中古ホイールを購入しよう!

ホイールを中古購入するときのポイントやホイールのトラブルの対処方をご紹介します!

中古でホイールを探そう!

ホイールが欲しいけど新品は高くて手が出ない...。スタッドレスタイヤ用のホイールだから安く済ませたい...。不慮の事故で間に合わせのホイールが必要になった。気分転換にもう1セットホイールが必要だ。ホイールの傷みが気になるから中古ホイールに買い替えたい。探しているホイールが中古しかない...などなど
中古ホイールの購入理由はさまざまですね! そこで今回は中古ホールを購入するにあたっての注意点や選ぶ時のポイントをご紹介します! 新品ホイール選びとは少し勝手が違うのでお気をつけを!

ホイールサイズの見分け方!

まずはホイールサイズの見分け方をご紹介します! ホイールのサイズ表記はパッと見難しそうですがコツを掴めば靴選びのようにかんたんですので諦めずに理解する努力をしましょう! サイズの見分け方がわかればホイール選びも楽しくなるってことです!

サイズの見方

17×7J +40

このようなサイズ表記がホイールの裏側に刻印されていたり、ステッカーに表記されています。ではどういう意味なのでしょうか、まず初めの(17)とういう数字ですが、これはホイールの外径で17インチという意味です。ですので17インチのタイヤが対応しているという意味です。現在のホイールが何インチなのかを知っておいてそれを基準にインチアップやインチダウンの計画が立てられます。
次に(7J)という数字ですが、このJという数字はホイールのタイヤをセットするための形状です。ほかに(JJ)というのもありますが、特に気にする必要はありません。ではJの前の(7)という数字ですが、これはホイールの横幅です。この場合インチということがわかります。1インチおよそ2.5cmと考えておよそ175mmとなります。これによりざっと155~195程度のタイヤが装着の対象になることがわかりました。タイヤを選ぶときの参考にしましょう。
次に(+40)とういう数字ですが、こはオフセットといってホイールの取付けの奥行の位置を示しております。ちょうどホイールの中心が+0の位置です。その取付位置が車体側になるほどマイナス、車体外側になるほどプラスになります。この数字の単位はmmです。例えば+30のオフセットのホイール履いているとします。そこへオフセット-10のホイールを装着するとします。その差は4cmです。ホイール取り付け位置車体側になるということはホイールが車体外側に移動することになります。このとき車体からホイールがはみ出てしまう可能性が十分にあります。
逆にオフセット+60のホイールを装着した場合、車体側にホイールが近づくことになります。最悪の場合、サスペンションや車体と接触し、取付けすらできない場合がありますので十分に計算してからホイールを選びましょう!

PCDや穴の数

そのほかに5HやPCDという表記も見られます。

5H PCD 114.3 

と表記してあったとします。この5Hとは車体に取り付けるときの穴の数です。この穴の数は重要で、5Hとは5個穴が開いているといった意味です。そのほか4Hや6Hといったホイールもあります。この穴の数が合わないと取り付けることができませんのでご注意ください。
そのほかPCDといってその穴の間隔が表記されています。日本車は100 114.3 120といったサイズが多く採用されています。これもPCDの数字が違う物ですと取り付けられませんので注意しましょう。ですのでご自身の車のPCDや穴の数を知っておくことが必要です。インターネット検索などで前もって調べておきましょう!

中古ホイールはどこで手に入れるのか?

中古ホイール専門店

まずは中古ホイールを専門としているお店です。専門ですので程度の良い物が多く、購入した商品に不具合があってもしっかり対応してもらえる店舗が多い傾向にあります。一般的なモデルからマニアックなヴィンテージホイールまでを扱っています。
特色を持たせているお店もあり、4WD、スポーツカー、ドレスアップというジャンルに偏ったお店もあるので、そういった特徴を活かしてホイール探しに役立てましょう。

セコハンショップ

中古専門のカー用品店でも購入できます。大型な店舗もあり取扱い商品も多く取り揃えているところもあります。程度の良い商品を多く取り扱う傾向にあり、中古ホイール専門店と同等レベルのお店も多いです。

