカー、ボルボ社。しかし、1980年代から1990年代には、実にボクトツとしたクルマ作りを守っていた会社でした。そんな、保守的と言える自動車の魅力を、最後まで残していたのが、このボルボ 940のシリーズなのです。

4気筒エンジンを搭載した中級ボルボが940

一目見てそれとわかる外観上の個性は、クルマにとってとても大切です。1980年代ころのボルボ車には、ありきたりの造形美など追求しないという意味において、ユニークで強烈な個性があったと思います。世界のレースで驚きの性能を見せつけた「240」も、その後を継ぐ形で生まれた「740」も、外から見ても中身を見てもいわゆるボルボ車そのものです。

さて、1990年にその「740」へ大幅な改良(マイナーチェンジ)を施して発表されたのが、ボルボ 940です。そのボディシルエットはそれなりにモダンなものとなり、時代になんとか追いすがっていける程度にはリフレッシュされました。とはいえ、そのパワートレインやサスペンションやダッシュボードまでが、740のものを流用しています。

兄貴分にあたる960が、先代の760から(後輪の独立懸架採用など)抜本的な改良を受けたのに対して、この940の進歩はとても限定されているといえるでしょう。それは、ボルボというメーカーの保守的な姿勢を表すというより、4気筒エンジンを主体にする中級車の位置づけを明確に表した結果であったからです。

「真のボルボ」と言われる最後のモデルには、2タイプのボディが存在

ボルボといえば「四角いボディー」、そしてセダンとエステートの2種類を持つことがアイデンティティと言えます。先代の740同様に、この940もその2タイプをそろえていました。

基本は4ドアセダン

「レンガ」とか、「巨大なバターの塊」とかいう表現が合いそうな古典的ボルボのデザイン。大きなフロントセクションを持つその基本は、FRの駆動方式に由来しています。そして、ベースモデルである740から強くイメージを継承したこのボルボ 940もまた、その「四角いクルマ」の一つだと言えるでしょう。

しかしながら、ボディパネルの細部には、ある程度モダンな曲面も取り入れられています。また、4ドアセダンのトランクリッドは高く設定されていて、全体的に空力性能も良くなった印象を与えます。

本質的には740のグレードアップ版である940。発表当初に用意されたエンジンは、やはり排気量2.3Lの直列4気筒OHCが中心です。その性能は、出力が97kW(132ps)でトルクは184N・m(18.8kgf・m)というものでした。また、このエンジンのDOHC16バルブ版も存在し、出力は114kW(155ps)でトルクが203N・m(20.7kgf・m)のスペックです。

さらに、2.3Lにはターボ付きのタイプもあり、その性能は140 kW(190ps)、280N・m( 28.6kgf・m)というハイパワーモデルとなっています。このターボには、過給圧を低く設定して出力よりトルクを向上させるタイプも追加され、そちらは99kW(135ps)、230N・m(23.5kgf・m)の性能となっています。

下位のエントリーモデルには、排気量2.0Lの直列4気筒OHCも用意されています。こちらにも、自然吸気とターボ過給付きの2タイプが存在し、前者は83kW(113ps)、157N・m(16kgf・m)で後者は114kW(155ps)、230N・m(23.5kgf・m)のパフォーマンスです。

940に与えられた6気筒エンジンは排気量2.4Lのターボディーゼルで、89kW(122ps)に240N・m(24.5kgf・m)の性能でした。

【諸元表】ボルボ 940 GLE 16V(DOHC)

名称:ボルボ 940 GLE 16V(DOHC)
エンジン排気量:2,316cc
エンジン出力:114kW(155ps)/5,700rpm
エンジントルク:203N・m(20.7kgf・m)/4,450rpm
全長:4,870mm
全幅:1,748mm
全高:1,410mm
重量:1,417kg
ホイールベース:2,770mm
サスペンション:マクファーソンストラット式(前)/ 5リンクリジッド(後)

魅力的なエステート(5ドアワゴン)

中古市場にあるボルボ 940を調べてみると、セダンより5ドアのエステート(ワゴン)の方が、より多く見受けられるようです。やはり、ボクシーなスタイルと同時に、ワゴンの車体もボルボの人気を支えた要素だったでしょう。

見るからに最大の容積効率を感じさせる、そんなボルボ 940 エステートのリアセクションですが、実は前後長は4ドアセダンとほとんど変わりません。これは、四角い形が与える大きなサイズ感が上手く活きていると言ってよいでしょう。それは間違いなく、このワゴンの大きな魅力にもなっています。

【諸元表】ボルボ 940エステート 2.3i

名称:ボルボ 940エステート 2.3i
エンジン排気量:2,316cc
エンジン出力:99kW(135ps)/4,900rpm
エンジントルク:230N・m(23.5kgf・m)/2,300rpm
全長:4,840mm
全幅:1,750mm
全高:1,420mm
重量:1,412kg
ホイールベース:2,770 mm
サスペンション:マクファーソンストラット式(前)/ 5リンクリジッド(後)

愛されるFR車、そのメンテナンスは?

ボルボ車は堅牢な印象があります、とはいうものの、どんな機械だってトラブルの可能性がゼロということはあり得ません。世の中の評判はどうでしょうか?

最後のFRとして存在感を発揮するボルボ 940については、いろいろなサイトやブログで、オーナーさん達が自身の愛着を書かれているようです。そして中には、トラブルの問題などをレポートしてくれるところもあります。そんな話の一つが、「エンジンが、 かからない」というもの。

まぁ、旧型車としては定番の故障かもしれませんが、その原因は様々と言えるでしょう。一応、燃料ポンプを(ガソリンタンクの中から外して)交換が必要というケースと、クランク角度センサーが壊れているというような場合があるようです。

別方面のメンテナンスとしては、つまみ式ボリュームがついている純正オーディオが、音量調節できなくなるというものもあります。これは、昔のオーディオ製品には良くみられた症状ですね。2016年の現在においては、社外品の新品オーディオに交換しようとしても、コンソールへのフィッティング用のパーツが入手しづらいとのことです。また、年式によってケーブルの色などが違うケースもあるようで、いじるときは下調べが必要でしょう。

車の調子を計る一つの要素に燃費があります。日本向けボルボ 940のエンジンは、2.3LのNAとターボの二種類です。平常時であれば、ターボ版でも平均7km/L程度の燃費は見込めるそうですから、これから940オーナーになるという方は参考にしてください。

最後のFRボルボである、この940。大枠では、思ったより故障しないという評価のようです。

ボルボ 940のまとめ

1996年に、兄貴分のボルボ 940は、S90(セダン)とV90(ワゴン)へ名称が変更されます。その時、ボルボ 940も「940クラシック」へと改名されました。

その後、「本当にボルボらしい最後のボルボ」である940は1998年まで生産され、同社のラインアップからは惜しまれつつ姿を消しています。