【いすゞ ビッグホーン】いすゞの大型SUV!中古価格もお手頃!レジャー道具におすすめ!ただしディーゼルはうるさいです…

いすゞが乗用車の製造・販売事業から撤退する前に製造していた大型SUVで、いすゞのフラッグシップモデルといえばビッグホーンです。ボクシーで大型な見切りの良い車体に、常用域でパワフルなディーゼルエンジンを搭載していました。SUVなのに足回りやハンドリングをチューニングしたホットモデルも設定されており、スポーティーなイメージもあったものです。そんな20世紀の名車「いすゞ ビッグホーン」をご紹介します。

いすゞ ビッグホーンはどんなクルマだった?

いすゞのフラッグシップSUVでした。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%99%E3%82%9E%E3%83%BB%E3%83%93%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%B3

2代目いすゞ ビッグホーン 初期型モデル

いすゞ ビッグホーンは、1981年から2001年にかけていすず自動車が製造・販売していたSUVです。同社では最大の乗用車であり、フラッグシップモデルでした。
「ビッグホーン」シリーズは20年の歴史を持つ者の、モデルチェンジは1度しか行われておらず、モデルも2代で生産終了しました。

いすゞ ビッグホーンの評価は高く、当時OEMで富士重工業やホンダにも供給されていました。富士重工業での名称は同じく「ビッグホーン」、ホンダでの名称は「ホライゾン」でした。

車名の由来は?

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%83%84%E3%83%8E%E3%82%B7%E3%82%AB

12,000年前に絶滅したオオツノシカ。現地では「ビッグホーン」と呼ばれます。いすゞ ビッグホーンの車名の由来です。

いすゞ ビッグホーンの車名の由来となったのは、12,000年前にすでに絶滅したオオツノシカです。

いすゞのSUVシリーズ

ビッグホーンを筆頭に、いすゞのSUVは非常に評価が高い乗用車でした。ただ性能が良く、評価は高いものの販売に結びつかないのが悩みの種でした。

いすゞ ミュー

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%99%E3%82%9E%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC

初代いすゞ ミュー メタルトップ XSブライト

いすゞ ミューはパーソナル感溢れるショートボディの3ドアSUVでした。寸詰まりなカンジが「リアルチョロQ」みたいでカワイイと言われて人気でした。

いすゞ ウイザード

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%99%E3%82%9E%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%83%89

2代目いすゞ ウイザード

いすゞ ウイザードは、ミューのロングボディ4ドア版です。ビッグホーンよりも小型で、普通にご家族などで所有するにはミューよりもウイザードが選ばれました。

いすゞ ビークロス

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%99%E3%82%9E%E3%83%BB%E3%83%93%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B9

いすゞ ビークロス

第30回東京モーターショーに出品されたコンセプトカー「ヴィークロス」が注目をあつめ好評だったため、2代目ビッグホーンショートボディをベースに製造されたSUVスペシャリティカーです。斬新なルックスは現代でも通用しますね。

ライバルは日産 テラノ

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E7%94%A3%E3%83%BB%E3%83%86%E3%83%A9%E3%83%8E

初代日産 テラノ 3ドア

1986年に登場した日産 テラノは2.7Lディーゼルを先行発売し、翌年3.0L V6ガソリンエンジンを搭載してきました。サイズ、排気量ともにいすゞ ビッグホーンとバッティングするクルマでした。

いすゞといえばディーゼルエンジンが有名!

いすゞ自動車といえばディーゼルエンジンです!

いすゞといえば、大型トラックやダンプカーで有名です。それらのエンジンはもちろん、ディーゼルです。いすゞの大型商用車で培ったディーゼルエンジン技術は、乗用車にもいかんなく採用されました。

ビッグホーンの最終型に搭載された「4JX1」型ディーゼルエンジンは、3.0L直4DOHCインタークーラー付きターボでした。最高出力は160ps/3,900rpm、最大トルクは34.0kg・m/2,000rpmという極低回転型エンジンで、公道での実用性に優れたエンジンでした。

SUVなのにホットバージョンが!その名はイルムシャー!

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%99%E3%82%9E%E3%83%BB%E3%83%93%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%B3

初代いすゞ ビッグホーン ショート イルムシャー

初代モデル2代目モデルの中間期まで存在した、SUVでは珍しいホットバージョンが「イルムシャー」です。当時の西ドイツの有名チューニングメーカー「イルムシャー」がサスペンションチューニングを担当し、シートはレカロ、ステアリングはMOMOを採用するという贅沢ぶりでした。

ちなみにジェミニにもイルムシャーが!

