三輪バイクのおすすめ車種ご紹介!免許やヘルメット必要有無などから中古車情報や維持費まで!

二輪のオートバイの運転は不安という方や、たっぷり荷物を載せてツーリングを楽しみたいという方などにおすすめの三輪バイク。この記事では、三輪バイクの概要や維持費、必要な免許といった情報から、おすすめの三輪バイクの紹介までしています。

三輪バイクとは?

三輪バイクとはオートバイの一種で、車両の中心線に沿って3つの車輪が二等辺三角形に設置されたものをさします。三輪バイクのことをトライク(Trike)と呼ぶこともあります。
二輪のオートバイと比べると安定性が高いため転倒しにくいという長所があります。また、二輪のオートバイと比べた場合の他の長所としては、停車中や低速での走行中でも自立しているため足をついたりする必要がなくバランスがとりやすい、という点もあげられます。このように運転がしやすいことから、二輪のオートバイを運転できない身体障害者が利用しやすい乗り物としても注目を浴びています。
その一方で、三輪バイクは二輪のオートバイと比べて車体が大きく重いために、燃費が悪かったり駐車スペースをとるといった短所があげられます。また、上述の通り基本的には安定性が高い一方で、カーブでは遠心力に引っ張られやすくなるので、技術がないと横転しやすいという短所もあります。
なお、三輪バイクの法定最高速度は一般道路では60km/h、高速道路区では80km/hとなります。2人乗りは高速道路でも可能。駐車場については、三輪バイクは三輪自動車と同じ扱いになるので他の自動車と同じ場所にとめることができます。その一方で車庫証明の必要はありません。
三輪バイクはメーカー製の他、既存の二輪バイクの後輪部分を改造したタイプも多く販売されています。

運転に関する注意点・ポイント

バイクといっても二輪のオートバイではないので、運転の仕方も大きく異なります。二輪バイクのように体重移動をしても、三輪バイクは曲がりません。ハンドルを切って曲がる必要があります。なお、旋回中は遠心力によって車体がカーブの外側へ傾こうとして場合によっては転倒してしまう可能性がありますので、十分に減速をして急ハンドルを避ける必要があります。
上述の通り、二輪のオートバイよりも安定性の高い三輪バイクですが、このような運転上のポイントもありますので注意しましょう。

三輪バイクの維持費は

ここでは、三輪バイクの維持費について説明します。まず車検が必要か否かは排気量によってかわります。排気量が250ccを超える場合は"側車付オートバイ"という扱いになり車検が必要となります。一方、排気量50cc~250cc以下の場合は、"側車付軽二輪"という扱いになって車検がいらなくなります。保険や税金についても、同様に排気量250ccを超える"側車付オートバイ"と排気量50cc~250cc以下の"側車付軽二輪"で異なります。
以下、排気量ごとの維持費についてまとめます。

三輪バイクの維持費の目安

排気量250ccを超える"側車付オートバイ"の場合

自動車税:4,000円 ※1年ごと
重量税:3,800円 ※車検時(2年ごと)
自賠責保険:13,640円 ※2年ごと
車検:必要

排気量50cc~250cc以下の"側車付軽二輪"の場合

自動車税:2,400円 ※1年ごと
重量税:4,900円 ※初回登録時のみ
自賠責保険:14,290円 ※2年ごと
車検:不要

三輪バイクの価格はどのくらい

一口に三輪バイクといっても排気量や国産か否か、メーカー製かなどの条件で大きく異なります。ここではまず、三輪バイクの購入を検討する上で抑えておきたい、価格を大きく左右するポイントをいくつか説明させていただきます。

"中華トライク"と国産トライク

国産の三輪バイク(トライク)は品質が良い一方で、高額になりやすい傾向があります。そのために中国製の三輪バイク、いわゆる"中華トライク"が注目されることもあります。比べると確かに中華トライクの方が車体が安くなりますが、残念ながら品質に問題があり、さまざまな故障が起こりやすいと言われています。たとえば、フレームに亀裂ができたりガソリンが漏れたり、マフラーが落ちたりということもあるようです。
さまざまな問題が発生する可能性がある"中華トランク"。自分で整備でき根気よく付き合えるといった場合には良いかもしれません。ただ、そうでない場合には、安さが魅力で購入したのに、かえって修理費用が高くなってしまうという本末転倒な事態に陥ることも十分に考えられます。そのため、あまりおすすめはできません。
結果的に、やはり国産の方がおすすめと言えますが、上述の通り価格が高くなる可能性もあるので、国産の中古車を検討するのも選択肢の1つです。中古であったとしても、品質は中華トライクより高く、安心感は違います。