解体屋さん

自動車解体屋さんでもホイールを取り扱っております。純正から高価な物まで。基本的に解体車に装着されていたものがメインです。安さが魅力ですが、装着後の不具合に対応してくれるかはその業者によりさまざまな傾向があります。

ネットオークション

インターネットオークションやネットフリーマーケットで購入するケースです。ご自身でホイールのサイズなど見方を理解していないと少しハードルは高いです。写真だけで程度を見極める必要があるのと、不具合が見た目でわかりずらいといった難点があります。基本的にノークレームですので少しリスクが高いです。その代わり店舗で購入するより安く手に入れることができるのと、レアなモデルも見つけることができます。
タイヤサイズなどを変更する場合は相談相手がいないことや仮合わせすることができないので少し不安があります。

ホイールを交換するメリットは?

ホイールを交換するきっかけの多くはドレスアップ目的の要因が多いと思います。そこでホイール交換のメリットを挙げてみました。

見た目がカッコ良くなる!

ノーマルの純正ホイールはスチールホイールが装着されていることが一般的です。スチールホイールは真っ黒やシルバーの無塗装で穴が開いたデザインで無骨なイメージです。これをピカピカのシルバーのメッキホイールやスポーティーなスポークホイール、高級感のあるディッシュホイールに交換することより車のイメージはガラッと変わります。交換と同時にインチアップするとより見た目が整って効果的です。

乗り心地を調整できる!

インチをあえてダウンさせて偏平の高いタイヤを装着すれば乗り心地の突き上げ感が抑えられる傾向にあります。もともと装着されているホイールが大径タイプであれば1インチでもダウンさせれば効果が感じられると思います。
逆にフワフワし過ぎたりハンドリングが鈍い場合はインチアップしメリハリを持たせることが可能です。このようにホイール交換で乗り心地の調整が可能です。

タイヤの性能を発揮できる!

インチアップすると、コーナリングの限界値が上がります。これはタイヤの剛性が上がることによりグリップ力の限界値が上がるからです。スポーツ走行するときにこの手法は良く取られます。タイヤのグリップ力に限界を感じたらインチアップをおすすめします!

タイヤ代を抑えられる!

インチダウンするとタイヤ代が安くなる傾向にあります。これを利用して、小径なホイールに変更するのも良いかもしれません。1本あたりの値段が下がれば×4本分のお値段が抑えられます。

買ったホイールがダメだった...。どうしよう!?

中古で買ったホイールに不具合があった! どうしよう? クレームも利かないようだ! 

ハンドルがブレる!

ホイールを装着して走り出すと、ハンドルがブルブル…。スピードを上げるとどんどん震えが激しくなるよ! となった場合、ホイールバランスが取れていない場合があります。このホイールバランスとは、ホイールのどこか一部に重い部分がありそれが原因でタイヤがブレます。
これは新品ホイールでもタイヤでも必ず起こる原因で、本来タイヤとホイールを組み付けたらバランスの検査をし、ウエイトと言われるおもりをホイールに取付けバランスを調整します。要するにこのバランスが取れていないことによりこのブルブル現象が起きますのでバランスを取ってもらいましょう! このバランス取り作業はタイヤ交換ができるお店であれば基本的に、どこでも作業してもらえます。
ガソリンスタンド、ディーラー、タイヤ屋さん、カー用品店など。このバランスはタイヤの減り方にもよって、再調整が必要な場合がありますので、ハンドルの震えが発生した場合はバランス取りを頭に入れておきましょう!

空気が漏れる!

タイヤが原因で空気が漏れる場合とホイールが原因で空気が漏れる場合があります。それともう一つ、タイヤとホイールの相性が悪くて空気が漏れる場合があります。相性が悪い場合は左右のタイヤを入れ替えるなどすれば直ることがあります。
タイヤが原因の場合は純粋にタイヤ交換を実施しましょう。ホイールが原因の場合は、原因がいくつか考えられます。
まずはエアーバルブからの空気漏れ。これはエアーバルブを交換すれば直ります。次に2ピースや3ピースホイールの場合、ホイールの繋ぎ目からエアーが漏れる可能性があります。これは少し厄介で、シール材を使い、漏れている場所にシール剤を塗り込むといった処置があります。これで空気漏れが止まれば良いのですが、それでも止まらない場合は溶接作業やパテ埋め修理になりますのでどちらもプロの方に依頼することになると思います。
少し大掛かりなイメージがありますが、ホイール修理専門業者に頼めば意外にあっさりと修理してもらえるのでご安心ください。

ホイールが曲がっている!