「イルムシャー」グレードはジェミニにも設定され、3代目ではDOHCインタークーラーターボを搭載したホットバージョンも存在しました。

最終型いすゞ ビッグホーンの主要スペック・燃費など

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%99%E3%82%9E%E3%83%BB%E3%83%93%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%B3

2代目いすゞ ビッグホーン 後期型モデル

2代目いすゞ ビッグホーン ハンドリングバイロータスSEの主要スペック

車両型式 KH-UBS73GW
駆動方式 フルタイム4WD
乗車定員 7名
車両重量 2,170kg

車両寸法

全長 4,750mm
全幅 1,745mm
全高 1,840mm
ホイールベース 2,760mm
トレッド(前) 1,455mm
トレッド(後) 1,460mm
最小回転半径 5.8m

室内寸法

全長 2,525mm
全幅 1,495mm
全高 1,220mm

走行メカニズム

変速機 4速AT
サスペンション(前) ダブルウイッシュボーン・トーションバースプリング式独立懸架
サスペンション(後) 4リンクコイルスプリング式車軸懸架
ブレーキ 4輪ベンチレーテッドディスク
タイヤサイズ 245/60R18

エンジン

型式 4JX1
種類 直列4気筒DOHCインタークーラターボディーゼル
使用燃料 経由
内径 95.4mm
行程 104.9mm
総排気量 2,999cc
圧縮比 19.0
最高出力 160ps/3,900rpm
最大トルク 34.0kgf・m/2,000rpm
燃料タンク容量 85L

燃費

燃料消費率 10.4km / L
※10モードによる計測値

いすゞ ビッグホーンの評価・口コミは?

いすゞ ビッグホーンの口コミによる評価は?

いすゞ ビッグホーンをこれから中古で購入しようとお考えの方なら、ユーザーさんの生の声が気になりますよね。そこで口コミレポートで満足な点、不満な点をご紹介します。

いすゞ ビッグホーンに満足している点

ビッグホーンユーザーの評価が高い点とは?

必要十分な動力性能、ロールがほとんどしない足回り、広い室内、視界が良いので車両感覚がわかりやすい。

出典:www.goo-net.com

「バムッ」というドアの閉まる音も無骨さを感じます。

出典:www.goo-net.com

走行15万キロ超でも、壊れる気がしない。

出典:www.goo-net.com

いすゞの自動車というと大型商用車のイメージもあり、耐久性に優れているというイメージがあります。製造終了から15年が経過するビッグホーンでも、まだまだ耐久性十分な様子ですね。

いすゞ ビッグホーンに不満足な点

ビッグホーンユーザーが考える不満点とは?

今流だと若干の非力と燃費ももう一歩

出典:www.goo-net.com

指定のバッテリーは3万円とちょっと高い。

出典:www.goo-net.com

ディーゼルなのでエンジン音がうるさい。乗っている分はあまり気にならないが、停車中は外から聞く音はトラックが停車しているようで、夜の住宅街は特にエンジンを切りたくなる。

出典:www.goo-net.com

いくらディーゼルに定評があるいすゞといえど、設計が20年も昔のエンジンだと現代社会には適応しない面もあるようです。

いすゞ ビッグホーンの中古車事情

いすゞ ビッグホーンの中古相場は?
Created by yino19700

いすゞ ビッグホーンの中古相場は、最安値で23万円、最高値で128万円でした。初度登録年では1991年から2002年まで。モデルでいえば初代モデル最終バージョン以降が、まだ中古車として流通しています。
もしご購入を検討されるのなら、ガソリン車をおすすめします。ディーゼル車ですと、お住まいの地域によっては登録ができない場合もあります。また口コミにもありましたように、かなりエンジン音が大きいようなので、周囲の方々とトラブルにもなりかねません。
走行距離は15万km以上の車両もありますが、5万km程度の車両もあります。年式の割りには走っていないですね。週末にレジャーを楽しむための手ごろな移動手段、としてご利用ならば、まず問題ないでしょう。

-いすゞ ビッグホーンの検索結果 | 中古車情報サイトGoo-net

いすゞ ビッグホーンの故障しやすい箇所は?

日ごろのメンテナンスを実施しましょう。

ステアリングの操舵力の重さが気になる方が多いようですが、いすゞの設計では重くなるのが普通なのだとか。ましてや2トン越えの車重に大排気量エンジンを搭載しているのです。フロントが重いのは当然ですね。
口コミレポートにもありましたように、いすず ビッグホーンの耐久性はかなり高いようです。消耗品をきちんと交換してあげるだけで、15万km乗っても壊れる気配がないとのこと。
中古でビッグホーンを購入してもきちんと整備されていれば、車種特有の故障が起こりやすい箇所はなさそうです。

【まとめ】レジャー道具としておすすめです!

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%99%E3%82%9E%E3%83%BB%E3%83%93%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%B3

2代目いすゞ ビッグホーン 中期型

いすゞ ビッグホーンのまとめ、いかがでしたでしょうか。SUVなのに足回りをチューニングしたイルムシャーはビックリでした。さらにビッグホーンには「ハンドリング・バイ・ロータス」というハンドリングをチューニングしたグレードもありました。こちらは本革シートも奢ったプレミアム仕様でした。
年式も古くなり、走行距離さえ気にしなければお手軽な価格で中古でお求めいただけます。ロングボディならラゲッジスペースも大きく、たくさんの荷物を積んでキャンプやバーベキューに出掛けることも可能です。
アウトドア志向で車が傷ついても気にしない、という方にはおすすめの1台です。