【スバル レヴォーグ2.0GTS(DBA-VMG) 試乗】素性の良さは天下一品。ビル足はちょっと硬いか?

人気のレガシィツーリングワゴンの後継という位置付けで登場したのが「レヴォーグ」です。1.6リッターエンジンと2リッターエンジンの搭載車がありますが、どちらも水平対向4気筒AWDということは一緒。スバル伝統のシステムを受け継ぎながらどのような新しさを見せてくれるのか? 2.0GTSの各部解説をしながら、はじめて試乗したときのインプレッションをご紹介します。(飯嶋洋治)

スバル レヴォーグ2.0GTSとは?

photo by subaru

2013年東京モーターショーの直前にティーザー広告が大々的に打たれたのが印象的な「レヴォーグ」。高い人気のあったレガシィツーリングワゴンの後継ということでも注目されました。ボディサイズは先代のレガシィツーリングワゴンよりもひとまわり小さくし、国内の道路事情に合わせて取り回しを良くするという意図が盛り込まれました。筋肉質を感じさせるボディデザイン、そしてスバル伝統の水平対向エンジンとAWD(四輪駆動)を引き継ぐことで、ただのツーリングワゴンではないスポーティな特性を備えられたクルマといえるでしょう。

エクステリアは?

photo by subaru

富士重工業(当時)のクルマのデザインは、どうしても「あか抜けない」というイメージが付きまといました。常に機能という面では一歩進んでいたのですが、その分外面には力が入っていない……というような感じでしょうか? もちろんスバルファンにとってはそういう質実剛健な車風? も惹きつける要素にはなっていたようですが。ただ、レヴォーグに関しては、かなりデザインに力を入れてきたという感じはあります。フロントグリル(ヘキサゴングリル)、ホークアイヘッドランプなどは、かなり存在感を主張してきます。対照的にサイドビューはスマートな印象も受けます。ワゴン前提ということもあるのでしょうが、Aピラーからルーフ後端までのラインの伸びやかさも印象深いものです。前後のフェンダーアーチの張り出しの処理なども、力強さを感じさせます。

インテリアは?

photo by subaru

コクピットに収まると下端が切り取られたパドルシフト付の異形ステアリングと、そこを通して見える大型のタコメーターとスピードメーターに目が行きます。こういったところは、WRC(世界ラリー選手権)で一時代を作ったスバルだけあって、かなり硬派なスポーツ性を感じさせるところです。基調色はブラックとシルバーでスポーティなもの。それだけでなく、金属調アクセントやメッキ加飾により上質さを演出しているのが見てとれます。シートの座面も適度に硬い感じ。サイドの張り出し具合からは、サポート性の高さも感じられていいと思いました。

photo by subaru

ツーリングワゴンという性格上、リヤの居住性ということでも向上が図られています。リヤシートのはメイン部とサポート部で硬さの異なるウレタンパッドを採用し、しっかりとした形状とするとともに、乗り心地の向上を図っています。リクライニング機構は5段とし、長時間のドライブでも疲労の少ないものとしています。リクライニングの操作はレバー式ですから、座ったままでの調整も可能となっています。細かなところではカップホルダー部にピアノブラック調仕上げと金属調アクセントの加飾をあしらい、上質感のあるデザインにも気を使っています。

パワーユニットは?

photo by subaru

エンジンはスバル伝統の水平対向4気筒エンジンです。2.0GTSには2リッター直噴ターボエンジンが搭載されています。水平対向そのものは、エンジン出力特性そのものに影響を与えるものではありませんが、直列4気筒よりは短く、エンジン搭載位置を後退できることなどで、全体のバランス=操縦性に好影響を与えることがメリットと言えます。

もちろんエンジン内部にも手が加えられており、レヴォーグでは、従来型のレブリミットが6,100rpmだったのに対して、6,500rpmに引き上げられました。これにともない、バルブスプリングの強化が行われています。一般的なチューニングの話になりますが、バルブスプリングをそのままでレブリミットを上げてしまうと、カムシャフトの回転にバルブスプリングが追い付けなくなり、バルブ本体がバルブスプリングの共振によって破損するなどのトラブルが起こる可能性があります。高性能化に対応するためのチューニングと言えるわけです。さらにエンジンマウントは液体入りとして、ボディへの直接的な入力を避け、静粛性の向上を図っています。

トランスミッションは?

photo by subaru

トランスミッションには「スポーツリニアトロニック」を採用しました。スバルはもともとCVTというベルト式の無段変速機のさきがけでした。その駆動伝達力を上げるべく、ゴムベルトからスチールベルトに置き換えるなど、大パワーでも耐えうるような方式としています。これによってダイレクトな変速フィーリングとするだけでなく、レヴォーグの2リッターターボの動力性能を生かせる8速マニュアルモードも採用し、快適で楽しい走りが可能となっています。

ボディ、サスペンションは?

