【いすゞ ビークロス】個性的なフォルムでミニ四駆でも人気、カスタムや故障、燃費情報も!

個性的なスタイリングが魅力的ないすゞビークロス、故障や燃費に評価など、いざ購入となると色々気になりますよね? そんな愛情をたっぷりそそぎたくなるいすゞビークロスの情報を、全部まとめて紹介しちゃいます!

エクステリアが個性的な いすゞ ビークロスとは?

時代を先取りするクロスオーバーSUVの元祖

素晴らしく個性的なエクステリアを持つ、すでに乗用車から完全に撤退しているいすゞが1997年に放ったクロスオーバーSUVがビークロスです。クロスオーバーSUVとは、セダンのボディやシャシーを流用(クロスオーバー)させて開発したSUVの総称で、一説にはこのビークロスこそがクロスオーバーSUVの元祖ともいわれています。最近の車で例えるなら、ヴェゼルやCX-3といった車でしょうか。

個性的なエクステリアがビークロス最大の特徴で、3ドアのみのラインアップとなるパッケージングに、曲線を多用し美しいラインを描く外装は、ビークロス特有の個性を放っています。エンジンはベースとなったいすゞビッグホーンにも搭載された6VD1型3.2リッターDOHCガソリンエンジンに改良を施し、燃費・出力・静粛性を向上させたエンジンを搭載しています。

いすゞ ビッグホーンのシャシーを流用しています

いすゞが製造・販売していた日本国内では大型のSUVです。2ドアのショートホイールベースと4ドアのロングホイールベースの、2種類のボディが用意され、ビークロスには2ドアのショートホイールベースボディが流用されています。

いすゞ ビークロスの気になるカタログスペック

いすゞ ビークロスの主要諸元

いすゞ ビークロス(VEHICROSS)175リミテッドエディション(1999年2月)

新車価格:3,220,000円

ボディタイプ:SUV
ドア数:3ドア
乗員定員:4名
型式:GF-UGS25DW
全長×全幅×全高:4,130×1,790×1,710mm
ホイールベース:2,330mm
車両重量:1,750kg

エンジン型式:6VD1
最高出力:215ps/5,600rpm
最大トルク:29.0kgf・m/3,000rpm
種類:V型6気筒DOHC24バルブ
総排気量:3,165cc
燃料タンク容量:85リットル
使用燃料:無鉛レギュラーガソリン

足回り他
サスペンション形式(前):ダブルウイッシュボーン・トーションスプリング式独立懸架
サスペンション形式(後):4リンクコイルスプリング式車軸懸架
ブレーキ形式(前):ベンチレーテッドディスク
ブレーキ形式(後):ベンチレーテッドディスク
タイヤサイズ(前):245/70R16
タイヤサイズ(後):245/70R16
最小回転半径:5.1m

駆動系
駆動方式:フルタイム4WD
トランスミッション:4AT
LSD:標準

やっぱり悪い? いすゞ ビークロスの燃費はリッター4キロ台?

いすゞ ビークロス1997年モデル UGS25DW3.2L AT

カタログ燃費:7.8 km/L(10・15モード)
実燃費:4.84 km/L

2016年現在集計された実燃費のデータですが、非常に悪い数字です。カタログ燃費自体良好とは言えない燃費性能ですが、実燃費はそこからさらに落ち込んでいます。

いすゞ ビークロスの燃費一覧。全国のオーナーからの給油情報を元にした実燃費が分かります。クルマの乗り方によっても燃費は大きく異なります。車レビューも参考になります。

好きな人だけ乗ればいい? いすゞ ビークロスの評価

ビークロスが好きで購入されたオーナー様ばかりのようです。良い点としてはデザイン、悪い点としては維持費がよく見られます。

「人にはすすめられない」という意見もよく見られます。維持費に苦労されている方が多いのか、好きな人が覚悟を決めて乗る車という認識のオーナーさんが多いですね。

人に勧められるか?というとどうだろうか。
趣味性が強烈に強いから、好きな人が乗れば良いのだと思う。

出典:minkara.carview.co.jp

これから十年後も色褪せないエクステリア&他社SUVには真似できないコーナーリング性能。

出典:minkara.carview.co.jp

いすゞ ビークロスの改造&カスタム車事情

日本国内ではそもそもノーマル車両を見かけることすら稀な車です。ですが、好きで乗っている方の中には、ちゃんとカスタムされている方もおられます。

当然ながらアフターパーツなど販売されていませんので、ワンオフで作ってもらうか、自前でパーツを作るところからはじまります。私の知り合いで、FRP樹脂をホームセンターで購入し、バンパーを1から製作する旧車趣味の方がいますが、そういった技術ややる気がビークロスのカスタムには必要でしょう。

ミニ四駆にもなっていた いすゞ ビークロス

1/32 ワイルドミニ四駆 No.15 ビークロス バハ1000仕様 17015

¥4,980

販売サイトへ

ミニ四駆にしてはなかなか強気な値札が付いていますが、購入された方はだいたい満足されているようです。

満足度が高くなるポイントは、なかなか精巧に再現されたボディと、障害物をものともしない予想を超える走行性能にあるようです。ちなみレビューしているのは子どもではなくそのお父さん、つまりそういうおもちゃです。

ワイルドミニ四駆最終シリーズは、素晴らしい出来です。走りは力強くさすがです。ARシャーシサイドボディーアタッチメントを使用すれば、無改造でARシャーシに取りつけられ、サーキットも走らせられます。子供と一緒に今日はオフロード、今日はサーキットという風に楽しく遊んでいます。十分に満足しています。

出典:www.amazon.co.jp

いすゞ ビークロスの中古車情報

いすゞ ビークロスを中古車で購入する時の注意点

2016年中古車販売サイトには10台のビークロスが登録されています。どの車両もたっぷり走行距離を重ねた車ばかりで、価格は700,000円から1,500,000円までと価格の差もけっこうあります。さて、このビークロスを購入するときのポイントは、ずばりどれだけ修理をしているかです。後述しますが、このメンテナンスや修理をしっかり行っていることがビークロスには非常に重要です。定期点検記録簿の確認は必須です。

いすゞ ビークロスの押さえておきたい故障について

故障やトラブルが頻発するという車ではないのですが、修理するパーツ自体が出回っていないというのが、ビークロス最大の問題です。いすゞがすでに乗用車の販売から撤退し、そもそも販売台数の少ないマイナー車であるので中古パーツもリビルト品もありません。新品パーツは外車かと思う値段になっていますので、修理費が異常に高くかかってしまいます。

まとめ:「車への愛情ってのは、イコール金だ」と思わせる、いすゞ ビークロス

湾岸MIDNIGHT(1) (ヤングマガジンコミックス)

販売サイトへ

めちゃくちゃ維持費のかかる車です。特に修理費は高額になる可能性がある上に、いつどこが故障するか全く読めません。よって、いつどんな出費がかかったとしても動じないように覚悟を決めておくことが、ビークロスには求められます。とある漫画で「車への愛情ってのは、イコール金だ」という台詞があります。ビークロスへどれだけ愛情を注げるか、それがビークロスの購入を決める判断基準です。