屋根付きとドア付き

出典:http://www.aioinc.jp/Pages/gyl4.aspx

二輪バイクと違って停車時に足をつかなくても自立できる安定性のある三輪バイクには、屋根やドアをつけることもできます。それによって価格も変わります。ただし、三輪バイクの定義は「左右解放」「バーハンドル」「またがり式」であるため、ドアをつけると三輪バイクと認識されなくなりますので注意してください。

メーカー製の高級な車種も存在

三輪バイクも自動車や二輪のオートバイと同様に高級な車種も存在します。詳しくは後述しますが、たとえば二輪バイクで有名なハーレーダビッドソン社が開発した三輪バイクなどは、平均的な三輪バイクと比べてもかなり高額になっています。以下に記載の目安は、このような例外的な機種は考慮していませんのでご注意ください。

結局価格はどのくらい?

ここに記載する価格はあくまで1つの目安として参考にしてください。

50cc以下のトライク:20万円~40万円
51cc~125cc以下のトライク:40万円~60万円
126cc~250cc以下のトライク:30万円~140万円
600ccのトライク:100万円~220万円

三輪バイクの免許

三輪バイクは、"バイク"という言葉が入っていることやその見た目・形状から二輪免許が必要と思われがちですが、実際に必要な免許は普通免許(要普通免許以上)となります。二輪免許では三輪バイクは運転できません。なお、ベース車がATの場合は、AT限定免許で運転できます。MT・ATの区別はそのまま三輪バイクにもあてはまります。
バイクでのツーリングに憧れがあっても普通免許しか持っていない方は、三輪バイクの購入を検討してもよいかもしれませんね。普通免許で、風を切って爽快なツーリングを楽しむことができます♪

例外もある?

ただし、免許に関しては例外もあります。二輪バイクの運転になれていないドライバーによる事故が多発したことなどが原因で2009年9月に法改正が行われ、以下の条件を満たす車両は、排気量に相当する二輪免許が必要となりました。

・3個の車輪を備えるもの
・車輪が左右対称に設置されていること
・車輪幅が460mm未満であること
・車輪および車体の一部、もしくは車体全体が傾いて旋回すること

後述しますが、この"例外"にあてはまる車種も多いため、三輪バイクを購入される際はご注意ください。上記のように例外の車種は"車体が傾く"ため、一部、二輪と同じ運転技術が必要となります。

三輪バイクで違反した場合は?

上述の通り、三輪バイクは普通免許が必要な乗り物ですから、交通違反をした場合には自動車と同じ罰則が適用されることになります。十分に注意しましょう。

免許取得を思い立ったときにまず最初に考えるのは、教習所どこがいいんだろうとか、学校などの紹介で合宿で免許取得ができるけど内容はどうなの?など不安なことがたくさんあると思います。今回は、普通免許取得をする際の基礎知識をまとめてみました。

三輪バイクはノーヘルで平気!?

三輪バイクに必要なのは二輪免許ではなく普通免許なので、法律的にはヘルメット着用の義務はありません。ですから、ヘルメットをかぶらずに運転していても警察官に呼び止められることはもちろんありません。ノーヘルで海岸線に面した道路をドライブすれば海風を受けて心地よいドライブができますね♪ ノーヘルが許可されるのは三輪バイクのメリットの1つとは言えます。
ただし、前を走る車が跳ね上げた砂が目に入ることもありますし、高速道路を走るような場合はかなりの走行風を受けて涙が止まらなくなります。それに安全性を考慮するとヘルメットを着用することが推奨されます。
まとめると、道路によって快適なノーヘルでドライブを楽しんだり、高速道路では持参したヘルメットをかぶるなど適宜使い分けるとよいですね。

三輪バイクのおすすめをご紹介

【トライグライドウルトラ】普通免許で憧れのハーレーダビッドソンに乗れる?