スバルといえば水平対向エンジンというような取り上げられ方をすることが多いですが、ボディ、サスペンションへのこだわりもまた他メーカーよりも強いものがあります。レガシィももともとボディ剛性の高さという面で定評がありましたが、レヴォーグではねじり剛性係数を40%以上向上させています。これはAピラー周り、C、Dピラー三又部、リヤフレーム取り付け部、リヤゲート開口部などの徹底した補強によってもたらされています。

駆動レイアウトを見てみると、水平対向エンジンから縦置きトランスミッションとし、フロントは左右のドライブシャフトで駆動しています。リヤへはトランスミッションからプロペラシャフトを介してリヤデフまで繋ぎ、そこから左右のドライブシャフトでリヤを駆動する、というのはスバルの手慣れた手法と言えます。他メーカーのように横置きFFをベースにした方がやりやすいともいえるのですが、そうなるとトランスミッションも横置きとなり、左右のバランスがあまりよくありません。そういうことでもスバルの「シンメトリカルAWD」というのは「素の良さ」が光るレイアウトと言えるでしょう。

photo by subaru

photo by subaru

サスペンションは、フロントがマクファーソンストラット、リヤがマルチリンクとなっており、典型的な現代の高級車の独立懸架方式といえます。フロントはレガシィに採用したものから、サスペンションメンバーやアーム取り付け部の剛性をアップすることで、よりリニアな動きを追求したものとなっています。サスペンションジオメトリーを見直すことで、コーナリング時の内輪の浮き上がりを抑える方向となっています。

リヤサスペンションは、ダブルウイッシュボーンの発展型ともいえるマルチリンク方式です。サスペンションアーム、リンクのつなぎ目で使われるブッシュ類を強化(ハード化)することにより、トレッド剛性とコーナリング時の横G応答性の向上を図っています。ピロボール(金属)ブッシュも採用し、リヤの安定性と操舵応答性の向上も意図されています。

乗り心地は?

今回も一般道、高速道路、峠道と3つのセクションで走ることができました。まず走り出して感じたのは、ボディ、サスペンションを含めて非常に硬質な感じがしたことです。「ちょっと硬すぎるかな」という感じがしたのは、もしかしたら新車ゆえ「馴染んでいない」という状態でもあったのかもしれません。工事中で簡易的に修復がされたような路面だと、足回りで受け止めるというよりも、ボディにも入力されるようで、ちょっとキツイという感じがしました。2.0GTSには、ビルシュタインのショックアブソーバーが装着されています。これはもちろんモータースポーツなどでは有名なブランドですが、単筒高圧ガス封入式(ド・カルボン式)というのは、乗り心地という面では硬さが出る場合が多いです。そういう面ではノーマルの足を試してみたいところでした。

高速道路に入ると、300psといパワーとスポーツリニアトロニックトランスミッションの加速は痛快なほど。もちろん、足回りも速度を上げれば適度に引き締まったものとなります。おそらく、レヴォーグは、こういった状況でロングドライブをするには最高の性能を発揮するように思いました。AWDという安定感も、ドライブに無用の緊張感を強いることなく、適度にリラックスでき疲労も少ないように思いました。

峠道に入ります。といってもワインディングというよりは、狭い山道ですのでどうしてもコーナリングというよりはターンに近い道が続きます。ここでもレヴォーグは「ツーリングワゴン」という実用車としてのボディを与えられたと思えないようなスポーティな走りを見せてくれました。14.5:1という、かつての競技用として販売されていたよりも小さいステアリングギヤ比などの影響と相まって、かなり鋭い走りを見せます。もちろんAWDはがっちり路面をとらえて離しませんから、ある程度のスピード域ならば常に安定しています。贅沢を言えば、安定しすぎているともいえるのですが……。ただ、ちょっと意外だったのが、登り勾配にくると、ちょっとトルク不足を感じて、パドルシフトを1速まで落とさざるを得なかったこと。ボア×ストローク比から考えるとロングストロークなので、トルクは太い方向となるはずなのですが、高回転型としたことからくるトレードオフなのかあるいは重さからくるものなのか? とも思いました。

photo by subaru

主要諸元

車両型式

DBA-VMG

エンジン

FA20

型式 
種類 水冷水平対向4気筒DOHC16バルブ 直噴ターボDIT
総排気量 1,998cc
ボア×ストローク 86.0mm×86.0mm
圧縮比 10.6
最高出力 221kW(300ps)/5,600rpm
最大トルク 400Nm(40.8kgm)/2,000-4,800rpm
燃料供給装置 筒内直接燃料噴射装置
使用燃料/タンク容量 無鉛プレミアム/60L
駆動方式 AWD
燃料消費率(JC08モード) 13.2km/L

トランスミッション

スポーツリニアトロニック(マニュアルモード付)
前進無段 後進1速

サイズ

全長 4,690mm
全幅 1.780mm
全高 1,490mm
ホイールベース 2,650mm
トレッド(フロント/リヤ) 1,530mm/1,540mm
車両重量 1,560kg
最小回転半径 5.5m
乗車定員 5名

サスペンション

フロント ストラット式
リヤ ダブルウイッシュボーン式

ブレーキシステム

フロント ベンチレーテッドディスク
リヤ ベンチレーテッドディスク

タイヤサイズ

225/45R18

まとめ

サスペンションやエンジン特性に対しては、スバルのクルマということで期待が大きいだけに、ちょっと辛目に出てしまったかもしれません。ただ、もとからもっている素性という意味では、レヴォーグは図抜けたものを持っていますし、ある程度、自分好みにカスタマイズすることで、より良いクルマとなるのではないでしょうか? また、最後になってしまいましたが「アイサイト」によるプリクラッシュブレーキなどの装着も忘れてはいけない部分です。自動運転につながる技術として、こうした安全技術が取り入れられているのは、やはりスバルならではの先進的な取り組みといえるでしょう。