【トヨタ デュエット】エアロパーツやカスタムも豊富な小回りの利く実用車!

ダイハツ ストーリアのOEM車であるトヨタ デュエット、燃費やみんカラでの評価も加え、その魅力がどこにあるのか探ります。

トヨタ デュエットとは?

デュエットは軽量コンパクトなダイハツ ストーリアのOEM車

ダイハツ シャレードの後継車であるストーリアのOEM供給を受ける形で、トヨタ自動車から販売されたコンパクトハッチバックがデュエットです。もっともハイパワーなモデルだと最大110PSを発生する高回転型エンジンと920kgの軽量コンパクトなボディを5MTで操ることができるということで、ホットハッチとして一部で人気を博したモデルです。

OEM供給元であるストーリアに競技用ベース車として設定されていた「X4」は、デュエットには設定されなかったため、スポーツイメージはストーリア、実用車としてはデュエットというイメージです。一般向けの安価なコンパクトカーとしては大いに支持され、OEM元のストーリア以上の販売台数を記録しました。

トヨタ デュエットの主要諸元

トヨタ デュエット(DUET)1.3S(2004年4月)

新車価格:1,546,650円

ボディタイプ:ハッチバック
ドア数:5ドア
乗員定員:5名
型式:LA-M111A
全長×全幅×全高:3,690×1,600×1,435mm
ホイールベース:2,370mm
車両重量:900kg

エンジン系
エンジン型式:K3-VE2
最高出力:110ps(81kW)/7,000rpm
最大トルク:12.8kgf・m(126N・m)/4,400rpm
種類:水冷直列4気筒DOHC16バルブ
総排気量:1,297cc
燃料タンク容量:37リットル
使用燃料:無鉛プレミアムガソリン

足回り系
サスペンション形式(前):マクファーソン・ストラット式コイルスプリング
サスペンション形式(後):3リンク式コイルスプリング
ブレーキ形式(前):ベンチレーテッドディスク
ブレーキ形式(後):ドラム(リーディングトレーディング)
タイヤサイズ(前):175/60R14 79H
タイヤサイズ(後):175/60R14 79H
最小回転半径:4.3m

駆動系
駆動方式:フルタイム4WD
トランスミッション:5MT

トヨタ デュエットの燃費情報

燃費でデュエットを選ぶならMT・FFモデル

トヨタ デュエット (2000年5月モデル)1.3L FF MT

カタログ燃費:19.6~20.0km/L(10・15モード燃費)
実燃費:18.49km/L

2016年7月現在集計されている燃費情報を掲載しています。
掲載元の情報を加味するとATや4WDのモデルは燃費が悪く、FF・MTモデルは良好な燃費となっているようです。カタログ燃費もFF・MTモデルのほうが良い数字となっています。

トヨタ デュエットの燃費一覧。全国のオーナーからの給油情報を元にした実燃費が分かります。クルマの乗り方によっても燃費は大きく異なります。車レビューも参考になります。

扱いやすさで評価を受けるトヨタ デュエット

みんカラでのデュエットは小回りの利き燃費のよい、扱いやすい車として評価が高いようです。

最新の軽自動車より良い小回り。街中での扱いやすさは驚きものです。
アイドルストップが無いのに20km/L近く非常に燃費がイイのも驚きものです。

出典:minkara.carview.co.jp

自分にとって初めての愛車(もらいもの)だけど、運転しやすく、すぐに乗り回せるようになった。

出典:minkara.carview.co.jp

トヨタ デュエットの「可愛いふりして割とやる」CM

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/OSAuvMD7S00" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

市原悦子と真野きりなを起用したCMが2000年に放送されていました。案外車のCMって覚えているものですね。

トヨタ デュエットのカスタム(改造)術

トヨタ デュエットならDスポーツ製エアロパーツがオススメ!

出典:http://dsport-web.com/storia-x4-aeroparts/?carID=44

画像はダイハツ ストーリアです。

ダイハツストーリアと姉妹車の関係にあるトヨタ デュエットでは、ストーリアのパーツを多数流量可能です。その中でも特におすすめなのが、Dスポーツ製のエアロパーツです。カーボン製のフロントグリル、バンパーダクト、フロントリップスポイラーなどが設定されていて、どれもなかなかスポーティです。

販売元のDスポーツはレース実績も豊富なチューニングメーカーでして、ダイハツ車用の高品質なチューニングパーツを多数製造・販売しています。ストーリアにもエアロパーツ以外にマフラーのような定番パーツから、LSDやサスペンションといった走りの仕様を変更する本格的なパーツまで扱っていますので、デュエットでも十分スポーティな車に仕上げることが可能です。

D-SPORTの総合サイトです。車種別パーツ適合表やパーツカテゴリからご希望の商品をご覧いただくことができます。イベント案内やイベントレポートも発信します。

お買い得な中古車、トヨタ デュエット

トヨタ デュエットの中古車相場は70,000円~400,000円

2016年現在中古車販売サイトに登録されているデュエットの中古車は、本体価格で70,000円~400,000円というバーゲンプライスとなっています。ワンオーナー走行距離22,000kmという好条件の物件でも総額480,000円で購入可能。日常使いも簡単で、特に免許を取りたての方が練習に使うにはもってこいの一台です。免許を取りたての嫁さんや娘さんへいかがでしょう?

デュエットから買い替えるならこちら、トヨタのスモールコンパクト

【トヨタ パッソ】デュエットの正統な後継車

「軽じゃない軽」でおなじみのパッソは、ダイハツブーンのOEM供給車であり、デュエットの正統な後継者といえる車です。デュエットと比べボディが大きくなり、居住性、インテリア・エクステリアの質感、エンジン性能などは格段に向上しています。

【トヨタ ヴィッツ】スモールコンパクトの代名詞

スターレットの後継車種として開発されベストセラーとなったヴィッツは、ストーリアと同じく軽量コンパクトで取り回しが良い車です。パッソに比べスポーツモデルなどバリエーションも豊富で、販売台数も多いため中古車両の選択肢が豊富なのも魅力です。

トヨタ デュエットはペーパードライバーにおすすめ

取り回しがしやすく燃費の良い乗用車として評価を受けるデュエットですが、もう一つの利点は修理代が非常に安くつくことです。ダイハツの軽自動車と共通のパーツを使用している車種ですので、一つ一つのパーツが安価であることに加え、中古パーツもヤフオクなどで検索するとまだまだ多数流通していますので、修理費を安価に抑えることが可能です。

自損事故に限れば修理代の心配をあまりしなくてすむデュエットは、ペーパードライバーや免許を取ってすぐの方におすすめの一台といえるでしょう。