「トライグライドウルトラ」は、なんとバイカーの憧れ"ハーレーダビッドソン"が開発した純正トライク。二輪免許がなくても、普通免許(AT)でハーレーに乗れてしまいます!
ハーレーダビッドソンの技術とライディング力学の知識を活用し開発したという「トライグライドウルトラ」は、重量あるこの車体のコントロールを重視し、最高のハンドリングを実現。500kgを超える車体も、新設計のリア-フロント連動ブレーキなどによって制動力を高めています。フロントブレーキは独立して操作ができ、繊細な速度コントロールが可能です。
抜群の積載能力も「トライグライドウルトラ」の注目すべきポイント。トランクスペースはなんと最大190リットルあり、最大積載重量約36kg! これ1台でキャンプや旅行に必要な荷物を全部積み込めてしまいますね。さらに、付属の設備「Boom!Box」にはブルートゥースやUSB接続でスマートフォンやMP3プレイヤーを接続でき、音楽をかけながら快適なドライブを演出できます。何よりハーレーダビッドソンらしい無骨ながら迫力あるデザインが「トライグライドウルトラ」でも踏襲されているのは魅力ですね。

基本情報

メーカー希望小売価格:
(ビビッドブラック)4,250,000円
(ビレットシルバー)4,289,500円
(ビレットシルバー/ビビッドブラック)4,329,000円
(ミステリアスレッドサングロ / ベロシティレッドサングロ)4,329,000円
(ディープジェイドパール / ビビッドブラック)4,329,000円
総排気量:1,689 cc
全長×全幅×全高:2,670×1,390×1,430mm
車両重量:559kg
燃費:16.1km/L

3輪にフィットするモーターサイクルがどれだけあるでしょうか。Tri Glide® Ultraを一目見れば、その答えが見つかります。

中古車はこちら

国内最大級のバイク情報からハーレーダビッドソン FLHTCUTGの中古バイクを探せます。

【トライクス F6T】ホンダのGOLDWINGをベースに開発されたスタイリッシュな三輪バイク

「トライクス F6T」は、ホンダのGOLDWINGをベース車両に採用した三輪バイク。GOLDWINGのしなやかで美しいボディラインはそのままに、スタイリッシュな三輪バイクとなっています。リアフェイスには個性的で目を引くLEDテールライトを標準で採用しています。
機能面では、「デュアル・コンバインド・ブレーキ・システム(Dual-CBS)」を搭載。ハンドブレーキ・フットブレーキいずれかの操作で、3輪同時にバランスよく制動力が配分され制動距離を抑えます。また、足回りに採用した独自開発の「プッシュロッド式独立懸架サスペンション」によって、路面への接地性、追従性を高め乗り心地は快適。トランクルームの収納容量は200リットルあります。「トライクス F6T」は、二輪バイクの爽快感と自動車の安定性、さらにエレガントなフォルムを実現したスタイリッシュでオンリーワンな三輪バイクです!
なお、「トライクス F6T」には標準タイプの"Base Grade"の他、デジタルのリアサスペンション調整やグリップヒーター、HIDヘッドライト、ウォッシャー機能付ワイパーなどを搭載した"Luxury Sports"があります。詳しい仕様の違いは以下にリンクするオフィシャルサイトでご確認ください。

基本情報

メーカー希望小売価格:5,130,000円(Base Grade)、5,464,800円(Luxury Sports)
総排気量:1,832cc
全長×全幅×全高:2,995×1,470×1,250mm(Base Grade)、2,995×1,470×1,525mm(Luxury Sports)

国産トライクメーカー「トライクス」の公式サイト。詳細や特別キャンペーンなど随時更新中。

中古車はこちら

日本その他 日本 トライクスF6T LEDサイドランニングボード 18AWの中古車情報。量産型トライク新車保証付き LEDサイドランニングボード 18AW 中古車物件情報が30万台!中古車検 索なら日本最大級の中古車情報サイトGoo-net!