これは購入後に縁石など事故的に曲げてしまった場合にも有効なのですが、曲がってしまったホイールも修理することができます。これもホイール専門業者にお願いすることになると思います。あくまでも修理可能な状態であることが前提になりますが。
ホイール修理専門業者がわからなければホイールを購入したお店で依頼することになると思います。

ホイールの種類

代表的な3種類のデザインをご紹介します!

スポークホイール

【中古ホイール 15インチ】【5本スポークアルミ】【中古ホイール 15インチ】 クラウン アクセラ ウィッシュ プレミオ アリオン

中古アルミホイール
15in/4本6.5J+455穴-100/114.3
5本スポークアルミ
中古アルミホイール 15インチ
クラウン アクセラ ウィッシュ プレミオ アリオン

販売サイトへ

スポークホイールはスポーツカーなどで多いデザインです。隙間が大きいので洗いやすく、交換時に手が入りやすいので持ちやすい特性があります。最低限のデザインですので軽い設計の物も多いです。5本スポークあたりが定番のデザインです。低価格なモデルも多く、その手軽さからスタッドレスタイヤ用にもおすすめです。

メッシュホイール

【中古ホイール】【送料無料】4本セット  SSR メッシュホイール 12x5.5 21 101.65-4穴 4本 中古アルミホイール

管理番号:E1211081509  【中古】【中古ホイール 4本セット】 12インチ ホイール
ホイール: SSR メッシュホイール サイズ:12x5.5 21 101.65-4穴:12x5.5 21 101.65-4穴 カラー:シルバーポリッシュ

販売サイトへ

旧車などで定番のメッシュホイールです。網目のようなデザインが特徴的です。純和風なスタイルからアメリカンなモデルまでデザイン豊かで車の雰囲気をガラッと変えてしまう能力を持っています。細かいく複雑なデザインのものが多く、洗いにくいモデルが多いです。汚れも溜まりやすいのでお手入れがお好きな方におすすめです。
スポークホイールに比べると同じサイズでも重くなる傾向にあります。

ディッシュホイール

【中古】WORK ユーロライン ディッシュ 18x9.0 40 114.3-4/5穴 4本 中古ホイール 中古アルミホイール

中古ホイール 4本 18インチアルミホイール 送料無料 ミニバン・セダンに! 管理番号:E1804121424
ホイール:WORK ユーロライン ディッシュ サイズ:F)18x9.0 40 114.3-4/5穴 サイズ:R)18x10.0 45 114.3-4/5穴 カラー:シルバーポリッシュ ハブ径:72mm ナット座面:テーパーナット 状態:/4本ともキズ有り。/4本とも腐食有り。/ 付属品:センターキャップ4枚

販売サイトへ

高級車に多く選ばれるデザインかと思います。もともとは空気抵抗をなくすために平らなデザインにした事が始まりのようです。ディッシュのデザインも年代によって流行りの形がありますので、ドレスアップのテーマや車種によってデザインを選ぶのも面白いかもしれません。
表面積が広いせいか、重いくなる傾向にあるようです。

まとめ

いかがでしたか? この記事をホイール選びの参考にしていただければ本望です。ホイールは車のファッションですので車種やボディーカラー、カスタムのテーマに沿ってお考えいただければより一層カーライフが楽しめるかと思います。
スタッドレスを履くためのホイールも安さを重視して選ぶのも良いですが、どうせなら冬をテーマにこだわってみてはいかがでしょうか? 季節によって車のイメージを変えてみるもの面白みがあって良いかもしれませんね! 最後までお読みいただきありがとうございました!