【三菱 パジェロイオ】兄弟車で消えてしまったパジェロやパジェロミニも紹介!

三菱自動車が開発した本格クロスカントリー パジェロのDNAを受け継ぐパジェロイオ、すでにカタログ落ちしたこのモデルを、他のパジェロ兄弟とともに振り返ります。

三菱 パジェロイオとは?

三菱 パジェロの弟分、本格的な走りが魅力!

1998年にパジェロジュニアの後継車種としてデビューしたミドルサイズSUVがパジェロイオです。パジェロ、パジェロミニと同じくパジェロシリーズの一台として開発されていますので、パジェロ譲りの本格的な悪路走破性能を有しています。

先代モデルであるパジェロジュニアが軽自動車であるパジェロミニをベースに開発されたのに対し、パジェロイオはシャーシから専用設計された独自モデルとなっています。エンジンもパジェロジュニアが1.1L 直4 SOHCエンジンを搭載していたのに対し、パジェロイオでは最大160PSを発生する1.8L 直4 DOHCターボエンジンを搭載し、車格をパジェロジュニアからワンクラス上に引き上げています。

三菱自動車 パジェロイオの新車価格とカタログスペック

名称:三菱 パジェロイオZR(2005年1月)

新車価格:2,026,500円(税込み)

カタログ燃費:13.0km/L(10・15モード)
実燃費:10.84km/L(2016年7月集計の燃費情報)

ボディタイプ:SUV・クロスカントリー・ライトクロカン
ドア数:5ドア
乗員定員:5名
型式:TA-H77W
全長×全幅×全高:3,975×1,680×1,710mm
ホイールベース:2,450mm
車両重量:1,370kg

エンジン系
エンジン型式:4G94(GDI)
最高出力:136ps(100kW)/5,500rpm
最大トルク:19.5kgf・m(191N・m)/3,500rpm
種類:直列4気筒DOHC16バルブ
総排気量:1,999cc
燃料タンク容量:53リットル
使用燃料:無鉛プレミアムガソリン

足回り系
サスペンション形式(前):マクファーソンストラット式/コイルスプリング
サスペンション形式(後):5リンク式/コイルスプリング
ブレーキ形式(前):ベンチレーテッドディスク
ブレーキ形式(後):ドラム(リーディングトレーディング)
タイヤサイズ(前):215/70R16
タイヤサイズ(後):215/70R16
最小回転半径:5.2m

駆動系
駆動方式:フルタイム4WD
トランスミッション:5MT
LSD:オプション

三菱 パジェロイオの燃費一覧。全国のオーナーからの給油情報を元にした実燃費が分かります。クルマの乗り方によっても燃費は大きく異なります。車レビューも参考になります。

三菱 パジェロイオの中古車について

パジェロイオの中古相場は248,000円から1,360,000円

本格的な悪路走行性能を持つSUVということで、そろそろ高年式・低走行距離の車両は1,000,000円前後で取り引きされています。一方で年式も古く距離も走っている車両だと支払総額400,000円以下でも30台以上中古車検索サイトに登録されています。コストパフォーマンスを考えると総額400,000円以下のモデルからしっかり整備記録が残っているか、事故歴があっても走行には支障のない部分での事故歴だと確認できる車両を探したほうがよさそうです。

現在1,000,000円台で取り引きされている車両も、あと数年もすれば値崩れしてく可能性が大きいです、よほどパジェロイオが好きだという方以外は1,000,000円台の車両には手を出さないほうがよいでしょう。

どの車も本格的な走りが自慢!  パジェロイオの兄弟たち

【三菱 パジェロ】本格クロスカントリーの代名詞!

パリダカールラリーでの大活躍したクロスカントリーの代名詞と言える車が三菱 パジェロです。パジェロイオをはじめとするパジェロ兄弟もスタートはこの車のヒットからはじまっているのですが、アウトランダーのような快適性を重視するSUVが流行している2016年現在は、三菱のラインアップから外されてしまっています。

裕福なドバイ市場では日産パトロールやトヨタランドクルーザーといった往年のクロスカントリーがプレミアム路線に舵をとり好評を得ていますので、パジェロもそういった路線での復活を考えているのかもしれません。

【三菱 パジェロミニ】ジムニーのライバル!

パジェロ兄弟の末っ子とも言えるクロスカントリー風軽自動車がパジェロミニです。同カテゴリーには今も根強いファンを持つスズキ ジムニーが強力なライバルとして存在していましたが、性能面では決してジムニーに引けを取らない名車でした。

【三菱 パジェロジュニア】こちらはジムニーシエラのライバル

パジェロジュニアはパジェロミニをベースにボディサイズとエンジンサイズを拡大し、普通車として販売されていました。室内空間こそパジェロミニと変わりませんが、安全装備を充実させトレッドをパジェロミニより拡大させたことで、より安全で安定したドライブが可能な車となっています。

ジムニーの普通車版とも言えるジムニーシエラと、パジェロミニと同じく激しい販売競争を繰り広げました。

三菱 パジェロイオ、欲しい方はお早めに!

2016年現在、日本をはじめ世界中の自動車市場では、都市部での快適な走行性能が売りであるクロスオーバーSUVが大変な人気を博しており、パジェロイオのような本格的な性能を持つクロスカントリー的なSUVはどんどんその数を減らしています。

そういった意味で、三菱 パジェロイオはまだ乗ることができる本格的なクロスカントリーSUVとして希少な存在と言えるでしょう。いずれ中古車もタマがなくなっていきます、欲しい方は早めに購入しておいたほうがいいでしょう。