【Spyder RT】長距離のソーリングに適したラグジュアリーなモデル

「Spyder RT」は、カナダのボンバルディア・レクリエーショナルプロダクツ(以下BRP)社が開発した前二輪・後一の三輪バイク。前一輪・後二輪の一般的なトライク(三輪バイク)と比べて"リバーストライク"と呼ばれることもあります。
「Spyder RT」は、バイクの解放感と自動車の安定性を実現したモデルです。ロータックス製の1330ACETMエンジンが採用されており正確なハンドリングを実現。また、アクセルを踏み続けることなく一定の速度を維持するクルーズコントロールや、横滑りを防止するスタビリティコントロールシステム、リアタイヤのスピンを制御するトラクションコントロールなどなど、自動車向けのテクノロジーを多く採用し、自動車のような安定性・快適性を実現しています。
また、収納のスペースは、フロントトランク・左右サイドケース・リヤトランクの3つに合計155リットル分搭載。ランバーサポートとパッセンジャーバックレストを採用したシートはまるでソファーのような快適さで、たくさんの荷物を積んで長距離の旅行へ出かけるのに適したモデルといえます。
その存在感たっぷりのデザインも秀逸。「Spyder RT」で道を走れば、その迫力で道行く人に振り返られること間違いなし! 前二輪のため、二輪バイクに比べてフロントヘビーにも見えますが、少しくらいなら狭いところでも入っていけるので不便は感じないでしょう。

基本情報

メーカー希望小売価格:2,388,200円
総排気量:1,330cc
全長×全幅×全高:2,667×1,572×1,510mm
車両重量:459kg
燃費:ガソリン満タン(26L)で最高406kmの走行が可能

長旅用の贅沢な機能と高い性能を装備した、究極の 3 ホイール ツーリングモーターサイクル。進化したライディング

中古車はこちら

国内最大級のバイク情報からBRP can−am SPYDER RT LIMITEDのバイクを探せます。

【SPYDER F3】スポーティによりダイナミックな走りを楽しめるモデル

「SPYDER F3」は、「Spyder RT」と同じくBRP社が開発した前二輪・後一輪の三輪バイク。「Spyder RT」と同様にロータックス製の1330ACETMエンジンを採用し正確なハンドリングを実現。また、「Spyder RT」と同じくスタビリティコントロール、トラクションコントロールなども、採用しています。さらに、SPYDERのために設計されたBrembo製の高性能ブレーキによって優れた制動力を誇っています。
「Spyder RT」と比べると「SPYDER F3」は、収納スペースの容量は最大24.4リットルと小さい一方、車体が小さく重量は約70kg軽量。加速も早く、より刺激的な走りが楽しめるスポーティなモデルとなっています。「Spyder RT」と違い、エンジンがむき出しになっているのもポイント。走りと一緒に吸排気音も楽しむことができます。
「SPYDER F3」「Spyder RT」それぞれ個性が異なるので、好みに近い方を選ぶとよいでしょう。

基本情報

メーカー希望小売価格:1,998,000円
総排気量:1,330cc
全長×全幅×全高:2,642×1,497×1,099mm
車両重量:386kg
燃費:ガソリン満タン(27L)で最高406kmの走行が可能

ライディングポジションを自在に設定でき、快適で高性能を誇るクルーザースタイルの 3 ホイール モーターサイクルに乗らずにはいられません。進化したライディング

中古車はこちら

BRP/can-am SPYDER F3-Sの中古バイク検索結果です。中古バイク検索ならgoo自動車&バイク。

【トリシティ125】ニュータイプの"125ccクラスの三輪スクーター"

「トリシティ125」は、ヤマハが開発した前二輪・後一輪の三輪バイク。「ニュースタンダード シティコミューター」というコンセプトのもと、バイクが初めての人でも扱いやすい親しみやすさを目指し開発されたモデル。具体的には、ヤマハがLMW(リーニング・マルチ・ホイール)と名づけた、旋回時に傾斜して曲がる三輪以上の車両という構造をとっています。「旋回時に傾斜する」構造のため、今まで紹介した三輪バイクと異なり、運転には「AT小型限定普通自動二輪免許」以上の二輪免許が必要となります。
とはいえ、三輪バイクらしく、低速での走行時や横風を受けた場合なども安定してふらつきが少なくバイク初心者でも運転がしやすくなっています。路面状況が悪いような場合でも、「トリシティ125」は抜群の安定性を誇ります。また、UBS(ユニファイドブレーキシステム)を採用し、停止まぎわや低速走行時などでのブレーキ操作をサポート。ブレーキ制動時にハンドルのふらつきが少なくコントロールしやすくなっています。
「トリシティ125 ABS」では、加えて新開発のABS(アンチロックブレーキシステム)を搭載。車輪全てにセンサーが取り付けられていて、スリップを検知すると車輪ごとのブレーキを適切に制御し車輪をロック。さまざまな路面状況下でタイヤのもつ性能を最大限に引き出します。
"125ccのスクーター"という扱いなので、2段階右折は不要、2人乗りも可能です。また車検も必要ありません。ただし、普通免許で運転できる三輪バイクと異なり、法定最高速度は60km/hで高速道路は走れません。

