【プジョー 4007】日本未発売のフレンチSUVの中身はアウトランダー?中古車や並行輸入情報も

三菱自動車初代アウトランダーをベースとするフレンチSUV「プジョー 4007」、日本での購入方法から3008や4008といったプジョー製SUVも紹介します。

プジョー(peugeot)4007とは?

【プジョー4007】日本未発売のフレンチSUV

三菱自動車の初代アウトランダーをベースに開発されたプジョー初のSUVが4007です。なぜ「三菱がプジョーに?」との疑問も聞こえてきそうですが、元々三菱自動車とプジョー・シトロエンブランドを所有する「PSAグループ」は協力関係を築いていまして、アウトランダーの供給もそうした関係から実現しています。プジョーだけでなくシトロエンにもアウトランダーをOEM供給したため、プジョー4007には「シトロエン Cクロッサー」という姉妹車が存在しています。

アウトランダーからの変更点を説明すると、プジョー風のアヴァンギャルドなフロントマスクが与えられ、サスペンションにもPSAグループによる手が加えられています。ガソリンエンジンにはアウトランダーに元から搭載されているエンジンを使用していますが、ディーゼルエンジンにはPSAグループが開発した2.2L HDiディーゼルエンジンが搭載されています。

以上の変更点からフロントから見た印象はまさにプジョー車となっている4007ですが、内装およびフロント以外のエクステリアはほとんどアウトランダーそのままとなっており、特にリアビューはプジョーエンブレム以外アウトランダーそのままに近い印象となっています。

プジョー 4007の主要諸元と新車価格

名称:プジョー 4007 2.2HDi GT

新車価格:23,345ポンド
日本円換算: 約3,157,808円(2016年7月時点のレート換算)

欧州複合モード燃費:13.7km/L

種類:SUV
ドア数:5ドア
全長:4,640mm
全幅:1,810mm
全高:1,730mm
ホイールベース:2,672mm
重量:1,825kg

エンジン種類: HDiディーゼルターボエンジン
排気量:2,179cc
最大出力:156PS/4,000rpm
最大トルク:39kgf・m/2,000rpm

駆動方式:4WD

日本でプジョー4007に乗る方法

レアすぎるプジョー4007の中古車

調べてみると日本の中古車検索サイトにも4007が登場したことはあるようですが、非常にレアなケースだと言えます。2016年7月現在の中古車市場には4007は一台も登録されていないため、国内で中古車の販売を期待するのは難しいと言えるでしょう。

新型デルタ(第3世代、844型)のブログでしたが・・手放してしまい、その後メインカーがパンダ(3代目)→DS5・・と変わり、何故かルノーアヴァンタイムとフィアットバルケッタの2台体制になりました。タイトルはそのままですが・・ニューデルタ、アヴァンタイム、バルケッタネタ以外に、海外のクルマ、珍しい中古車、ミニカー(1/43)、シリーズネタ等でお送りしてます。

プジョー4007は並行輸入を新車を買おう

日本の中古車で流通していない以上、フランス及びヨーロッパから中古車を並行輸入するのが近道と言えます。4008の並行輸入実績は残念ながら見つかりませんが、後継車種である4008の並行輸入車を扱っている業者は存在していますので、4007をどうしても購入したいという方はまずそちらから当たってみることをおすすめします。

もちろん個人輸入も可能ではありますが、外国語での取引や関税の処理に、日本国内の車検に対応するための仕様変更も行う必要がありますので、多少資金が余分に必要でも並行輸入業者を通したほうがよいでしょう。

プジョー4008の並行輸入のことならYMワークス。日本未導入の個性派コンパクトSUVをプジョー製ディーゼルターボに6MTの組み合わせでお届けします。

プジョー 4008は4007の後継車?

4007の後継車種として販売されているプジョーのクロスオーバーSUVが4008です。三菱自動車のRVRをベースに開発された車両ですが、その作り方はアウトランダーと同じくフロントフェイス・サスペンション・プジョー製ディーゼルエンジンといった部分でRVRから手が加えられています。

プジョーは現在208ベースの2008、308ベースの3008といったクロスオーバーSUVのラインアップをどんどん強化していますので、将来的には三菱車ベースのクロスオーバーSUVは姿を消すことになることが予想されます。

【プジョー 3008】新型も発表されたクロスオーバーSUV

プジョーのCセグメントハッチバック308をベースに開発されたクロスオーバーSUVが3008です。世界的にも需要がどんどん増しているクロスオーバーSUVということで、3008は日本のプジョーでもラインアップされています。

上でも書きましたが、今まで4007、4008とになってきたプジョーのSUVは、今後はこの3008とワンクラス小さいサイズの2008になっていくことになるでしょう。

まとめ:おそらく最後の三菱自動車とプジョーのコラボレーションモデルが4007

フランス本国でも生産が終了しているモデルですので、日本国内で購入しようとなると並行輸入を検討するしかないと思われます。プジョーのクロスオーバーSUVも2008や3008といった自社開発のモデルをどんどん投入してきていますので、今後4007のような三菱自動車からOEM供給を受けたクロスオーバーSUVは出てこないと考えられます。