基本情報

メーカー希望小売価格:356,400円(トリシティ125)、399,600円(トリシティ125 ABS)
総排気量:124cc
全長×全幅×全高:1,905×735×1,215mm
車両重量:152kg
燃費:38.8km/L(1名乗車時)、35.8km/L(2名乗車時)

第3の移動体。「LMW機構」という、新しいカタチ。,[バイク スクーター]

中古車はこちら

国内最大級のバイク情報からヤマハ トリシティのバイクを探せます。

【ジャイロ キャノピー】単なる配達用スクーターじゃない!

「ジャイロ キャノピー」は、大型ルーフを搭載し雨の日の運転でも快適な運転を実現する三輪バイク。ジャイロのシリーズは配達用に使われることの多い三輪バイクとして知られますが、さまざまな魅力から長距離のツーリング用としても好まれています。
ジャイロの魅力としてあげられるのはたとえば、シートに寄り掛かったまま運転できたりエンジンの振動がシートに響きにくいといった長時間走行時の快適性。また、四輪車と比較した場合の燃費の良さ、駐車料金がかからない経済性。さらには、配達用だけあって高い積載能力などなど。さらに、水冷4ストローク4バルブエンジンやダイナモ一体式スターターを搭載し、始動音やエンジン音が比較的静かで快適に乗りこなせるのも魅力です。
なお、ジャイロシリーズを一般で利用する場合は、車体の一部を改造しミニカー登録し普通免許で運転できるようにすることが多いようです。テレビCMでもミニカー登録したジャイロシリーズが登場したこともあります。

基本情報

メーカー希望小売価格:538,920円
総排気量:49cc
全長×全幅×全高:1,895×660×1,690mm
車両重量:139kg
燃費:54.5km/L

中古車はこちら

国内最大級のバイク情報からホンダ ジャイロキャノピーの中古バイクを探せます。

【ジャイロ エックス】たっぷり荷物を載せてもしっかり走れる!

「ジャイロ エックス」は、「ジャイロー キャノピー」と比べるとルーフや座席の背もたれなどがありませんが、その分低価格となっています。
また、こちらのモデルもまた、たっぷり荷物を搭載してもしっかり走ることができ、配達用によく利用されていますが、小さな改造をしたりデザインをかえるなどしてそれ以外の用途に使われることも多いようです。始動の際、運転の際も比較的静かで快適に走ることができます。
なお、「ジャイロ エックス」には標準のベーシックタイプの他、風やホコリを防ぐ大型シールドを採用し良好な視界を実現するスタンダードタイプがあります。

基本情報

メーカー希望小売価格:368,280円(ベーシックタイプ)、389,880円(スタンダードタイプ)
総排気量:49cc
全長×全幅×全高:1,700×665×1,405mm ※ベーシックタイプの全高は1,050m
車両重量:112kg ※ベーシックタイプは109kg
燃費:59.0km/L ※ベーシックタイプは60.0km/L

中古車はこちら

国内最大級のバイク情報からホンダ ジャイロXの中古バイクを探せます。

まとめ

いかがでしたでしょうか? 二輪バイクの快適さと自動車の安定性を備えた三輪バイク。ご紹介しましたように車種もさまざまで、走りを存分に楽しめる高価格のタイプと低価格で手軽に乗れるタイプのものもあります。二輪バイクの運転が怖いという方や、三輪バイクならではの高い積載能力に魅力を感じる方は、この記事を参考にして三輪バイクの購入を検討いただければ幸いです。

バイクが欲しい方や修理などで気軽にお問い合わせできるバイクショップをご紹介しておきますのでチェックしてみてください。

快適なバイクライフを、バイクの事なら【Bike Shop MONX】 日々のメンテナンスからエンジンの不具合。また、ヴィンテージバイクの販売等、何でもお問い合わせください。